ピザ モッツァレラ。 妊娠中もピザが食べたい!気を付けることと妊婦にオススメのピザ

【口コミレビュー】PIZZA REVO(ピザレボ)の冷凍ピザ「モッツァレラとリコッタのバジルソース」口コミも

ピザ モッツァレラ

チーズとピザは、切っても切り離せない関係です。 こんがり焼けた、香ばしいにおい。 一切れ取ってほおばると、とろりと伸びるチーズは、まさにピザの醍醐味といえます。 そんなピザに欠かせないチーズですが、実は、レシピによっていろいろな種類のチーズが使われています。 今回は、知るとよりいっそうピザが楽しめるような、チーズの豆知識をご紹介します。 ピザのチーズの重要性 チーズは、ピザに欠かせない大事な材料の一つです。 現代に伝わるピザの原型には、すでにチーズが使われていたといわれています。 私たちになじみが深いピザの原型は、16世紀後半から17世紀頃に、イタリアのナポリで生まれたと考えられています。 トマトが栽培されるようになったほか、水牛の乳から作られたモッツァレラチーズも登場し、これらの材料を生地に乗せたピザが人々の間に普及していきました。 いまやピザは人気メニューとして世界中に広まり、レシピのバリエーションも増えました。 モッツァレラの他にもさまざまなチーズが使われ、味わいの違いを生み出しています。 ピザの代表的チーズを紹介。 味、カロリーごとの違いもチェック こちらでは、ピザに使われる代表的なチーズをご紹介します。 味わいや気になるカロリーについても一緒にチェックしていきましょう。 ・モッツァレラチーズ ピザにもよく使われる、イタリア産の有名なチーズです。 特に、「マルゲリータピザ」には欠かせない存在です。 真っ白で丸く、弾力もあることから、見た目や感触はお餅によく似ています。 熟成させない「フレッシュチーズ」と呼ばれるタイプで、クセのない上品な味わいが特徴です。 カロリーは100gにつきおよそ276kcalであり、チーズの中では低めです。 ・ゴーダチーズ オランダを代表するチーズで、日本でも人気の高いチーズです。 色は黄色っぽくて、どっしりとした見た目です。 熟成による香りとコクが特徴ですが、マイルドでどんなトッピングにも合うため、ピザによく使われています。 カロリーは100gにつきおよそ380kcalとなっています。 ・チェダーチーズ 原産国はイギリスですが、いまやアメリカやニュージーランドなど、世界中で作られているチーズです。 黄色い種類とオレンジ色の種類があり、さわやかな酸味とコクがあるのが特徴です。 カロリーは、100gにつきおよそ423kcalとなっており、やや高めといえるでしょう。 ・ゴルゴンゾーラチーズ いわゆる青カビチーズ(ブルーチーズ)の一種です。 イタリア原産で、甘みの中に青カビの刺激が感じられる、ユニークな味わいを持っています。 そのまま食べても美味ですが、ピザの材料にもぴったりです。 特に、甘いはちみつと組み合わせたメニューは、独特な風味が人気です。 カロリーは、100gにつきおよそ349kcalです。 ・カマンベールチーズ 白カビタイプのチーズです。 なめらかでクリーミーな味わいで、臭みが少ないのが特徴です。 ピザに使うと、固い白カビ部分とやわらかい中身部分で口当たりが変わるため、違った舌触りが楽しめます。 はちみつやフルーツと合わせても、おいしいピザが出来上がります。 カロリーは、100gにつきおよそ310kcalとなっています。 ・クリームチーズ 生クリームを利用して作られたチーズです。 やわらかく、なめらかな舌触りが特徴で、ナッツやドライフルーツを混ぜた商品もあります。 