歯 を 白く する アプリ。 自宅で手軽に★歯を白くする重層!

歯を白くする一番の方法は?

歯 を 白く する アプリ

白くてキレイな 歯は、男性であろうと女性であろうと誰もが憧れますよね。 芸能人にも、白くて輝かしい歯をしている人をよく見かけます。 しかし、 ホワイトニングで医療機関を頼ると費用も高いし、通う回数も多い。 白い歯に興味はあっても、なかなか取り組めてないという人も多いのではないでしょうか。 では、黄ばんでしまった歯を放置しておきますか? 笑ったときに見える歯が黄色く汚れていたら、印象はかなり下がってしまうでしょうし、放っておけばおくほど汚れも定着します。 諦めてしまう前に、 自宅でできるホワイトニングの方法を試してみましょう。 歯医者さんで高い費用をかけずとも、憧れの白い歯を手にできる方法をご紹介いたします。 このダイエット体験の著者 名前:たい焼き 年齢:41才 性別:男性 職業:営業(東京単身赴任中) 出身:新潟 … 自宅でできるホワイトニングの方法 歯を白くするために自宅でできるホワイトニング方法をご紹介します。 歯磨き粉を変えるだけで白くてキレイな歯を手にできるなら、少しくらい奮発しても購入したくなりますよね。 しかし、ホワイトニングのために歯磨き粉を選ぶ際には、注意したい点があります。 それは、 研磨剤が含まれていないものを選んだ方がいいということです。 多くの歯磨き粉に含まれている研磨剤には、歯の汚れを落としてくれる力が強力である反面、歯の表面を傷つけてしまうというデメリットがあります。 表面が傷ついてしまった歯には汚れが付着しやすく、 かえって歯を黄色くしてしまう可能性があるのです。 研磨剤フリーの歯磨き粉でも、歯をキレイにしてくれる効果は十分にあります。 しかし、黄ばんでしまった歯の汚れを落とすには、やはり研磨剤入りの歯磨き粉に劣ってしまいます。 その際には、ホワイトニングジェルを定期的に使用するのが良いでしょう。 また、どうしても歯の黄ばみが気になる人は、毎日研磨剤入り歯磨き粉で磨くことはおすすめしませんが、週末だけ使用するということであれば問題ないでしょう。 活性炭 石炭を加工し、もともと持っている吸着性をさらに高めるために人工的につくられた炭素を活性炭といいます。 活性炭には、細かい穴がたくさんあいています。 この穴には、汚れにおいの元となる物質などを吸着して分解するという性質があり、石鹸や脱臭剤などにも利用されています。 活性炭を使用して歯を磨くと、 歯に付着した汚れを吸着して落としてくれるので、結果的に歯が白くなる 効果があるといわれています。 また、口内のにおい成分も落としてくれるので、口臭を予防してくれるメリットもあります。 市販されている活性炭パウダーや活性炭カプセルを歯ブラシに乗せて磨く方法が一般的ですが、丁寧にすすがないと黒い粉が口の中に残ってしまいます。 また、服に着くと落ちにくいので注意しましょう。 ココナッツオイル ダイエットにもいいとされているココナッツオイルには、なんとホワイトニング効果もあるといわれているのをご存知でしたか? ココナッツオイルが歯についた油汚れを溶かし、歯垢や歯にこびりついた汚れを落としてくれるのです。 その方法は、大さじ 1杯程度のオイルを口に含み、唾液と混ざってきたら隅々にオイルが届くように20分程クチュクチュするというもの。 少し長いですが、顔の筋肉を継続して動かすことであごのラインをすっきりさせてくれるという嬉しい効果も。 吐き出すときはビニール袋に新聞紙などを入れて吐き出しましょう。 