タップコード。 OAタップ、延長コード・電源コードのことならタップ通販.com

延長コード・タップ:

タップコード

レビュー: 7 【特長】世界初一時的な水しぶき・ホコリの侵入をガードする「防水扉」付。 内ボディにトラッキングに強い『ユリア樹脂』 外ボディにも『燃え広がりにくい樹脂』を採用した熱に強い二重ボディ。 発熱を抑えた「新接続コンセント」です。 また、コード根元部折り曲げ強度 保証値 を従来品の2倍にアップ。 コードも二重被ふく、栓刃間のユリア樹脂でトラッキング防止、また、はがれにくい極薄の絶縁被ふく付プラグで感電への不安を抑えます。 電源プラグの差込口をカバーし、ほこりの侵入、感電を防止するスライド式コンセントカバー付。 隣のコンセント差込口をふさがずにACアダプタを接続できる電源延長コード。 差込口が独立しているので、隣の差込口をふさぐことなくACアダプタを接続可能です。 すっきりと接続できる1個口タイプです。 プラグ部には抜き差ししやすいくぼみを設けています。 差込口に耐熱性に優れたユリア樹脂を使用し、万一の発熱の際にも融解しにくく、電気火災の防止に有効です。 トラッキング現象による火災の防止に役立つ、絶縁キャップ付きのコンセントプラグを採用しています。 電源コードには一般社団法人日本配線システム工業会規格 JWDS0010 に適合した二重被ふくコードを採用しており、断線や被ふく破れによる感電・火災の防止に有効です。 【用途】電気製品のコンセントが不足して困っている時に、役に立ちます。 OAタップとしてお使いいただけます。 差し込み口は耐熱性に優れたユリア樹脂を使用した二重構造ですので、大電流を使用する工事用に最適です。 EU「RoHS指令」に準拠。 簡易パッケージ仕様。 裏面の強力マグネットでスチール面にしっかり固定できます。 差し込み口を回転させることにより、プラグをロックすることができ不意の抜け落ちを防止します。 電源コードには丈夫で安全性を向上させた二重被ふくケーブルを使用し、漏電などのトラブルを軽減します。 【用途】電気製品のコンセントが不足して困っている時に、役に立ちます。 OAタップとしてお使いいただけます。 プラグ抜け止めで不意のプラグ抜けが無く、コンピュータなどのデータをしっかりガードします。 スチール机などに簡単に仮固定できるマグネット付。 スイングプラグで狭いところでもスッキリ配線。 耐トラッキングカバー付。 電源ラインサージ低減。 内蔵されたサージ低減素子が電源ライン間の誘導雷などによるサージを低減します。 プラグ抜け止めで不意のプラグ抜けが無く、コンピュータなどのデータをしっかりガードします。 スチール机などに簡単に仮固定できるマグネット付。 耐トラッキングカバー付。 電源ラインサージ低減。 内蔵されたサージ低減素子が電源ライン間の誘導雷などによるサージを低減します。 2重被ふくケーブル 安心・安全の2重被ふくケーブルで強度を増しました。 強力マグネット 強力マグネット採用でスチール製の机等に仮固定できます。 落下等には注意して下さい。 【用途】電気製品のコンセントが不足して困っている時に、役に立ちます。 OAタップとしてお使いいただけます。 スイングプラグ中央部・差込口には熱に強いユリア樹脂を使用しています。 プラグはホコリや湿気によって発生するトラッキング火災を予防する絶縁カバー付きです。 雷サージフィルターが雷の過電圧から接続機器を保護します。 お求めやすさと、使いやすさの究極です。 使用しない時はキャップをカチッと閉めることでコンセント内部へのホコリの侵入を防止する、防塵扉付コンセント。 【用途】工事現場、作業現場のコードリール、電源リール、延長コードとして。 【材質】円盤:鉄板製【コンセント個数】4【コンセント定格】2P・15A・125V【コンセント形状】二極【電線太さ mm 2 】1.

次の

無印良品のコンセント関連商品まとめ!タップ・延長コード・USB等網羅的に紹介!

