岩手 県立 大学 事務 管理 公開 システム。 履修登録

官公庁様向け内部事務管理各種システム

岩手 県立 大学 事務 管理 公開 システム

概観 [ ] 大学全体 [ ] 第6代のが、前知事の提唱した「県立大学構想」を引き継ぎ、1998年に開学させた。 設立当初のは岩手県で、キャンパスは岩手郡滝沢村の岩手県畜産試験場跡地に建設された。 初代学長には、民間教育臨調会長での改正論者でもある(当時)を招聘した。 2005年度に化され、現在の設置者は 岩手県立大学である。 建学の理念 [ ] 建学の理念については、に詳しい。 なお、建学の精神は「素心知困」である。 学風および特色 [ ] 実業界から多くの教員を集め、抽象的な研究よりも「実学」中心の布陣である。 具体的には、総合政策学部にはOB、ソフトウェア情報学部には企業のソフトウェア技術者を多く招聘している。 このように、学術的な研究者は少なく、実学教育の性格が強く、地方財界からの要望にも適った教育研究手法を取っている。 もっとも、本校に限らず地方の国公立大学にはこうした傾向が強い。 沿革 [ ] 略歴 [ ] 第5代岩手県知事工藤巌が提唱し、次代知事増田寛也が開学させた、中心主義のである。 なお、設立の経緯についてはの項に詳しい。 年表 [ ]• - 岩手県立大学構想発表• - 大学設置認可• 1998年 - 岩手県立大学開学• - 設置認可(ソフトウェア情報学研究科、総合政策研究科)• - 認定(社会福祉学部、ソフトウェア情報学部、総合政策学部)• - 大学院設置認可(看護学研究科、社会福祉学研究科)(翌年開設、2004年開設)• - 設置者が公立大学法人岩手県立大学に移行 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 滝沢キャンパス 本部所在地を参照。 宮古キャンパス 岩手県• サテライトキャンパス• 岩手県 象徴 [ ]• シンボルマーク 同大の英称( Iwate Prefectural University)の頭文字 IPUを図案化したものを、シンボルマークとして採用していたが、が「IPU」を商標登録したため、「IPU」の文字列を「岩手県立大学」に置換したものが使われている。 学生歌「風のモント」(作詞作曲・) 詳細については、に詳しい。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 4、4を擁するほか、2つのを併設する。 学部 [ ]• 看護学科• 福祉経営学科• 福祉臨床学科• ソフトウェア情報学科• 総合政策学科 大学院 [ ]• 看護学専攻• 社会福祉学専攻• ソフトウェア情報学研究科• ソフトウェア情報学専攻• 総合政策専攻 短期大学部 [ ]• 生活科学科• 国際文化学科• 経営情報学科 附属機関 [ ]• 共通教育センター• 教育・学生支援本部• 健康サポートセンター• メディアセンター• 研究・地域連携本部• 地域連携研究センター 教育 [ ]• 特色ある大学教育支援プログラム• 高度専門教育と人間教育の一体化(ソフトウェア情報学部) 学生生活 [ ] サークル [ ] 体育系サークル [ ]• IPU TENNIS CLBU• オリエンテーリング部• 弓道部• 剣道部• 硬式野球部• サッカー部• 少林寺拳法部• 水泳部• スケート部• スポーツクライミングサークル• 卓球部• ダブルダッチサークル ROPE A DOPE• IPU Tennis Club• 馬術部• バスケットボール部(男子)• バスケットボール部(女子)• バスケットメインサークル• バドミントンサークル• バドミントン部• バレーボールサークル そよ風• バレーボール部男子• ハンドボールサークル• フットボールサークル• 野球メインサークル• ラグビー部• 陸上競技部 文化系サークル一覧 [ ]• IPUポケモンサークル• ア・カペラサークル Jelly Beans• 岩手県立大学MCA• 岩手県立大学マニラ育英会ユース• 岩手県立大学YMCA• エレクトーンサークル Joyful• 演劇部 劇団ちゃねる• 園芸部• 華道部• ギタークラブ• 競技プログラミングサークル• GWIPU• 軽音楽部• 混声合唱団Polish• 茶道部• 写真部• JAM!! 