オイルなので、洗面所などに流すのはあまりよくありません。 重曹 料理ではベーキングパウダーのようにお菓子をふくらませたり、掃除に使えば頑固な汚れも落としてくれる万能な重曹ですが、ホワイトニングにも効果を発揮してくれます。 重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウム(重炭酸ナトリウム)ですが、実は歯磨き粉にも含まれている成分です。 これは、 歯の表面に付着しているヤニなどを落とし、歯を本来の色に戻してくれます。 大さじ 1~ 2杯の重曹をカップなどの容器に入れ、水を数滴垂らしてよく混ぜると、粘り気が出てきます。 これを歯磨き粉のように歯ブラシに乗せて磨くと、歯についた頑固な汚れを落としてくれます。 注意したいのは、重曹は研磨剤の効果があるので、前述したように歯を傷つけてしまいがち。 磨く際は必要以上にこすらず、優しく丁寧に磨くよう心がけましょう。 また、重曹を使用する際は、必ず食用か薬用のものを使うようにしてください。 なるほど、歯の汚れを落とすことに効果がありそうなものばっかりだね! 歯が黄色くなる原因 ここまで自宅でできるホワイトニングの方法をご紹介しましたが、そもそも歯が黄色くなってしまう原因とはなんでしょうか。 それは、大きく 2つあります。 加齢 一つ目は、 「加齢」によるもの。 歯の表面はエナメル質で覆われています。 半透明のエナメル質の下には、象牙質という黄色い層がありますが、年齢を重ねるにつれ、エナメル質は少しずつ薄くなり、象牙質の色はだんだん濃くなってきます。 その結果、エナメル質から下の象牙質の色が透けて、黄色っぽく見えるようになってくるのです。 生活習慣 そして二つ目は、 「生活習慣」によるものです。 コーヒーカップや湯飲みに茶渋がつくように、コーヒーや紅茶、赤ワイン、コーラなどには歯の表面に色を付けやすいという特徴があります。 チョコレートやカレーなど色の濃い食べ物も同じです。 これらに含まれるポリフェノール類には、歯の表面のエナメル質をおおっているタンパク質と結びつきやすい性質を持っており、結びついたものを 「ステイン」と呼びます。 一度ついてしまったステインは、水に溶けないため、うがいや歯磨きをしても簡単には落ちません。 また、食品に含まれるポリフェノール類以外でも、たばこの「ヤニ」など直接歯に染みついて頑固なステインとなってしまうものもあります。 歯の着色を予防するには 付いてしまった着色汚れを落とすだけでなく、日頃から 歯を着色することを予防することも大切です。 どんな予防法があるのか、みていきましょう。 着色しやすい食べ物を避ける 歯が黄ばんでしまう主な原因は、食べ物の色が歯に付着することですので、こういった 歯に色をつけやすい食べ物を食べることをなるべく避けることは歯の黄ばみを予防することにつながります。 では、もう少し具体的な例を見ていきましょう。 赤ワイン 赤ワインに含まれるタンニンは、歯に色をつけてしまいやすい成分です。 液体の中の粒子が歯の表面に絡まりやすく取れにくいので、色素沈着を進めてしまいます。 コーヒー コーヒーにもタンニンが含まれています。 赤ワインと同じで、タンニンは歯の表面に絡みつき、色をつけやすい飲み物です。 紅茶 紅茶は、実はコーヒーよりも要注意です。 紅茶はコーヒーよりも着色汚れを付けやすいのですが、これもまた紅茶に含まれるタンニンが原因。 紅茶の色が濃ければ濃いほど、色が染みつきやすいそう。 毎日のティータイムを楽しみにしている人にとっては残念な情報ですね。 