梅干し 口内炎。 口内炎と舌がんの見分け方は痛みがポイント!?

口内炎と舌がんの見分け方は痛みがポイント!?

梅干し 口内炎

口内炎がなかなか治らないと思っているあなた、それ実は舌癌かもしれません。 我が家の主人もよく口内炎が出来るので、今回は口内炎と舌癌の見分け方について調べてみました。 見分け方にもポイントがありそうですよ! 口内炎とは 口内炎はビタミンが足りないと出来やすい・・・なんて話を聞いたことがありますが、それが必ず正しいわけではなさそうです。 かと言って間違ってるとも言えないんですけど。 が、 口内炎とは口のなかの粘膜に出来る炎症を総称したものなんだそうで 、歯肉炎や舌炎、口角炎も口内炎の一種なんだそう。 あの白い炎症のことだけを言うじゃないんですね。 ちなみにその白い口内炎は アフタ性口内炎と言い、口内炎の中で一番多いものなんだそう。 アフタ性口内炎は口の粘膜のいたるところに発生し、 直径2~10mm程度で丸や楕円形の形をしており、1つだけでなく複数発生することもあります。 このアフタ性口内炎と舌癌の初期は症状が似ているので、舌癌と気付かず口内炎と思い込んでしまうケースも多いんだとか。 口内炎は1~2週間、遅くても3週間ほどで自然治癒するので、その期間を越えてもなお、口内炎が治らない場合は注意した方がよさそうですね。 舌癌とは 続いて舌癌について調べてみました。 舌癌は、口の中に出来る癌の中で最も多い癌で、全ての口腔癌の約半数以上を占めています。 日本で口腔癌にかかる人は年間7000人で、癌患者の中では全体の2%ほどと少ないですが、現在は子宮頸がんの患者数を上回るほど患者数が増えているそうです。 30年前のデータと比べると約3倍に増加していて、今後も更に今の1. 5倍以上の人がこの病気にかかると言われているんだとか。 胃がんや乳がんのようにポピュラーではないけれど、今後もっと罹患する人が増えそうな癌ということですね。 ただ、舌癌は体内にある臓器に出来る癌に比べて自分で見える場所に出来る癌なので、早期発見が可能です。 早期発見出来れば舌を温存した治療法の選択も可能だそうなので、口内炎が3週間以上治らないなどの異変があったら受診するようにしましょう。 口内炎と舌癌の見分け方 それでは、気になる口内炎と舌癌の見分け方についてです。 まず、先述した通り、 口内炎と舌癌では治る期間が違います。 口内炎は通常1~2週間、長くても3週間ほどで完治するので、それ以上治らない場合は舌癌の可能性もあります。 また、口内炎は赤く縁取られた丸い または楕円形 の白い潰瘍が出来ますが、 舌癌は縁がギザギザしていて境目がはっきりしません。 形も丸ではなく、いびつな形をしていることが多いです。 さらに口内炎は潰瘍の周辺が赤くなるのに対し、舌癌は、潰瘍が硬いしこりになります。 口内炎は痛みを強く感じることが多いですが、 舌癌は初期には自覚症状が殆どなく、痛みも軽いですし、もしも痛みがでた時は、全体的ではなく、部分的に感じるのも特徴となっています。 まとめ というわけで、口内炎と舌癌の見分け方について調べてみましたが、いかがでしたか? 舌癌は初期症状がほとんどないということなので、口内炎が出来たけど痛みが軽いし3週間以上治る気配がないという場合は、病院を受診しましょう。 最近では、歯医者さんなどでも口腔内検診を行っているところもあるそうなので、そういった検診を活用するのもいいかもしれませんね。 また、癌は転移する特徴も持っています。 転移すると治療も複雑になってくるので、転移する前の初期段階で発見・治療出来るといいですね。 予防出来ることからしっかりやって、健康な毎日を過ごしていきたいですね。

次の

口内炎の治し方に塩やはちみつ、梅干しが効果的?殺菌作用や鎮痛作用で予防にも効果がある!

梅干し 口内炎

なんだか少し難しい名前で呼ばれたりしてますから、よくわからないですよね。 ・系統性口内炎 系統性口内炎というのは、 他の病気と併用して起きる一時的なものです。 ですから、病気が治ると比較的良くなるのが特徴です。 ・潰瘍性口内炎 やっかいなのは潰瘍性口内炎です。 潰瘍性口内炎になりますと、 毛づくろいが出来なくなったり、また歯や歯肉炎を引き起こすのです。 また、痛みがひどくよだれが多くなったり口臭もひどくなります。 さらにたちの悪いことに、潰瘍性口内炎の場合ですと、 原因がわからず、これといってはっきりしない事が多いのです。 基本的には抵抗力の弱い病後の猫やシニアの猫がかかりやすいと言われています。 しかし、健康な猫でも口内炎にかかる時もあります。 それから、品種的にも口内炎になりやすい傾向があるんです。 ・アビシニアン ・ペルシャ ・ヒマラヤン これらがかかりやすい品種と言われています。 もちろん、他の猫がならないのかと言えばそうではありません。 どんな猫にもなる可能性はあります。 他の病気とは ・猫ウイルス性鼻気管炎 ・猫エイズや猫白血病 ・糖尿病 などがあります。 それらが治れば口内炎も治ります。 そのため比較的治療としては簡単で、抗生物質などの服用になります。 ・潰瘍性口内炎 潰瘍性については原因が分からない事が多いのですが、 比較的多いパターンとして見られるのが歯肉炎からひどくなるケースがあります。 それについては人間も同じで口内環境が不衛生になると、 口内炎が発生する確立は高くなります。 そのため、口の中を清潔に保つのが優先される治療となるのです。 その場合の治療としては、 ・歯肉炎の治療 ・歯磨きを徹底して歯垢を取る事 などが優先されます。 ・あなたができること 飼っている猫の口内炎を早く良くしてあげるためにできる事は、 まずは、獣医さんに診てもらいましょう。 その後、獣医さんと相談し治療をすすめましょう。 まずは健康状態です。 口内炎は何らかの病気のサインである場合が非常に多いですから、 健康であれば、口内炎になりにくいというものです。 そのためには普段からの食事の栄養面などに気を配るしかありません。 人も同じで、ジャンクフードばかりでは体の調子も悪くなります。 次には口内環境を整えることです。 それには毎日でなくとも3日に一度くらいは歯磨きをしましょう。 歯磨きの方法としては、猫の歯ブラシなどで優しくマッサージする事です。