タップコード

例えば、1つのコンセント口から、3つの電気をとりたい場合、 延長コード、あるいは、テーブルタップを使用しますよね。 もちろん、1つのコンセントからたくさんの電気をとることが好ましくないということはよくわかっています。 しかしながら、生活する上で、1つのコンセント口から3つぐらいの電気を使うことは、どこでもしていますよね。 ここで、質問です。 テーブルタップを使っていたら、姑に、こんな危険なことをして!と非難され、延長コードに勝手に変えられてしまいました。 私は、「?テーブルタップを使うのも延長コードを使うのも同じなのでは?」と思いました。 同じ数の電気をとる場合、テーブルタップと延長コードでは、電流、電圧、火事の危険性、あるいは電気料金などに違いがあるのでしょうか? こんにちは、mondayと申します テーブルタップと延長コードの違いがよくわかりませんが・・・ テーブルタップにせよ延長コードにせよ、どこかに 「125V 10A」とか「125V 15A」とか書いてあります。 これは最大電圧125Vまでで最大電流10A(15A)まで使えます。 という意味です。 日本の電圧は100Vなので、一般に注意するのは、最大電流の方です。 そのコードに流れる電流の合計が規定内なら、どちらを使っても問題ありません。 電流の合計は、コードにさしている器具の消費電力の合計を100で割った数字です) >同じ数の電気をとる場合、テーブルタップと延長コードでは、電流、電圧、火事の危険性、あるいは電気料金などに違いがあるのでしょうか? テーブルタップにせよ延長コードにせよ、規定以上の電流を流すとケーブルから火が出たり、プラグが溶けたりして火事の危険性があります。 姑さんは延長コードの方が太いからそうおっしゃったのかな?一概に太いからたくさん電流が流せるって事も無いんですが・・・特にドラム式の延長コードは、全部伸ばしきらないで ドラムに巻いたまま)使うと熱を持ちやすいです。 家庭内では「電力合計1500Wまで」と表示してあるテーブルタップで十分です。 姑さんを、説得できればいいけど、説得できそうに無かったら、上記のことを踏まえた上で、姑さんの指示に従った方が、平穏な暮らしができそうですよ。 (^^;) 書かれているテーブルタップとは壁のコンセントなどに直接挿してそこが分岐されているもののことでしょうか?(下記参照。 一応延長コードのURLも・・・。 ) 下記に書いたようなものだとすれば電流容量(電力容量)と電圧を守っていればどちらを使用しても問題ないはずです。 しかしながら、壁に直接挿すなどして使用している場合、コンセントの重さがつないだ分だけ加わりますから、ACアダプタなど重いものをつけているとすれば、コンセントに負荷がかかりますし、抜けかけてトラッキング現象などが発生する恐れもあります。 このあたりのことを注意すれば電気的にはどちらを使用してもかわりませんよ。 (テーブル)タップ 延長コード(テーブルタップ) Q 真ん中の所が空洞になっていて、電子レンジなどを置ける食器棚を購入したのですが、それを置くとコンセント差込口が完全に隠れてしまいます。 食器棚自体にもコンセント差込口は4つついているのですが、電子レンジと炊飯器は食器棚についているコンセントではなく、直接壁のコンセントに差し込んだほうがいいと聞きました。 (電子レンジや炊飯器は高圧電流が流れる為、食器棚のコンセント差込口だと高圧電流に耐えれないというような説明だったと思うのですが、しっかり話を聞いていなかった為間違ってるかもしれません 笑 ) ちなみに壁のコンセント差込口は4つあるので、食器棚のコンセント差込口を使用せずに、オーブントースター、炊飯器、レンジを全て直接壁の差込口にさしてもまだ余るぐらいなので、タコ足配線にする必要は全くありません。 (せっかく壁のコンセントが4つあるので、出来れば有効に利用したいです) さらに食器棚の背面には一応コンセントの配線を通す穴もあいていますので、電子レンジや炊飯器などの配線をその穴から通すことは出来るのですが、電子レンジや炊飯器の配線自体はそんなに長くないようなので、壁のコンセント穴まで届きそうにありません。 