レモン汁 実はレモンやライムなどのシトラス系の果物は酸性度が非常に高く、歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあります。 エナメル質が溶けてしまうと、その下の黄色い象牙質が露出し、歯を黄色く見せてしまいます。 ビーツ ロシアの家庭料理であるボルシチなどの材料としても知られるビーツですが、調理するときに手やまな板に色がついてしまうのと同じで、白い歯も赤色に染めてしまいます。 バルサミコ酢 サラダなどにかけると美味しいバルサミコ酢ですが、絡みやすい質感ゆえに、歯にまとわりついて色をつけてしまうことも多いです。 カレー 子供から大人まで楽しめるカレーは、毎日でも食べたくなりますよね。 しかし、カレーのスパイスに含まれる成分にも、その強い色素を歯に付着させてしまいます。 歯のためにも、あまり頻繁には食べることはお勧めできません。 チェリー 果汁にはどれも、歯に色をつけてしまう性質があります。 中でもチェリーやその他ベリー系の色素の強い果物は特に注意が必要です。 トマトソース トマトソースやケチャップなどの赤色とその酸味は、歯の着色汚れやエナメル質の破壊を促してしまう場合があります。 醤油 日本人にとってはないと困る調味料である醤油ですが、白い歯を目指す上ではおすすめできません。 食後に時間をおいても落ちないほど濃い色素は、歯科医師たちの間では「歯の最大の敵」とも呼ばれているほど。 食後のうがいやこまめな歯磨き 歯に色をつけやすい食べ物を控えることが予防になるとお伝えしましたが、これらすべてを食べないというのは酷ですし、現実的ではありません。 そこで、食後にはうがいや歯磨きをすることを強くおすすめします。 歯の表面に付着した汚れが沈着しきる前に、しっかりと洗い流してしまえば、沈着を抑制することができます。 歯を磨く際には、表面を傷つけることのないよう、優しく丁寧に磨くことを忘れないようにしてください。 ガムを噛んで唾液を分泌させる ガムを噛むことも白い歯を保つためには効果的です。 ガムを噛むと唾液の分泌が促進されます。 唾液には歯の汚れを落とす「自浄作用」があるのだそう。 移動中にコーヒー飲んだりして口をゆすぐ時間もないときなどは、ガムを噛むことでステインの定着を防ぎましょう。 歯医者さんに行くとやっぱり高いの? 憧れの白い歯を目指す人は、一番最初に思い浮かべるのが歯科医院で行うホワイトニング。 歯医者さんで治療をする際に、ホワイトニングを勧められた方も多いことでしょう。 でも、 ホワイトニング治療って高額なイメージがありますよね。 実際に、どれくらいの費用感なのでしょうか? 歯科医院で行うホワイトニングのことを「オフィスホワイトニング」といいます。 オフィスホワイトニングの相場料金は、 1回あたり約 15,000~ 30,000円の費用が一般的です。 歯科医院以外にも、ホワイトニング専門歯科を利用することもできます。 ホワイトニングに特化しているため価格が安く、 1回あたり 8,000~ 20,000円程度と、歯科医院より費用を抑えることができそうです。 1回で白さを実感することもあるそうですが、効果を実感できる期間は平均 3〜6ヶ月といわれています。 理想の白い歯を手に入れるには費用を惜しまないという人にとっては、確実な方法かもしれません。 しかし、歯医者さんでホワイトニングを行なって白くてキレイな歯を手に入れても、それを保つことはなかなか難しいことです。 そのためにも、やはり 自宅で日頃からケアすることが大切です。

