Zoom 無料。 Zoomでの時間制限を気にすることなく続ける3つの方法とは?

オンライン会議サービス「Zoom」の使い方を解説。無料プランでは何ができるのか?

Zoom 無料

今回は、オンライン会議サービス「 Zoom(ズーム)」の使い方を紹介します(興味のある方は、同様のサービス「」「」「」の解説記事もご覧ください)。 Wherebyはブラウザだけで動作する便利なサービスですが、無料版では接続数は4人(4台)までという制限があります。 一方、 Zoomは100人まで接続できるので、打ち合わせや会議だけでなく、大人数での研修会やウェビナー(ウェブセミナー)にも利用できるのが特徴です。 そもそもZoom(ズーム)とは? Zoomは、パソコンやスマートフォン、タブレットでオンライン会議ができるサービスです。 また、オンラインセミナーやウェビナーでの利用でも注目を集めています。 Zoomの特徴は次のとおりです。 利用開始には 登録と アプリのインストールが必要• 参加者も アプリのインストールが必要( 登録は不要)• 100人まで接続可能• 無料版の時間制限は 40分(1対1など2人以下の会議では24時間)• 有料版の時間制限は 24時間• 画面共有が可能• 録画が可能(無料版では40分まで)• チャット機能あり• スマートフォンなど モバイルでの利用が可能(アプリが必要) 参加者が5人以上や録画が必要な会議は「Zoom」を利用するとよいでしょう。 ただし、無料版では、3人以上の会議や録画機能は 40分という時間制限があるので注意してください。 また、会議の参加には、参加者それぞれのデバイスに アプリをインストールする必要があります。 それでは、Zoomの使い方を解説します。 アカウントの作り方 Zoomのウェブサイトにアクセスし、アカウントを作成しましょう。 アカウントは メールアドレスを登録することで作成できます。 Googleアカウントや Facebookアカウントでのログインも可能です。 サインアップをするとメールが送られてきます。 「 アクティブなアカウント」をクリックするとアカウント情報の登録が始まります。 姓名とパスワードを入力して「 続ける」を押します。 友人や仕事仲間を「 招待」できます。 「 手順をスキップする」で次に進んでもかまいません。 これで、アカウントの作成は終了です。 自分でZoom会議を開催するには? Zoomでのオンライン会議は 自分で開催するか、 誰かに招待してもらう必要があります。 まずは、自分で開催する方法を説明します。 さきほど登録したアカウントで に サインインします。 画面右上「 ミーティングを開催する」の選択肢から「 ビデオはオン」「 ビデオはオフ」「 画面共有のみ」のいずれかを選びます。 特に理由がなければ、「ビデオはオン」でよいでしょう。 Zoomアプリをインストールしていない場合は、インストーラーのダウンロードが開始されます。 ダウンロードしたファイルを起動すると、インストールがはじまります。 すでにアプリをインストール済みの場合は「 zoom. us を開きますか?」と聞かれるので「 zoom. us を開く」を押します。 Zoomアプリが立ち上がります。 「 コンピューターオーディオに参加する」を押すと画面が立ち上がるので、カメラとマイクのチェックを済ませましょう。 Zoom会議への招待 ほかの人を オンライン会議に招待しましょう。 画面下の「 招待」を押したあと、画面左下の「 URLのコピー」を押します。 メールやメッセンジャー、チャットなどでURLを参加者に知らせましょう。 招待されたZoom会議に参加するには? 主催者から送られてきたURLにアクセスすると、 Zoomアプリが立ち上がります。 アプリをインストール済みの場合は「 zoom. us を開きますか?」と聞かれるので「 zoom. us を開く」を押します。 「 コンピューターオーディオに参加する」を押すと画面が立ち上がり、会議に参加できます。 便利な機能:画面共有 Zoomの 画面共有では、画面(デスクトップ)全体の共有はもちろん、開いている ウィンドウやアプリケーションのみを共有できます。 たとえば、Excelで作成中の表だけを画面共有して議論することが可能です。 ホワイトボードでは、線を描いたり、文字を入力したりできます。 内容の保存もできます。 便利な機能:Zoom会議のスケジューリング 数時間後や数日後など、予定が決まっている会議であれば、 スケジューリング機能を使うとよいでしょう。 の「マイアカウント」から「ミーティング」を選び、 「 新しいミーティングをスケジュール」を押します(アプリを立ち上げたときに表示される初期画面の「 スケジュール」でも設定できます)。 タイトル(トピック)、説明文、開始日 時を選択できるほか、さまざまなオプションが選べます。 必要であれば、パスワードも設定できます。 なお、定期的なミーティングの場合は「定期ミーティング」にチェックを入れると、「毎日」「週ごと」「月ごと」などの頻度が選べます。 