米津 パクリ。 【随時更新】この歌ヤバくない!? パクリ疑惑のある楽曲集めてみた。

最近の米津玄師さんの曲って、〇〇と似ているとか、パクリみたいに...

米津 パクリ

「<NHK>2020応援ソング」プロジェクトに向けて米津 玄師さんが書き下ろし、東京2020公認プログラムの認定を受けた楽曲 「パプリカ」。 2018年8月にリリースされた楽曲ですが、名曲との呼び声が高く、大変な注目を集めていますよね^^ しかしその一方で「パプリカは別の楽曲のパクリ」という指摘が、一部で持ち上がっているようです。 にわかには信じがたい話ですが、本当なのでしょうか? パプリカはパプリカのパクリ!? 米津さんが手掛けた「パプリカ」にそっくりとされているのは、2016年に公開された下妻市・夏のイメージソングです。 同イメージソングはshingo iitukaさんが制作したもので、そのタイトルはなんと「パプリカ」。 酷似していると話題の2曲は、タイトルまで同一なんですね^^; それゆえSNSでは、 ・2曲は本当によく似ているしタイトルまで一致しているとなれば、さすがに偶然とは思えない ・どう考えても米津 玄師が2016年に発売されたパプリカをパクったでしょ。 米津さんの影響力を考えれば、もっと騒がれてしかるべき問題だと思う ・パクリではなく、iitukaさんのパプリカが米津版の「原曲」だという話も流れ始めているね。 タイトルが一緒ということは、確かにそういうことなのかも といった関連の投稿が散見されます。 スポンサーリンク? 「パクリor原曲」の事実はあるのか 米津さんサイドは、今回の楽曲に「元ネタ」となるテーマや音楽があるとは言及していません。 ただ2曲を聴き比べ、酷似していると感じる方が一定数いることは事実です。 実際に私も吾妻市のイメージソングを聞いてみて、確かに似た感じの曲だなとは感じましたね。 しかしながら米津さんの作品がパクっているかといわれると、そうではない気がします。 どちらかというとiitukaさんのパプリカは吉田 拓郎とか、そういったフォーク系のジャンルに分類される音楽の印象が強いです。 パクリなどという気は毛頭ありませんが、曲全体の雰囲気も吉田さんの傑作「夏休み」などにすごく似ていると感じるんですよ。 とはいえiitukaさんサイドには「米津さんがあなたの曲をパクっているor原曲として使用しているようだ」との指摘や問い合わせが相次いでいる模様ですね。 それを受けてiitukaさんご本人は 「私が公開している動画は全てライセンスフリーの楽曲です。 誰がどういった形で使用しても良い、謂わば『元ネタ』なので、たとえそれが誰かによって作り替えられてバカ売れしても、それはただ私がこっそりほくそ笑むだけで。 実際に参考にしたかどうかは、当事者のみぞ知るところ」という大人な見解を示していますよ! 加えてコメントの最後を 「それ(iitukaさんの音楽)が誰かの手で花咲いて日本の音楽の未来がちょっとでも面白いほうにブレてくれたら、尚のこと面白い」と結んでいるので、一連の騒動を前向きに受け止めているのでしょう。 なるほどSNS等をチェックすると米津さんきっかけでiituka版パプリカを知り、大好きになったという声が少なからず見受けられますから、作り手としてそれで良いというスタンスなのだと思います。 なお個人的には今回騒ぎが大きくなったのも「この2曲、よく似ているな。 もとより、2曲はそもそも全く似ていないという意見の方もいらっしゃるようですが。 ただ今回知ったiitukaさんのパプリカは、紛れもない良曲だと思います! 実際にパクリ行為があったか否かはもちろん分かりませんが、当のiitukaさんの意見を聞くにつけても、「どちらのパプリカもそれぞれ素晴らしい」という結論で十分な気はしました。