次の

これは最強! シミ消し、歯のホワイトニングなど何でもできる顔写真用の画像補正アプリ【Facetune】

歯 を 白く する アプリ

歯を早く白くすることはできるが、デメリットもある? 歯を白くしようと思うとやはり薬剤を使わないといけません。 歯が汚れてくるのは、食べたもの、飲んだものが長年にわたり蓄積されたものなので、簡単に落とすことができません。 そおは言っても、早く歯を白くする方法はあります。 その方法は、 強い薬剤を使うことです。 そうすることで、 早く歯を白くすることができます。 しかし、強い薬剤を使うデメリットもあります。 それは 歯に激痛が伴うことです。 この痛みは経験した人にしか分かりませんが、私は痛すぎて何も食べることができませんでした。 しかも痛みが続く時間がものすごく長く、 私の場合は朝から夕方頃まで痛みが続きました。 いち早く歯を白くしたいそう思われる方は、試してみても良いですが、ある程度覚悟しておいた方が良いでしょう。 歯を白くする方法とは? 歯を白くする方法は、薬剤を使うという話をしましたが、薬剤を使ったホワイトニングにも様々な方法があります。 歯を効率よく白くするには薬剤を使うことが、最も効率が良いですし効果があります。 そんな薬剤を使ったホワイトニングにもいろんな種類と特徴があります。 その特徴をここでまとめていきます。 オフィスホワイトニング オフィスホワイトニングとは、歯医者に行って専用の機械を使って白くする方法で、 短期間で白い歯が手に入れることができるホワイトニングです。 元の歯の色や、どの程度の白さを希望するかといったことでも変わりますが、 1回の施術時間は1時間程度で、定期的に通院して白くしていきます。 オフィスホワイトニングの注意点として 虫歯や歯石、着色などが見られる場合、オフィスホワイトニングを実施する前に治療や除去が必要になることがあります。 そのため、希望するタイミングでオフィスホワイトニングが受けられないこともあります。 ホームホワイトニング 自宅でおこなうホワイトニングを、ホームホワイトニングといいます。 専用のマウスピースにホワイトニングの薬剤を流し込み、歯に装着します。 装着時間は、使用する薬剤の濃度や種類によって異なります。 1〜2時間のものもあれば、寝ている間中装着するものもあります。 デメリットとしては、オフィスホワイトニングほど効果がすぐに出ないことや、装着時間を守らないと期待したような白さにならないため、患者さん自身で時間を管理する必要があります。 オフィス、ホーム両方する これは早く歯を白くしたいという人に向いているホワイトニング方法になります。 歯医者でのホワイトニングと自宅でのホワイトニングを組み合わせて行うので、歯が白くなる実感を得るまでが早いです。 両方するので、費用的に高額になりやすいので、そこまでする必要があるのか? というところは悩ましいですが、最速で効果を刺したい人にはオススメになります。 歯を白くする効果は本当にあるのか? 歯医者でのホワイトニングは事前のカウンセリングで、現状の歯の色を教えてくれます。 歯医者によっては写真を撮ってくれるところもあります。 ホワイトニングを何回か継続し終了の頃に、最初に撮った写真と見比べることができますが、かなりの変化があります。 私自身驚くほど効果がありました。 まとめ:歯を白くするには歯医者に行くのがオススメ 歯を白くするのに即効性が高いものはありますが、痛みが伴い継続するのは、なかなか難しいです。 歯を本気で白くしたいなら、歯医者に行くことをおすすめします。 歯医者に行けば確実に白くすることでできます。 ゆっくり白くしたいならホームホワイトニング できる限り早く白くしたいならオフィスホワイトニング がおすすめです。

