ご教授 ご教示。 「ご教授賜る」の意味とビジネスでの言葉の正しい使い方

「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

ご教授 ご教示

「ご教示ください」の意味は「知識や方法を教えてください」 ご教示」は、「 ごきょうじ」と読みます。 「ご教示ください」は 「教示」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「ご教示ください」は相手に敬意を示す表現のである「ご」に、「ください」という尊敬語 「がついている言葉なので、「相手に教わりたい」という場面で使用される言葉です。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 また、「ご教示」は「指示を仰ぎたい」というような アドバイスを求める場合にも使う言葉です。 例文 「何かお気づきの点があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示いただきたく存じます」 「お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示いただければ幸いです」 「今後の売上向上に向けて改善点があればご教示いただけますでしょうか」 「ご教授ください」の意味は「学問・技術・技能などを教えてください」 「ご教授ください」は、「 ごきょうじゅください」と読みます。 「ご教授」は、 「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけ、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用のことです。 また、 大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授ください」は、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例えば、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面などです。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではない為、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があるで、 メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 例文 「この道を極めたいならプロのご教授を願うべきたど考えました」 「一人暮らしを始めるので私に料理の基礎をご教授いただけませんか?」 「これからも末永くご教授願いたく存じます」 「先生方のお陰で、上位入賞という目標を果たせました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします」.

次の

《完全版》「ご教授」と「ご教示」の意味の違いと使い分け

ご教授 ご教示

ビジネスの場では、メールや口頭で相手に何かを教えてもらいたいシーンがよくあります。 そのときに使える、正しい敬語表現をご存知でしょうか。 何かを教えてもらいたいとき、「お教えください」と言ってもよいのですが、熟語を使ったビジネスシーンに合う敬語表現としてよく目にするのが「ご教示ください」「ご教授ください」の二通りの言い方です。 字面も発音も似ている二つの熟語なので、ついつい混同して使われがちなものですが、実は意味に違いがあります。 ここでは「ご教示」と「ご教授」の正しい意味の違いや使い分け方を解説いたします。 例文も複数載せていますので参考にしてください。 ご教授の意味 「教授」とは学問や技芸を教え授けることです。 また名詞としては、大学などで専門の学問・技能を教え、またその研究に従事する職のことを指します。 動詞の文例としては「書道を教授する」「経済学を教授する」が挙げられています。 学問や技能、芸術などを、先生や講師から体系立ててレクチャーしてもらうこと、知識を授けてもらうことをイメージすればよいでしょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け方 それぞれ意味が異なり、使われる状況も異なるため、ビジネスシーンでは「どちらが正しくて、どちらは間違っている」と一概にいうことはできません。 文脈に応じて適切な方を選ぶようにしてください。 誤用に注意したいのは、 たんに情報を聞き出したいときに「ご教授ください」を使うことです。 意味を確認したとおり、教授は学問や技芸について教えてもらうことですから、一般にビジネスシーンでは「ご教示ください」の方がしっくりくる頻度の方が高いでしょう。 スケジュールや物事の進め方、方法をたずねる際に「ご教授ください」としてしまうのは誤りです。 このような場合は「ご教示ください」を使うようにしましょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」はどちらも書き言葉? 「ご教示ください」と「ご教授ください」は意味に違いがありますが、どちらも書き言葉という共通点があります。 「ご教示いただければと存じます」や「ご教授願います」など定型文として、書くときに用いられます。 話し言葉で使うと堅い印象がありますので、「お教えいただきたく存じます」や「お教え願います」、「ご指導のほどよろしくお願い申し上げます」などに変換して使うと良いでしょう。 「教授」と「享受」の違いと使い分け方 「教授」の同音異義語として 「享受」という言葉があります。 「享受」の意味は受け入れて自分のものとすること、受け入れて、味わい楽しむこととあります。 文例としては独身の自由を享受するインターネットの恩恵を享受するというものが挙げられます。 「享受」は、「教えてもらう」という意味の「教示」「教授」とはまったく意味の方向性が異なる単語です。 うっかり混同して使っていると明らかに誤用とばれてしまいます。 意味の違いを理解するだけでなく、スマホやPCでの文字入力上の変換ミスにも気をつけましょう。