チーズケーキの材料によく使われますが、ピザのトッピングになることもあり、生地に塗りこめて使うことが多いです。 カロリーは、100gにつきおよそ346. 1kcalです。 ・パルミジャーノ・レッジャーノチーズ イタリアの特定地域で作られるチーズで、その濃厚な旨味と深い香りは「イタリアチーズの王様」と呼ばれるほどです。 実は、生産地域や製法が厳しく定められており、その基準をクリアしないと「パルミジャーノ・レッジャーノ」を名乗れない、というルールがあります。 名前が似たチーズに「パルメザンチーズ」と呼ばれるものがありますが、厳密には別物です。 カロリーは、100gにつきおよそ474. 9kcalです。 各種チーズを使ったおすすめメニュー紹介 こちらでは、それぞれのチーズを使ったピザメニューを紹介します。 家庭でも作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。 マルゲリータ シンプルながら、圧倒的な人気を誇るピザです。 モッツァレラチーズが使われているピザとしては、もっとも有名なメニューでもあります。 名前の由来は、イタリアのマルゲリータ王妃から。 イタリアの国旗のカラーである緑・白・赤の三色を、それぞれバジル。 モッツァレラチーズ、トマトで表現しています。 マルゲリータの主な素材は、以下のとおりです。 【素材】 ・モッツァレラチーズ ・トマトソース ・バジルの葉 ・オリーブオイル ピザ生地の上にトマトソースを塗り、一口大に切ったモッツァレラチーズとバジルの葉を乗せてオーブンで焼きます。 ミニトマトを乗せたり、パルメザンチーズをふりかけたりとアレンジが可能なのも、シンプルゆえの楽しさです。 クアトロ・フォルマッジ 日本語にすれば「4つのチーズ」を意味するメニューです。 チーズがメインであり、チーズ好きにはたまらない一品といえるでしょう。 そのまま食べるだけでなく、アクセントとしてはちみつをかけても美味しいです。 お店によってチーズは変わりますが、よく使われる種類は以下のとおりです。 【素材】 ・ゴルゴンゾーラチーズ ・モッツァレラチーズ ・カマンベールチーズ ・クリームチーズ ・パルミジャーノ・レッジャーノチーズ 作り方はとっても簡単。 ピザ生地の上に各種チーズを乗せて焼くだけです。 チーズにも、さっぱりした風味のもの、濃厚なもの、酸味があるもの、甘みがあるものなど、種類によって味はさまざまです。 家で作るなら、自分でチーズのオリジナルブレンドを考えてみるのもおすすめです。 ピザのチーズを選ぶためのコツ・注意点 基本的に、どんなチーズを使ってもピザは美味しく焼けます。 ただし、さらに美味しく食べるためには、気をつけたいポイントがあります。 ・プロセスチーズは溶けにくい プロセスチーズとは、いったん牛乳から作ったチーズ(ナチュラルチーズ)に乳化剤を加え、加工して作ったものです。 一部の種類を除いて溶けにくく、とろりと伸びる、というわけにはいきません。 溶けたチーズを楽しみたい場合は、ナチュラルチーズを選ぶようにしましょう。 ・チーズの種類を使いすぎない 違う味のチーズをたくさん楽しみたいからといって何種類も乗せすぎると、かえって味がボケてしまうことがあります。 乗せるチーズは、4〜5種類におさえましょう。 また、それぞれ味のタイプが違うものを選ぶと、味に奥行きが出てきます。 まとめ ピザに使われるチーズの種類やメニューについてご紹介してきました。 チーズの違いがわかると味わいの違いがわかり、ピザがもっと深く楽しめるようになりますよ。 自宅でピザを手作りするときも、チーズにこだわることで、バリエーションが広がります。 ぜひ試してみてください。