その為延長コードを使用してはどうかと考えたのですが、 (1)延長コードでは何か問題がありますでしょうか? (2)延長コードを選ぶにあたって何か注意する点はありますでしょうか? (3)延長コードと言っても差込口がいくつかあるものではなく、差込口が一つのものを3つ(繋ぎたい家電が3つの為)購入した方が良いのでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。 真ん中の所が空洞になっていて、電子レンジなどを置ける食器棚を購入したのですが、それを置くとコンセント差込口が完全に隠れてしまいます。 食器棚自体にもコンセント差込口は4つついているのですが、電子レンジと炊飯器は食器棚についているコンセントではなく、直接壁のコンセントに差し込んだほうがいいと聞きました。 (電子レンジや炊飯器は高圧電流が流れる為、食器棚のコンセント差込口だと高圧電流に耐えれないというような説明だったと思うのですが、しっかり話を聞いていなかった為間違ってるかもしれ... A ベストアンサー あなたは、いろいろ冷静に考えておいでのようですね。 考え方自体に、特に間違いはないと思います。 おそらく食器棚のコンセントは、容量が15A(アンペア)程度では? これだと、オーブントースター、炊飯器、レンジのうち、 2つを同時に使うと、容量をオーバーして、 線が加熱したり、発火したりしかねませんから、注意してください。 では、壁のコンセントは大丈夫かといえば、 これも差し込み口の数にかかわらず、家庭用の場合は最大20Aです。 これをオーバーすると、自動的に電源が遮断されます。 3つを同時に使うと、おそらくギリギリくらいの容量です。 1000Wなら10A、500Wなら5Aの電流が流れていると考えてください。 最近の台所家電は皆、消費電力が大きいですから、 本来は、壁のコンセントに差せる様にレイアウトして、 しかも複数同時に使用しないようにすべきですが、 難しければ、おっしゃるように差し込み口が1つのコードを3本、 用意するのが良いと思います。 ただし、束ねたり丸めたりすると発熱・発火のおそれがありますから、 長さに余裕があり、かといって長すぎない、適度な長さを選んでください。 今は、ニュースにならないだけで、タコ足配線が原因の火災は多いですよ。 差し込み口の数が十分あるからといって、電気器具を同時に使うのは、 避けるようにしましょう。 あなたは、いろいろ冷静に考えておいでのようですね。 考え方自体に、特に間違いはないと思います。 おそらく食器棚のコンセントは、容量が15A(アンペア)程度では? これだと、オーブントースター、炊飯器、レンジのうち、 2つを同時に使うと、容量をオーバーして、 線が加熱したり、発火したりしかねませんから、注意してください。 では、壁のコンセントは大丈夫かといえば、 これも差し込み口の数にかかわらず、家庭用の場合は最大20Aです。 これをオーバーすると、自動的に電源が遮断されます。 A ベストアンサー 大きな誤解があります。 許容電流 ワット数ではない!!! は、サーキットブレーカーの容量に従います。 20Aのサーキットブレーカーの先に、コンセントがいくつあっても、そのトータルが20Aを越せば、ブレーカーが落ちます。 電動工具電熱器を問わず、起動時には定格電流より過大な電流が流れます。 電動工具の場合は負荷がかかって回転数が落ちた場合も定格より過大な電流が流れます。 電流はワット数/電圧です。 写真のコンセントは、旧式で、コンセント自体の許容電流は15Aですから、当時の一般的な設備とすれば、同一回路に接続されているすべてのコンセント,照明器具と合わせて15Aが最大許容電流だと推測できます。 多分間違いないでしょう。 通常コンセントひとつにブレーカーひとつと言うことは考えられませんので、その回路中でひとつのコンセントだけ使用する場合は、口数に関わらず15Aと考えます。 コンセントの許容電流を越えるとブレーカーは落ちなくても、発熱出火の可能性があります。 特に古いコンセントは注意してください。 