イース ナイン。 イース9のトロフィーコンプの難易度は?注意ポイントなど

舞台は「絶海の孤島」から「監獄の都市」へ! 待望の完全新作『イースIX

イース ナイン

『イース』とは、• から発売されている二大の一つである。 またその第一作。 とも書かれる。 本稿ではこちらについて触れている。 なお有のとしてはの三遊亭円丈や実業のが挙げられる。 ・ブルターニュに伝わる上の「」のこと。 のの「」()はこの架の「イース」にするという意味がという俗説が有るが、これはあくまで俗説であり、本当はア人の一部族の名に由来する。 「」の登場人物。 既存の「イース」と区別するため、「」と様付けが推奨される。 に仕える三幹部の一人で。 作品に登場するの一種族で、実体を持たない精寄生体。 6億年前により到来し、人類以前に栄えた巨大円体の体を乗っ取ってを支配していた。 とも表記される。 が製造・販売する。 ra e:S。 度 グッド賞を受賞している。 ここではに1について記述する。 シリーズ概要 イースとは、の冒険が各地の をにしていく文明のを解き明かしていく()である。 に mk で第1作「イース」がより発売され、までに9つのととなる「」の計10本のが化されている。 や作品が非常に多いことでも有名である。 「のから冒険という言葉をとってしまったら、後には何も残りません。 いつもはこう思っているんです。 の生き方を見て、みんなが夢を持ってくれたら、この広いにを向けてくれたらと。 そしてそれを化してがしているということになっている。 そのため、イースのには一本ごとに原案となった日誌名がある。 はが生まれる昔の話で、の冒険ではないので別、原案はといったところか。 それは後述の表に示しておくが、がの中で行った冒険は数回あるとされ、それらすべてに冒険日誌があるというので、化されているものはの冒険のごく一部でしかない。 また、千数年経った現代でも、その冒険日誌は生の地下室に保存してあるという設定である。 ちなみに自身はすべての冒険日誌を書き終わったあと、再び点をして冒険を再開したが、そのままになったという説としたという説がある。 なお、イースというの意味は、最初の作品に登場した架のの名前であり、上項にも記述されているの伝承に由来している。 また、全体のは、のをとしたものとなっている。 基本的にどの作品も時間は10~間程度のやや軽めのとして楽しめるものに仕上がっていたが、以降の作品では時間が大きくボリュームし、と9ではまで時間以上かかる大作となっている。 また、を通して面での質の高さに定評があり、イースのは多い。 のとなったの故郷ガナでの冒険を描いた作品。 当時はしかった多重を採用しており、面でも評価されたが、前作からの路線変更はあまり歓迎されなかったため、一の横となった。 を皮切りに、2、等複数機種で発売。 また他社により機にも多数された。 左の絵は、北で発売された 版 版の。 、とで「」が2作品発売。 「」はにが原案を他社 と に渡して開発を委ねる形で2作同時にされた。 そのため、基本的な や登場は同じでありながらも、展開がそれぞれで違っており、長らくどちらがなのかの対となった。 は1や2と同じ体当たりに戻されている。 上のは2と3の間に当たる。 版は「 OF THE 」。 にで発売。 版は「」。 に 2で発売。 また、・版がでも開発していたが、これはになっている。 にはが開発した版「 - OF THE -a new thry-」も発売されたが、これも前2作とは展開が異なっている。 、で「 」が発売。 「」は、が初めて機 で発売したイースとなった。 カに渡ったは、ドーマンの依頼を受けて幻の都を探すため、消えた冒険のを追う。 それまでの体当たりから、を振るに変更され、による防御やができるようになった。 