便利な機能:録画機能 Zoomでは 無料版でも録画機能が利用できます(40分まで)。 画面右下の「 レコーディング」を押すと、動画の録画や音声の録音がはじまり、MP4(ビデオ)形式やM4A(音声)形式で保存できます。 設定画面から、任意のフォルダに変更することもできます。 なお、有料版ではクラウドレコーディング(ローカルではなくZoomのクラウド領域に保存)も利用でき、記録後すぐにURLを共有できるようになります。 ミーティングの終了 画面右下の「 ミーティングの終了」を押せば、ミーティングが終了します。 ちょっと得する小ワザや便利ワザ 次の小ワザや便利ワザを覚えておくと、Zoomをさらに快適に使えるようになります。 アプリ側で設定• 肌をきれいに見せる 「ビデオフィルタ」という美肌機能を使いましょう。 アプリの立ち上げ画面の「 設定(歯車アイコン)」を開き、「 ビデオ」の中の「 ビデオフィルタを適用する」にチェックを入れます。 特に女性で、化粧をせずに参加したい人に効果的です。 マイクのオンとオフを素早く切り替え ミーティング中に、マイクのオンとオフをスペースキーで素早く切り替えられます。 アプリの立ち上げ画面の「 設定(歯車アイコン)」を開き、「 オーディオ」の中の「 スペースキーを長押して、一時的に自分をミュート解除できます」にチェックを入れましょう。 これで、基本的にはマイクをオフにしつつ、自分が話したいときはスペースを押しながら話せばOKです。 標準でビデオとカメラをオフに ミーティングの参加時に、ビデオとカメラをオフにしておきたい場合は、アプリの立ち上げ画面の「 設定(歯車アイコン)」を開き、「 ビデオ」の中の「 ミーティングの参加の際にマイビデオをオフにします」にチェックを入れ、かつ、「 オーディオ」の中の「 ミーティングに参加時、マイクをミュートする」にチェックを入れましょう。 ミーティングの招待URLが探せない ミーティングの招待URLがわかりにくい場合は、アプリの立ち上げ画面の「 設定(歯車アイコン)」を開き、「 一般」の中の「 ミーティングの開始時に招待のURLを自動的にコピー」にチェックを入れましょう。 そうすると、URLがクリップボードに自動的にコピーされるので、すぐに貼り付けられます。 公式サイトにログインし、設定• 参加許可の操作が面倒 ホスト(主催者)が毎回、参加許可の操作をするのが面倒な場合は、 からログインし、左メニューの「 ミーティング」から「 パーソナルミーティング」を開き、「 ミーティングオプション」にある「 待機室を有効にする」のチェックを外しましょう。 次に、左メニューの「 設定」にある「 待機室」をオフにします。 パスワード付きURLを発行したい パスワード付きURL(参加者がパスワードの入力なしで参加できるURL)を発行したい場合は、 からログインし、左メニューの「 設定」の「 ミーティングにて(詳細)」にある「 ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます」をオンにしましょう。 パスワードなしでミーティングをしたい そもそも、パスワードなしでミーティングを開始したい場合は、 からログインし、左メニューの「 ミーティング」から「 パーソナルミーティング」を開き、「 ミーティングパスワードを必要とする」のチェックを外しましょう。 次に、左メニューの「 設定」の「 ミーティングをスケジュールする」にある次の5項目をオフにします。 新しいミーティングをスケジューリングする際にパスワードが求められます• インスタントミーティングに対してパスワードが求められます• パーソナルミーティングID(PMI)に対してパスワードが求められます• ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます• ご自身の責任のもとで行ってください。 チャットの自動保存 チャットの内容を自動で保存したい場合は、 からログインし、左メニューの「 設定」の「 ミーティングにて(基本)」にある「 チャット自動保存」をオンにします。 スマホアプリを使う Zoom会議にスマートフォンやタブレットで参加したい場合、アプリを利用するとよいでしょう。 iOS版とAndroid版が無償で利用できます。 どちらも「 ZOOM Cloud Meetings」という名称です。 スマホアプリの詳しい使い方は、 をご覧ください。 有料版の価格や機能について Zoomには、有料版として「プロ」「ビジネス」「企業」があります。 プロ …… 個人向けの有料プランで、月2,000円• ビジネス …… 中小企業向けの有料プランで、月2,700円• 企業 …… 大企業向けの有料プランで、月2,700円 無料版では40分の時間制限がありますが 長時間の会議を行いたい場合は、有料版の導入を考えてもいいでしょう。 有料版の追加機能としては、次のようなものがあります。 プロ以上• 時間制限の解除(最大24時間)• クラウドエンコーディング機能(クラウドに動画を保存) ビジネス以上• 電話サポート 詳しくは をご覧ください。