次の

歯を白くしたい人必見!自宅でできるホワイトニング

歯 を 白く する アプリ

銀歯のメリット・デメリット 銀歯はどこの歯医者でも対応してくれますし、治療費が安くお手軽ですよね。 でも、銀歯のままだと良くないことも多々あります。 まずは銀歯のメリット・デメリットについて確認しましょう。 銀歯のメリット 銀歯のメリットは下記の2点です。 保険が効くので治療費が安い• 強度があり、5年~10年程度は劣化しない やはり保険が効くのが一番のメリットでしょうね。 虫歯の程度にも寄りますが、2,000円~5,000円程度で治療が完了します。 また、強度があるため、割れたり欠けたりしにくいのもメリットです。 一度銀歯に変えたら虫歯が再発しない限りは、5年~10年程度は持つことが多いです。 銀歯のデメリット 銀歯は安く治療ができる反面として多くのデメリットがあります。 見た目が悪い• 周りの歯や歯茎を黒くする• 虫歯が再発しやすい• 周りの歯が割れたり欠けたりする• 金属アレルギーの原因となる このように銀歯には多くのデメリットが存在しています。 安い反面、見た目が悪いし、銀歯が溶け出して、周りの歯や歯茎を黒くすることもあるのです。 治療していない歯まで黒くなってしまうのは嫌ですよね。 また、虫歯が再発しやすいのも大きな欠点です。 銀歯は数年たつと劣化するので、歯と銀歯の間に隙間ができやすく、そこから虫歯菌が入り込んで銀歯の下を虫歯にするのです。 治療費が高くなってしまうのですが、出来れば銀歯の詰め物は避けた方が長い目で見ると得となることも多いのです。 銀歯は保険が効く分、安いのがメリットですが、見た目が悪い点や虫歯が再発しやすい点などデメリットが多いのが難点です。 銀歯が多い人は良く見える箇所だけでも良いので、セラミックやジルコニアなどの白い歯に変えてみる方のが良いでしょう。 虫歯になりにくいですし、笑ったときや話しているときの印象が大分変わりますよ。 銀歯を保険の範囲内で白くする方法とその目安費用 まずは銀歯を健康保険の範囲内で白くする方法を紹介します。 健康保険の範囲内であれば自己負担額は3割ですし、治療費を安く抑えることが出来ます。 ただし、適用範囲が限られていますので、治療前に歯科医と相談してみてください。 コンポジットレジン 銀歯を外して、歯と同じ色のコンポジットレジンという歯科用プラスチックの小さな詰め物に光を当てて固めます。 強度が弱いため、小さな銀歯の部分のみ適用可能です。 歯ぎしりがある方、銀歯が大きい場合、奥歯や前歯の治療に対しては適用できません。 また、素材がプラスチックであることから色が移りやすく、時間が経つと変色することが多いです。 料金:1,000円~2,000円• 治療期間:1、2回の通院で終了• 平均使用年数:5年程度 硬質レジン前装冠 中身は金属ですが、外側から見える部分はレジンと呼ばれるプラスチックが貼り付けてある差し歯となります。 前歯を白くする時に使われ、中切歯(一番真ん中の前歯)、側切歯(中央から数えて2番目の歯)、犬歯(前から3番目『糸切り歯』)のみ保険が適応されます。 奥歯には保険が使えないのと、コンポジットレジンと同じく外側がプラスチックのため、時間が経つと変色しやすいのが欠点です。 料金:5,000円~7,000円• 治療期間:2、3回の通院で終了• 平均使用年数:7年程度 硬質レジンジャケット冠 歯全体が硬質レジンと呼ばれる硬いプラスチックで出来ています。 硬質レジン前装冠と同じく、前歯を白くする時に使われ、中切歯(一番真ん中の前歯)、側切歯(中央から数えて2番目の歯)、犬歯(前から3番目『糸切り歯』)のみ保険が適応されます。 奥歯には保険が使えないのと、コンポジットレジンと同じく素材がプラスチックのため、時間が経つと変色しやすいのが欠点です。 また、硬質レジン前装冠に比べて強度が弱く、破損することが多いため、一般的には硬質レジン前装冠の方が良く使われます。 料金:3,000円~5,000円• 治療期間:2、3回の通院で終了• 小臼歯 中央から数えて4番、5番目の歯 にのみ保険適用可能です。 金属を使わないため金属アレルギーの心配がいりません。 平成26年4月から保険適用となったため、歯医者によっては知らない可能性もあります。 料金:9,000円~12,000円• 治療期間:約2週間から3週間 ハイブリッドレジンの制作期間含む• 平均使用年数:5年~10年程度 銀歯を白い歯に変えるに当たって保険が適用できるのは前歯や小臼歯など一部の歯のみです。 しかし、保険が適用できれば通常5~10万円の治療費が数千円で出来るので、とてもお得です。 前歯5番目ぐらいまでの歯であれば保険が適用できますので、まずは歯科医に相談してみてくださいね。 銀歯を保険の範囲外で白くする方法とその目安費用 次に銀歯を保険の範囲外で白くする方法を紹介します。 前歯から奥歯までどの歯でも治療できるのが特徴です。 