スペイン 語 ニンニク。 スペイン語で ニンニクのことを「アホ」、牛のことを「バカ」、居酒屋のこと...

ニンニク を スペイン語

スペイン 語 ニンニク

スポンサード リンク あまり体調がすぐれないことが多いtirimenJ5なのですが、 「黒ニンニクが健康に良い!」と教えてもらい、食べたりしています。 「黒ニンニク」って買うと 結構高いんですが、なんと、 自宅でも作れるというので、時々作るんですが、 先日、スーパーに行くと、なんと 「スペイン産ニンニク」(生)があったので思わず Get! さっそく仕込んで黒ニンニクにしてみました。 さて、お味はいかに・・・ 「黒ニンニク」とは 「黒ニンニク」は、 ニンニクを高温多湿の場所において「熟成」させたものらしい。 微生物を使っての発酵ではないらしい。 熟成後は黒くなるので黒ニンニクと呼ばれている。 生のニンニクはそのまま食べれないけど、黒ニンニクは ニンニク特有のにおいもないし、 そのまま食べると、ちょっとフルーティーな味になっている。 けっこう美味しいです。 さらに、 健康にも良いらしく、 抗酸化作用があり、 免疫力を高め、 ガン予防になる、などなど、 普通にニンニクを食べるよりも、効能がいろいろあるらしい。 確かに、黒ニンニク食べるようになって、風邪を引かなくなったなぁ。。 「スペイン産ニンニク」で黒ニンニクを作ってみる 買うと高価なものなので、作るのも手が込むのかというとそうでもないのが黒ニンニク。 炊飯器or保温機の中にニンニクを入れて20日ほど放置するのみ! ただし、作っている間は、 すんごいニンニク臭が・・・ その代償があの値段なのかもしれない。 準備 今回は、 新物の鹿児島県産ニンニク(20個)といっしょに、 スペイン産ニンニク(1個)を保温機の中に入れます。 キッチンペーパーを保温機の釜の底と、上にかぶせて、スイッチON! 待つこと 約20日・・・ 出来上がり 鹿児島県産ニンニクは 新物&乾燥処理ナシ スペイン産は 乾燥処理あり という条件の違いがあったんですが、無事になんとかできました。 さて、お味は・・・ 今回買い求めたスペイン産ニンニクは デカかった! 国内産の 1. 5倍はあろうかと思う程、 大きかった。 そして、 期待も大きかった。 そして、いざ、この一片を一口で パクリ! 不味い。。。 なぜか、不味い。。。 なんか、あまり味がしないというか、大きいだけ味も大雑把というか。。。 ちっちゃいけど、いっしょに作った 鹿児島県産ニンニクの方が、数段味が上でした。 残念! でも、翌日ちょこっとまた食べたら、日本産とはまた違う、 ブドウみたいな味がしてわりといけた。 場所によるのかなぁ。。。 さいごに スペイン産、黒ニンニクには向いてない品種だったのか、別の料理だと美味しく食べれるがなぁ。。 乾燥してないニンニクと一緒にしたのが悪かったのか・・・ 今回は残念な結果となったが、 次回は条件を同じくしてもう一度挑戦してみようと思います。

次の

スペイン料理|宝塚市公式ホームページ

スペイン 語 ニンニク

ニンニクはスペイン料理の陰の主役! スペインというとパエリアやタパスが有名ですが、現地ではニンニクをたっぷりと使った料理も人気があります。 日本でもおなじみの料理から、あまり知られていない調味料まで、スペインに足を運んだら堪能したい料理をご紹介します。 パエリアや煮込み料理に!調味料のソフリート ソフリートは、スペイン料理には欠かせない調味料の一つです。 主な材料は、オリーブオイルで香りを出したニンニク、みじん切りの玉ねぎ、湯むきして刻んだトマト。 これをローズマリーなどのハーブを一緒に30分ほど煮詰めてつくる、うまみが濃縮した絶品ソースは、パエリアや煮込み料理に欠かせません。 またシンプルにトマトソースとして、ソテーした肉や魚、野菜と食べるのも人気があります。 オリーブオイルとの風味が絶妙なアヒージョ スペイン料理のお店に行くと必ずメニューにある「アヒージョ」。 アヒージョはたっぷりのオリーブオイルにスライスしたニンニクと具材を入れて、ゆっくりと低温で煮る料理です。 あわせる具材はエビやタコ、カキ、鶏肉、きのこ、野菜などと何でもOK。 残ったオイルには具材のうまみが詰まっているので、ぜひパンを浸して食べましょう。 食欲そそる冷製スープのガスパチョ 夏の暑い時期にぜひ食べたいのが、色鮮やかなガスパチョ。 アンダルシア地方生まれの冷たいスープは、キュウリやトマト、ピーマン、玉ねぎ、ニンニク、水で浸したパンなどを、ミキサーにかけるだけの手軽さも人気です。 こし器を使ってさらになめらかにしたり、反対に野菜を角切りのままで楽しんだりと、バリエーションも豊富です。 野菜がたっぷり入ったスープを飲めば、スペインの夏の暑さも吹き飛びます。 ひたひたのパンが美味なソパ・デ・アホ スペイン語でアホはニンニクを意味し、ソパはそのままスープのこと。 つまりソパ・デ・アホとは「ニンニクのスープ」という意味です。 オリーブオイルでたっぷりのニンニクを炒め、パプリカパウダーやパンを一緒に煮込んで、最後に溶き卵をまわしかけたらできあがりです。 パプリカパウダーを入れるため色は真っ赤ですが、見た目と違って全然辛くない、ニンニクの風味豊かなスープです。 ふんわり仕上がるフランスパンの食感がたまりません。 アリオリソースは肉料理やパエリアに添えて アリオリソースとはニンニク入りのマヨネーズです。 すりおろしたニンニクと塩、卵黄、レモン汁をよく混ぜ合わせ、オリーブオイルを少しずつ加えて乳化させたらできあがりです。 お店によっては仕上げに牛乳を入れることも。 肉料理やパエリアとの相性が良く、これもスペイン料理には欠かせないソースです。 スペインに行ったらバルに行こう! スペイン旅行の楽しみの一つがバルではないでしょうか。 朝・昼・夜とシーンに合わせて楽しめます。 夜は小皿料理のタパスとワインで夕食もいいですね。 2部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳• 3部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳• 4部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳•

次の

スペイン料理|宝塚市公式ホームページ

スペイン 語 ニンニク

材料 [ ] (4人分)• まるごと1個• (二日ほど経過したものがよい)• 2リットル 作り方 [ ]• まるごとのニンニク1個の皮をむく。 フライパンに大さじ一杯のオリーブオイルをひいてニンニクを炒める。 ニンニクは炒め終わったら予め準備してある水に入れる。 フランスパンを切って、フライパンで炒める。 水と他の材料を全てフランスパンを炒めているフライパンに入れ、沸騰させる。 卵を割りいれる。 そうしなければ黄色く濁り失敗する。 蓋をして弱火で2~3分煮る。 関連項目 [ ]• - 季節料理で提供される 外部リンク [ ]•

次の