次の

Zoomは無料で使える?機能や通話時間など有料版との違いを徹底比較!

Zoom 無料

・Zoomの無料版で利用可能な機能 1. 100人までのホスト参加 2. 1対1のミーティング時間は無制限 3,ミーティング回数の上限が無い 4. ビデオ会議機能 5. Web会議機能 6. セキュリティ機能(SSL暗号化) 以上の機能が全て無料で利用可能となっています。 これだけの機能があれば、小規模のミーティングでは余りあるとの声もあるので、多くの方は 満足できる内容となっています。 無料版では制限もある 自由度が高く多機能なZoomですが、無料版の利用には 制限があります。 例えば、1対1の通話では制限がありませんでしたが、 3人以上のグループミーティングをおこなう際は、「一回の利用時間は上限が40分まで」と制限が決められています。 データ保存に関しても、無料プランはローカル保存のみとなっています。 また、講義やセミナーをおこなう際にも、 上限が100人までとなっているため、利用規模に応じて有料プランへ切り替える必要があります。 ミーティングを開催する環境によっては、無料版では補えない部分も出てくる可能性があります。 無料期間って4月中だけって本当!? Zoomは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国の小中高が臨時休校になっている事から、教育関係者向けにサービスを 無料提供しています。 この教育関係者向けのサービスは4月30日までとなっています。 そのため「Zoomの無料期間が4月で終わる」と勘違いされている方も多いようです。 しかし、 教育者関係者向けのプランは通常の無料版Zoomとは別物となっているため、5月になったからといって無料版が使えなくなるわけではありません。 教育関係者向けに提供された無料サービスは、 通常の無料版よりも機能を拡張して提供されています。 ・1回の会議は最大300人まで参加可能 ・時間制限や回数制限は無い ・遠隔授業用に49人までビデオ画像表示が可能 ・遠隔セミナーでは500人までおこなえる 今後の感染状況次第では、期間を延長する可能性も考えられます。 無料版でまずは動作確認をおこなう 有料版を利用する予定であったとしても、まずは無料版を利用して 動作確認をおこないましょう。 推奨環境以下で利用しようとすると、 正常に動作しない可能性があります。 最大1000人 Proプラン以上のグレードではグループミーティングの時間制限は無料になります。 ローカルでしか保存できなかったファイルをクラウドへ保存が出来るようになります。 (クラウド容量は1GBですが追加可能) ・Businessプラン 中小企業に向けたプランで、最低10ホスト以上の契約が必要です。 Proプランで使える機能に加え、300人まで参加可能な会議を開催でき、更にビジネスユースに便利な機能が追加されています。 ・Enterpriseプラン 中小企業以上に向けられたプランで、最低50ホストの契約が必要です。 Proプラン、Businessプランの機能は全て利用できるほか、クラウドが無制限に利用出来るようになっています。 また、参加人数も500人となっており、Zoomの最上級プランに位置づけされています。 有料版ではどのグレードがいいのか? 有料版Zoomでは、無料版で制限がされていたものに加え、 追加機能が使えるようになります。 グレードは 「Pro」「Business」「Enterprise」の順にアップしていき、上位になるほど利用出来る機能も追加されます。 Proは日本円で2,000円、その他は2,700円と大きな差はありませんが、最低ホスト数が決まっているため、利用する環境に適したプラン選びが必要です。 機能面で選択するのも良いですが、 ビジネスユースでは「何人が利用するのか」をあらかじめ把握しておかなければ、契約プランがオーバースペックになり得ます。 まずは、Proから使用していき、スペックに不足がある場合にグレードアップさせていく事をオススメします。 個人や小規模での利用ならば、Proのスペックがあれば十分です。 無料版と有料版の比較 無料版と各プランの違いが分かりにくい場合は、以下の 表で見比べていきましょう。 Basicプランが無料プランとなっており、 「Pro」「Business」「Enterprise」は有料プランです。 決済を12か月分まとめて支払えば、月払いに比べて少し安くなります。 有料版Zoomの申し込み方法 Zoomにて、有料プランに 申し込む方法をご紹介します。 まずは、Zoomのトップ画面を開き「プランと価格」をタップしましょう。 次にプランの一覧が表示されるので、自身の利用環境に合ったプランを選択しましょう。 利用プランが決まったら、各プラン名の下にある「今すぐ購入」をクリックします。 次の画面では、 「ホストの数」「支払い通貨」「請求回数」の選択をおこないます。 請求回数は年毎の方が少しお得に購入できます。 以上の項目で設定が終わったら、画面下の「続ける」をクリックします。 最後に、 「 住所」や「クレジット番号」など 請求に必要な情報を入力すれば手続完了です。

