コストコ キャラメル フラン。 コストコへ行ったら絶対買って!キャラメルフランを必ず絶対買うべき10の理由

コストコのキャラメルフランは大人味!美味しい食べ方や保存方法など!

コストコ キャラメル フラン

コストコのキャラメルフランが人気の理由10! コストコのお菓子コーナーの中でも人気を誇るコストコキャラメルフラン。 ボリュームたっぷりのコストコサイズに、誰にでも愛されるプリンという夢のような組み合わせをもつこの商品、コストコ通ならぜひ買っておきたい商品なんです。 今回は、そんなコストコキャラメルフランについて紹介しましょう。 コストコって コストコの特徴 テレビや雑誌など、メディアで幅広く取り上げられているコストコ。 アメリカに本社がある会員制の倉庫型卸売り店として有名です。 特徴はなんと言っても広い倉庫内にビックそして大量の商品。 さらに、入荷した商品を直接大型の倉庫に並べ、販売することで、管理や陳列等にかかる費用を抑えることをコンセプトにしているため、低価格で商品を提供している特徴があります。 取り扱っている商品は日用品や家庭用品、食料品、衣料、DIYグッズなどなど、幅広い商品を取り扱っています。 また、2016年現在、日本では約25店舗が展開しています。 大容量系のプリンの困るところは、甘すぎて食べていて飽きてしまうところですよね。 コストコキャラメルフランは甘すぎないビターテイストのキャラメルソースを使っているので、大人にもおすすめのお菓子なんですよ。 ただし、カロリーの摂りすぎにはご注意を!それくらい辞められなくなるんだとか。 トッピングを工夫すれば、大人のスィーツとしてカフェタイムに使えそうです。 コストコのキャラメルフランが人気の理由3:この大容量で驚きのコストパフォーマンス! おやつの中でも、比較的簡単に作れるといわれているプリン。 でも、意外と作ってみるとなかなか固まってくれなかったり、味がいまいちだったり、レシピ通りには作れないもの。 混ぜて固めて系のプリンは結構値段がしますよね。 コストコキャラメルフランなら、1405gで価格は1280円!4等分(4等分してもかなり大きめ。 )すれば約300円で豪華なプリンを楽しめちゃいますよ。 コスパのよさもコストコならではですね! コストコのキャラメルフランが人気の理由4:しっかりした密閉で、カラメルソースの漏れ防止 カラメルソースたっぷりのコストコキャラメルフラン。 深めの容器にしっかりと蓋が閉まる使用になっているので、うっかり横倒しになっても中身が出にくくなっています。 こんな容器なら、持ち帰ったり余った分を冷蔵庫や冷凍庫で保存しても大丈夫そうですね。 価格や量も満足ですが、保存もしっかりしているところもコストコキャラメルフランの人気のひとつといえそうです。 コストコのキャラメルフランが人気の理由5:ツルンからもちもちに、今までのプリンの常識を超えた食感 日本で売られているプリンは、ツルンとしているゼリーのような食感が特徴的ですよね。 その分ちょっと物足りない人もいるのではないでしょうか?コストコキャラメルフランなら、みっしりとした量のあるカスタードで、もちもち食感を楽しむことができます。 濃厚な味わいは、日本のプリンでなかなか味わえないですよね。 カテゴリー•

