ブラスタ。 【ブラスタ攻略】50万スコアの出しかたやカード編成のコツなどなど……“運営さん”にいろいろ聞いてみた!【ビーズログ.com】

『ブラックスター

ブラスタ

この記事は語句の、見出しのマークアップなど に沿った修正が必要です。 にご協力ください()。 ( 2020年2月) Team Black Starz 基本情報 別名 ブラスタ 出身地 ジャンル エンターテイメント 活動期間 2006年 - 現在 公式サイト メンバー メンバー -Zuke -Tasuku -Hatch -Yutaka -Zabu -Bob -アレさん -テキーラさん -TKO -シーサー -iwa -So-ta -Adrian -Junya -ID -Rumb 業者 -ヨッシー -シンゴ Team Black Starz チームブラックスターズ、通称:ブラスタ は日本の集団。 をベースとしたダンススキルを活かし、スタイリッシュな踊りからキャッチーな振付、果てはコミカルかつシュールな茶番劇まで、振れ幅の広いエンターテイメントを展開している。 その活動はイベント出演のみならず、TVやCMへのメディア出演からイベントの演出、アーティストへの振付など多岐に渡る。 また、出演だけでなく自身で企画・立案・運営までをこなすことが出来るので、不定期で主催イベントを行っている。 特筆すべきこととして、メンバーの大半が平日はとして働いていることが挙げられる。 概要 [ ] 源流は、学生時代にサークル内で結成したユニットにある。 結成当初から観る人が如何に楽しめるかを考え創作している。 その特徴は、確かなダンススキルを無駄遣いしてキャッチーかつコミカルな作品を作ることにある。 ただ単に格好良い作品を創ることにはあまり興味が無く、どれだけおもしろいものを創れるかに焦点を当てている。 そんなTeam Black Starz 以下、ブラスタ を世に知らしめたのは、【】の主題歌 を使用した作品である。 この作品はをきっかけとしてにて爆発的に拡散され、ブラスタの名が一躍知れ渡ることとなった。 その後、[YoutubeFanFest]や []、[]などのメディア出演を果たしつつも、自分たちが表現したいエンターテイメントを実現するべく自身でイベントを開催。 2014年に、2016年に、2018年に銀座ヤマハスタジオ、でブラスタ主催のイベントを企画から立ち上げ、成功させる。 2020年現在も自分たちの実現したいエンターテイメントを追求し活動している。 沿革 [ ] 2006年• のStreet Danceサークル[G-Splash]内で【Team Black Starz】結成。 2007年• Team Black Starzとして初作品【】を披露。 2008年• 【新世紀エヴァンゲリオン】初披露。 ニコニコ動画で爆発的な再生数を記録。 2009年• メンバーが大学を卒業し、サラリーマン人生をスタート。 ブラスタとしての活動は一時停滞。 2010年• サラリーマンでの活動が主軸となっていた期間。 Tasukuが会社の人事異動により愛媛県へ居を移す。 2011年• ブラスタとしての活動が活性化。 Zukeがエンターテイメントの道へ進むことを決意し、サラリーマン生活を終える。 2012年• ブラスタ初となる単独イベントを東京のStudio Cube 326にて開催。 そのチケットは販売開始2分でSold Outとなる人気ぶり。 Yutakaがロンドンより帰国し、新加入。 2013年• 初の全国ツアー【全国出張ツアー】実施。 全国5都市 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡 にて単独イベントを開催した。 札幌の際は、悪天候により飛行機が飛ばないというハプニングに見舞われながらも陸路で青森まで向かい海を渡り、イベント開催にこぎつけた。 Hatchが新加入。 Tasukuが帰京。 2014年• 赤坂BLITZにて単独ライブ【黒星商事株式会社 株主総会 ~これぞ日本のサラリーマン!~】を開催。 TKOが新加入。 2015年• テキーラさん、Bob、アレさんが新加入。 新体制としての活動を開始。 都内にて【ブラスタハウス】オープン。 生活の場としてだけでなく打合せ・遊びの場としても有効活用され、メンバー間の交流がより一層深まる。 