次の

米津玄師変えた献身5年女性社長 深夜問わずかけつけることも

米津 パクリ

彼ら2つをミックスさせたような歌手が現れたと、ネット上が騒然としている。 話題のシンガーは、2017年にライブ活動を本格的にスタートさせたSano ibuki。 ネット上で注目されているのは、アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』の主題歌である『決戦前夜』だ。 「同曲は、『BUMP』の曲っぽいテンポや音楽性で構成されていますが、何と言っても驚きなのが〝歌声〟。 『BUMP』のボーカル・藤原基央にそっくりなのです。 また、PVで登場するSano ibukiのルックスは、前髪を重くして目元を隠しており、大きな口元と面長の輪郭が強調され、まるで米津玄師のような雰囲気です。 黒いアウターも米津感を増長させていますね」(芸能記者) なんかいろいろ組み合わさっている ネット上ではSano ibukiに対して、 《BUMPじゃん》 《バンプの亜種はここ15年で腐るほど出てきたがここまでそのまんまのやつはいなかったぞw》 《歌詞までバンプそっくりじゃねえか》 《米津玄師がバンプ歌っててキモイなw》 《髪型が米津になったバンプ》 《バンプオブ玄米ww》 《玄米チキン》 などといった声が上がっている。 「今、大人気の『RADWIMPS』も、ブレークし始めたときは、散々『BUMP』のパクリだと揶揄されてきました。 それだけ、『BUMP』の音楽性は現代ロックの基準となっているため、多少似てしまうのは仕方ないでしょう。 また、米津と似ているといわれているルックスも、ただの最近の若者のコーデと考えれば納得がいく。 ただ、個性が重視されるミュージシャンが、ここまで既存のものと似ているのは驚きです」(同・記者) 一部では、「出だしがRAD、サビがBUMP、顔が米津」とまで形容されているSano ibukiの『決戦前夜』。

