ペットヒーター。 ペットドクターがおすすめする爬虫類用ヒーター8選|トカゲ・カメ飼育

インコ用ヒーターのおすすめ人気ランキング7選【ケージを保温!】

ペットヒーター

こんにちは。 インコ、飼ってますか? うちは飼ってます。 ヘルニア持ちですっかり寒がりになってしまったポーちゃんです。 3才頃までは冬でもカバーと段ボールを被せればしのげたのですが。 若くて健康なインコに保温電球などペットヒーターは必要ない、ともいいます。 常に暖かいと発情の原因にもなります。 何より寒さに弱インコになってしまうとかね。 とはいえ、4才を過ぎていたり(インコは4才から老鳥説あり。 つまりは諸説あるってことですが)病的とはいえないけど「やや膨らみがちな時が多い」とか、「足が常に冷たい」とか、そんな時はカゴの温度を見直す頃合いかもしれません。 ことに冬場とか換羽期の際は。 思い返せば、ポーが大病した年の冬、足の冷たい日が多かったなとか、モフっとしてた(当時はモフモフの方が可愛いと思っていた)なとか、そんな記憶もあるわけで。 今回は、病み上がりや年寄りインコ、はたまた真冬の寒さ対策につき。 ポー愛用の保温電球を中心に、おすすめのワット数や温まり方の違いを書いていきたいと思います。 そのほかのペットヒーターのことも少し。 20wずつ増やしてください。 80wなら20wのものを4個分買って! 要はカゴのサイズだったり、置く場所によって熱すぎる場合もあるからです。 保温電球初心者は医者の指示通りに揃えるのが筋ってものですが。 カゴにあんなごついものを四つもつけるとか、四つも買うとか。 家に帰ってから悩みました。 保温電球は結構高いのです。 20wカバー付きで2000円以上します。 +サーモスタット何個分になるのか。 実際に使っている人に聞いたり、ネットで調べたりして結局、20w4つではなく、40w2つ、20w1つを購入。 今に至るわけですね。 2年ほど使用した結論からいえば、40wを2本、20wを1本ずつ常備しておけば大丈夫な気がします。 病気の時や厳寒対策は60w1本でもいけるかと思いますが、突然電球が切れちゃったりすると怖いので。 ペットヒーターと周辺グッズ 60w以上の保温電球と必ずセットにしたいのがサーモスタットです。 といいつつ、「サーモスタットを買ってください」と病院で言われた時、「サーモスタットって何だっけ?聞いたことあるような、ないような」と思った次第。 要は「設定温度まで上がると自動的に電球が切れる装置」です。 30度に設定しておくと、自宅にいなくとも夜中でもそれ以上は温度が上がらないのでかなり重宝します。 そんなこと、知ってますかね? リンク こうやってポチっていると、すぐに万を越えてしまいます。 愛しのセキセイインコよりも周辺グッズの方が絶対に高くなります。 病院の先生に「あれとこれとそれを買って」と指示され、その合計が1万を超え、ポーちゃんの病院代も数日で数万を超え、打ちのめされそうになったものでした。 ただ、保温電球は年中つけっぱなしの我が家ですら1年以上持っている気がします。 費用対効果は悪くないと思いますよ。 電気代は月に数百円アップするかしないか。 これは、サーモスタットが適宜電球を消してくれているからでもあり、ここはケチらず一緒に購入した方がいい気がします。 なお、寄り添いタイプや止まり木が暖かくなるタイプは鳥専門医によると.