東京の銀座Lounge ZEROにて【銀ブラ】が開始。 この年以降、不定期で開催されることとなる。 2016年• 中野Mahaloaにてディナーショー【 仮 ブラスタレーツ航空 ハワイで危機一髪】を開催。 チケットは数分でSold Outとなった。 【ブラスタハウス】解散。 定期借家契約終了に伴い、シェアハウスを終了。 2017年• Zukeが振付の監修を行っているガールズユニット[]のライブにゲスト出演。 彼女たちとのコラボレーションや自身のオリジナル作品を披露。 のライブにバックダンサーとして出演。 2018年• So-ta、シーサー、iwa新加入。 中野Mahaloaにて2年ぶりとなるディナーショー【ブラスタレーツ航空 そうだ、ハワイへいこう 仮 】開催。 前回に引き続き、チケットは数分でSold Out。 銀座ヤマハスタジオにて単独イベント【銀銀ブラブラonSTAGE~これぞ技術の無駄遣い~】を開催。 東京キネマ倶楽部にて初となるフェス【勤労感謝フェスティバル~そろそろ休めよ、日本人!~】開催。 シンガーやダンサーなど、交流のあるアーティストとのコラボレーションを実現。 2019年• の学園祭に4回目のゲスト出演。 の影響で中止となった1日目の鬱憤を晴らすかのようなパフォーマンスを行い、観客を大いに沸かせた。 2018年に引き続き、の九州ライブにゲスト出演。 鹿児島・宮崎公演でコラボレーションを披露。 出演 [ ] テレビ・CM [ ] 2008年 [ ]• 2011年 [ ]• 2012年 [ ]• 日本テレビ• ミュージックるTVチャンネル• 0655 電車で化粧はやめなはれ 2013年 [ ]• TBS• パフォーマンスZ TBS 2014年 [ ]• 日本テレビ 2015年 [ ]• PC WebCM• WebCM スガイディノス• だんすたっ! テレビ朝日 2016年 [ ]• ミルージュ WebCM• パンダフル!!ダンスチャレンジ イベント [ ] 2010年 [ ]• 踊ってみたの祭典 ニコニコダンスマスター1 2011年 [ ]• NicoNico D nce M ster2• アニソンぷらすLIVE• NicoNico D nce M ster3• コスコレ• MastePiece 2012年 [ ]• Dance Live Final• ニコニコ超会議 2014年 [ ]• ニコニコ超パーティー• YouTubeFanFest• 愛知工業大学 学園祭 2015年 [ ]• 大井町フラワープロジェクト• ひょうちゃん還暦イベント• LIVE• x SophiaUniversity• Dance Dance Dance• 愛知工業大学 学園祭• 木村カエラ Live• チョイワルナイト• ETCダンススクール発表会 パシフィコ横浜• 学園祭• kolme LIVE Museum 2016 2017年 [ ]• 癒しフェア2017• チョイワルナイト• kolme LIVE 2017 2018年 [ ]• 神奈川県藤沢市 成人式• さくらフェス 南大沢• ODOTTEMITA ANNIVERSARY• NOBU Live• 愛知工業大学 学園祭 2019年 [ ]• NOBU Live• 愛知工業大学 学園祭 開催イベント [ ] 全国出張ツアー [ ]• 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の全国5都市で開催した単独イベント。 平日はサラリーマンのメンバーが大半の中、休日を利用して全国を飛び回りパフォーマンスを披露した。 このツアーで確かな手応えを感じたことが、赤坂BLITZの単独イベント開催へ繋がっていく。 各イベントのタイトルは以下の通り。 2013年09月29日 日 大阪出張 ~たこ焼きの気持ち~• 2013年10月20日 日 名古屋出張 ~手羽先の定め。 2013年11月09日 土 福岡出張 ~ごまさば危機一髪!~• 2013年12月28日 土 東京出張 ~スカイツリーと時々オトン~• 2014年02月16日 日 札幌出張 〜ジンギスカンとチンギス・ハーン〜 赤坂BLITZ【黒星商事株式会社 株主総会 ~これぞ日本のサラリーマン!