手話サークル「ひだまり」• 将棋部• 吹奏楽サークル• ストリートダンスサークルNino• smile• TRPGサークル「OVER FLOW」• T デジタル・アート・トライブ• デジタル手芸サークル スタジオ アプリ• 天文同好会• バルーンアートサークル• ピアいぷ• BBS• 風土熱人R• 放送部• マンドリンアンサンブル~colore~• 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者組織 [ ]• 同窓会は「素心知困の会」と称している。 大学関係者一覧 [ ]• 施設 [ ] キャンパス [ ] 学校教育法上、(短期大学部)とは、それぞれが別々の1つの学校であるが、便宜上、ここでは短期大学をひとつの学部とする。 滝沢キャンパス [ ]• 使用学部:看護学部、社会福祉学部、ソフトウェア情報学部、総合政策学部、盛岡短期大学部• 使用研究科:看護学研究科、社会福祉学研究科、ソフトウェア情報学研究科、総合政策研究科• 使用附属施設:教育・学生支援本部(健康サポートセンター、メディアセンター)、研究・地域連携本部(地域連携研究センター)• 交通アクセス:を参照• 敷地面積:35. 1ha(およそ7. 5個分) 宮古キャンパス [ ]• 使用学部:宮古短期大学部• 使用研究科:なし• 交通アクセス:を参照• 敷地面積:5. 6ha(東京ドームおよそ1. 2個分) サテライトキャンパス [ ] アイーナキャンパス [ ]• 使用学部:なし• 使用研究科:総合政策研究科(公共政策特別コース:社会人向け夜間講座)• 交通アクセス:を参照 アイーナキャンパスは、岩手県立大学が地域と直接交流するための拠点として盛岡駅西口の内に開設されたサテライトキャンパスである。 なお、このセンターは「ああ、いいなあ」という言葉から、一般に「アイーナ」と呼ばれており、キャンパス名はこれによる。 学生食堂 [ ] 学生食堂は、2010年1月より岩手県立大学生活協同組合が営業しており、 また窓はガラス張りであるため、晴れた日には雄大なを一望できる。 開学から岩手県立大学生活協同組合へ運営変更されるまでは、みちのくキャンティーンが運営していた。 寮 [ ] 盛岡短期大学部および宮古短期大学部には設置されているが岩手県立大学には設置されていない。 しかし、岩手県立大学の学生でも盛岡短期大学部ひめかみ寮の入寮者が定員に満たない場合は入寮することが可能である。 災害対策 [ ] 2011年3月11日の東日本大震災で、停電等のライフラインの被害が大きかったが、自家発電装置を設置しているため、近隣で唯一目印となり、帰宅困難学生や近隣住民の一時避難場所として機能した。 この経験をきっかけに大学内の備蓄品も含め、災害を想定したさまざまな整備が進んだ。 対外関係 [ ] 他大学との協定 [ ] いわて5大学学長会議 [ ] 「岩手県内の高等教育・学術研究の振興と地域社会の発展に寄与する」ため、岩手県内の5大学(同大のほか、、、、。 以下「5大学」という。 )が、研究教育活動について相互協力を約している。 単位の互換 5大学で、単位の互換を協定している。 図書館の相互利用 5大学のは、等を示して手続きを踏めば、相互の大学のを利用する事が出来る。 大学eラーニング協議会 [ ] 高大連携 [ ] 5大学は、(平成15年)に、岩手県教育委員会との間で、5大学の学生と県立高校生のための連携事業を行う事を合意した。 具体的な事業内容は概ね次のとおり。 高校生に対する大学の授業科目の公開に関する事項• 大学による公開講座の実施に関する事項• 大学教員の高等学校への派遣に関する事項• 高等学校教員の大学への派遣に関する事項 公式サイト [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