次の

【コストコ】新商品キャラメルフラン購入レポート|冷凍したら美味しくなるか検証した結果【VLOG#160】

コストコ キャラメル フラン

商品情報• 商品名:キャラメルフラン• 品番:0093451• 価格:1,398円(税込)• 内容量:1405g• 賞味期限:4日• 原材料:卵、加糖練乳、牛乳、砂糖、クリームチーズ、はちみつ、香料、安定剤(ローカスト)• いやいやこんな巨大なプリンはさすがに・・・と思いながら切ってお皿に1カット盛ってみました・・。 切った感触は少し柔らかく、キャラメルソースのとってもいい香りがしました。 中は乳白色でとっても美味しそう。 切った感触と見た目からまさにプリン。 それでは早速1口食べてみました。。 まさかこんな巨大なプリンを出してくるとは、、さすがコストコさんです。 スケールが違いますね。 卵とクリームチーズがたっぷり使われている感じで手作り感のあるとってもおいしいプリンです。 市販のスーパーで売っているようなプリンよりも柔らかくはなく、しっかりとした重厚感のある食感です。 味はカスタードとクリームチーズ感があり濃厚な味わい。 甘さもコストコの洋菓子にしては甘すぎないので、けっこうパクパク食べられます。 容器の蓋はカチッと音がするぐらいしっかり閉まるので、多少傾けて持ち帰っても容器からキャラメルソースが漏れることはなかったですよ。 冷凍保存もできるようですが、このペースだと賞味期限内に十分食べれそうなので、ケースのまま冷蔵保管して食べきってしまおうかなぁと考えています。 でも1.4kgのプリンを一家3人で4日で食べると少し心配な気もしますが、とっても美味しいのですぐに食べきってしまいますよ。 カテゴリー• 609• 111• 223• 492• 194.

次の

コストコのキャラメルフランがおいしい?冷凍保存はできる?