~】 [ ]• 2014年07月06日 日 に開催した、サラリーマンを本業とする団体としては異例となる赤坂BLITZでの単独イベント。 会場は大入り満員となり、ブラスタとして一つの大きな目標を達成したともいえる記念すべきイベント。 業者のシンゴは客席からオープニングを観て感極まって涙するという一幕もあった。 銀座Lounge ZERO【銀ブラ】 [ ]• 2015年より不定期で開催しているディナーショー。 会場のキャパシティが50名程度とコンパクトな為、非常に近い距離でブラスタのパフォーマンスを観ることが出来るのが特徴。 中野Mahaloa【 仮 ブラスタレーツ航空 ハワイで危機一髪】 [ ] 【ブラスタレーツ航空 そうだ、ハワイへいこう 仮 】 [ ]• 2016年09月19日 月・祝 、2018年07月22日 日 に開催したディナーショー。 アロハシャツを衣装にするなど南国をテーマにした構成となっており、ここでしか観ることの出来ない作品もある。 2016年05月22日 日 に開催した、ブラスタ10周年を記念した単独イベント。 お馴染みの業者に加え、サポートメンバーも加えた豪華なメンバー構成で今までの作品をランキング形式に発表しつつも、新たに再定義した作品や新作を披露した。 赤坂BLITZに引き続き会場は満員御礼となり、10周年を祝うにふさわしい賑わいを見せた。 Yutakaが上海出張により出演が出来ないとの事前連絡があったが、サプライズで登場するという演出があった。 あまりの内容の充実ぶりに、Dewsよりライブレポートが発表された。 銀座ヤマハスタジオ【銀銀ブラブラonSTAGE~これぞ技術の無駄遣い~】 [ ]• 2018年09月08日 土 に開催した、ブラフェス 後述 の前哨戦として位置づけられた単独イベント。 キャパシティは約200人とブラスタとしては中規模の会場で行われた。 東京キネマ倶楽部【勤労感謝フェスティバル~そろそろ休めよ、日本人!~】 [ ]• 2018年11月23日 金・祝 に開催したフェス。 通称、ブラフェス。 ブラスタと交流のあるアーティスト NOBU、kolme、植松陽介、Noah, send a Blackmail、Kelpie、筋肉定食、etc. が出演し、コラボレーションを披露した。 kolmeとのコラボでは彼女たちが体操着を着用するという非常にレアなパフォーマンスも組み込まれた。 作品 [ ]• 新世紀エヴァンゲリオン -残酷な天使のテーゼ-• DRAGON BALL• Army Can Can• のテーマ• メドレー• 運動会• ファイヤー• Team 豚ck Starz• メドレー• 田中タヌ吉• 人体構造研究所• Tokyo City Train• のテーマ• 進化論• 千本桜• ザぬえもん• Lifers Group• GG STAND UP メンバー [ ] 詳細は を参照 メンバー [ ]• Zuke• 一言紹介:ザ・キングオブ・フィクサー• ブラスタのリーダー。 実力と人望とで個性豊かなメンバーから全幅の信頼を得ている。 ジャンルはFreestyle。 として活動している。 サラリーマン時代は不動産事業に携わっていた。 モヒカンのような髪型。 Tasuku• 一言紹介:君のタスクは、僕のタスク• ジャンルは。 参謀的役割を担う。 練習日程の調整や作品の曲編集、動画編集も行う。 IT企業勤務。 イケメン。 Hatch• 一言紹介:永遠の少年• ジャンルはHip Hop。 参謀的役割を担う。 作品の曲編集も行う。 So-taとは学生時代にBuckBrandというチームで共に活動していた。 SNSメディア企業勤務。 への憧れが止まらない。 Yutaka• 一言紹介:奇跡の軟体フィロソファー• ジャンルは。 金融系企業勤務。 に造詣が深い。 体が尋常じゃないほど柔らかい。 Zabu• 一言紹介:Mr. 不真面目ストイック• ジャンルは。 における日本のパイオニア的存在• ダンサーとして活動。 創り出す映像作品・音声作品は常人には理解しがたい内容だが、何故か笑えると評判。 の声マネが得意。 Bob• 一言紹介:人間地球儀• ジャンルはBreakin'。 Air Chair Spinでギネス記録を保持。 IT系企業勤務。 みたいな筋肉を持つ。 