<新入生向け>学内情報システム(事務管理公開システム、Webメールシステム)へのログイン方法等について

岩手 県立 大学 事務 管理 公開 システム

「Webメールシステム(学生向け)」へのログインについては、2通りの方法を紹介します。 それぞれ手順を記載しますので、行いやすい方法でログインを進めてください。 本ページのリンクからログインする方法• 新入生向けオリエンテーション(情報ガイダンス)で配布の茶封筒に封入された、「学内情報システム利用者情報通知書」を用意する。 ログイン画面で「学内情報システム利用者情報通知書」を参照しつつ、以下のように情報を入力する。 以上で受信箱(メイン)の画面が表示され、ログインが完了となる。 - 注意事項 -• 基本的に「ブラウザ版(ウェブ版)」からメールシステムを利用すること。 (アプリ版だと、設定によってはメールがリアルタイムで届かないことがあるため)• メールシステムの利用方法については、情報ガイダンスで配布した青い冊子「学内情報システム利用ガイド」を参照のこと。 なお、本利用ガイドに記載の一部操作(転送設定等)については、ブラウザ版(ウェブ版)のうち、スマホ向けの表示ではメニューが表示されず、画面表示を切り替えなければ操作できない場合がある。 QRコードからログインする方法• 新入生向けオリエンテーション(情報ガイダンス)で配布した、以下2点の資料を用意する。 ・青い冊子「学内情報システム利用ガイド」 ・茶封筒に封入の「学内情報システム利用者情報通知書」• 青い冊子「学内情報システム利用ガイド」のp. 63を開き、QRコードをスマホ等で読み取って、ログイン画面に遷移する。 ログイン画面で「学内情報システム利用者情報通知書」を参照しつつ、以下のように情報を入力する。 以上で受信箱(メイン)の画面が表示され、ログインが完了となる。 - 注意事項 -• 基本的に「ブラウザ版(ウェブ版)」からメールシステムを利用すること。 (アプリ版だと、設定によってはメールがリアルタイムで届かないことがあるため)• メールシステムの利用方法については、情報ガイダンスで配布した青い冊子「学内情報システム利用ガイド」を参照のこと。 なお、本利用ガイドに記載の一部操作(転送設定等)については、ブラウザ版(ウェブ版)のうち、スマホ向けの表示ではメニューが表示されず、画面表示を切り替えなければ操作できない場合がある。 「事務管理公開システム」へのログインについては、以下の方法を紹介します。 QRコードからログインする方法• 新入生向けオリエンテーション(情報ガイダンス)で配布した、以下2点の資料を用意する。 ・青い冊子「学内情報システム利用ガイド」 ・茶封筒に封入の「学内情報システム利用者情報通知書」• 青い冊子「学内情報システム利用ガイド」のp. 4を開き、QRコードについて、スマホの場合はスマホ版、ガラケーの場合は携帯版を読み取って、ログイン画面に遷移する。 ログイン画面で「学内情報システム利用者情報通知書」を参照しつつ、以下のように情報を入力する。 以上でシステムのポータル画面が表示され、ログインが完了となる。 「ユーザ名・パスワードが記載された紙を紛失した」 「ユーザ名・パスワードが記載された紙を帰省先やアパートに忘れてしまい、今は別の場所にいる」... 等の「ログインするための文字列が分からない」ことが要因で、現在学内情報システムにログインできる状態になく、近日中にログインできる状態(通知書をアパートに取りに行く予定がある等)にならない学生に対しては、事務局にて状況確認・判断の上、「学内情報システム利用者情報通知書」の再発行を行うことで対応します。 通知書の再発行が必要な者は、以下の手続きの流れを確認の上、窓口あて連絡を行ってください。 再発行手続きについては、再発行通知書が手元に届くまでに、少なくとも2~3日の期間を要します。 余裕を持って、早めの問合せを行ってください。 再発行手続きの流れ• 手元に学生証等の自分の学籍情報が分かる書類を用意しておく。 以下窓口に電話連絡等を行い、 ・自らの学部・学年・氏名を申し出て、 ・「学内情報システム利用者情報通知書について再発行を依頼したい」旨を伝える。 事務局担当者から、状況確認や再発行のための本人確認が行われる。 (場合によっては、数回にわたって電話等のやり取りを行う可能性もあります)• 事務局担当者から通知書の再発行の流れと、手元に届くスケジュールの説明がなされる。 (再発行通知書が手元に届くまで、少なくとも2~3日の時間を要します)• 以上で再発行手続きは終了となる。 iwate-pu.