素材により強度が異なり、治療費が高いものほど割れにくく、耐用期間が長くなります。 セラミックインレー 歯の一部分が銀歯になっているときに白くするときに使われます。 セラミックは陶器の歯で、インレーは詰め物の意味です。 ほとんど変色しませんが、強度が若干低く、歯ぎしりがある場合や奥歯の詰め物だと割れることがあります。 なお、歯全体が銀歯のときは(オール)セラミッククラウンを使用します。 料金:3万円~5万円• 治療期間:1、2回の通院で終了• 平均使用年数:5年~10年程度 ハイブリッドセラミックインレー ハイブリッドセラミックインレーは、セラミックと呼ばれる陶器と、レジンと呼ばれるプラスチックを混ぜ合わせた小さな詰め物となります。 セラミックインレーよりも強度が高く、割れにくいのですが、色の変色が多少起こります。 歯全体が銀歯のときはハイブリッドセラミッククラウンを使用します。 料金:2万円~3万円• 治療期間:1、2回の通院で終了• 平均使用年数:5年~10年程度 (オール)セラミッククラウン 全てがセラミックという陶器でできた被せ物です。 全ての素材がセラミックなので天然の歯のような歯にする事ができます。 ほとんど変色しませんが、強度が若干低く、歯ぎしりがある場合や奥歯の詰め物だと割れることがあります。 料金:7万円~10万円• 治療期間:1、2回の通院で終了• 平均使用年数:5年~10年程度 ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドセラミックは、レジンと呼ばれるプラスチック樹脂素材とセラミックと呼ばれる陶器の素材を組み合わせて構成されています。 セラミッククラウンよりも強度が高く、割れにくいのですが、色の変色が多少起こります。 料金:4万円~6万円• 治療期間:1、2回の通院で終了• 平均使用年数:5年~10年程度 メタルボンド 中身は金属ですが、外側がセラミックでおおわれており、耐久性が高い被せ物です。 変色もせず、強度も強いのですが、内側が金属なので、金属アレルギーとなる可能性があります。 料金:8万円~10万円• 治療期間: 約2週間から3週間• 平均使用年数:10年程度 ジルコニア ジルコニアはセラミックの中で最も硬い素材で、審美面と耐久面を持ち合わせているとても体に良い素材です。 金属を全く使わないので、金属アレルギーになりませんし、セラミックと異なり割れることもありません。 セラミックに比べて治療費が高いのが難点ですが、一番おすすめできる被せ物です。 料金:8万円~15万円• 治療期間: 約2週間から3週間• 平均使用年数:10年~15年程度 保険外での一番のおすすめはジルコニアクラウンです。 治療の場所やその人の噛む力によりますが、セラミックだと、1~2年程度で割れたり欠けたりしてしまって来院される方が少なからずいます。 せっかく高いお金を払ったのに破損してしまったらもったいないですよね。 治療の前にどの素材が自身に適しているか歯科医と相談するようにしましょう。 銀歯を白くするときのメリットとデメリット 銀歯を白くするのは様々な方法があります。 銀歯を白くすれば見た目や印象がとても良くなるのでおすすめなのですが、一方デメリットもあります。 ここでは銀歯を白くするときのメリット・デメリットを紹介します。 メリット 歯科医と相談しながら自分の歯の色に合わせる事ができますし、天然で透明感のある綺麗な歯にする事ができます。 また、セラミックは加工がしやすく、歯と密着出来るので、虫歯が再発しにくくなります。 歯垢やステイン汚れなどの汚れがつきにくい上に、歯の色の変色も起きないためおすすめ出来ます。 デメリット 保険適用外で自費診療となるため、治療費が高くなり、金銭的負担があります。 銀歯よりも虫歯の再発率が低いため、トータルで見れば安く済む可能性もありますが、一時的に数万円支払うのはなかなか大変ですよね。 また、ジルコニアであれば問題ありませんが、セラミックを使う場合、銀歯より強度が低いため、場合によっては破損してしまうこともあります。 どこの歯科医も2年程度は保証期間を設けていますが、注意が必要です。 治療の前に事前に保証期間について説明を受けてください。 銀歯を白くする上での注意事項 銀歯をセラミックやジルコニアなどで白くするのはほとんどが保険が適用されず、自費治療となります。 この自費治療というのは範囲が広く、歯医者側で自由に診療費を決めることが出来るのです。 このため、意外とリーズナブルに治療をしてくれる歯医者もあれば、高くお金を取られることもあります。 また、歯科医によっては3DプリンタやCAD装置を用いてその場でセラミックの詰め物を作ってくれるところがあります。 30分も掛からず、詰め物が出来るため、通院が1回で終わり、その分治療費が安く済むのです。 例えば、 などがあります。 近くにあるようでしたら、試してみてはいかがでしょうか? まとめ.

次の