次の

妊娠中もピザが食べたい!気を付けることと妊婦にオススメのピザ

ピザ モッツァレラ

チーズとピザは、切っても切り離せない関係です。 こんがり焼けた、香ばしいにおい。 一切れ取ってほおばると、とろりと伸びるチーズは、まさにピザの醍醐味といえます。 そんなピザに欠かせないチーズですが、実は、レシピによっていろいろな種類のチーズが使われています。 今回は、知るとよりいっそうピザが楽しめるような、チーズの豆知識をご紹介します。 ピザのチーズの重要性 チーズは、ピザに欠かせない大事な材料の一つです。 現代に伝わるピザの原型には、すでにチーズが使われていたといわれています。 私たちになじみが深いピザの原型は、16世紀後半から17世紀頃に、イタリアのナポリで生まれたと考えられています。 トマトが栽培されるようになったほか、水牛の乳から作られたモッツァレラチーズも登場し、これらの材料を生地に乗せたピザが人々の間に普及していきました。 いまやピザは人気メニューとして世界中に広まり、レシピのバリエーションも増えました。 モッツァレラの他にもさまざまなチーズが使われ、味わいの違いを生み出しています。 ピザの代表的チーズを紹介。 味、カロリーごとの違いもチェック こちらでは、ピザに使われる代表的なチーズをご紹介します。 味わいや気になるカロリーについても一緒にチェックしていきましょう。 ・モッツァレラチーズ ピザにもよく使われる、イタリア産の有名なチーズです。 特に、「マルゲリータピザ」には欠かせない存在です。 真っ白で丸く、弾力もあることから、見た目や感触はお餅によく似ています。 熟成させない「フレッシュチーズ」と呼ばれるタイプで、クセのない上品な味わいが特徴です。 カロリーは100gにつきおよそ276kcalであり、チーズの中では低めです。 ・ゴーダチーズ オランダを代表するチーズで、日本でも人気の高いチーズです。 色は黄色っぽくて、どっしりとした見た目です。 熟成による香りとコクが特徴ですが、マイルドでどんなトッピングにも合うため、ピザによく使われています。 カロリーは100gにつきおよそ380kcalとなっています。 ・チェダーチーズ 原産国はイギリスですが、いまやアメリカやニュージーランドなど、世界中で作られているチーズです。 黄色い種類とオレンジ色の種類があり、さわやかな酸味とコクがあるのが特徴です。 カロリーは、100gにつきおよそ423kcalとなっており、やや高めといえるでしょう。 ・ゴルゴンゾーラチーズ いわゆる青カビチーズ(ブルーチーズ)の一種です。 イタリア原産で、甘みの中に青カビの刺激が感じられる、ユニークな味わいを持っています。 そのまま食べても美味ですが、ピザの材料にもぴったりです。 特に、甘いはちみつと組み合わせたメニューは、独特な風味が人気です。 カロリーは、100gにつきおよそ349kcalです。 ・カマンベールチーズ 白カビタイプのチーズです。 なめらかでクリーミーな味わいで、臭みが少ないのが特徴です。 ピザに使うと、固い白カビ部分とやわらかい中身部分で口当たりが変わるため、違った舌触りが楽しめます。 はちみつやフルーツと合わせても、おいしいピザが出来上がります。 カロリーは、100gにつきおよそ310kcalとなっています。 ・クリームチーズ 生クリームを利用して作られたチーズです。 やわらかく、なめらかな舌触りが特徴で、ナッツやドライフルーツを混ぜた商品もあります。 チーズケーキの材料によく使われますが、ピザのトッピングになることもあり、生地に塗りこめて使うことが多いです。 