いら ふ 意味。 不要と不用の違いとは?無用の意味や使い分けも解説

屁のつっぱりはいらんですよ!の、言葉の意味が解りません。...

いら ふ 意味

不要の意味 まずは、「不要」の意味からです。 また、そのさま。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 不要」とは、簡単に言うと、 「 必要ないこと」という意味です。 例えば、以下のように使います。 不要の買い物をする。 保証人が 不要の物件。 不要不急の仕事。 このように、 物事に対して必要がない様子を伝える時に 「不要」を使うわけですね。 別の言い方をすれば、 「 不要」=「 いらないもの」「 なくても困らないもの」 などと言ってもいいでしょう。 ちなみに、 「 不要」の対義語は「 必要」と言います。 「要」は、「 要(い)る」とも読む漢字です。 したがって、「要らない」のが「不要」 「必ず要る」のが「必要」と覚えると分かりやすいかと思います。 スポンサーリンク 不用の意味 続いて、「不用」の意味です。 必要がないこと。 また、そのさま。 また、そのさま。 また、そのさま。 また、そのさま。 つまり、 「 使わないこと」という意味ですね。 この場合は、以下のように使います。 不用品を回収する。 不用な道具を捨てる。 不用品の買い取り業者。 「不用」は、基本的に 使用してたものが対象となると考えて下さい。 具体的には、以前使っていた品物や道具などですね。 また、「不用」の対義語は、 「 入用(にゅうよう)」と言います。 ちなみに、辞書の説明だと 「不用」=「必要がないこと」という記述もありますが、 こちらの意味はあくまで補足的なものだと考えてください。 なぜなら、 「不用」は「 用いない」と書くので、 「 使わないこと」が本来の意味だからです。 かつては「不用者」などの使い方もしましたが、 現在ではほぼ使わない意味だと言えます。 スポンサーリンク 不要と不用の違い ここまでの内容を整理すると、 「 不要」= 必要ないこと。 「 不用」= 使わないこと。 (必要ないこと) ということでした。 両者の違いは、2つの点から比較すると分かりやすいです。 1つ目は、 「 いらないのか・使わないのか」という視点です。 「不要」は「いらないもの」を対象とします。 そのため、「買い物」や「保証人」など 「 いるかいらないかという対象」に使うのです。 一方で、 「不用」は「使わないもの」を対象とします。 したがって、 こちらは「品物」や「道具」など 「 使うか使わないかという対象」に使うのです。 2つ目は、「 意味の範囲」です。 本来の意味は、大きな概念として「不用」があります。 そして、 「不用」の中に「不要」があるのです。 これを図で表すと、以下のようになります。 つまり、「不用」という大きな項目から、 「 いらない」という意味を抜き出したのが、 「不要」という言葉なのです。 実際に両者の意味は、重なっている部分が多くあります。 例えば、 古い道具は「使わないもの(不用)」ですが、 同時に「いらないもの(不要)」とも言えるでしょう。 一方で、重なっていない部分もあります。 例えば、 「いらない買い物(不要)」とは言いますが、 「使わない買い物(不用)」とは言いません。 「買い物を使う・使わない」と言うのは文法的におかしいですよね。 このように比較すると、 両者の意味に微妙な違いがあることが分かるかと思います。 まとめると、 「 不要」= いらないものに用いる。 「 不用」= 使わないもの(いらないもの)に用いる。 「不要」は「不用」から意味を抜き出した言葉。 となります。 基本的には、 上記のような理解で問題ありません。 あえて付け加えるなら、 「不要」は新しくできた「造語」 ということを覚えておくとよいです。 「造語」とは、 すでに存在する言葉を組み合わせて作った新しい言葉のことです。 要するに、 元々あった「不用」という言葉を元に、 「不要」が作られたということですね。 皮肉にも、その後一般的になったのは、 「不要」の方でした。 なぜなら、 「 必要」というメジャーな言葉の 対義語として「不要」が作られたからです。 そのため、現在では 意味が重なる「いらない」という部分は、 「不要」を使うのが一般的となっています。 不要と不用の英語訳 それぞれの英語訳は、以下の通りです。 【不要の英語訳】 「 unnecessary(不必要な)」 「 unneeded(求められていない」 「 needless(必要のない)」 【不用の英語訳】 「 disuse(使われない)」 「 useless(役に立たない)」 英語では、両者はそこまで厳密に 使い分けがされているわけではありません。 場合によっては、 「必要のない」という意味でも「不用」と訳される場合があります。 ただ、全体的な傾向としては、 「unnecessary」を「不要」「useless」を「不用」と訳すことが多いです。 これはすでに説明した通り、 「必要かどうか」「使うかどうか」で分けているからだと言えます。 また、後ろに「item(品)」や「article(品物)」をつけて 「unnecessary items(不用品)」「disused articles(不用品」 などとして使うこともあります。 この場合は「不必要な品」「使わなくなった品」と考えるとよいでしょう。 その他、「メールの返信が不要であること」を伝える時などは、 「No Reply Needed」「No Response Needed」などと言います。 スポンサーリンク 使い方・例文 では最後に、それぞれの使い方を 例文で確認しておきましょう。 【不要の使い方】• バイクを運転しない人にとっては、二輪の免許は 不要だ。 その母親は、「受験生にとってテレビは 不要だ」と主張した。 ツイッターをやめて、 不要な情報をシャットアウトする。 お試し期間として、料金が 不要のコースを選択した。 実名登録が 不要な会員なため、気軽に参加できる。 【不用の使い方】• 使わなくなった服を、 不用品として廃品回収に出した。 引っ越しを機に、 不用な家具を処分することにした。 不用になった建物を破壊し、まっさらな土地に戻す。 倉庫をあけると、 不用になった机やイスが転がっていた。 不用品回収業者に、粗大ごみを収集してもらう。 基本的には、 「 いらないか使わないか」で判断するということでしたね。 上記例文だと、「不要」の場合は、 「免許・テレビ・情報・料金・会員」などいらないものに用います。 一方で、「不用」の場合は、 「品物・家具・建物・机・イス」など 使わないものに用います。 状況に応じて、うまく使い分けるようにしてください。 ちなみに、 似たような言葉で「 無用(むよう)」があります。 「無用」とは、「有用」の「反対語」で、 「 役に立たないこと」「 いらないこと」「 用事のないこと」「 禁止」 などを意味する言葉です。 「不要」と共通している意味もありますが、一番の違いは 「用事のないこと」「禁止」という意味も含んでいる点です。 また、使い方としては、 「心配ご無用」「無用の長物」「問答無用」 など限定的な使い方をするのも特徴と言えます。 したがって、もしも同じ意味で共通しているような場合は、 「無用」よりも「不要」を使う方が無難と言えるでしょう。 関連: まとめ 以上、今回の内容をまとめると、 「 不要」= 必要ないこと。 (いらないものを対象とする。 ) 「 不用」= 使わないこと。 (使わないものを対象とする。 ) 「不要」は「不用」から意味を抜き出した言葉。 ということでした。 覚え方としては、 「要らない」場合は「不要」「用いない」場合は「不用」 と覚えておきましょう。 では今回は以上です。