アレさん• 一言紹介:ドランクブレイカー• Street DanceのジャンルはBreakin'。 営業職。 大の酒好き。 友だちがすごい沢山いる。 テキーラさん• 一言紹介:おしゃべりマザファッカー• ジャンルはFreestyle。 ブラスタでは主にMCの役割を担う。 ベネズエラ帰国子女の為、英語が堪能。 、MC、ラジオDJなど声に関する仕事を多岐にこなす。 植物と会話が出来る。 TKO• 一言紹介:もはや完全体• ジャンルはLock。 学生時代はシーサーと三田サブウェイラインズというチームで共に活動していた。 広告代理店勤務。 明晰な頭脳から繰り出される奇抜なアイデアは、作品創りの絶妙なスパイスとなっている。 のモノマネが似てる。 シーサー• 一言紹介:-• ジャンルはLock。 三田サブウェイラインズのリーダー。 ブラスタ最年長。 、、ダンサーとして活動。 沖縄出身な為か、顔がやたら濃い。 あとアフロ。 iwa• 一言紹介:-• ジャンルはhouse。 ブラスタ最年少。 IT系企業勤務。 EartHというチームで活動している。 学生チャンピオンの実績を持ち、実力は折り紙付き• お酒を飲んだあとのポテチをやめたい。 So-ta• 一言紹介:-• ジャンルはHip Hop。 が得意。 をアレンジしたパフォーマンスでは、小学生が大合唱するほどの盛り上がりを見せた。 介護系企業勤務。 底抜けに優しい。 Junya• 一言紹介:顔面偏差値92• ジャンルはHip Hop。 IT系企業勤務。 戦略的な思考が得意。 一言紹介:笑顔をあげる、拍手をちょうだい• ジャンルは。 職業は非公開。 ヨーヨーで日本一になった経歴を持つ。 最近は活動を縮小中。 体毛がとても濃い。 業者 [ ]• ヨッシー• ブラスタ初期メンバー。 就職に伴い、業務多忙によりブラスタを卒業。 ジャンルはBreakin'。 ダイナミックなはブラスタのパフォーマンスに華を添える。 バク転、トリプルアクセル、人間回転投げ〈人間回転投げは、カミサマネジマキ、SkiLL限定 前方ちゅうがえ• 頭髪が薄い。 シンゴ• ブラスタ初期メンバー。 就職に伴い、業務多忙によりブラスタを卒業。 ジャンルはBreakin'。 ダイナミックなアクロバットはブラスタのパフォーマンスに華を添える。 トーマス、バク転、エレベーター出来る• ブラスタ時代は、ロックマンをコスプレしてた。 用語 [ ] 業者 [ ]• ブラスタのサポートメンバー、ヨッシーとシンゴとを指す。 颯爽と駆けつけて着実に仕事をこなし足早に帰って行く姿に、尊敬の念を込めて業者と呼んでいる。 ブラスタイム [ ]• ブラスタが定期的に行っているミーティング及び練習を指す。 基本的には週一回の休日に行われている。 ここで活動指針や作品創りを行っている。 ブラスタくん [ ]• ブラスタのロゴを指す。 Hatchが手書きで何となく書いてみたのが採用された。 グッズのイラストとしてもよく使用されている。 ブラスタハウス [ ]• 都内に存在したブラスタによるシェアハウス。 4LDK+屋上という好条件であった。 屋上では撮影やBBQなどが行われた。 交流 [ ]• NOBU• 第59回 新人賞を受賞。 旧知の仲であるアレさんを通じてブラスタと知り合う。 意気投合し、お互いのライブに出演するまでの仲になる。 シンガーソングライター• Super Top Dog 2019 で優勝した経験を持つ。 WEFUNKでの共演を契機にZuke、Zabuはプライベートでも遊ぶ仲となる。 kolme• ガールズユニット• Zukeが振付を監修している。 それをきっかけにお互いのライブでコラボレーションを披露したことがある。 シンガーソングライター• WEFUNKでの共演をきっかけにブラスタのイベントに出演。 ブラスタメンバーとはプライベートでも仲が良い。 シンガーソングライター• を色々な有名人で歌うモノマネが有名。 高橋あず美を通じてブラスタと知り合う。 脚注 [ ] []• 2020年2月1日閲覧。 2011年3月9日閲覧。 2015年1月25日閲覧。 2016年8月27日閲覧。 2016年5月30日閲覧。 外部リンク [ ]• Twitter--• YouTube--• Instagram--• FaceBook--•