回路に使われている電線も当時は細いものです。 天井裏で出火したら手が付けられません。 配電盤でコンセント回路用のブレーカーがいくつあり、それぞれがどのコンセントに接続されているかは、ブレーカーをひとつずつ落としてみることで確認できますから、異なるブレーカーを使用している別回路から電源を取ってください。 添付写真で見る限り、そのコンセントからはトータルで15A以上取り出せません。 別系統の電源を見つけて、それから他の電源は取ってください。 大きな誤解があります。 許容電流 ワット数ではない!!! は、サーキットブレーカーの容量に従います。 20Aのサーキットブレーカーの先に、コンセントがいくつあっても、そのトータルが20Aを越せば、ブレーカーが落ちます。 電動工具電熱器を問わず、起動時には定格電流より過大な電流が流れます。 電動工具の場合は負荷がかかって回転数が落ちた場合も定格より過大な電流が流れます。 電流はワット数/電圧です。 写真のコンセントは、旧式で、コンセント自体の許容電流は15Aで... Q 一応検索したのですが・・・似た質問があったらすみません;; 6こ口で、個別にスイッチが付いてるタイプの延長コードに、 パソコンとデスクライトのコンセントを差しています。 そこにプリンタのコンセントも差したいのですが、 プリンタのコンセントだけが短くてあと少し届きません。 そこで、プリンタだけ1こ口で1mの延長コードに差して、 その延長コードのコンセントを6こ口のスイッチ式延長コードに差して使いたいなぁ・・・ と思っているのですが、問題あるでしょうか? プリンタしか繋いでないといえ、 延長コード同士を繋げることになるのでこれって平気なの? と心配しています。 6こ口の延長コードはパソコンとデスクライトしか差してないので容量は平気かと思います。。。 コンセントのトラブルで火事になったなどの話もあるので、 問題ないか教えてください!! A ベストアンサー NO. 4の回答に補足。 説明がたらなかったように思いますので、再確認してください。 ご家庭でも、公共の施設などでも、コンセントに来てる電気は、殆ど、1.6サイズの電線が使用されています。 つまり、1600Wまでの電力使用に耐える電線です。 これ以上をこのコンセントから電力供給しようとすると、オーバーして過熱発火などに到ります。 で、問題は、どのコンセントからも1600W以内なら使用可能かは別問題だと云う事です。 そのコンセントの元線のアンペアが問題となります。 ご家庭の電気は何アンペアで契約されているかです。 20アンペアは、2000Wでブレーカーが落ちます。 30アンペアなら3000Wです。 つまり、20アンペアの契約の場合、ご家庭内で電気を使用してるのが1箇所のコンセントからだけでしたら1600Wまで使用できますが、他のお部屋でTVを視聴していた場合は、TVは750W以上が多いですから、2350W以上の電力使用となり、ブレーカーは、バッチーン・・・・です。 A ベストアンサー 使用環境や製品の品質によるので一律に決まった寿命がある訳ではありませんね。 少なくとも百均などの海外製の安物と、国産の家電メーカーなどがそれなりの価格で販売している物では品質の違いは大きいと思います。 それに、コンセントから火花が出るのはトラッキング現象と言って、コンセントとプラグの間にホコリがたまり湿気や水分で発火する場合もあり、コンセントやプラグだけが原因とは限りません。 最近ではトラッキング対策でコンセントにカバーやシャッターがあったり、プラグの根本が絶縁された製品があるので、気にされるのならそういう物を探して交換するとよいかも知れません。 もちろん延長コードの定格を守って無理なタコ足などしてはダメですし、触ってみてどこか異常に加熱している部分があるなら使用を中止するように気を付けて下さい。 A ベストアンサー 3です。 スイッチを(全部)OFFでスイッチランプ(抵抗と発光ダイオードを直列にした回路)が点灯しないタイプなら消費電力はゼロですね。 