カロリーは、100gにつきおよそ346. 1kcalです。 ・パルミジャーノ・レッジャーノチーズ イタリアの特定地域で作られるチーズで、その濃厚な旨味と深い香りは「イタリアチーズの王様」と呼ばれるほどです。 実は、生産地域や製法が厳しく定められており、その基準をクリアしないと「パルミジャーノ・レッジャーノ」を名乗れない、というルールがあります。 名前が似たチーズに「パルメザンチーズ」と呼ばれるものがありますが、厳密には別物です。 カロリーは、100gにつきおよそ474. 9kcalです。 各種チーズを使ったおすすめメニュー紹介 こちらでは、それぞれのチーズを使ったピザメニューを紹介します。 家庭でも作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。 マルゲリータ シンプルながら、圧倒的な人気を誇るピザです。 モッツァレラチーズが使われているピザとしては、もっとも有名なメニューでもあります。 名前の由来は、イタリアのマルゲリータ王妃から。 イタリアの国旗のカラーである緑・白・赤の三色を、それぞれバジル。 モッツァレラチーズ、トマトで表現しています。 マルゲリータの主な素材は、以下のとおりです。 【素材】 ・モッツァレラチーズ ・トマトソース ・バジルの葉 ・オリーブオイル ピザ生地の上にトマトソースを塗り、一口大に切ったモッツァレラチーズとバジルの葉を乗せてオーブンで焼きます。 ミニトマトを乗せたり、パルメザンチーズをふりかけたりとアレンジが可能なのも、シンプルゆえの楽しさです。 クアトロ・フォルマッジ 日本語にすれば「4つのチーズ」を意味するメニューです。 チーズがメインであり、チーズ好きにはたまらない一品といえるでしょう。 そのまま食べるだけでなく、アクセントとしてはちみつをかけても美味しいです。 お店によってチーズは変わりますが、よく使われる種類は以下のとおりです。 【素材】 ・ゴルゴンゾーラチーズ ・モッツァレラチーズ ・カマンベールチーズ ・クリームチーズ ・パルミジャーノ・レッジャーノチーズ 作り方はとっても簡単。 ピザ生地の上に各種チーズを乗せて焼くだけです。 チーズにも、さっぱりした風味のもの、濃厚なもの、酸味があるもの、甘みがあるものなど、種類によって味はさまざまです。 家で作るなら、自分でチーズのオリジナルブレンドを考えてみるのもおすすめです。 ピザのチーズを選ぶためのコツ・注意点 基本的に、どんなチーズを使ってもピザは美味しく焼けます。 ただし、さらに美味しく食べるためには、気をつけたいポイントがあります。 ・プロセスチーズは溶けにくい プロセスチーズとは、いったん牛乳から作ったチーズ(ナチュラルチーズ)に乳化剤を加え、加工して作ったものです。 一部の種類を除いて溶けにくく、とろりと伸びる、というわけにはいきません。 溶けたチーズを楽しみたい場合は、ナチュラルチーズを選ぶようにしましょう。 ・チーズの種類を使いすぎない 違う味のチーズをたくさん楽しみたいからといって何種類も乗せすぎると、かえって味がボケてしまうことがあります。 乗せるチーズは、4〜5種類におさえましょう。 また、それぞれ味のタイプが違うものを選ぶと、味に奥行きが出てきます。 まとめ ピザに使われるチーズの種類やメニューについてご紹介してきました。 チーズの違いがわかると味わいの違いがわかり、ピザがもっと深く楽しめるようになりますよ。 自宅でピザを手作りするときも、チーズにこだわることで、バリエーションが広がります。 ぜひ試してみてください。