現: から版の「 」も発売されている。 には、が開発した版「 - Kefin, of d-」も発売。 、「イース 」が発売。 、「 」が発売。 「イース1」と「」を自社した作品。 で発売された。 はの体当たり方式を洗練したものになっている。 にはと「」をした「」が発売。 後ににされることになる「イースI& ズ」の原形となった。 詳細はを参照。 、「 」が発売。 再びプムを に戻し、作品としては8年ぶりに復活。 今作品から の基本となるが変わり、はで描かれるようになり、による移動や3本のを切り替えて様々な敵に対応したりと、これまでの作品とべて性が大幅にした。 エレのの域で、の大渦に挑み、有人のに迫る。 また、基本的な観の設定も大幅に見直された。 機向けには、によりとへされている。 X により、の版も版で発売されているが、のみとなっている。 、「イース 」 が発売。 「」を大幅にした「イース 」が発売。 「」と基本的なは同じながらも、ビュー式の「」を元にを大胆に変更し、の切り替えによる応えのあると解き要素を追加。 でも屈のを誇る良質のとして生まれ変わった。 には、ブースや音を追加した版も発売。 X により版も発売されている。 こちらは音、のみ 、「」が発売。 イース1と2のを描く「」が立て続けに発売され、としての感がを連ねる事にしていく。 消息を絶ったのを追いかけて荒れ果てた地上へ降りたモンの捜索隊は、《》をにイースを襲った巨大なたちと戦うことになる。 機向けに、Dotuにより、、にもされている。 X により版も発売されている。 こちらはのみ また、「」と「」には、「」での新設定が取り込まれ、全体のつながりが強調されている。 、「イース・」の版が開。 イース初のとして にで正式が。 ~まででもが行われていたが、はが終了している。 、7作のとなる「 」がで発売。 「」はプムで発売されることがより発表され、版はその第1弾となったが、その他の対応に関しては長い間表されていなかった。 後に、版を検討していたがになったことが明かされている。 後年、他社により 版のみ 、 あり、はのみ へもされた。 の間では、イース1のに記されていたの代表的な冒険「」がついに化されたことでもになった。 3作連続でのの使い回しによる感が一部のの不満ともなっていたが、そんな不満に応えるかのように、「」では基本が一新。 も大きく変更された。 イースとしては、と本格的なが搭載された初の作品でもある。 、「」がで発売。 の看作品である「」との共演作品。 のを元にやスタミナ式のを追加、同社の代表作である「」をとした的なとなっており、イースからはを始めとしてやから多数のが参戦した。 、を原案とする「」がで発売。 が直接開発する「」として19年ぶりに復活を遂げた。 で記憶を失ったは、を作りながらのへ再挑戦する。 を含めると「」は4作品存在するが、そのどれもがもも違うという結果になった。 で採用されたに加えて、ムーブもできるようになった。 では「: of eta」というに変更され、X によりにもされた。 版は当初は音のみだったが、後に音も追加されている。 また、向けに「」が発売。 、「 L of NA 」がで発売。 の方は「ラモサ・・ダーナ」。 翌年のには追加要素を加えた版が発売され、にはによりとにもされている。 7年振りの作品であり、機では11年振りのイースとなった。 クの、 ゲーテに浮かぶに漂着したは、いっしょに漂流した客船の乗客たちと助け合いながら、暴なたちが巣くう呪われた人からの脱出をす。 で初めて右による操作が採用され、なを冒険できるようになった。 時間は最大規模となっている。 、「 」がで発売。 最新作「 ( ルム・ノクス)」がにで発売。 での仮称は「 N. 