次の

ZOOM(windows10の日本語版をパソコンで無料ダウンロード、インストール)

Zoom 無料

有償版Zoomの全機能を1カ月ご利用できます Zoom社のサイトでサインアップしてご利用できるのは無料プランのZoomです。 しかし、ビジネス(10名以上)でご利用いただく場合は有償プランの機能の活用をオススメいたします。 弊社の無料トライアルでは、以下の3つのライセンスより有償プランを1カ月トライアルいただけます。 実際に、Zoomを利用する多くの企業様がトライアルにて効果やサポートの確認を得てから導入をしております。 最大1,000名まで会議に参加可能• 画面共有、録画など多様な機能• 招待者はライセンス不要• 管理画面からは利用状況を確認• 会議室で複数人で会議に参加• 高価な専用ハードウェアは不要• 拠点間でも社外でも繋がる• 管理画面からは利用状況を確認• 323対応TV会議システムとZoomを接続• 既存ハードウェアを捨てずに活用• 会議の相手側がH. 323対応TV会議システムを使用したい場合に有効• 管理画面からは利用状況を確認 トライアル開始までとても簡単 わずか3ステップ• 申込みをする 申込みページより必要な情報を入力のうえ、送信ボタンを押してください。 ライセンス付与 使い方レクチャー 弊社よりライセンスを付与します。 また利用方法なども合わせてご説明いたします。 トライアル開始 管理者画面よりZoomトライアル利用メンバーを追加し、最大1か月ご利用いただきます。 トライアル中も弊社がサポートしますので、ご安心ください。 終了後は、トライアルで得られた効果の整理、課題解決をご支援いたします。 また、トライアルで利用したアカウントは本番環境にそのまま引き継げ、スムーズに本番導入いただけます。 まずはお気軽にトライアルのご相談くださいませ。

次の