次の

Team Black Starz Official Site

ブラスタ

ストーリー・世界観 出典: 大都会の片隅にあるショーレストラン「Theater Starless」で繰り広げられる、トップスターを目指す男たちの熱いエンターテインメントバトル。 あなたはそんな華やかな世界の裏側に迷い込み、特別な客としてもてなされます。 ステージに立つワルメンたちは、一癖も二癖もある個性的な面々。 この先どんな展開が待ち受けるのでしょうか。 ゲームシステム 出典: リハーサル 「リハーサル」を行うと、キャストの楽曲熟練度が上がり、公演で活躍しやすくなります。 また親密になることで、キャストストーリーが開放されたり、ヒロインレベルが上がったりする効果が発生します。 公演モード 「公演モード」では、リズムゲームを楽しみます。 ノードをタップしてプレイする定番の「リズムモード」のほか、リズムゲーム初心者でも安心して楽しめる「応援モード」が用意されています。 公演後に入手できるエールポイントや強化素材を使い、キャストを育成しましょう。 応援で変わるストーリー 「スターレス」で繰り広げられるストーリーは、ゲーム内イベントの結果や、キャストランキングなどにより大きく変化します。 男たちの絆や対立、葛藤の展開は、プレイヤーの応援次第で決まっていきます。 キャラクター・キャスト 登場キャラクターとキャストは以下のとおりです。 (敬称略) ケイ(日野聡)、黒曜(近藤隆)、リンドウ(中島ヨシキ) モクレン(斎賀みつき)、 ミズキ(岡本信彦)、 銀星(小林裕介) メノウ(斉藤壮馬)、 晶(沖野晃司)、 ソテツ(竹内良太) 吉野(田丸篤志)、 シン(津田健次郎)、カスミ(平川大輔) クー(小林ゆう)、 真珠(逢坂良太)、 ギィ(石川界人) リコ(小笠原仁)、 鷹見(新垣樽助)、 マイカ(村瀬歩) 最新アップデート 更新日:2020年6月1日 ・既知の不具合の修正を行いました。 詳しくはゲーム内のお知らせをご確認ください。 ・今後のイベントに向けた改修を行いました。 ・UIと演出の改修を行いました。 出典: AppStore.