次の

ペットヒーター|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

ペットヒーター

いろんなタイプのヒーターがありますね。 うちのワンコは自分のスペースに知らないものがあると破壊行動をしてしまいます。。 ですので、電源のあるホットカーペット型のヒーターの使用は難しいかなと感じていますがとても薄いタイプのものもあるんですね。 ワンコ(ミニチュアシュナウザー3歳)はダブルコートですが寒いのは苦手なようです。 いつも人間用のパネルヒーターの前でぬくぬくとお昼寝をしています。 お留守番のときはいつも毛布や布で寒さをしのいでもらっていますが、犬猫用のヒーター(マイカ)もあるとのことでサークルの外においてみようかと思います。 じんわりとあたたまる感じでしたら安心ですし、うちはサークル内のお留守番なので、距離を置いて外側い設置すれば火傷の心配もありません。 飼い主の希望としてはこたつでほっこりした愛犬の姿をみてみたいです。 うちはマンションの1階のため、午前中しか太陽の光が差し込まず、冬は夕方には底冷えがします。 暖房はもちろん入れていますが、床生活の犬にとっては寒いようで、サークルから犬を出すと一目散にホットカーペットの温かいところを陣取っています。 年齢とともに寒がりになってきたので、今年の冬に備えてサークルに暖房器具を入れてあげたいなと思っていたところでした。 ヒーターは電気コードなどをかじったりしないかが心配で湯たんぽにしようかなと思っていたのですが、ペット用の仕様になっているんですね。 温度や衝撃耐性などを考えると、人間用のものよりペット用のものを使用した方が良さそうです。 サークルのベッドの下に配置できるサイズのものを試してみたいと思います。 人間用のフラットな足元だけの電気毛布を愛犬用に使っていましたが、ペット用でしかも節電タイプなんてあるんですね。 冬になると寒暖差や朝方の寒さで咳が出やすくなってしまうので、寒さ対策にはとても気を使っています。 犬はお腹周りを温めるのが一番効率的に体を温められると聞いたので、敷くものをメインに考えていましたが、犬用こたつもあるんですね!シングルコートのシーズーなのでやはり寒さには弱いです。 16歳なので段々と寒さを厳しく感じるようになりました。 肉球も冷えてしまうのでマッサージをしたり、電気毛布に乗せたり、小さいゆたんぽを近くに置いてみたり、上からフリースを掛けたりと、冬は必死です。 もしお漏らししてしまったら、と考えると電気毛布は怖いです。 犬用こたつなら敷くものではないので、その点の心配はなさそうですね。 普段愛犬のいる部屋はヒーターを置いているのですが、寝る時の部屋は乾燥しないようにヒーター類は置いていないので、今年はこの犬用こたつを検討したいです。 もうすぐ本格的な冬がやってきますよね・・・。 我が家の愛犬はパグですが、暑さと寒さにものすごく弱いです。 夏は暑くてグデ~ッとしているので、ひんやりマットを購入してあげました。 冬は毎回暖かい毛布やタオルをフカフカにして置いてあげています。 この上で幸せそうな顔をして寝ているのですが、今年はヒーターを購入してみようと思っています。 同じくパグを飼っている友人の家に遊びに行った際に、ヒーターの存在を初めて知りました。 人間も同じですが、ヒーターがあると無いとでは全然違いますよね。 しかも記事を読んでみて思ったのですが、犬用のヒーターもこんなにたくさん種類があるなんて、驚きました。 一体どれにしようか悩んでしまいそうです。 早く選んで、愛犬には冬を快適に過ごして欲しいです。

次の

ペットヒーターインコ用のおすすめはアサヒとマルカンどっち?