4さんの言われるように、テーブルタップのACケーブルの銅線部分には銅線の直列抵抗がわずかにあり、AC100Vの電圧が来ていますが、コンセントに電気器具を接続してスイッチをいれて電流を流さない限り、銅線の直列抵抗による消費電力はゼロといえるでしょう。 テーブルタップのスイッチを(全部)OFFにしておけばテーブルタップやACケーブルでの消費電力は100%ありません(ACケーブルには電流は流れません)。 でもそんな電流は、電気使用料の対象になるレベルの消費電力以下の無視できるほどのわずかな電流です(通常の常識では、この状態を電流が流れるとは言いません)。 そういう意味でテーブルタップのスイッチを(全部)OFFにして、ACケールに電流を流さなければ、消費電力がゼロといえますね。 3です。 スイッチを(全部)OFFでスイッチランプ(抵抗と発光ダイオードを直列にした回路)が点灯しないタイプなら消費電力はゼロですね。 4さんの言われるように、テーブルタップのACケーブルの銅線部分には銅線の直列抵抗がわずかにあり、AC100Vの電圧が来ていますが、コンセントに電気器具を接続してスイッチをいれて電流を流さない限り、銅線の直列抵抗による消費電力はゼロといえるでしょう。 テーブルタップのスイッチを(全部)OFFにしておけばテーブルタップやACケーブルでの消費電力は100%ありま... A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 昨日はすごい雨だったので何かの原因で雨漏りし主電源に通じるパイプを伝って雨が装置の中に入ってたようです。 素人では治せないんで今日業者に来てもらって修理してもらうことになりました。 社員の人達はショートしたなと言ってました。 恥ずかしい話なんですが、今までショートするとはブレーカーが落ちる状態のことを言うのと思っていました。 そこでお聞きしたいのですが、ショートの意味とブレーカーが落ちる原因を教えてもらえないでしょうか? 職場が工場関係なんで将来仕事を任される時がきてこんなことも知らないようでは情けないんでちゃんと理解しておこうと思います。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。 「短くつなぐ」です。 正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。 何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。 このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。 一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。 短絡ではなく「地洛」です。 「大地につながる」です。 「漏電」とも言います。 水分によって電線や機械の絶縁が破壊され、プラスの電線からマイナスの電線へ戻るより早く、機械の枠などを通して地面へ流れて行ってしまう現象です。 漏電も小規模のうちは見つけ出すことが困難ですが、ある程度の量になると、人が機械に触っただけで、ビリッビリッと感じるようになります。 さらに大きくなれば、人の生命を危機にさらしたり、出火したりすることもあります。 漏電は、専用の「漏電しゃ断器」で保護するようになっていますが、古い設備ですと漏電しゃ断器などないこともあります。 ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。 「短くつなぐ」です。 正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。 何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。 このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。 一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。 短絡ではなく「地洛」です。 「大地に...