次の

Team Black Starz Official Site

ブラスタ

概要 [ ] の戦闘データを反映して造られた後継機である、のとを統合並びに新たなアプローチを組み込んだ実験機。 基本的な戦術コンセプトは射撃戦用の「ブルー」を踏襲しているため、全体的なシルエットは「ブルー」に酷似している。 なお、カラーリングは初代ブラスタを踏襲している。 また、「レッド」で得たデータを活かすために、前面の装甲と関節部を強化し格闘戦にも対応しており、リ・ブラスタR・Bの機能特化という開発コンセプトに反しているが、スフィアの次元制御を積極的に武装に反映させること、射撃戦・格闘戦を選ばずに戦うオールラウンダーであるクロウの戦闘スタイルを積極的に活かす方向性の融合であり、結果としてあらゆる局面でリ・ブラスタR・Bを上回る戦闘力を発揮するようになった。 しかし、増加した重量を補うため出力が向上し、結果速度は上がったが小回りが利かなくなったため、クロウに求められるテクニックはより難度の高いものとなっている。 デザインは大型機めいているが意外にもスフィア搭載機の中で、バルゴラと並びもっとも小さい機体である。 膨大なエネルギーを運用する上で大型化するジェニオンと違って、子機の併用で極めてコンパクトなサイズに抑えるあたり開発者であるトライアの技術の高さがうかがえる。 「T」は「Trial」を意味するが、開発者のイニシャル(「l」を抜くと名前其の物)でもあるためクロウは不機嫌であった。 登場作品と操縦者 [ ] [ ] 終盤に差し掛かる第11話で参入。 味方の中で唯一移動後に全体攻撃が使えるため殲滅役に向く。 反面、最強武器が全体攻撃であるため援護攻撃は活かしにくい。 『天獄篇』本編とスペックは変わらないがジ・アンブレイカブル・フルクラムは使用不能。 また、『』のリ・ブラスタと比べると、装甲が大幅に上がった代わり運動性がガタ落ちしているため、改造しきれないこともあり被弾しやすい。 の中では参入がもっとも遅く、宗介救出ルートならば第20話のステージ中、離脱ルートならば第23話クリア時に参入する。 MAP兵器と移動後に使用できる全体攻撃が強力で、基本的には再世篇のBと同様の運用で構わない。 ただ、最強武器は非P属性の射撃武器なので、運用法を絞らないと器用貧乏になる。 P兵器は両方とも格闘なので、突っ込んでの殲滅に回すなら格闘を、援護に特化させるなら射撃を鍛えた方がいい。 技量の養成が必須だが、クロウに再攻撃を覚えさせれば弱点の半分は解決する。 最終決戦時に廃棄寸前までダメージが積もっているが、クロウ自身の懇願により修理をされている。 装備・機能 [ ] AX-99 RAPTOR 本機の主武装。 次世代兵器研究向け新型電磁加速銃精度試験モデルで、「ブルー」に搭載されていた「AX-98 RAPTOR」の発展・強化版と思われる。 SPIGOT 「スピゴット」と呼称されるリング状の随伴装備。 のAX-98 RAPTORと同じくAX-99 RAPTORのマズル部分に4機が搭載されている。 また両膝部にものように分割されたものが装備されており、ベイオネット・スパイカーやジ・アンブレイカブル・フルクラムの際にはこちらも動員する。 バンカー 左腕に装備しているシールド。 大小の2層構造になり、外側の大きなものは無線誘導で個別使用が可能。 CDS 再世戦争時にクロウが「揺れる天秤」の反作用に対処するため搭載していた「コイン・ドロップ・システム」。 金貨が落ちる音を鳴らすことでクロウの意識を引き戻し、「揺れる天秤」の出力を一定に留めるための安全装置。 『天獄篇』では使用毎の借金が無くなった上に、サード・ステージ突入で反作用を克服した後も外されておらず、一種の『やる気スイッチ』のような働きをしている模様。 相方の性格に影響されたのかリ・ブラスタ自身もコインの音を好むらしく、真化融合時はクロウがドン引きする勢いで作動させていた。 武装・ [ ] VXクラスター 先端に展開したSPIGOT1機にRAPTORからビームを放ち、射出した残り3機にビームを転送して頭上から攻撃する着弾指定型MAP兵器。 RAPTORショット リ・ブラスタBのSPIGOT-VXMの前半パートのように、先端部に展開したSPIGOTによる拡散連射攻撃を行う。 ペイオネット・スパイカー リ・ブラスタB同様にSPIGOTを使用するが、ブラスタのSPIGOT-VX(格闘)のように4つ全てを同時使用し、先端で一つに束ねて刀身を構成する。 外側のバンカーを無線射出して敵を空中に打ち上げ、その間に脚部のSPIGOTを展開してカタパルトを形成、スパイカーを構えた本体を射出して貫く。 レッドキットの「アンブレイカブル・フルクラム」を彷彿とさせるアクションで構成されている。 SPIGOT-VXM SPIGOTを応用してACPファイズを仕掛ける。 「フォーメーション・ファイズ」と称される。。 背中からミサイルを連射し、有線のバンカー・ブレイクで敵を捕捉、円運動しつつRAPTORショットと小型SPIGOTで中央に集中砲火をかけ、最後に脚部SPIGOTを展開してベイオネット・スパイカーで2枚抜き。 従来のACPファイズと比較すると、集中砲火の部分をターゲット固定から回り込むまでのアクションに統合したことでよりスピーディかつ洗練された動きになっている。 締めのスパイカーを使うとクロウが「そいや」とを意識した台詞を発する。 なお、真徒の乗るアンゲロイ・アルカに対して使用すると、なぜか撃墜していないのにトドメ演出が入るバグがある。 ジ・アンブレイカブル・フルクラム CDSを稼働させ、「揺れる天秤」の力を最大まで引き出し、一撃必殺のビームで敵を「 」。 ブルーキットの「アンブレイカブル・フルクラム」とは異なり、ブラスタのSPIGOT-VX 射撃 やリ・ブラスタBのクラッチ・スナイパーVXのように直列配置したSPIGOTに弾を通す工程と、演出が加わっている。 従来同様射程が非常に長いのでクロウの援護攻撃が活きる。 [ ] 盾装備 リ・ブラスタBと同じく、左腕のシールドバンカーでする。 これのおかげで多少守りは堅いが、元々打たれ強くはないので過信はできない。 スフィア・アクト(揺れる天秤) 天獄篇中盤で解禁される。 素早い敵の多い天獄篇後半ではありがたい。 移動タイプ [ ] ・ 可能。 [ ] M 前述の通り大型に見えるデザインだが、見かけよりかなり小型の機体である。 天獄篇の強敵は総じてサイズが大きい為、ダメージ低減に悩まされる。 クロウにサイズ差補正無視を覚えさせたいところ。 関連機体 [ ] この機体のデータを基に創られた機体の発展機が本機。 カラーリングは当機を踏襲している。 (、) この機体を統合した最終完成形が本機。 なお、本機とは違い、射撃型の「ブルー」と格闘型の「レッド」に換装して機体コンセプトを特化させることができるようになっている。 、、、、、、、、、、 その他のスフィア搭載機。

次の