次の

チーズの歌とは (チーズノウタとは) [単語記事]

ピザ モッツァレラ

第一子妊娠中、ある日の我が家でのできごとです。 夫婦2人でゆっくり過ごせるのもあと少しということで、この日はお出かけしていました。 晩ごはん作るの面倒だしピザ頼もうか、と優しい夫が提案してくれました。 いいね、ピザにしよう! と私も賛同。 夫が注文してくれて、夫婦で楽しくピザを食べました。 が、食べ終わった夫が一言「そういえば、妊娠中ってチーズに気を付けなきゃいけないんじゃなかったっけ? 」 え? そうだっけ。 ズボラ妊婦だった私はあんまり意識していなかったのですが、そういえばそうだったような。 調べたら、 大丈夫なチーズと注意しないといけないチーズがありました。 結果からいうと、その後特に異常もなく出産した我が子はすくすく育っています。 でも、それは運が良かっただけかも。 妊娠中でピザを食べたくなったそこのあなた。 注文するのはこれを読んでからでも遅くないかもしれません。 妊娠中のピザはチーズに注意! ピザになくてはならないものの1つがチーズですよね。 私はトロッととろけたチーズが大好きです。 このピザに使われるチーズですが、 妊娠中に気を付けるべき食べ物として紹介されるナチュラルチーズなんです。 でも妊娠するまで、賞味期限が3年過ぎているとかでない限り特にチーズが危険だと思ったことないですよね。 一体、ナチュラルチーズの何がそんなに危険なのでしょうか? ナチュラルチーズの危険性 ナチュラルチーズは、リステリア菌という食中毒の原因菌に汚染されていることがあります。 このリステリア菌による食中毒、健康な大人であればよっぽど沢山のリステリア菌を摂取しない限り起こらないんです。 なるほど、これまで特に気にせずにいてもピンピンしていたわけですね。 でも妊娠中は免疫力が低下してしまっているので、少しのリステリア菌でも症状が出てしまうんです。 インフルエンザのような症状のほか、酷くなると敗血症や髄膜炎を発症することもあります。 そして妊娠中最も気になるのが、胎児への影響。 それについては、こんな調査報告があります。 妊婦が感染した場合には、胎盤を通して胎児に感染し、流産や早死産、あるいは新生児敗血症や新生児髄膜炎等の原因となることもあります。 fsc. ズボラ妊婦だった私でも、胎児が自分のせいでどうにかなったらと思うと気が気でなかったです。 では、妊娠中にはリステリア菌の恐怖に怯えずにピザを食べる方法はないのでしょうか。 ナチュラルチーズを安全に食べる方法 先ほどから恐怖の菌とばかりに書いてきたナチュラルチーズのリステリア菌。 そんな強い菌、もはや死滅させる方法はないのではと不安になりますよね。 ですが、心配な場合は注文するときに「よく焼いて下さい」と言えば通常より長く焼いてもらえます。 宅配ピザでトッピングなどに気になるものがあるときは、 食べる前に自分の分だけトースターやレンジなどで再加熱すれば心配なくなるのでぜひお試しください。 ほんの数分の手間で、リステリア菌の恐怖から逃れることができます。 自宅で焼くピザの場合は自分でオーブンの温度を設定できるので更に安心ですね。 他にもあった! 注意すべき食材とは? ピザのトッピングの中には、生や半生のものもありますよね。 生ハムやローストビーフ、スモークサーモンなんか乗っていると見た目も華やかだし、なんといっても美味しそう。 そしてハーブ類もピザに香りと彩りを添えてくれるなくてはならない存在です。 でも、これらの食材にも妊娠中は注意が必要なんです。 生ハムやその他の生もの 私は生ハム結構好きで、トッピングに選べるときは積極的に選んでいました。 でも、この 生ハムやパテ、スモークサーモンなどの非加熱の食材にもナチュラルチーズ同様リステリア菌が潜んでいる可能性があるのです。 そしてリステリア菌の他、生ハムにはもう一つ怖いことが。 実は、 トキソプラズマという病原生物も生ハムに付着しているかもしれないのです。 ということは、生ハムってすごく危ない食べ物なんでしょうか。 これを知ったとき、私は生ハム食べようと思った人はめっちゃ胃腸が強いのかと疑いました。 しかし、リステリア菌と同様このトキソプラズマも健康な人なら感染しても特に症状が起こらずに終わることが多いそうです。 でも、妊娠中に感染してしまうとどうなるのか。 国立感染症研究所のサイトにこのような記述がありました。 妊娠中の女性が感染することにより起こる先天性トキソプラズマ症は、死産および自然流産だけではなく児に精神遅滞、視力障害、脳性麻痺など重篤な症状をもたらすことがある。 niid. html すべての生ハムにトキソプラズマがいるというわけではないかもしれませんが、胎児のことを考えると加熱していない肉は控えた方がいいかなと私は思いました。 ハーブ類 ピザに使われるハーブといえば、バジルやタイム、オレガノなどがあります。 私はあの鉛筆の削りカスみたいな匂いのするオレガノが妙に好きで、トマトのピザにいっぱいかけたくなります。 妊娠中、オレガノもだめなのかなと悲しくなったのですが、オレガノは大丈夫でした。 何なら、 一般的にピザによく使われるハーブは特に妊娠中に摂るべきでないものはなさそうです。 ただ、妊娠中は摂らない方がいいハーブの中には、ローズマリーやナツメグ、サフランなどの身近なハーブもあるため注意が必要です。 なぜダメなのかというと、子宮を収縮させる作用があるからだと言われています。 