前年、異例の総会での発表となった。 のをに、《》の特殊で縦横尽な探索を可とする「異」が追加され、たちは巨大な監で起こる「ワルドの」と呼ばれる怪現に挑む。 の発表では「」などの新要素が予定されていたが、こちらは未となった模様。 としてはより後となり、は歴代最高の24歳となっている。 イースの第一作である。 上項にもあるように mk で発売され、その後、多数の機種にされた。 当時はやけにや操作性が難しいがはびこり、のかなりの部分は「」のものだけになったいた。 そこで、はイースを開発し、「 今、は優しさの時代へ。 」というとともに売り出した。 操作は移動となどの使用・の操作のみ。 攻撃も体当たりするだけで勝手に行い、においても適度なが散りばめられ、難解な解きやの必要もない。 まさに当時としては画期的なを持った作品であり、競争でだった、ひいては全体を変えていった一つのきっかけになったである。 あらすじ のない、山とに囲まれた辺の寒村に生まれた「」は故郷にて「を見て回る事」への強い憧れを抱き、の時に故郷を離れに出る。 に出て1年後、の港町で「呪われた」のをにしたは他のに「が船を襲い、生きて帰ったものはいない。 」と強く警告されるも、自らのを抑えきれず単身に向かった。 だがの周りには警告通り厚いの輪があり、一人用の小舟で向かったはに巻き込まれに投げ出されてしまう。 ンの砂に流れ着いたは、リーボルの群れに襲われ意識を失ってしまう。 その後しばらくし、はバドの港町にあるでを覚ました。 話を聞くとここはで、最近はが活発化しただならぬ状況だという。 その話を聞いたは、を救うべく北にあるの町へと立つ。 北にそびえる巨大なを見上げ、これから始まるに大きな期待を膨らますのだった。 登場人物• フィーナ• スラフ• ゴーバン• ・トバ• ジェバ・トバ• ルタ・ジェンマ• ・クト システム 見下ろしの。 を移動させて体当たりさせることで攻撃を行う。 を半分て攻撃することでを受けずに攻撃することができる。 最大は10まで。 中盤では最大に達するため、以降はの腕を駆使して戦うことになる。 ただし、やでは10以上まで上がる作品もある イースの本を6冊集めることがな的となる。 のイースが登場した版の頃は、をを使って操作することはしく、で操作するのが流であった。 は、が前年に発売した 選択式「の テカ」を元にしている。 初代の曲 Tplo del やの台座等、関連をめかす要素も登場しているが、的なつながりはない。 移植作品 が普及する以前のによる作。 発売日 機種 備考 版。 は音 新聞社 ・ が開発。 俗称はイース リメイクについて 『イースエターナル』について にで発売。 今までいくつものや他のによってされてきた中で、自ら全面的にしたものである。 に続編『』発売。 にはと「」をした『』が発売。 版からの大きな変更点として、の冒頭に新規が追加。 のの一部やがされている。 なお、付属している説明書はを模したで、手順や操作方法、等に加え、や観の解説も記載されている。 イースの的、ピッが初めて登場したのもこの作品である。 『イースI&IIクロニクルズ』について に、で発売。 基本的には版『』のになる。 な変更点として、を用にし、版、版のも収録。 全3のを中いつでも切替可になった。 また、新たに人物のが用に書き下ろされ、開始時に版と版どちらかを選択できるようになった。 に、対応で逆版が発売。 のみ 他社による移植・リメイク作品 以外の他社からも様々な機種に・をされている。 PSP・PS Vita用ソフト 家庭用ゲーム機ソフト 音楽CD お礼に1曲、吹かせてください。 そうはいかねえぜ!! 関連項目さんよ!!• イースの長さの• 関連リンク ときどきでいいから、思い出してください。

