秘書 検定 3 級 過去 問。 秘書検定アプリのおすすめ7選!【無料アリ】2級・3級の勉強に使える過去問はこれ

秘書検定3級は合格率60%以上!独学で十分に合格できる試験

秘書 検定 3 級 過去 問

秘書検定2級を勉強するなら過去問を解くのが一番! 秘書検定2級まではテキストと過去問を解く程度の独学でも合格することができるといわれています。 以下の記事で詳しく説明しています。 秘書検定2級を受験する場合に 用意したいものは2つです(勉強スタイルや勉強時間がどれくらいとれるかによっても異なります)。 「テキスト」と「過去問」を用意しておきましょう。 時間がなかなか取れないという方は重要ポイントを絞って勉強できる問題集を使うなど、自分に合った教材選びをしてみてください。 過去問集に関しては、さまざまな問題タイプに多く当たりたいというイメージで探してみましょう。 解説が詳しいものもおすすめですが、知らない・聞いたことがない問題をつぶしておくのも重要です。 CHEWYおすすめのテキストは下記でご紹介します。 秘書検定2級で過去問が有効な理由とは 冒頭で少し説明を入れていましたが、「なぜ過去問を解くことをおすすめなのか」の理由は秘書検定2級の 出題は例年から大きく外れることがないからです。 過去問を数年分解くとわかるのですが、基本的に見たことあるな~という問題が多くなっています。 秘書検定2級の出題範囲は、 必要とされる資質、 職務知識、一般知識、マナー・接遇、技能となっています。 以下の図のようにそれぞれ「理論」と「実技」に分けられ60%以上正答すれば合格できます。 引用: 出題範囲が多岐に分かれているため、それぞれをしっかりと勉強しようと思うと大変かな?と感じますが、 例年の過去問を解くだけで対策ができると思えばそこまで大変ではないでしょう。 秘書検定2級の難易度は中くらい! 秘書検定2級の難易度に関する情報としては、以下のようなものがあります。 秘書検定2級の過去問の使い方は2パターン 過去問とテキストを使用して、秘書検定2級の勉強をするのがおすすめと紹介してきましたが、実際にはどのように勉強していけばいいのでしょうか? 過去問にも、受験する人のタイプ(社会人経験があるか、すでに3級取得しているなど)によって使い方がありますので、紹介していきます。 その場合はすでに解ける問題がある場合も多いため、テキストからではなく 過去問から解き始めてもいいでしょう。 また 勉強時間がなかなかまとまって取れない場合などは過去問から解き始める勉強方法の方が時短になることがあるのでおすすめです。 出題傾向や足りない知識を知ってから、テキストを利用して必要な知識を入れるという流れが効率的な場合があるからです。 勉強時間がしっかりと取れる場合や 一通り試験の内容について知っておきたいという方にはこちらの勉強スタイルがいいでしょう。 過去問を解く時は、間違った問題は正解できるまで繰り返し説くことを忘れないでください。 早く解く練習は不要! 秘書検定2級の「試験時間」は2時間です。 1問に3分程度使ってもOKくらいの時間があります。 しかし、 実際のところは半数以上の人が試験時間を多く残して途中退出するくらい 時間に余裕があるのが特徴です。 しっかりめに見直ししても余裕過ぎるくらいだと思っていただいてもOKです。 これまでの試験を見てみると、1時間10分経つと途中退室は許可されます。 ただし再入室はできませんので、注意が必要です。 またひっかけ問題も多いので、何を答えたらいいかの把握には時間をかけたいところです。 記述問題は丁寧に書く必要があるため時間をかけて答えるようにしましょう。 効率的に過去問に取り組むには、誤答した問題に絞る! どのスタイルで勉強しても、一度で解けた問題は繰り返し解かなくてもOKです。 できないもののみできるまで解く方が効率的でしょう。 転職によって仕事のやりがいとともに、これまでの給料から数万円アップすることも! 現在の会社に在職していながら転職を目指すならエージェントの利用が絶対おすすめ。 いくつかのエージェントに登録しておけば、それだけで良い求人との出会いが広がるメリットもあります。 3つの優良転職エージェントをご紹介します。 無料で利用でき、転職のサポートもしてくれます。 登録の時期は秘書検定2級取得後でも大丈夫ですが、受験する前に登録しておくことで、合格後の転職活動がよりスムーズになります。 1の実績をもつリクルートエージェント。 業界・職種ごとに精通したアドバイザーが対応してくれます。 一般公開の求人のほか、登録することで10万件以上の非公開求人のなかから優良案件を紹介してくれます。