もしかしたらピザに含まれているかもしれないので、宅配ピザやレストランなどで心配なときは注文時にお店に確認しましょう。 私も妊娠中は一応こういったものは避けていたので、食べたらどうなるのかよくわかりません。 そんなに気にしなくても大丈夫でしょって経過が順調なあなたは思うかもしれませんね。 でも、 ハーブによる体の反応の程度も人それぞれなので、心配の種はできるだけ除去した方がいいでしょう。 妊娠中にオススメのピザ 生ものや摂取NGのハーブをトッピングしていない、よく焼いたピザ。 この条件を満たせば、妊娠中でも安心してピザを食べられます。 でも、ここで気にしたいのがピザのカロリーです。 妊娠中って、体重管理が結構重視されたりしますよね。 体重が増えすぎるとお産のリスクが上がるため、あまり増えすぎもよくないとされています。 私の友人が健診に行っていた病院の先生は、「妊娠中期に体重が増えること自体がおかしい」と言って少しの増量も許してくれなかったと言っていました。 怒られなくても、できれば体重に影響のないようにピザを楽しみたいですよね。 また、ピザは脂質や塩分も過剰摂取になりがちなので、血圧や血糖値の測定で注意を受けたら気を付けて食べる必要があります。 では、妊娠中の体に優しいピザはどんなピザでしょうか。 まず、ピザ生地は薄いものの方がいいと思います。 具材もシンプルなものであれば、脂質や塩分もできるだけ抑えることができます。 これをすべて叶えてくれるのが、誰もが知っているマルゲリータです。 マルゲリータピザは、基本的にはトマトソースとモッツァレラチーズとバジルのみのピザです。 シンプルながら、ナポリピッツァの代表と呼ばれるピザ界の重鎮です。 レストランでも宅配ピザでも市販でもピザを売っているところには必ずと言っていいほどメニューにあるマルゲリータ。 他のデラックスなピザも気になるけど、妊娠中の場合はマルゲリータを注文するのが無難ですね。 私はピザ好きなので、妊娠中でもピザを食べ続けていました。 でも子供は二人とも元気に生まれてすくすく大きくなっています。 生もののトッピングは避けて、チーズにはよく火を通して、そしてたまの楽しみとして食べる頻度を落としたことがよかったんじゃないかなと思っています。 妊娠中は気を付けることが妊娠前に比べてとてもたくさんあってストレスを感じやすいですよね。 好きなものでも制限しなきゃいけなかったり、だんだんと体も重くなって大変です。 たまにはほっと一切れピザを堪能したいときだってあります。 そんなときは、しっかり焼かれたシンプルなマルゲリータピザをぜひ食べてください。 きっとあなたの心と胃袋を満たしてくれるはずですよ。 宅配ピザに満足していますか? 不満のある人だけ見てください 最近増えてきたホームパーティー 略してホムパ。 そして、メイン料理に欠かせないのが宅配ピザ。 注文するだけで、雨にも負けず、風にも負けず、雪にも、夏の暑さにも負けないで、温かいピザを届けれくれて、手間いらず。 でもみんな独身アラサーだから、デートやら飲み会やらで舌が肥えちゃって、 宅配ピザの味じゃ正直満足できてない。 それに学生時代はペロッと食べてた男性陣も、胃もたれが気になり始めて微妙に残っちゃうし。 ごめんね宅配ピザ、あなたに罪はない。 でも正直、宅配ピザには不満が募ってる。 味が濃いだけで、肥えた舌には物足りない• 色合いがいまいちで、見映えが悪い• 出来立てのアツアツは食べられない• 大きすぎて食べきれない 圧倒的に手間いらずな宅配ピザでも満足できないんだから、もうお店に行くしかないのかしら。 でも、お店だと多少は気を使わないといけないし、リラックスできない。 もういっそピザを諦めて、なにか手料理でも作ろうかとも思ったけど、メインになるような料理って、 手間も時間もものすごいかかる。 前日に準備するにも、仕事から帰ったあとに準備する気力なんてないし。 手間もかからずにアツアツのピザを食べるとなったら、冷凍ピザはどうかしら。 でも、スーパーに売ってるピザって 正直あんまり美味しそうじゃない。 だって具が小さいし、いろどりも良くない。 あとから具をトッピングしてもいいんだろうけど、味がバラバラになりそうだし、なによりめんどくさい。 手間を惜しんで宅配ピザにするか、冷凍ピザにトッピングの可能性に賭けるか。 正直どっちも良策ではないんだよなぁ。 でもね、あったんです。 自分でトッピングするなんて賭けをしなくても、とっても美味しくて、見映えも見栄えもばっちりな冷凍ピザが。 大満足のピザがあった これまでピザといえば宅配ピザかスーパーの冷凍ピザでした。 でも、宅配ピザよりかなり安くて、美味しい。 おまけにヘルシーなピザを食べられるから、宅配ピザから乗り換える人も多いのも無理もない。 機械で作る他社とは違い、1枚1枚丁寧に職人さんが手で伸ばして手で焼きで焼き上げている。 これがなんと「冷凍ピザ」なんです。 これまでの冷凍ピザのイメージを一新する衝撃の美味しさ。 冷凍なので、オーブントースターで焼き上げるだけでいつでも簡単に食べられます。 ホムパだけじゃなく、昼食やおやつにだって大活躍。 なんでも SNSで人気の冷凍ピザらしくて、 芸能人にもファンが多いとか。 芸能人がファンになるほど美味しい冷凍ピザなんて、本当にあるんだ。 メディアにもたくさん取り上げられてて、 美味しさはお墨付き。 しかも 見映えもばっちり。 こりゃSNSで人気が出るわけだ。 このピザをメインにするだけで、いつものホムパも芸能人のパーティー並みにグレードアップしちゃうこと間違いなし。

次の