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

ご教授 ご教示

日本語を覚える際にはまず「実践的な学習方法」が大切で、それによって「いろいろな場面で適切な言葉の表現・敬語表現」などがスムーズにできるようになります。 この「ご教示いただけますでしょうか」という表現を覚える際にも、まずは実践的な言葉・表現の練習から始めてみましょう。 ・この件につきまして、どうかご教示いただけますでしょうか。 ・論文作成についてですが、概論の書き方をご教示いただけますでしょうか。 ・会議の当日におきまして、何を持参すればよいかご教示いただけますでしょうか。 このように、まず「ご教示・ご教示いただけますでしょうか」という言葉を使う場合には、先述のように「なるべくピンポイント的な内容を教えてください」といった、比較的「浅い教授の旨」を示す意味的側面が見られます。 さて、先述では「ご教示いただけますでしょうか」という言葉の意味や用法、またその言い換え表現についてご紹介してきましたが、果たしてこの「ご教示いただけますでしょうか」という形容は正しい敬語表現として認められるでしょうか。 まず「ご教示いただけますでしょうか」という言葉のうちには「御(ご)」という尊敬語・謙譲語に見られる接頭辞と、「いただく」という謙譲語表現、「ますでしょうか」という丁寧語表現が混合しています。 これだけで三重の敬語表現が認められ、すっきりした敬語とはなりません。 この場合は「ご教示ください」や「ご教示いただけますか」という形で、相手に伝わりやすくすることが大切になります。 敬語表現としては間違っていないですが、表現方法に困難が見られ、このようにまず「伝わりやすくする」という工夫が大切になります。 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表記 「ご教示いただけますでしょうか」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮した上で以下のようにピックアップされます。 ・Would you teach me(ご教示いただけますでしょうか、教えてくださいますか) ・please tell me(教えてください、ご教示いただけますでしょうか) ・Can you teach? (教えられますか、ご教示いただけますでしょうか) ・May I ask you a favor? (お聞きしてもよろしいでしょうか、ご教示いただけますでしょうか) ・Could you teach us(教えてくださいますか、ご教示いただけますでしょうか) ・May I ask you a question? (ご質問してもよろしいでしょうか、ご教示いただけますでしょうか) 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現(1) 先でご紹介しました「ご教示いただけますでしょうか」の英語表記を参考にして、「ご教示いただけますでしょうか」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・Would you please teach me about that matter? 「その件につきまして、ご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach us how to use this computer? 「このパソコンの使い方について、ご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach me how to correct my thesis? 「論文の添削方法について、ご教示いただけますでしょうか。 」 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現(2) 先述しました「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「ご教示いただけますでしょうか」の例文をご紹介します。 ・Those who called us last week, but since there is a point that I do not know about afterwards information disclosure absolutely, would you teach me about that point? 「先週にお電話させていただきました者ですが、どうしてもその後の情報公開におきましてわからない点がございますので、その点についてご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach us how to assemble athletics? 「アスレチックの組み立て方をご教示いただけますでしょうか。 」 「ご教示」の正確な意味と用法を覚えましょう いかがでしたか。 今回は「ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メールと題して、ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メールについての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「ご教示」の用例をご紹介しました。 「ご教示いただけますでしょうか」という表現は、非常に多くのビジネスシーンでも普通に使われている日常的な慣用句であり、「お教えいただけますでしょうか」や「ご教授ください」などの表現とともに併用されている傾向が見られています。 しかし、「ご教示いただけますでしょうか」という表現でも見られるように、いくつもの敬語表現が混じっている場合には「相手に伝わりやすくする方法・工夫」が必要になるため、あらかじめ「わかりやすい日本語表現」の練習をしておくことが大切になります。

次の