次の

延長コードを使うことと、テーブルタップを使うことは、違いがあります

タップコード

コードの選び方 この記事で扱う電源コードは、柔らかいビニルコード(VFFビニル平形コード)を使用するので、まずはVFFコードについて解説します。 心線の数は2芯で、1つの芯の中に細い線が何本も合わさって束になって入っています。 許容電流 市販されているVFFビニル平形コードには太さ(導線の断面積)に違いがあり、流すことのできる電流許容量が異なります。 ホームセンターなどでは、以下の物が売られていることが多いです。 75mm 2(許容電流:7A)• 25mm 2(許容電流:12A)• 選び方のまとめ 大は小を兼ねる、です。 許容電流の多い、断面積 2. 0mm 2 のVFFビニルコードを選びましょう! 用意する物 材料と工具• VFFビニル平形コード(撚り線タイプのビニールコード、心線の断面積 2. 0mm 2 )• 電源タップ(パナソニック ベターテーブルタップ ホワイト 4個口)• 電源プラグ(パナソニック WH4021 スナップキャップ)• 圧着端子• 圧着工具• ニッパー• プラスドライバー• カッターナイフ 圧着工具 圧着工具は、ホーザンP-732。 この工具は、軽い力で圧着ができます。 さらに圧着が完了するまでロックが外れないラチェット構造なので、確実に圧着ができて、とても使いやすいです。 圧着工具を使わない方法もありますが、緩みから接触不良を起こし発熱する危険があります。 圧着工具と圧着端子を使用した方法をお勧めします。 <この圧着工具、ホーザンP-732 を使った別の記事>• 圧着端子 今回選択した電源タップとプラグは、100V15Aまでの物なので、コードもそれに合わせて撚り線2. 0m㎡の物を選択しています。 圧着端子も撚り線2. 0mm 2に対応しているサイズの物を使用します。 導線用裸圧着端子は、ニチフ端子工業の2Y3. 5です。 ちなみに、WH2164KWの商品仕様書には「ニチフ製の2R3. 5または同等のものを使用すること」との記載があります。 2Rと2Yの差は、端子の先がY型になっているか、リング型になっているかの違いです。 作業 コードを加工して圧着 コードを必要な長さに切り、裸圧着端子を取り付ける加工を行います。 被服の剥ぎ取りは、私はカッターナイフを使用しますが、この時、内部の撚り線を切ってしまわない様に十分に気を付ける事が大切です。 誤って、関係ない場所の被服も傷付けない様に!! 圧着中の様子です。 導線を入れた圧着端子を潰すことで接続されます。 圧着端子は、専用の圧着工具を用いて、指定されたサイズの場所で圧着します。 ペンチ等を用いて圧着すると見かけ上は接続されますが、着圧が弱いと接触不良を起こして発熱の原因になり危険です。 圧着完了の状態です。 撚り線は、出過ぎず、出なさ過ぎず..。 写真の左上は綺麗に出来ています。 右下は写真を撮るために折り曲げながら作業したところ少し失敗してしまいました。 コードのビニル被覆と圧着端子の間に隙間が空いて導線が見えてしまっていますが、この位なら許容範囲でしょう。 裏側は、次のようになっています。 圧着工具、ホーザンP-732を使用すると、どの太さで圧着したか分かるように刻印が入ります。 今回、2. 0mm 2で圧着したので、「2」と入っています。 作成前に「豆知識」(電源タップの極性について) 電源タップの加工作業に入る前に..。 家庭用電源AC100Vに極性があることはご存じでしょうか? 2本の電線のうち、片側は「活線(かっせん)」と言い、触ると感電して危険な線。 もう片方は、電柱の柱上トランスでアースされている側(0V)で、触っても感電しない線があります。 この記事で使用する電源タップは、その極性が見た目で分かる様に、色や形状が分かれているタイプになります。 下の画像、左右のネジの色が異なるの、分かるでしょうか? 写真の具合で、色の違いが少々分かりにくいですよね。 別の画像を拡大してみました。 赤丸部分のネジがシルバー。 反対側は金色のネジが取り付けられています。 電源タップのカバーにも違いがあります。 赤丸印を付けたシルバーのネジの側が、大きな穴になる様になっています。 左側の穴が短い方(金色のネジ)に活線(触ると感電する)を接続します。 右側の穴の長さが長い方(銀色のネジ)には、柱上トランスでアースされている側を接続します。 ただ、普通に電源タップとして使うだけならば、どちらに接続しても特に問題はありません。 オーディオマニアにとっては、この極性の違いは重要だったりします。 「極性を気にする場合には、使い分けができる様になっている」という商品です。 電源タップの作業 電源タップ側から作業します。 理由は、作業途中でついうっかりコンセントに差し込んでしまうことが無いように、ということで 事故防止です。 画像の赤丸部分ですが、2本のコードの分離を必要以上に行ってしまうと、写真の様に綺麗に納められなくなります。 足りない分ははめ込む時に分離すると良いでしょう。 画像のように加工し、しっかりネジ止めをして蓋をしたら完成です。 電源プラグの作業 プラグ側も、タップの方と同じ様に作業します。 (プラグ側には極性の色違いはありません) コードの先端に圧着端子を取り付けます。 画像の赤丸部分ですが、圧着端子からの距離が短いので気をつけて下さい。 2本のコードの分離を必要以上に行ってしまうと、蓋をしたときに2本のコードがバラけて姉妹、見た目が悪くなってしまいます。 圧着端子と電源プラグのネジをしっかりネジ止めします。 できれば、蓋をする前にテスターで、この2つのネジの上から導通テストを行い、ショートしていない事を確認することが望ましいでしょう。 最後に蓋をネジ止めすれば完成です。 当記事で使用した材料と道具 当記事で使用している材料と主な道具は、楽天市場、Amazon、Yahooショッピング の各サイトの店舗で入手できます。

次の