次の

イース8

イース ナイン

『イース』とは、• から発売されている二大の一つである。 またその第一作。 とも書かれる。 本稿ではこちらについて触れている。 なお有のとしてはの三遊亭円丈や実業のが挙げられる。 ・ブルターニュに伝わる上の「」のこと。 のの「」()はこの架の「イース」にするという意味がという俗説が有るが、これはあくまで俗説であり、本当はア人の一部族の名に由来する。 「」の登場人物。 既存の「イース」と区別するため、「」と様付けが推奨される。 に仕える三幹部の一人で。 作品に登場するの一種族で、実体を持たない精寄生体。 6億年前により到来し、人類以前に栄えた巨大円体の体を乗っ取ってを支配していた。 とも表記される。 が製造・販売する。 ra e:S。 度 グッド賞を受賞している。 ここではに1について記述する。 シリーズ概要 イースとは、の冒険が各地の をにしていく文明のを解き明かしていく()である。 に mk で第1作「イース」がより発売され、までに9つのととなる「」の計10本のが化されている。 や作品が非常に多いことでも有名である。 「のから冒険という言葉をとってしまったら、後には何も残りません。 いつもはこう思っているんです。 の生き方を見て、みんなが夢を持ってくれたら、この広いにを向けてくれたらと。 そしてそれを化してがしているということになっている。 そのため、イースのには一本ごとに原案となった日誌名がある。 はが生まれる昔の話で、の冒険ではないので別、原案はといったところか。 それは後述の表に示しておくが、がの中で行った冒険は数回あるとされ、それらすべてに冒険日誌があるというので、化されているものはの冒険のごく一部でしかない。 また、千数年経った現代でも、その冒険日誌は生の地下室に保存してあるという設定である。 ちなみに自身はすべての冒険日誌を書き終わったあと、再び点をして冒険を再開したが、そのままになったという説としたという説がある。 なお、イースというの意味は、最初の作品に登場した架のの名前であり、上項にも記述されているの伝承に由来している。 また、全体のは、のをとしたものとなっている。 基本的にどの作品も時間は10~間程度のやや軽めのとして楽しめるものに仕上がっていたが、以降の作品では時間が大きくボリュームし、と9ではまで時間以上かかる大作となっている。 また、を通して面での質の高さに定評があり、イースのは多い。 のとなったの故郷ガナでの冒険を描いた作品。 当時はしかった多重を採用しており、面でも評価されたが、前作からの路線変更はあまり歓迎されなかったため、一の横となった。 を皮切りに、2、等複数機種で発売。 また他社により機にも多数された。 左の絵は、北で発売された 版 版の。 、とで「」が2作品発売。 「」はにが原案を他社 と に渡して開発を委ねる形で2作同時にされた。 そのため、基本的な や登場は同じでありながらも、展開がそれぞれで違っており、長らくどちらがなのかの対となった。 は1や2と同じ体当たりに戻されている。 上のは2と3の間に当たる。 版は「 OF THE 」。 にで発売。 版は「」。 に 2で発売。 また、・版がでも開発していたが、これはになっている。 にはが開発した版「 - OF THE -a new thry-」も発売されたが、これも前2作とは展開が異なっている。 、で「 」が発売。 「」は、が初めて機 で発売したイースとなった。 カに渡ったは、ドーマンの依頼を受けて幻の都を探すため、消えた冒険のを追う。 それまでの体当たりから、を振るに変更され、による防御やができるようになった。 現: から版の「 」も発売されている。 には、が開発した版「 - Kefin, of d-」も発売。 、「イース 」が発売。 、「 」が発売。 「イース1」と「」を自社した作品。 で発売された。 はの体当たり方式を洗練したものになっている。 にはと「」をした「」が発売。 後ににされることになる「イースI& ズ」の原形となった。 詳細はを参照。 、「 」が発売。 再びプムを に戻し、作品としては8年ぶりに復活。 今作品から の基本となるが変わり、はで描かれるようになり、による移動や3本のを切り替えて様々な敵に対応したりと、これまでの作品とべて性が大幅にした。 エレのの域で、の大渦に挑み、有人のに迫る。 また、基本的な観の設定も大幅に見直された。 機向けには、によりとへされている。 X により、の版も版で発売されているが、のみとなっている。 、「イース 」 が発売。 「」を大幅にした「イース 」が発売。 「」と基本的なは同じながらも、ビュー式の「」を元にを大胆に変更し、の切り替えによる応えのあると解き要素を追加。 でも屈のを誇る良質のとして生まれ変わった。 には、ブースや音を追加した版も発売。 X により版も発売されている。 こちらは音、のみ 、「」が発売。 イース1と2のを描く「」が立て続けに発売され、としての感がを連ねる事にしていく。 消息を絶ったのを追いかけて荒れ果てた地上へ降りたモンの捜索隊は、《》をにイースを襲った巨大なたちと戦うことになる。 機向けに、Dotuにより、、にもされている。 X により版も発売されている。 こちらはのみ また、「」と「」には、「」での新設定が取り込まれ、全体のつながりが強調されている。 、「イース・」の版が開。 イース初のとして にで正式が。 ~まででもが行われていたが、はが終了している。 、7作のとなる「 」がで発売。 