コストコ キャラメル フラン

フランというのはスペイン語でカスタードプディングのことをいいます。 材料も作り方も、いわゆる一般的なプリンと酷似していますが、近年流行しているプルプルとろりんな柔らか食感のプリンと違って、卵たっぷりでしっかり硬めな食感なのが特徴です。 基本的には材料を混ぜて焼いて冷蔵庫で冷やしたら完成!という超シンプルなお菓子なので、手軽に作ってもらえるお母さんの味的なポジションで親しまれている、スペインの国民的スイーツみたいですねー。 まぁ・・・本場スペインでもこのサイズで作っているのかどうかはちょっと怪しいところですが。。 特大サイズの甘さ控えめのスペインのスイーツです。 冷たく冷やしてティータイムにどうぞ。 いや、コストコのキャラメルフランも充分甘さは強くない??なんて思って調べてみると、本場スペインのフランは、本当〜に、頭が痛くなっちゃうくらいに甘味が強いらしく、コンデンスミルクを入れたりして、しっかり甘めに作るのが特徴なのだとか。 それを踏まえると、コストコのキャラメルフランは日本人に合うように甘さを調整してくれているのかもしれませんね。 なお、この商品はかなりしっかりめに蓋が閉められています。 おそらく、たっぷりのカラメルソースが外に漏れないよう、蓋がガッチリ閉まるようになっているんでしょうね。 ありがたいことですが微妙に蓋を開けるのが大変!バチン!バチン!と大きな音を立てながら開封しました。 カットしたよ!しっかりした弾力のミッチミチに詰まった質感です。 いわゆるプルンプルンの柔らかいプリンと比べると全く別物ですね! スプーンを差しても全く倒れないほどの硬さなので、このようにきれいな形状を保ったままお皿に取り分けるのもとっても簡単! 断面に「す」が入っているところが、なんとなくハンドメイド感を思わせるところですね。 いわゆるプリンではなく、もはやケーキの部類に入るのでは??と思えるほど、とってもしっかりした質感で、1匙1匙すくうスプーンがずっしり重たく感じます。 卵がしっかりしていて濃厚だけど、決して甘ったるすぎず、ほろ苦で香ばしいカラメルソースとの相性も抜群でスイスイ食べることができましたよ〜!! しいて言えば、よりも硬かったのが気になりました。 もちろん以前もミッチリ硬めでしたが、やっぱり食べた時の感覚は「プリン」だったんですよ。 口の中の温度でまったりとろけていく感じが特にお気に入りだったのですが・・・今回のキャラメルフランはまったりとろける感覚ではなく、ちょっと硬くなりすぎちゃって、もはやだし巻き卵1歩手前くらいまで来ているのでは?という感じだったのです。 そんなわけで、味は確かに私の大好きなキャラメルフランでしたが、食べた時の食感は思っていた感じと違ったな〜というのが正直なところです。 個人的な好みで言えば、前回のキャラメルフランが100点だったとすれば、今回は70点というところでしょうか。 掲示板やコメント欄の情報を見てみても、商品によって出来栄えにムラがあるようで様々な意見を頂いておりますし、熱の入り方の違いなどによって食感が変わってくるのだと思われます。 これって、見た目で食感の違いとか判別できないものかな? お菓子作りに詳しい人、誰か教えて〜!! そうそう、前回の記事でも書いたのですが、こちらはプリンにも関わらず食べきれない分は冷凍保存することができるのです。 この大きさだし、賞味期限内には食べきれないよ〜という方は、ぜひ切り分けてラップで空気が入らないようにきれいに包み、密閉できるフリーザーバッグに入れて冷凍してみてください。 食べる時は自然解凍で美味しく食べることができますよ!もちろん食感も元通り! プリンを切り分けて冷凍するなんて通常では考えられないことだと思いますが、ミチミチに詰まったコストコのキャラメルフランならとても簡単に切り分けられます。 1人前ずつに冷凍しておくことで賞味期限に追われることなく、好きなタイミングで好きな量のキャラメルフランを楽しむことができますよ〜! この巨大さを見て、食べきれないから買えない・・・と思われる方もきっと少なくないと思いますが、冷凍保存ができる!ということを念頭に、ぜひとも一度チャレンジして頂きたいです。 まとめ スペインのスイーツにも関わらず、どこか懐かしさを感じる、いい意味で洗練されていない感じが大好き!!プリンはフワフワツルリン派よりもみっちり派!という方は間違いなく気に入る商品だと思います。 ものによって微妙に食感の違いがあるみたいなので、次に購入するときはぜひとも私好みなものを引き当てたいと思っております。 切り分けて冷凍することもできるし、大きなサイズのプリンですが高さが低いので、冷蔵庫に入れやすいというのもポイントですね。 原材料の最初が卵(割合の多い順番に表示することが前提なので)ということはこの段階で固めに仕上がることはほぼ確定となります。 (卵のたんぱく質を加熱することで固めるため) 柔らかめの加熱プリン(他には大雑把に言うとゼラチン等で固める物がフルフル系、とろーり系プリン)は牛乳や他液状乳製品の割合が卵より高めのことが多いです。 卵が長く加熱されるあるいは高温状態で加熱されると皆さんご存知のようにスが入ります。 火の強い方からスが入っていくのでカット面を拝見すると全体にあるようなので単純に加熱ムラのあるオーブンで火が強い位置にあった個体であるか、同時に焼かれたもの全てが高温(もしくは連続焼成により庫内がフランを焼く温度としては高温)であったためかなと推測されます。 そしてこれは食中毒対策でもあるのですが卵の白身と黄味の凝固温度が違うので中途半端な加熱だと半熟部分が出来てしまいリスクが上がるので十分すぎるくらい加熱を徹底している可能性もあります。 そんなこんなで見た目で判断するのは難易度が高そうですがあえていくつかポイントあげると 1.側面のスが少ない。 2.側面と中心部の高さが極端に変わらない。 3.焦がし具合が淡い(でもこれって後からキャラメルソースを掛けてたら分からなくなりますね…) 4.黒い粒粒がバニラビーンズだった場合はこの粒粒の場所に偏りが少ない。 くらいかなと思います。 長々説明した割に大したこと言えずすみませんがお役に立てれば。 食べたい!食べたい!と思いながらタイミングが合わず、3年越しの念願が叶い先日初購入しました。 過去の皆さんのコメントで予習し、色目の1番薄いものを選びましたよ。 プルンとした食感を想像していたのですが、ねっとり感が上回っていてプリンと言うよりはバスクチーズケーキを食べているようでした。 12等分にすれば良かったーと軽く後悔してます。 初日にちょっとカラメルが甘く感じたのと量が少なく思えたので、ほろ苦目のカラメルソースを作って食べました。 甘過ぎると感じている方には ほろ苦カラメル追いオススメです! 初めて投稿します。 その後店頭から消えたので買わなかったのを後悔しました。 でも先週、販売の情報をみて射水倉庫店にダッシュ。 念願のフランをゲット出来ました。 私は柔らかいより固めのカスタードプリンが好みなので、ちょうど良いです。 カラメルもほろ苦くて美味しいです。 スは入っていなかったと思います。 田作りさんが言うように底が小麦粉使ってたっけ?って感じになってましたが、カラメルが染みて美味しいので、こそげて食べちゃいました。

次の