ペットヒーター

こちらも主にうさぎ・犬・猫を対象としています。 リバーシブルで温度調整も可能です。 取り外して洗うことができるカバーがついています。 これを1日10時間、1カ月使用した場合、かかる電気代は以下のようになります。 Sサイズ(10W) 81円 Mサイズ(11W) 89. 1円 Lサイズ(18W) 145. 8円 LLサイズ(33W) 267. 3円 3Lサイズ(68W) 550. 8円 その他ヒーターの電気代を出すための計算方法 ペットヒーターを購入する際には、消費電力(W)をチェックしてください。 以下の計算式で電気代が計算できます。 2円 となります。 ペットヒーターを購入する際、事前に自分の家でヒーターを使用する場合どのくらい電気代がかかるのかチェックすることをオススメします! 失敗しない!ペットヒーターの選び方 選び方を覚えれば、今度からは迷いませんよね!ペットごとの性質とおすすめのヒータータイプを見ていきましょう。 小鳥におすすめなペットヒーターは? 寒さに弱いので細心の注意が必要です。 鳥カゴの設置場所に注意してください。 昼夜の温度差のない場所や、すき間風の入り込まない場所に置いてください。 また、人がいる時間だけ暖房をつけている部屋に置くことも注意が必要です。 かごに取り付けやすい電球タイプのヒーターをつけましょう。 暖かい部屋で飼うか、専用のヒーターを使用する必要があります。 愛犬の生活している高さに温度計を取り付ける、もしくはベッドの近くに一緒にしゃがんでみたりして、 すきま風や下からの冷えにさらされていないかを知りましょう。 寝床の場所として、窓際や外と接している壁の近くなどはできるだけ避けるようにしましょう。 用途を決めよう ヒーターを購入する際には、まずそれによって どこまでを温めたいのかを考えましょう。 温める範囲が局部的なのか、広範囲なのかによって購入するヒーターの種類が変わってきますね。 また、パネルヒーターが適している動物や電球が適している動物など、ペットの種類によっても異なります。 さらに、家の環境によって、大型ヒーター1枚か、個別に数枚必要かなども考えなければなりません。 サイズを確認しよう 実際購入してみるとサイズが違って着られなかった洋服などはないですか?ペットヒーターも、実際に購入したら大きさが合わなかった、入らなかったということが起こりえます。 インターネットで購入する場合でも、 必ずサイズ表記を確認しましょう。 自分がヒーターを置きたい場所のサイズと実際のヒーターのサイズをしっかり測ってから購入するようにしましょう! ペットがちゃんと使ってくれるか確認しよう 犬猫用のカーペットは形や質感によって、せっかく買ったのに全然乗って温まってくれない(泣)ということが起こります。 日頃ペットが使っている寝床と形が似ていたり、質感が似ているとあまり抵抗なく使ってくれるようになるかもしれません! お値段を確認しよう ヒーターも メーカーや大きさ、ワット数によってお値段はピンキリです。 また、ワット数によっては今後かかってくる電気代が変わるのでそこも注意して購入を決めましょう! ヒーターと一緒に買うと、効果が上がるグッズ! ヒーターをせっかく購入しても、使い方次第では温めすぎてペットに害を与えてしまったり、せっかくあたためた熱を無駄にしてしまう場合があります。 それを防ぐために、ペットヒーターと一緒に使うと効果的なグッズを紹介します! ヒーターの温度調節ができる!アサヒ 電子サーモスタット ペットヒーターごとの電気代 アサヒペットヒーター(小鳥・小動物・爬虫類向け) マルカン保温電球(小鳥・小動物・爬虫類向け) 三晃商会 パネルウォーマー(小動物・爬虫類向け) 貝沼産業 ユカペットEX(うさぎ・犬・猫向け) アイリスオーヤマ ペット用ホットカーペット(うさぎ・犬・猫向け) 20W 162円 40W 324円 60W 486円 100W 810円 20W 162円 40W 324円 100W 810円 8W 64. 8円 14W 113. 4円 16W 129. 6円 32W 259. 2円 Sサイズ(25W) 202. 5円 Mサイズ(30W) 243円 Lサイズ(55W) 445. 5円 LLサイズ(130W) 1053円 Sサイズ(10W)81円 Mサイズ(11W)89. 1円 Lサイズ(18W)145. 8円 LLサイズ(33W)267. 3円3Lサイズ(68W)550. 8円 失敗しない!ペットヒーターの選び方 ペットごとの性質を知ろう ペットごとまたその種類ごとに寒さに弱い強いがあります。 用途を決めよう 使う時間帯や温めたい範囲を明確にすることで、ライフスタイルにあったヒーターを選びましょう。 サイズを確認しよう 買ってみたら大きすぎて取り付けられない…なんてことが起こらないように事前に確認しましょう。 ペットがちゃんと使ってくれるか確認しよう 買ってもペットに使ってもらえなければ意味がありません。 ペットが普段使っている寝床の材質に似ている物を選ぶとよいでしょう。 お値段を確認しよう ヒーターの消費電力によって、電気代が変わってきます。 これから使っていくにあたって、負担の少ないものを選びましょう。

次の