「」はプムで発売されることがより発表され、版はその第1弾となったが、その他の対応に関しては長い間表されていなかった。 後に、版を検討していたがになったことが明かされている。 後年、他社により 版のみ 、 あり、はのみ へもされた。 の間では、イース1のに記されていたの代表的な冒険「」がついに化されたことでもになった。 3作連続でのの使い回しによる感が一部のの不満ともなっていたが、そんな不満に応えるかのように、「」では基本が一新。 も大きく変更された。 イースとしては、と本格的なが搭載された初の作品でもある。 、「」がで発売。 の看作品である「」との共演作品。 のを元にやスタミナ式のを追加、同社の代表作である「」をとした的なとなっており、イースからはを始めとしてやから多数のが参戦した。 、を原案とする「」がで発売。 が直接開発する「」として19年ぶりに復活を遂げた。 で記憶を失ったは、を作りながらのへ再挑戦する。 を含めると「」は4作品存在するが、そのどれもがもも違うという結果になった。 で採用されたに加えて、ムーブもできるようになった。 では「: of eta」というに変更され、X によりにもされた。 版は当初は音のみだったが、後に音も追加されている。 また、向けに「」が発売。 、「 L of NA 」がで発売。 の方は「ラモサ・・ダーナ」。 翌年のには追加要素を加えた版が発売され、にはによりとにもされている。 7年振りの作品であり、機では11年振りのイースとなった。 クの、 ゲーテに浮かぶに漂着したは、いっしょに漂流した客船の乗客たちと助け合いながら、暴なたちが巣くう呪われた人からの脱出をす。 で初めて右による操作が採用され、なを冒険できるようになった。 時間は最大規模となっている。 、「 」がで発売。 最新作「 ( ルム・ノクス)」がにで発売。 での仮称は「 N. 前年、異例の総会での発表となった。 のをに、《》の特殊で縦横尽な探索を可とする「異」が追加され、たちは巨大な監で起こる「ワルドの」と呼ばれる怪現に挑む。 の発表では「」などの新要素が予定されていたが、こちらは未となった模様。 としてはより後となり、は歴代最高の24歳となっている。 イースの第一作である。 上項にもあるように mk で発売され、その後、多数の機種にされた。 当時はやけにや操作性が難しいがはびこり、のかなりの部分は「」のものだけになったいた。 そこで、はイースを開発し、「 今、は優しさの時代へ。 」というとともに売り出した。 操作は移動となどの使用・の操作のみ。 攻撃も体当たりするだけで勝手に行い、においても適度なが散りばめられ、難解な解きやの必要もない。 まさに当時としては画期的なを持った作品であり、競争でだった、ひいては全体を変えていった一つのきっかけになったである。 あらすじ のない、山とに囲まれた辺の寒村に生まれた「」は故郷にて「を見て回る事」への強い憧れを抱き、の時に故郷を離れに出る。 に出て1年後、の港町で「呪われた」のをにしたは他のに「が船を襲い、生きて帰ったものはいない。 」と強く警告されるも、自らのを抑えきれず単身に向かった。 だがの周りには警告通り厚いの輪があり、一人用の小舟で向かったはに巻き込まれに投げ出されてしまう。 ンの砂に流れ着いたは、リーボルの群れに襲われ意識を失ってしまう。 その後しばらくし、はバドの港町にあるでを覚ました。 話を聞くとここはで、最近はが活発化しただならぬ状況だという。 その話を聞いたは、を救うべく北にあるの町へと立つ。 北にそびえる巨大なを見上げ、これから始まるに大きな期待を膨らますのだった。 登場人物• フィーナ• スラフ• ゴーバン• ・トバ• ジェバ・トバ• ルタ・ジェンマ• ・クト システム 見下ろしの。 を移動させて体当たりさせることで攻撃を行う。 を半分て攻撃することでを受けずに攻撃することができる。 最大は10まで。 中盤では最大に達するため、以降はの腕を駆使して戦うことになる。 ただし、やでは10以上まで上がる作品もある イースの本を6冊集めることがな的となる。 のイースが登場した版の頃は、をを使って操作することはしく、で操作するのが流であった。 は、が前年に発売した 選択式「の テカ」を元にしている。 初代の曲 Tplo del やの台座等、関連をめかす要素も登場しているが、的なつながりはない。 移植作品 が普及する以前のによる作。 発売日 機種 備考 版。 は音 新聞社 ・ が開発。 俗称はイース リメイクについて 『イースエターナル』について にで発売。 今までいくつものや他のによってされてきた中で、自ら全面的にしたものである。 に続編『』発売。 にはと「」をした『』が発売。 版からの大きな変更点として、の冒頭に新規が追加。 のの一部やがされている。 なお、付属している説明書はを模したで、手順や操作方法、等に加え、や観の解説も記載されている。 イースの的、ピッが初めて登場したのもこの作品である。 『イースI&IIクロニクルズ』について に、で発売。 基本的には版『』のになる。 な変更点として、を用にし、版、版のも収録。 全3のを中いつでも切替可になった。 また、新たに人物のが用に書き下ろされ、開始時に版と版どちらかを選択できるようになった。 に、対応で逆版が発売。 のみ 他社による移植・リメイク作品 以外の他社からも様々な機種に・をされている。 PSP・PS Vita用ソフト 家庭用ゲーム機ソフト 音楽CD お礼に1曲、吹かせてください。 そうはいかねえぜ!! 関連項目さんよ!!• イースの長さの• 関連リンク ときどきでいいから、思い出してください。