次の

3日で受かる!秘書検定3級

秘書 検定 3 級 過去 問

秘書検定のジャンルのひとつである、必要とされる資質を重点的に学習できるアプリです。 実際の場面を想定した問題が多く、解説も丁寧。 同じシリーズで「マナー・接遇」「一般常識」編などもあるので、ジャンルごとにしっかり学習したいという人には最適でしょう。 秘書検定アプリの選び方!2級、3級に受かるおすすめは? 解説のあるもの 秘書検定は、専門的な知識という面もありますが、一般常識などでわかる問題も多く、特に3級などになるとアプリだけで合格した、という人もいるなど、それほど難易度の高いものではありません。 もちろんテキストの補佐役としてアプリを利用するのも良いですがいずれにしてもある程度アプリだけで理解できるように、解説のあるものを選んだほうがよいでしょう。 間違えた時にも、どうして違うのかがわかるので、理解が深まります。 実際の出題と似たもの 実際の秘書検定の問題は5択であり、内容そのものはそれほど難しくなくても、問題の書き方で迷わされたり、回答がわかりにくいものもあります。 実際の過去問や、過去問を参考に作られた問題を数多く解くことで、問題の傾向がわかると同時に、回答の選び方に慣れてくるため、合格に近づくことが可能です。 間違えた問題がわかるもの 効率よく学習するためには、正解した問題よりも間違えた問題を何度も解いて、正答率を上げることが必要です。 アプリの中には、正答率を表示したり、間違えた問題だけをピックアップして何度も解くことができるものもあり、こうした機能は紙の問題集に比べてアプリが優れているところでしょう。 せっかくアプリを使って学習するのですから、こうした機能を生かせるものを利用するのがおすすめです。 秘書検定アプリを用いた上手な勉強法! すき間時間を生かして勉強 アプリの便利なところは、普段持ち歩くスマホで勉強ができるという点にあります。 重たいテキストを持ち歩くことなく、外出先でも勉強ができるのです。 しかも、問題形式なので、すき間時間に数問だけ解いたりと、細切れの勉強でも効率よく見につくように工夫されています。 たった数分の勉強でも、1日に何度も繰り返せばかなりの時間になりますので、コツコツ続けることが大切です。 問題を解いて解説を読む 秘書検定は、比較的身近な内容の多い検定です。 まずは法令を覚えたり、といった必要がないので、初めて勉強する人でもある程度解くことができるかもしれません。 効率よく勉強するためにも、秘書検定の場合はとりあえず問題を解いてみて、解説を読むスタイルのほうが、理解しやすいのではないでしょうか。 テキストを読むだけの勉強よりも、問題を解くほうが飽きることなく継続的に勉強しやすいのもメリットです。 正答率をチェック 試験に合格するには一定の点数を取る必要があります。 普段から、アプリでの学習では正答率をチェックして、点数をアップしていくことを心がけましょう。 簡単に正答率や、苦手なポイントを調べられるのもアプリ学習のメリットです。 そのためにも、アプリは正答率や苦手な問題のチェック機能がついてものを選んだほうがよいでしょう。 まとめ 秘書検定は、アプリだけの学習で合格した人もいるなど、アプリ学習には適した資格です。 資格取得をしたいけれど、なかなかまとまった勉強時間が取れない、という人は、まずこのアプリをスマホに入れて、空き時間に勉強するところから始めてみてはいかがでしょうか。

次の

秘書検定3級|過去問題を実際に解いてみよう!