次の

「不要」と「不用」違い!微妙な意味の違いと使い方を徹底解説!

いら ふ 意味

用のないこと。 無駄なこと。 無用なこと。 不届きなこと。 へえ、「不要」って造語だったんだ。 知らなかった.. これは、「必要」の反対語として「不要」と書くようになったといわれています。 ちなみに、「不用」の反対は「必用」ではなく「入用」です。 「不用」と「不要」の違いですが、どちらも「いらないこと。 いらないもの」という意味では共通していますが、 「不用」は 「本来の役に立たなくなって使わなくなったこと・もの」で 「不要」は 「そのことやものがなくても全く困らないこと」です。 なので、フリマアプリに出品するものは「不用品」、「それいらないんじゃないの」という買い物は「不要な買い物」です。 ・不要不急 (それほど重要ではなく急ぎでもない用事のこと、なくても困らない用事) ・保証人不要 (そもそも、保証人はいらない) ・不要な買い物 (なくても全く困らないものを買う) ・不用品回収 (元々役に立っていたものが、役に立たなくなり回収してもらう) ・不用の施設 (元々役に立っていた施設が、役に立たなくなった) ・これ以上の戦いは不用だ。 (元々意味がある戦いだったが、これ以上は意味がない) 上記の例文でも、「いらない」といった意味では共通ですが、「不要」は「別になくてもいいんじゃない」、そして「不用」は「それ、もういらなくなったね」といったニュアンスが伝わるかと思います。 また、「不用品」とはいいますが、「不要品」とはいいません。 これらの意味の違いについては、「要」と「用」の違いをおさえておくと分かりやすくなります。 「要」は、「かなめ」です。 物事の大事なことが「要」です。 一方の 「用」は「もちいること、使うこと、役にたつこと」で「目的」や「ため」という意味です。 たとえば、「この重曹は掃除用でこっちは洗濯用」などの「~用」というときは「~のため」と言いかえることができますよね。 「要」の打ち消しは「要らない」ですし、「用」の打ち消しは「用をなさない」です。 「要」と「用」の違いをふまえたうえで、「要件」と「用件」 をみてみましょう。 【要件】 必要な条件。 欠くことのできない条件。 例)応募要件:応募するための必要な条件 【用件】 用向き、用事。 例)用件を話す。 用件を済ませる。 「要」と「用」を使う言葉は他にもあります。 【要談】 大切な話。 【用談】 用向きの話。 【要務】 重要な任務。 【用務】 用事。 例)用務員。 大事なことは「要」の字、用向きのときは「用」の字と覚えておくとよいかもしれません。