次の

イースIX

イース ナイン

アクションRPG「イース」シリーズは1987年に第1作が発売されて以来、幅広い層から高い評価を受け続ける日本ファルコムの代表作。 待望のシリーズ完全新作となるPS4用ソフトウェア『イースIX -Monstrum NOX- イースナイン モンストルム・ノクス 』が本日9月26日 木 ついに発売を迎えた。 『イースVIII』の開発スタッフが手掛けた新たな「イース」の物語、その概要をあらためて紹介していこう。 【WORLD】 エステリア北東、グリア・エルトリンゲン地方に位置するバルドゥーク。 《監獄都市》と呼ばれる巨大な街を舞台に、《異能 ギフト 》に目覚めた《怪人 モンストルム 》たちと監獄に隠された謎を巡る、新たな物語が幕を開ける。 《監獄都市》バルドゥーク エステリア北東の半島に位置するロムン帝国の属州、グリア・エルトリンゲンの主要都市のひとつ。 街中に巨大な監獄があることから《監獄都市》とも呼ばれている。 監獄を中心に城壁や堀が張り巡らされ、城塞都市時代の名残も見られる。 この地方ではバルドゥークが交通の要衝でもあるため、旅人や商品を対象とする宿屋、酒場、交易所などが軒を連ね、近年においては劇場、公衆浴場といった大衆向け施設も充実しつつある。 最近、街中では《怪人》と呼ばれる者たちが騒ぎを起こしており、住人たちの噂の的となっているようだ。 怪人 モンストルム 超常的な力を持つ、神出鬼没の奇怪な人物たち。 統率は取れていないらしく、貧しい人々を助ける者もいれば、辻斬りを働く無法者もいるなど、その実態はつかめていない。 不思議な力と妙な出で立ちから《怪人》と呼ばれ、バルドゥークの住人に恐れられているようだが……。 怪人《赤の王》 CV:梶裕貴 《異能》に目覚めた6人目の《怪人》。 謎に包まれた存在だが、アドルを思わせるその赤毛の姿は……? 【SYSTEM】 多彩なスキル攻撃、フリーダッシュ&ジャンプによるスピーディーなアクション、巨大ボスとの手に汗握るバトルといった「イース」シリーズの長所を活かしつつ、《怪人》の特殊能力で縦横無尽なフィールド探索を可能とする「異能アクション」や《怪人》たちの総力戦「グリムワルドの夜」など、『イースIX』では舞台設定と密接にリンクした数々の新規要素を導入! スキル攻撃 SP スキルポイント を一定量消費することで、各キャラ固有の技「スキル攻撃」を発動できる。 SPは通常攻撃ヒット時に回復するほか、高速で自動回復するため、減少を気にすることなく、派手なスキル攻撃を次々と繰り出せる。 《背教者》専用スキルの「ダークインフェルノ」。 暗黒の球体を前方に発生させ、周囲の敵を引き寄せながら連続ダメージを与える。 球体発生中も移動できるため、敵が引き寄せられている間に退避したり、身動きの取れない敵へ追加ダメージを与えたりすることも可能。 異能アクション 《怪人》が持つ超常的な力《異能》を発動させることができる、『イースIX』独自のアクション要素。 街中、フィールド、ダンジョンなど、あらゆる場所で発動できるうえ、バトルだけでなく、ダンジョンのギミック解除や街中での探索に役立つことも! バルドゥークに出現する《怪人》たちの協力を得ることで、発動可能な「異能アクション」の種類も増えていく。 王者の道 クリムゾンライン 左手から放たれる赤黒い軌跡とともに、離れた場所へ一瞬で移動する《異能》。 身体そのものを影のように変化させて移動するため、岩石や分厚い鉄壁のような障害物さえも突破してしまう。 クリムゾンラインの直線上に敵がいる場合は相手を弾き飛ばし、ダメージを与えるといった効果も併せ持つ。 バルドゥークの街中に点在する暗黒の瘴気に触れることで周囲の景色がモノトーンへと変化し、その場で「ラルヴァ」との戦闘が発生。 殲滅すると街中の瘴気が消滅し、「グリムワルドの夜」発生に必要な「NOX ノクス ゲージ」を溜めることができる。 協力者たち メインストーリーや各種クエストを通してバルドゥークの住民たちと関わっていくことで、アドルの協力者としてバルドゥーク市内での活動に力を貸してくれるようになる。 市内の探索が便利になるだけでなく、キャラクターの強化や特殊アイテムの入手に関わってくる住民もいる。 中には、《怪人》の《異能》を駆使しないと出会えない住民も? クエストをこなして、バルドゥークの住民たちと積極的に関わっていこう。 街の落書き さまざまな場所に書かれている《落書き》を調査し、民俗学者「バラン」に報告することで報酬を受け取ることができる。 意外な情報が手に入るほか、《怪人》たちの能力を上げられる特殊な《落書き》が見つかることも? パッケージ版は豪華アイテムを同梱した『数量限定コレクターズBOX』も発売中! パッケージ版では通常版のほか、特製仕様の豪華アイテムを同梱した『数量限定コレクターズBOX』も同時発売されている。 All rights reserved.

次の