秘書 検定 3 級 過去 問

秘書として働くためには、公益財団法人・実務技能検定協会が主催する 秘書検定の資格が無ければならない!というわけではありませんが、実務で役立つ職務知識やビジネスマナー(言葉使いなど)が学べるとして、社会経験のない学生(全体の約8割)を中心に受験される方が多いようです。 秘書検定は、受験者の能力に応じて4クラス(1級|準1級|2級|3級)に分かれますが、社会経験のない学生が、いきない1級試験に挑戦したとしても、合格する可能性は低い(もちろん、ゼロではありませんが…)ので、まずは入門レベルの 3級合格を目指し、1ランクずつステップアップしていった方が賢明かと思われます。 そこで、秘書検定3級とは、いったいどのような試験制度で、どんな問題が出題されるのか・・・? 本試験で実際に出題された問題(いわゆる 過去問)を基に、3級試験の全体像(試験内容や難易度など)について、把握しておきましょう。 秘書検定の試験内容は、階級によって異なってきますが、 3級は筆記試験によるペーパーテストのみで合否判定が行われます。 なお、検定試験の出題範囲に関しては、各級共通であり、ほぼ変わりありません。 技能 面接試験 ・ロールプレイング形式 準1級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 面接試験 ・ロールプレイング形式 2級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 3級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 そのため、出題される問題のレベル(難易度)を変える(上位ランクほど、より深く高度な知識・技能が求められる)ことでクラス分けしているというのが秘書検定の特徴といえるでしょう。 また、試験内容は大きく5つの分野で構成されていますが、過去問を分析してみると、下記のような配分で出題されていることが分かります。 \ 理論科目 実技科目 必要とされる資質 職務知識 一般知識 マナー・接遇 技能 択一問題 マークシート 5問 5問 3問 10問 8問 記述問題 ----- ----- ----- 2問 2問 ここでひとつ注目すべき点は、秘書検定の〝合格基準〟です。 秘書検定には合格基準があり、理論科目と実技科目ごとに合格に必要とされる最低点が設けられているのです。 理論科目、実技科目ともに60%以上の得点 つまり、仮に理論科目が合格基準を満たしていたとしても、実技科目の方が基準点を下回っていると不合格になってしまうため、両科目ともにバランスの良い学習を心がけることが大切だということです。 秘書検定3級は、一部の記述問題を除くと、その大半はマークシート方式で出題されるため、実務経験のない学生受験者にとっては〝面接試験〟がない分、受けやすい試験制度といえそうです。 しかし、先にも述べたとおり、理論科目と実技科目、それぞれに一定の合格基準が設けられていることから、両科目、バランス良く学習し、極端な苦手科目を作らないようにしなければなりません。 特に実技科目に比べ、理論科目は対策が立てづらい上に面白みに欠けるため、試験対策に苦労されている受験者も少なくないようです。 しかし、秘書検定は合格者のレベルを、ある程度安定させる必要上、 過去問が重視される傾向が強いことから、比較的、試験対策の立てやすい試験といえるので、数年分の本試験問題をまとめて収録した市販の過去問題集等を利用することで、独学でも十分合格の狙える試験といえるでしょう。 参考までに、秘書検定3級では、実際にどのような問題が出題されているのかを肌で感じ取ってもらうため、本試験で出題された問題の一部をいくつか載せておくので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 問1:秘書A子が先輩の急ぎの仕事を手伝っていたとき、上司から私用を指示された。 急ぎの仕事はあと1時間ほどかかりそうである。 このような場合どのように対処したらよいか。 次の中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)上司には承知したと言って、先輩にどのようにしたらよいか相談する。 2)上司にいつまでにすればよいか確認し、急がないようなら急ぎの仕事を続ける。 3)上司に急ぎの仕事が終わるおおよその時間を言って、私用はその後でよいか尋ねる。 4)自分は上司の秘書なので、先輩に急ぎの仕事は中断させてもらうと言って私用を先に行う。 5)さほど時間はかからないことなので、先輩に切りのよいところで中断して私用を済ませてもよいか尋ねる。 【必要とされる資質:理論】 問2:新人秘書A子は先輩から、秘書の仕事には特に教えられたり指示されていなくても、自分で考えて積極的にしないといけないこともあると言われた。 次はA子が、それはどのようなことか考えたことである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)上司が出張中で時間に余裕があるときは、上司のロッカーの中を整理しておくなどのことではないか。 2)よく指示される仕事は、仕事ごとに手順をマニュアル化しておき、ミスなく速くするなどのことではないか。 3)外出するときは行き先を言って、ついでに済ませる用事はないか周りの人に尋ねるようにするなどのことではないか。 4)郵便にはいろいろな書類や送り方があるので、発送物を適切に送るために郵便の知識を得ておくなどのことではないか。 5)上司から仕事を指示されたときは、忘れたり期日を間違えたりしないように、自分の予定表に記入しておくなどのことではないか。 【マナー・接遇:実技】 問5:次は秘書A子が、会議の資料を準備するときに心掛けていることである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)資料は、予備として会議の出席者数より二、三部多く用意するようにしている。 2)資料の大きさがまちまちのときは、大きさをそろえた方がよいか上司に確認している。 3)丁合を取った資料をホチキスでとじるときは、横書き資料の場合は右上を斜めにとじている。 4)資料をセットするときは、それぞれのページのコピーの枚数を確認してから丁合を取っている。 5)部外秘の資料をコピーしていてミスコピーが出てしまったときは、シュレッダーで処理するようにしている。

次の