ギア ラストスパート。 【スプラトゥーン2】スタートダッシュの効果と使い方|ゲームエイト

ラストスパートのギア効果と効果的な使い方・相性のいいブキとルールをウデマエXが解説!【Splatoon2】

ギア ラストスパート

専用化されたものと被らないようにする必要がある 例えば、イカニンジャ使うために、イカダッシュ速度UPのフクにサブギアイカダッシュ速度UPを三つ付けてしまうと、イカニンジャと被ってしまい使えません。 スタートダッシュとラストスパートは、 同じ頭なのでどちらかにしないとイケないなどネスね。 特にフェスのときはフクがフェスTになってしまうので、イカニンジャを使っている人は、フェス中使えなくなってしまいます。 気をつけましょう。 では、専用化されているギアを見て行きましょう。 アタマギア スタートダッシュ 対戦開始から30カウントの間、ヒト移動速度アップとイカダッシュ速度アップの効果に加え、相手インク影響軽減の効果が発揮される。 ステージにもよるが、 ホコのようなスタート勝負のルールでは有効。 5秒間 ずつ延長されるようにしました。 アシスト含めた敵イカを倒すと効果時間が延長される。 5秒間ずつ延長なので、複数回効果を発揮できる。 アメフラシやインクアーマーを上手く使うと良い感じに延長出来そう。 ラストスパート ラスト30カウント前から、メインインク効率とサブインク効率、インク回復量UPが 24アップする。 (57表記) ガチバトルでも相手のチームが30カウント切った時点で、インク効率が大幅にアップする。 ストレートで勝った場合は関係ないが、 接戦や延長戦が多くなると、スペシャルでの奪還がしやすくなり、連戦が出来るようになる。 逆境強化 相手チームより、味方チームの人数が減るとその分、スペシャルゲージが増加する。 相手チームが通信回線の関係で人が少ないと、自分たちのチームが常に人数が多いので効果がほぼ出ない。 逆境強化の敵は、敵の通信回線かも 周りが死んで自分が生き残るチャージャー系の人には一考の価値ある。 実際にどのような感じでスペシャルゲージが溜まるかが、動画で撮影できた。 この距離は正確に言うと、 試し撃ち場のライン2本分、わかばシューターやプロモデラーの射程になります。 試し打ちライン2本分の距離から、スーパージャンプのマーカーが敵イカから見えなくなる。 これは強いと思う。 スプラ2はやられた時いかに早く前線に復帰するか?が勝ちに繋がるポイントかなと思うので、安全に現場復帰ができる、ステルスジャンプは強いと思います。 ただし、自分が使ったときは、かなり甘い見積もりでのスーパージャンプが多くなって使いこなせなかったです。 対物攻撃力アップ ・サブ ジャンプビーコン スプリンクラー スプラッシュシールド 1. 25倍 ・スペシャル インクアーマー イカスフィア 1. 3倍 バブルランチャー 1. 25倍 ・他 ガチホコバリア 1. 1倍 スプリンクラーやシールド壊すのが早くなるだけかと思いきあ、ホコやインクアーマーバブルと言った物に対しても効果を発揮して、いつもより早く壊せるようになる。 エリアだとバブルが猛威をふるっているので出番があるかもしれない、しかし、他の有効なギアもあるので悩むところである。 デュアルスイーパーやジェットスイパーなど、一発ダメージが少ないブキだと、スプリンクラーがサクッと壊せるので便利。 逆にパラシェルターやローラーのように一発ダメージが大きいブキだと、微妙かもしれない。 ルールに合わせてギアも変えてみると良いかもしれない。 受け身術 意外と面白い。 ステルスジャンプの代わりになると思う。 受け身術を使ってるイカとガチで一度対戦したが、 出待ちで当てれませんでした。 相手イカのドヤ顔が印象的でした。 スーパージャンプ中にスティックを前に倒しておくと、チャクチ直後に前点する。 Ver1. 0でてこ入れされた。 全方向へ受け身を取れるようにしました。 受け身直後の移動が行えない時間をなくしました。 無敵は無いが、チャージャなどの待ちうちには有効。 イメージとしては、スーパージャンプの着地時にマニューバーのように前転が出来る。 上手く使うと大きなアドバンテージがある。 ただ、このような危険を犯してまで、スーパージャンプを使うのか?と言う疑問はある。 敵に囲まれても生き延びやすいように機能が上方修正された。 お薦めのギアパワー イカニンジャがおススメ。 相手が自分を見失いやすくなるので、純粋に生存率があがります。 ただし、イカダッシュ速度が遅くなります。 その為イカダッシュ速度アップを付けたくなるので、他のギアパワーとの兼ね合いが厳しくなります。 あと、人気なのが、カムバックと復活時間短縮。 有名プレイヤーで使っている人が多いので、人気あるみたい。 固定ギアは強力だけど、メイン1個を占有するので、よく考える必要がある。 フリーのギアパワーで人気なのが、ヒト速度UP、イカダッシュ速度UPと、爆風ダメージ軽減あたりでしょうか?.

