エクセル 関数 subtotal。 フィルタ機能をより便利にするSUBTOTAL関数

ExcelのSUBTOTAL関数の使い方|集計方法によって様々な集計をする

エクセル 関数 subtotal

「商品ごと」や「顧客ごと」に集計したいけれどSUMIF関数が難しそう! 売上表などを作成する際に「商品ごと」や「顧客ごと」に金額を集計したい時ってありますよね。 そんな時、どのように対応しますか? SUMIF関数を使って、指定した条件ごとに金額を集計する方法を思いつく読者は多いかもしれません。 このSUMIF関数は、Excelの参考書などでは覚えておくべき関数として紹介されていることが多いですが、なんだか難しそうだと思っていませんか。 ここでSUMIF関数について少しおさらいしておきましょう。 SUMIF関数は、指定した条件に当てはまるデータの合計を求める関数で、以下の書式で記述します。 オートフィルターとSUBTOTAL関数を組み合わせ、特定条件を満たすデータの合計を求める 冒頭でも触れたように、オートフィルターとSUBTOTAL関数を組み合わせて使用することの利点は、SUBTOTAL関数を使って合計を求める数式を記述することで、オートフィルターで絞り込んだデータだけの合計を自動的に表示できるということです。 オートフィルターで別の抽出条件に変えれば、変更された抽出データの合計が自動的に表示されるのです。 一方、オートフィルターの結果では、集計方法で指定する値にかかわらず、非表示になった行はすべて無視されます。 1つ目の引数で指定する「集計方法」には、平均(AVERAGE関数)、最大値(MAX関数)、最小値(MIN関数)、合計(SUM関数)など、集計を行う時に使いたい関数を1~11(または101~111)の数字で指定します。 2つ目の引数「セル範囲」には集計対象のセル範囲を指定します。 では数式を入力してみましょう。

次の

【Excel】SUMIF関数いらず!エクセルのオートフィルターとSUBTOTAL関数で特定条件のデータを集計するテク

エクセル 関数 subtotal

ですが、同じ操作をしているのに「SUM」ではなく「SUBTOTAL」が表示されることがあります。 【フィルターが有効の場合】 これは、オートフィルターが有効になっていて、 抽出されている状態の時におこります。 「データ」タブの「並べ替えとフィルター」グループにある「フィルター」ボタンをオンにします。 下の表の場合、「商品名」のフィルターコントロールで「牛乳」をオフにしています。 この場合は「オートSUM」ボタンを押すと、「 SUBTOTAL」が表示されます。 「オートSUM」ボタンで表示される「平均」や「数値の個数」「最大値」「最小値」をクリックしても「SUBTOTAL」にはなりません。 「合計」の場合のみ「SUBTOTAL」になります。 フィルターコントロールが表示されていても、 フィルターがクリアされている(すべてが表示されている状態)であれば、「SUM」が表示されます。 フィルターコントロールが表示されていて、非表示の行があっても「SUM」が表示されます。 テーブルを解除する場合は、「テーブル」タブを選択して、「ツール」グループにある「範囲に変換」をクリックします。 SUBTOTAL関数は、 フィルターで抽出したときに見えている数値のみの集計をしてくれます。 ただし、集計方法の第1引数が「109」になっている場合です。 引数が「109」の場合は、手動で非表示にした行があっても非表示行の値は無視されて、表示されている行のみが集計されます。 テーブルの場合は、引数は「109」になります。 フィルター処理後に「オートSUM」ボタンを押した場合の引数は「9」になります。 この場合は、フィルター処理の結果に含まれない値は集計されませんが、手動で非表示にした行の値は含まれます。 SUBTOTAL関数の引数については、以下のページを参考にしてください。 テーブルについては、以下の記事で解説しています。

次の

【Excel】SUBTOTAL関数の使い方

エクセル 関数 subtotal

通常COUNT関数を使いますが、SUBTOTAL関数でもできることの紹介です。 SUBTOTAL関数を使用する場合は、下の集計方法の引数にあるように非表示の行を集計したくない場合に使用します。 COUNT関数は数値・日付・時刻の個数を求める関数です。 構文:COUNT 値1,値2,... ,値255 値1~値255には通常セル範囲を指定します。 構文:SUBTOTAL 集計方法,範囲1,範囲2,... 今回の数値セルをカウントするには、下のように引数は2か102になります。 集計方法 機能 1か101 平均値を求める 2か102 数値の個数を求める 3か103 データの個数を求める 4か104 最大値を求める 5か105 最小値を求める 6か106 積を求める 7か107 不偏標準偏差を求める 8か108 標本標準偏差を求める 9か109 合計値を求める 10か110 不偏分散を求める 11か111 標本分散を求め 指定範囲内の数値セルをカウントするには、COUNT関数かSUBTOTAL関数を使います。 SUBTOTALの構文は「 SUBTOTAL 集計方法,範囲1,範囲2,... 」になります。 集計方法を2にすると、カウントします。 カウントは、数値が入力されているセルか結果が数値になる計算式が入力されているセルが対象になります。 表を抽出し表示されていないデータは計算されません。 抽出結果のデータだけを計算します。 COUNT関数の構文は「 COUNT 範囲 、COUNT 数値1,数値2,・・・ 、COUNT 範囲,数値 」になります。 表を抽出し表示されていないデータも計算されます。 範囲内の全数値データが対象になります。 空白セル、文字列、エラーのセルなどの数値外のセルは無視されます。

次の