次の

RADWIMPSの楽曲がBUMPに似てる?なぜパクリバンドと言われるのか?│BUMP OF CHICKENの書庫

米津 パクリ

パクリとはなんなのか 既存のものに似た作品やネタを作ること、あるいは極めて似た作品やネタを発表すること(ネタをぱくった、パクツイなど)。 ただし、この場合、剽窃元とした作品よりも劣っているものや、剽窃元をほぼそのまま流用(コピー・トレース)している事が誰の目にも明らかであるか、もしくは疑わしいものに対して使われることが多い。 引用: これが「パクリ」の一般的な定義だろう。 この言葉と隣接しているにもかかわらず、真逆の意味で使われているのが「オマージュ」だ。 オマージュ(英語: hommage)は、芸術や文学において、尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事を指す用語である。 しばしば「リスペクト」(尊敬、敬意)と同義に用いられる。 引用: この二つはほぼ同じ要素を指しているにも関わらず、社会的評価に天と地ほどの差がある。 オマージュが認められる一方、パクリは糾弾される。 この違いはなんなのか。 リスナーそれぞれの独自な評価が、その差を生んでいる。 これは非常にまずいことで、アーティストの社会的地位が聴いた人の感覚という不確かなものによって貶められることになる。 こんなこと許されていいはずがない。 SNS時代に生まれた身勝手な裁判官たち。 社会問題が音楽にも影響を及ぼしている。 しかし糾弾されないものにも共通点がある。 次に紹介するいくつかの事例を見てほしい。 あいみょんとandymori 2月にあいみょんがandymoriをオマージュした「夢追いベンガル」という曲をリリースした。 かなり元のバンドに寄せているが、パクリという声はまだ大きくない。 その理由の一つは、次に引用するインタビューに書かれている。 タイトルもそうですけど、サウンドや歌詞からも「ベンガルトラとウィスキー」を歌うあのバンドへのリスペクトを感じました。 そうそう(笑)。 andymoriです。 これは完全に小山田壮平さんへのリスペクトを込めています。 引用: あいみょんは、andymoriへのリスペクトを公言しているのだ。 オマージュであることが明快なのである。 この一点があるかないかで、andymoriファンの対応も変わってくる。 米津玄師が何度も彼らへのリスペクトを語ってきたことが、その理由である。 例えばこちらのインタビューでは、明確に自分のルーツを明らかにしていることが、そのタイトルに表れている。 「Nighthawks」が収録されたアルバム『BOOTLEG』は海賊版という意味であり、全ての楽曲にオマージュ元があるのが特徴である。 ルーツとしてアーティストが他者を語った場合に、パクリ扱いされることは少ない。 であれば、みんな自分のルーツを明らかにすればいいのか。 そうはいかない。 Base Ball BearとNUMBER GIRL Base Ball Bearは1stアルバムをリリースした際に、炎上しかけたことがある 当時そんな言葉はなかったが。 (小出祐介)2003年。 僕らはじめてのアルバムですね。 『夕方ジェネレーション』ってこれ、インディーズでリリースしたんですけど。 実はこのアルバムが、NUMBER GIRLに似てるって、めっちゃ叩かれたんですよ。 (宇多丸)えっ、マジで!?誰が叩いたの?評論家? (小出祐介)まあまあ、ネットとかでもそうですし。 で、なんかそれを僕、当時見ちゃって。 いまは絶対見ないですけど。 めっちゃ気にしちゃって。 すげーヘコんだんですよ。 だからそれがきっかけで、僕、それ以降はあんまりNUMBER GIRLの話を外でしないようにしてきたんです。 引用: アーティストだって人間である。 傷ついたVo. 小出祐介がNUMBER GIRLへの尊敬を語れるようになるまで、10年の歳月が必要だった。 実績のあるあいみょんや米津玄師と違い、メジャーデビュー直後のマイナーアーティストが、リスペクトを語れるのだろうか。 パクリと叩かれる恐怖。 10年前だからネットの掲示板や音楽誌程度で済んだが、SNSが発達した今、批判の声の広がり方は当時の比ではないだろう。 誰かを叩くことでストレスを解消している人が、一定数いるからだ。 ではその根っこの部分にあるものは? オリジナル信仰を打ち破れ これらの問題の根底にあるのは、「 天才が生み出した独自な音楽」に対する信仰だ。 The BeatlesやLed Zeppelinなど、伝説と呼ばれるバンドの天才たちが、大衆音楽の基礎を作ってきたという、その認識は間違っていない。 しかし彼らの音楽も大半は、同時代もしくは前の時代に原型がある。 ロックはゴスペルとブルースとカントリーから生まれた。 HIPHOPはそれまでの全ての音楽をサンプリングすることで発達してきた。 音楽は既存の物に、自分のオリジナルな要素を加えることで生み出されてきたのである。 全ての音楽好きに勧めたい名著「オルタナティブロックの社会学」にも書かれているように、日本人は洋楽のエッセンスを抜き取り、自分たちの音楽に組み込むことが得意である。 そのように邦楽は発展してきたし、これからもそうだろう。 だからこそ音楽に詳しく、様々なものをオマージュし、邦楽へ落とし込んできた先人たちは、偉人と称えられるべきだ。 ロックンロールを60年代に日本へ持ち込んだRCサクセションしかり、様々な音楽から独自のサウンドを気付きあげた小室哲哉しかり。 盗人と糾弾されていいわけがない。 後の時代に評価されるなんてのは良くある話だが、だからって若い才能をSNSが生む謎の裁判官たちが摘み取っていいわけがないのだ。 音楽ルーツはもっとあけっぴろげに語られるべきなのだ。 叩かれるから尊敬を語れず、語れないから叩かれる。 負のスパイラルを打ち破らなければならない。 コード進行について コード進行 曲の全体の雰囲気を決める音の組み合わせ が似ていると、どうこう言う人も多いが、そもそもそこに著作権はない。 だからこそ次の2曲が同じコード進行でも、許されるのだ。 パクリ問題を笑い飛ばす本がこちら。 興味のある方は一読をおすすめする。 それは私もそう思うしそう信じてます。 色んなアーティスト、芸術家に影響を受けて羨んで憧れてきて、真似せずにはいれへんよ。 真似事から新しい音楽が生まれるなら最高やんか。 — あいみょん aimyonGtter あいみょんの考え方は、日本武道で受け継がれてきた守破離の考え方に通じる。 これがこれまで歴史に名を残したアーティストたちが成長してきた姿だ。 なぜか今、この守の部分に過剰に反応する人が多いのである。 米津玄師の発言も見てみよう。 そこにも「BOOTLEG」というタイトルに通じる意味合いを感じました。 今回のアルバムは、自分の中ではオマージュのアルバムだと思っているんです。 それは自覚的にやっているんです。 それをやることによって過剰なオリジナリティへの信仰みたいなものに対して自分なりに解答を出したかったっていうのがあります。 引用: 彼は他にも音楽は様々なものを引用・参照して、そこに自分の要素を混ぜ込んで作り上げていくものだという旨の発言をしている。 いろいろ言われるじゃないですか、「バレるとヤバいのがパクりだ」とか「リスペクトがあるのがオマージュだ」とか。 でもそのラインもあやふやなんです。 そこに対して過剰すぎる人がいるのが、やっぱり気に食わないんですよね。 引用: この米津玄師の苛立ちは、当然である。 オマージュがこれまでの邦楽を支え、オリジナルなものを生み出してきたのに、そこを無視してパクリと騒ぐのは無理があるからだ。 ただし盗作はダメ、絶対 あいみょんは次のように発言している。 「今の時代ってすぐに誰々の真似が出てきたとか、誰々っぽいって言われるじゃないですか。 思い出すのはLCCの代表格であるバニラエアの機内BGM。 CMと曲を比較している動画だ。 最近H ZETTRIOがTVCMに使われていますか?という、問い合わせが結構あります。 が、 我々ではございません。 これに対するH ZETT M 元東京事変のKey. で、H ZETTRIO所属 の返答がこちら。 某ファーストフードの時は「偶然かな?」と流してたんですが、 某自動車メーカーのは「これはちょっと、Dancing in the〜?」 と、、もしこれらを作った方が同一人物だったら確信犯ですね。 企業の皆様。 もしご要望があれば本家にご相談ください。 格好いいものをご提供致します。 お金が絡むと大手企業であっても狂う。 グレーなゾーンを駆け抜けるダーティープレイだ。 大企業がやっているわけだから法的には問題ないだろうが、音楽を発展させるとも思えないので、私は反対する。 昔なら多少の批判の声があってもなんとかなったが、SNS時代にこの悪習を残しておくべきでない。 たまたまメロディーが被るということも起こり得るだろうから Led Zeppelinの「Stairway to Heaven」が、とあるミュージシャンに訴訟を起こされた件など 、非常に複雑な問題である。 しかし邦楽の未来がSNSなんかに邪魔されるわけにはいかない。 私はこれからの邦楽の発展を願っています。 それでは。 メダロットの件は聴き比べましたがほとんど都市伝説レベルに思っています。 私自身子供の頃慣れ親しんだゲームですし、知名度に対してリスクがありすぎます。 偶然メロディーが被ってしまう事例もいくつか知っています ブルーノ・マーズのヒット曲が、とある日本の無名インディーズ・ミュージシャンが宅録した曲とメロディが同じでした。 仮にメロディをコピーしていたとしても、リスクに対してリターンが見合っていませんから、単なるネットのつまらない人たちの戯れ言です。 わざわざ公的に釈明するまでもありませんし、声高に権利を主張できるほど特殊なメロディとも思えません。 そして2chとTwitterには、類似によって相手を攻撃する人が一定数います。 アジカンやフジファブリックも、ナンバーガールのパクリとして叩かれていた時期があります。 前者はリスペクトを大いに語っているのにです。 この場合叩いている人は、アジカンのファンではなくナンバーガールのファンであることが多いため、一方に肩入れしている立場なのです。 私は、そういった過激なファンが他のミュージシャンを攻撃する流れを、少しでも減らしたくてこの記事を書きました。 自分もメダロットの件はパクリだとは思っていません。 ただ、記事にあるようにパクリの基準はあいまいですので、パクリでない、パクリであると考えられる理由があってもそれは推測に過ぎませんし、パクリかどうかを断定するのは難しいです。 そのため本人の釈明があればすっきりするのにと考えていました。 たしかに少し文句をつけられたくらいでいちいち釈明をしていたらきりがないですが、メダロットの件は釈明をするに値するくらい話題となっていたと思っていました。 しかしそうではなかったみたいですね。 申し訳ないです。 釈明すべきかどうかの基準はどこにあるのでしょうか。 リスペクトを語っているのに攻撃する人がいるのですね。 すみません、知りませんでした。 このような人達の攻撃はネットのつまらない人たちの戯言を超えているのでしょうね。 例えば海外ではZEPの名曲「Stairway to Heaven」は、自分の曲の盗作であるとして訴訟を起こしたミュージシャンがいました。 こういったアーティストどうしのやり取りには、元々知っていたかに関わらず誠意あるやり取りが必要かなと思います。 今回の例で言えば、メダロットのBGMの作者があいみょんを糾弾したような場合ですね。 あいみょんの今回の例は、ご説明した通り、火消しのために釈明しない方が良いですし、ご理解いただいてる通り釈明するまでもないと思います。 そういった問題はアーティストやJASRAQのような当事者間で解決すべきだと思います。 当事者以上に優れた判断を、匿名の第三者ができるとも思えませんし、ご理解いただいているようにリスクの方が大きいですから。 そもそも作曲者の権利を守ることと叩くことがイコールとは、私には思えません。 更に言えば、悪意をもった作曲者としては炎上であれ話題になってしまえば成功とも言えるので、良いことは何もないと思います。 こういうコメント書いたことないので、不慣れな部分があったらすみません。 私も長年思い続けていたことを書いていただいたような気持ちでした。 昔 10年以上前だと思います。 」と、気やすめですが検索したことがありました。 結果、やはりそんな曲をあげてる記事は見当たらなくて、自己満足だけど自分の気持ちをそこでおさめたりしたのをおぼえています。 長々すみません。 この記事に出会えて良かったですし、また色々考えるきっかけを与えてもらいました。

次の