次の

【スプラトゥーン2】ラストスパート効果検証!ギアパワーの隠された真実!【検証】

ギア ラストスパート

【ラストスパート】「諦めたら、そこで試合終了ですよ」フォッフォッ ラストスパートのギアパワー効果 イカは公式ガイドブックからの引用です。 対戦終了の30カウント前から、インク消費量が大きく減り、インク回復速度が大幅に上昇する。 補足事項がたくさんあります。 まず「30カウント」ですので「30秒」とは正確に言うと違います。 例えば、ガチホコをゴールまで残り30まで運んだ、もしくは運ばれた状態で発動します。 その後は試合終了まで「インク効率 メイン・サブ 」と「インク回復力」がアップします。 「インク消費量が減る」ということは、「インク効率アップ メイン・サブ 」のギアパワー効果が発動しているということです。 因みにVer. 0公開時に公式サイトには、イカのように書かれています。 条件を満たしている間の効果を、メインギアパワーの数に換算して1. 8個分の効果から、2. 4個分の効果に増やしました。 ここで書かれている2. 4個分というのは、「メインギアパワーの数に換算して」と書かれていますから、ギアパワーを57表示した時の「24」という意味です。 つまり一般的に我々が使う「メイン2個+サブ4個」という意味ではありません。 ですから、この2. 4個分の効果というのは、「メイン2個+サブ1. 3個」くらいの意味です。 更にVer4. 7でイカのように効果が追加されました。 ガチマッチをプレイ中、これまでの効果に加え、 相手チームの残りカウントが50以下になったとき、残りカウントが小さくなるにつれて、ラストスパートの効果が徐々に発揮されていくようにしました。 ラストスパートの効果的な使い方 まず、ナワバリバトルでの使用が考えられます。 ご存知のようにナワバリバトルは残り30秒が重要なルールです。 前半にいくらリードしていても残り30秒で味方が全滅してしまえば、まず勝てません。 というか、そもそもはナワバリバトル用のギアパワーということで開発されたのかもしれません。 フェスがいつまでたっても「フク」のギアが義務付けられている点からもあり得る話です。 ガチマッチにおいても、試合に勝っていれば「怒涛の追い込み」、負けていれば「一発逆転」ということで、味方にいれば頼もしく、相手にいれば最後まで気を抜けない嫌なギアパワーです。 前半に大量リードして「この試合は楽勝だなぁ」なんて時に、大逆転負けをしてコントローラーを投げつけることはありませんか? そんな時、相手にこのギアパワーを付けている人がいるかもしれませんよ! つまり、ギアパワーの効果次第では、凄いギアパワーかもしれません。 毎試合必ず効果が発動するわけですから。 検証方法 インク効率がアップするということですので、汎用ブキである「スプラシューター」で検証します。 まず、通常時(試合序盤)にメインを何秒撃ち続けられるかを計測します。 そして「ラストスパート」のギアパワー効果発動時(試合終了30秒前)にも同様に何秒撃ち続けられるかを計測します。 その後、通常時に「インク効率アップ メイン 」のギアパワーを付けて何秒撃ち続けられるかを計測し、「ラストスパート」のギアパワー効果は「インク効率アップ メイン 」何個分の効果かを導き出したいと思います。 また、上記と同様の条件で何秒でインクが回復するかも計測します。 インク回復力の計測の仕方は、インクタンクが「空」からサブウェポンが使用可能となるまでの時間を計測します。 なぜ、サブウェポンの使用可能までかというと、サブウェポンが使用可能になるとインクタンクの上の赤いランプが点灯するので、分かりやすいからです。 要するに正確に計測できるということです。 検証結果 ここで重要なことに気が付きました。 「スタートダッシュ」が「イカ速」「ヒト速」「相手インク影響軽減」の三つなのに、「ラストスパート」が二つだと説明しようとしたのですが、「インク効率アップ(サブ)」の検証が抜け落ちていました。 いずれにしても、「スタートダッシュ」が「ヒト速・イカ速・相手インク影響軽減」のギアパワー各メイン3個分という分かりやすい効果だったのに対して、「ラストスパート」は中途半端なギアパワーの数値です。 恐らく「スタートダッシュ」が30秒キッカリしか効果がないのに対し、「ラストスパート」は延長の時も効果がありますし、ガチホコなどで一気にゴールとなれば数秒しか効果が無い時もあります。 つまり、30秒キッカリではありません。 運営側は残り30カウントを切ってから何秒試合が続くというデータも持っているでしょうから、そこから導き出したギアパワー効果のため、中途半端な数値になったのだと解釈します。 実況検証動画.

次の

ガチエリアでとてもおすすめなギア(ラストスパート)のご紹介【スプラトゥーン2】

ギア ラストスパート

Ver. 0(2018. 25配信) ・効果時間中に、相手を倒したり、仲間が相手を倒したときにそれをアシストしていたりした場合、効果時間が7. 5秒間ずつ延長されるようにしました。 効果上昇値はギアパワー3. 0個分です。 効果時間中にキル・アシストすることで効果時間が7. 5秒間ずつ延長します。 スタートダッシュの使い方 バトル開始からチャンスになる スタートダッシュは機動能力まわりの性能が高まるので、いち早くステージの重要なエリアを確保しにいける、魅力的なギアパワーです。 バトル開始時、速攻で先陣を切るタイプの方には持って来いのギアパワーと言えます。 ガチホコで大活躍 スタートダッシュは、ガチホコでかなり重宝するギアパワーです。 ホコまですぐに到達し割りやすくなるほか、その直後のホコ運搬もスムーズになります。

次の