次の

アフタ性口内炎に梅干し

梅干し 口内炎

子供の歯茎に口内炎ができてしまった。 口内炎の原因は何なのか、病院は何科へ行けばいいか、口内炎を自宅で治すにはどんな方法で治せばいいのか、をご紹介します。 子供の歯茎にできた口内炎の原因とは 子供の歯茎に口内炎ができることがあります。 通常の口内炎は免疫力の低下やビタミン不足、体調不良、口内の傷が原因ですが、歯茎の口内炎の原因はそれ以外にも原因があります。 アレルギー性のもの、ヘルペス性歯肉口内炎、お口の中が清潔でないことの3つが大きな原因です。 歯ぐきの口内炎について詳しく説明いたします。 アレルギーを持っていると、それらが口内に触れることで、水泡のような口内炎ができてしまいます。 その後、口の中がアレルギー反応により広範囲でただれたり、腫れたりします。 広範囲に広がってしまうと、歯茎が腫れてしまうため、ちゃんと歯磨きもできません。 子供の歯ぐきが広範囲でただれてしまっていたら、まずはアレルギーを疑い、アレルギーの原因を調べることが必要です。 急に39度近い発熱をしたあと2,3日後くらいに口内炎が多数出現し、歯ぐきが赤く腫れてきます。 口の周りの皮膚に水泡ができることもあります。 歯磨きをすると出血します。 発熱は2~5日続き、痛みは5~7日、症状全体は7日から14日続き、治癒します。 3歳までに発症しなくても、約2~3割程度の子供は体調を崩すと自然性発生してしまいます。 風邪や病気など免疫力と抵抗力の低い時に発症する事がある口内炎です。 特に寝ている間は細菌が活発化しやすいので、風邪など具合が悪い場合でも歯磨きをするように心がけましょう。 歯茎にできる口内炎は普通の口内炎よりも痛みがあります。 また、放っておくと、痛みなどが長引き、大事な子供の歯を支える歯茎がとても弱ってしまいます。 子供の歯茎に口内炎ができた場合は高熱を出していないか、広範囲にただれていないかを確認しましょう。 子供の歯茎の口内炎は何科の病院に行けばいい? 子供の歯茎にできた口内炎は原因によって何科の病院に行くかを決めましょう。 先ほどの3つの原因 アレルギー・ヘルペス性歯肉口内炎・お口の中が清潔でないこと の中でどれに当てはまりましたか?原因の見分け方をもう一度確認しましょう。 小児科またはアレルギー科へ子供を連れて行き、何が原因でアレルギーを引き起こしているか調べてもらいましょう。 もし、歯の詰め物が原因でアレルギー反応がでていた場合は、歯医者さんで他のアレルギーを起こさない材料に取り替えてもらいます。 小児科で受診しましょう。 喉も痛いならヘルパンギーナや手足口病の可能性もあります。 しばらくは口内を清潔に保つよう、歯磨きをした後に、うがい薬でうがいなどをしましょう。 それでもなかなか口内炎が直る兆しがない場合は歯医者へ行きましょう。 どの場合も、口内炎ができてしまったら、まずは小児科に行き症状を診てもらうのがよいでしょう。 子供の口内炎の治し方 口内炎は大きく分けて3つの種類に分かれます。 カタル性口内炎・ ウイルス性口内炎・ アフタ性口内炎です。 それぞれ、なにが原因でできてしまうのかも、治し方も異なってきます。 多くの場合はうがいなどをして口の中を清潔に保ち、自然治癒を待ちます。 早く治したい場合は口内炎に貼ったり塗ったりできるタイプの薬や、ハチミツや梅干しを口内炎に同様に塗ったり貼ったりすると良いでしょう。 治すには病院に行き、薬をもらわないといけないことが多くなります。 胃に優しい食事を取ったり、水分補給や睡眠をしっかりととりましょう。 基本的には規則正しくバランスのとれた食事を心がければ、何日間かで自然治癒します。 もし口内炎が長引くようであれば、ウイルス性の可能性もあります。 熱などを伴っていないか、口以外にも発疹ができていないか確認し、子供を小児科へ連れて行くとよいでしょう。 まとめ 歯茎に口内炎ができてしまったら、病院へ行くようにしましょう。 そして原因や症状を確認して、自宅で治すようにしましょう。

次の