マングース bmx。 mongoose(マングース)BMXの通販

MONGOOSE

マングース bmx

BMXの元祖ブランド。 1970年代初頭にOn Any Sunday オン・エニ・サンデイ)などのモーターサイクルの映画を見たカリフォルニアの子供たちが自転車で真似を始めた。 自転車(特にホイール)を壊し続けながらジャンプをする彼らを見て、当時車のホイールデザイナーだったSkip Hess スキップ・ヘス)はマグネシウム合金製の専用ホイール(Motomag を作り、いち早くこの遊びにBMX バイシクルモトクロス)という名前を付けBMX Products社を創立したのがMongooseの前身。 レース協会を作った友人と協力してこの遊びを競技としてスタートさせ、2年後には世界初のBMX専用フレームMongoose マングース)を開発し、世界初の BMXプロチームを編成し零細企業には無謀とも思われるTV宣伝でチームのレースシーンをオンエア。 これにより、このスポーツが歴史上初めてのUSA生まれのサイクルスポーツとして世界中に一挙に浸透。 Skipが商標登録した「BMX」という名称も後追いメーカーの誰もが使う「一般名詞」となって今日に至る。 80年代にはマウンテンバイクの開発にもいち早く取り組み、BMXチームメンバーであった10代のJohn Tomac ジョン・トマック)をMTB史上最大のスーパースターに育てあげた。 また90年代には他社に先駆け、リアサスペンションフレームを世界初量産。 アクティブな乗り味、正確なステアリング特性、それを長期にわたって支える剛性。。。 ダートと遊ぶ自転車を世界に初提案したブランドMongooseは今もその地平線を広げながら「遊び」続けている。

次の

2020 MONGOOSE LEGION L16 マングース リージョン L16 子供用 BMX

マングース bmx

単なる移動手段としてではなく、今やファッションの一環としてお洒落な自転車に乗る人達が年々増加している昨今。 オールドスクールBMXとは? では、オールドスクールBMXがどのようなジャンルなのかというと、簡単に言えば1990年代以前に製作されたビンテージモノを指している。 近代的な角張ったフォルムと違い、丸みを帯びた流麗なシルエットが特徴となっている。 マニアックなポイントとしてはデザイニングが施されているラグや、味わいのあるロウ付け製法。 そして、当時では高価な素材だったアルミやモリブデンを採用していなかったため、少し重みのある鉄フレームなど。 いずれにしても、なんとも味わい深いものである。 分かりやすくメジャーなメーカーで言えば「SCHWINN(シュウィン)」、「Mongoose(マングース)」、「RED LINE(レッドライン)」…などが挙げられる。 また、1982年に大ヒットした映画『E. 』で主人公のエリオットが乗っていたBMXも、もはやオールドスクールBMXと呼んでいいだろう。 メーカーは何と日本が誇るメーカー「KUWAHARA」なのだ。 雰囲気溢れる店内には、オールドスクール好きを唸らせるマニアックなパーツがところ狭しと陳列されており、初心者でも胸が高鳴ること間違い無しといった空間が広がっている。 そんな同店では70~80年代を基調としたオールドスクールBMXを中心とし、自転車以外にはスケボーやアパレルなど、当時のアメリカンカルチャーが息づく、男心くすぐるアイテムが取り揃えられている。 豊富なパーツの数はもちろんのこと、オーナーの井上さんが親切・丁寧に対応してくれるので、ビンテージのBMXをお探しの方は、是非ともスクリーミンウィールズでの購入をお勧めする。

次の

mongoose(マングース)の通販

マングース bmx

BMXの元祖ブランド。 1970年代初頭にOn Any Sunday オン・エニ・サンデイ)などのモーターサイクルの映画を見たカリフォルニアの子供たちが自転車で真似を始めた。 自転車(特にホイール)を壊し続けながらジャンプをする彼らを見て、当時車のホイールデザイナーだったSkip Hess スキップ・ヘス)はマグネシウム合金製の専用ホイール(Motomag を作り、いち早くこの遊びにBMX バイシクルモトクロス)という名前を付けBMX Products社を創立したのがMongooseの前身。 レース協会を作った友人と協力してこの遊びを競技としてスタートさせ、2年後には世界初のBMX専用フレームMongoose マングース)を開発し、世界初の BMXプロチームを編成し零細企業には無謀とも思われるTV宣伝でチームのレースシーンをオンエア。 これにより、このスポーツが歴史上初めてのUSA生まれのサイクルスポーツとして世界中に一挙に浸透。 Skipが商標登録した「BMX」という名称も後追いメーカーの誰もが使う「一般名詞」となって今日に至る。 80年代にはマウンテンバイクの開発にもいち早く取り組み、BMXチームメンバーであった10代のJohn Tomac ジョン・トマック)をMTB史上最大のスーパースターに育てあげた。 また90年代には他社に先駆け、リアサスペンションフレームを世界初量産。 アクティブな乗り味、正確なステアリング特性、それを長期にわたって支える剛性。。。 ダートと遊ぶ自転車を世界に初提案したブランドMongooseは今もその地平線を広げながら「遊び」続けている。

次の