次の

新着情報

岩手 県立 大学 事務 管理 公開 システム

概観 [ ] 大学全体 [ ] 第6代のが、前知事の提唱した「県立大学構想」を引き継ぎ、1998年に開学させた。 設立当初のは岩手県で、キャンパスは岩手郡滝沢村の岩手県畜産試験場跡地に建設された。 初代学長には、民間教育臨調会長での改正論者でもある(当時)を招聘した。 2005年度に化され、現在の設置者は 岩手県立大学である。 建学の理念 [ ] 建学の理念については、に詳しい。 なお、建学の精神は「素心知困」である。 学風および特色 [ ] 実業界から多くの教員を集め、抽象的な研究よりも「実学」中心の布陣である。 具体的には、総合政策学部にはOB、ソフトウェア情報学部には企業のソフトウェア技術者を多く招聘している。 このように、学術的な研究者は少なく、実学教育の性格が強く、地方財界からの要望にも適った教育研究手法を取っている。 もっとも、本校に限らず地方の国公立大学にはこうした傾向が強い。 沿革 [ ] 略歴 [ ] 第5代岩手県知事工藤巌が提唱し、次代知事増田寛也が開学させた、中心主義のである。 なお、設立の経緯についてはの項に詳しい。 年表 [ ]• - 岩手県立大学構想発表• - 大学設置認可• 1998年 - 岩手県立大学開学• - 設置認可(ソフトウェア情報学研究科、総合政策研究科)• - 認定(社会福祉学部、ソフトウェア情報学部、総合政策学部)• - 大学院設置認可(看護学研究科、社会福祉学研究科)(翌年開設、2004年開設)• - 設置者が公立大学法人岩手県立大学に移行 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 滝沢キャンパス 本部所在地を参照。 宮古キャンパス 岩手県• サテライトキャンパス• 岩手県 象徴 [ ]• シンボルマーク 同大の英称( Iwate Prefectural University)の頭文字 IPUを図案化したものを、シンボルマークとして採用していたが、が「IPU」を商標登録したため、「IPU」の文字列を「岩手県立大学」に置換したものが使われている。 学生歌「風のモント」(作詞作曲・) 詳細については、に詳しい。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 4、4を擁するほか、2つのを併設する。 学部 [ ]• 看護学科• 福祉経営学科• 福祉臨床学科• ソフトウェア情報学科• 総合政策学科 大学院 [ ]• 看護学専攻• 社会福祉学専攻• ソフトウェア情報学研究科• ソフトウェア情報学専攻• 総合政策専攻 短期大学部 [ ]• 生活科学科• 国際文化学科• 経営情報学科 附属機関 [ ]• 共通教育センター• 教育・学生支援本部• 健康サポートセンター• メディアセンター• 研究・地域連携本部• 地域連携研究センター 教育 [ ]• 特色ある大学教育支援プログラム• 高度専門教育と人間教育の一体化(ソフトウェア情報学部) 学生生活 [ ] サークル [ ] 体育系サークル [ ]• IPU TENNIS CLBU• オリエンテーリング部• 弓道部• 剣道部• 硬式野球部• サッカー部• 少林寺拳法部• 水泳部• スケート部• スポーツクライミングサークル• 卓球部• ダブルダッチサークル ROPE A DOPE• IPU Tennis Club• 馬術部• バスケットボール部(男子)• バスケットボール部(女子)• バスケットメインサークル• バドミントンサークル• バドミントン部• バレーボールサークル そよ風• バレーボール部男子• ハンドボールサークル• フットボールサークル• 野球メインサークル• ラグビー部• 陸上競技部 文化系サークル一覧 [ ]• IPUポケモンサークル• ア・カペラサークル Jelly Beans• 岩手県立大学MCA• 岩手県立大学マニラ育英会ユース• 岩手県立大学YMCA• エレクトーンサークル Joyful• 演劇部 劇団ちゃねる• 園芸部• 華道部• ギタークラブ• 競技プログラミングサークル• GWIPU• 軽音楽部• 混声合唱団Polish• 茶道部• 写真部• JAM!! 