次の

不要と不用の違いとは?無用の意味や使い分けも解説

いら ふ 意味

大人になりたくないのに何だか どんどん擦れてしまってって 青春なんて余るほどないけど もったいないから持っていたいのです 「死ぬほどあなたを愛してます」 とかそう言う奴ほど死ねません 会いたい好きです堪りません とか誰でも良いのに言っちゃってんのがさ、わかんないね もう一回、もう一歩だって 歩いたら負けだ つまらないって口癖が、僕の言い訳みたいじゃないか もう一回、もうこんな人生なんかは捨てたい 夏のバス停で君を待っていたいんだ 負け犬だからさ想い出しかないんだ 逃げるは恥だが役に立つとかいうけど正直立てません 大人になりたくないのにいつから 笑顔が上手になったんだ 人生なんて余るほどないし 友達なんかはいりません 最低限の荷物を固めて あなたに会いに行こうと思いました 堪んないね 5! 4! 3! 2! HOWL! もう一回、もう一個だって落としても死ねない 負け続けても笑った君が白痴みたいじゃないか もう一生、後悔したくない僕らは吠えたい 負け犬が吠えるように生きていたいんだ 君のそんな顔なんか見たくもないんだ 人生に名前をつけるなら 希望って言葉は違うだろ もう何年待っているんだろう、わからないか 君以外はどうでもいいんだよ それだけはわかっていたんだろ もう一回、もう一歩だって歩いても言えない 所詮音楽が響くか 何もかもが言い足るものか もう一回、僕たちにもうアンコールなどいらない 吠え面かけよ偽善者 もう一回、もう一歩だって歩いたら負けだ 世界平和でも歌うか 早く全部を救えよ愛とやらで もういい、もうこんな人生全部を賭けたい 負け犬なりに後悔ばっか歌って また夢に負けて、昨日を愛おしんで 解釈 「死ぬほどあなたを愛してます」とかいう奴に限って大してあなたを愛してはいません。 そもそも「会いたい好きです堪りません」とか誰にでも言っちゃうところとかほんとわかんないよね。 「死ぬほど」から「死ねません」までの部分は、大げさに「愛している」というやつほど大してあなたを愛してなんかいないんだよということを助言しているのでしょう。 後半部分は、誰にでも愛しているといってしまう男に対して「ほんとありえない」と愚痴をこぼしている様子が描かれています。 もう一回、もう一歩だって 歩いたら負けだ つまらないって口癖が、 僕の言い訳みたいじゃないか もう一回、もうこんな人生なんかは捨てたい 夏のバス停で君を待っていたいんだ 負け犬だからさ想い出しかないんだ 解釈 人生に名前をつけるなら「希望」はおかしいだろ。 もう何年「希望」を待っているのだろうか。 君以外はもうどうでもいいんだ。 それだけは分かっているだろ。 「希望」とはなんなのでしょうか。 「希望」の答えは歌詞になってはいませんが、文脈から想像すると、「君(恋人)と会えること」であると想像できます。 そして、もう何年「希望」を待っているのだろうか。 という部分から、まだ「君」に会えていないということがわかりますね。 つまり、君とは恋人のことではなくて、まだ会えていない将来の恋人のことを指すのでしょう。 もう一回、もう一歩だって歩いても言えない 所詮音楽が響くか 何もかもが言い足るものか もう一回、僕たちにもうアンコールなどいらない 吠え面かけよ偽善者.

次の