手話サークル「ひだまり」• 将棋部• 吹奏楽サークル• ストリートダンスサークルNino• smile• TRPGサークル「OVER FLOW」• T デジタル・アート・トライブ• デジタル手芸サークル スタジオ アプリ• 天文同好会• バルーンアートサークル• ピアいぷ• BBS• 風土熱人R• 放送部• マンドリンアンサンブル~colore~• 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者組織 [ ]• 同窓会は「素心知困の会」と称している。 大学関係者一覧 [ ]• 施設 [ ] キャンパス [ ] 学校教育法上、(短期大学部)とは、それぞれが別々の1つの学校であるが、便宜上、ここでは短期大学をひとつの学部とする。 滝沢キャンパス [ ]• 使用学部:看護学部、社会福祉学部、ソフトウェア情報学部、総合政策学部、盛岡短期大学部• 使用研究科:看護学研究科、社会福祉学研究科、ソフトウェア情報学研究科、総合政策研究科• 使用附属施設:教育・学生支援本部(健康サポートセンター、メディアセンター)、研究・地域連携本部(地域連携研究センター)• 交通アクセス:を参照• 敷地面積:35. 1ha(およそ7. 5個分) 宮古キャンパス [ ]• 使用学部:宮古短期大学部• 使用研究科:なし• 交通アクセス:を参照• 敷地面積:5. 6ha(東京ドームおよそ1. 2個分) サテライトキャンパス [ ] アイーナキャンパス [ ]• 使用学部:なし• 使用研究科:総合政策研究科(公共政策特別コース:社会人向け夜間講座)• 交通アクセス:を参照 アイーナキャンパスは、岩手県立大学が地域と直接交流するための拠点として盛岡駅西口の内に開設されたサテライトキャンパスである。 なお、このセンターは「ああ、いいなあ」という言葉から、一般に「アイーナ」と呼ばれており、キャンパス名はこれによる。 学生食堂 [ ] 学生食堂は、2010年1月より岩手県立大学生活協同組合が営業しており、 また窓はガラス張りであるため、晴れた日には雄大なを一望できる。 開学から岩手県立大学生活協同組合へ運営変更されるまでは、みちのくキャンティーンが運営していた。 寮 [ ] 盛岡短期大学部および宮古短期大学部には設置されているが岩手県立大学には設置されていない。 しかし、岩手県立大学の学生でも盛岡短期大学部ひめかみ寮の入寮者が定員に満たない場合は入寮することが可能である。 災害対策 [ ] 2011年3月11日の東日本大震災で、停電等のライフラインの被害が大きかったが、自家発電装置を設置しているため、近隣で唯一目印となり、帰宅困難学生や近隣住民の一時避難場所として機能した。 この経験をきっかけに大学内の備蓄品も含め、災害を想定したさまざまな整備が進んだ。 対外関係 [ ] 他大学との協定 [ ] いわて5大学学長会議 [ ] 「岩手県内の高等教育・学術研究の振興と地域社会の発展に寄与する」ため、岩手県内の5大学(同大のほか、、、、。 以下「5大学」という。 )が、研究教育活動について相互協力を約している。 単位の互換 5大学で、単位の互換を協定している。 図書館の相互利用 5大学のは、等を示して手続きを踏めば、相互の大学のを利用する事が出来る。 大学eラーニング協議会 [ ] 高大連携 [ ] 5大学は、(平成15年)に、岩手県教育委員会との間で、5大学の学生と県立高校生のための連携事業を行う事を合意した。 具体的な事業内容は概ね次のとおり。 高校生に対する大学の授業科目の公開に関する事項• 大学による公開講座の実施に関する事項• 大学教員の高等学校への派遣に関する事項• 高等学校教員の大学への派遣に関する事項 公式サイト [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の