インド の バイアグラ。 バイアグラのコピー品リスト

未承認薬「カマグラ(KAMAGRA)」について【浜松町第一クリニック】

インド の バイアグラ

どうしてインドでは国際特許が切れていないのにジェネリックが存在するのか?|竹越昭彦院長コラム【浜松町第一クリニック】• インド国内では2005年まで「物質特許」が定められていなかったので、国際特許が残っている医薬品でも2005年以前から製造販売されていた薬に関しては特許の権利を保有している製薬会社に定められた費用を支払えば合法的に発売が可能になってしまっていることが理由の一つとしてあげられます。 しかし一番の理由は、国際的には非合法とも取れるインド製のジェネリックが、実は発展途上国にとっては必要不可欠だからなのです。 世界の後発薬(ジェネリック医薬品)の約20%をインドが生産していると言われており、インド製ジェネリック医薬品が世界的に急速に拡大している経緯について以下で詳しくご説明致します。 製法のみを特許対象としたインドの「1970年特許法」 インドでは、医薬品特許に関して世界的に異例な制度を取ってきました。 世界各国では、研究開発した医薬品の有効成分自体に特許を与える「物質特許」とその有効成分となる新たな物質を作る方法へ与える「製法特許」、既知の物質をまったく新たな方法で使う「用途特許」を特許権として認めています。 これによって他の会社が同じ薬を作れないよう特許権期間を設け、多額な費用をかけて薬の有効成分を開発した会社が、一定期間独占的に薬を販売することで研究開発に要した費用を十分に回収できるような制度を取っています。 しかし、インドでは医薬品については「物質特許」を認めないという1970年特許法を成立させました。 これによって、インド国内の製薬会社は、先進国の製薬会社が開発した薬の有効成分を、違う独自の製法で製造すれば、海外の製薬会社がインド国内で取得している製法特許権を回避でき、インド国内では合法で医薬品製造をすることが出来ました。 これは、米国や欧州などの先進国の製薬会社が販売する高額な薬を輸入する形とすると、インド国民が病気であるにも関わらず、薬の費用が高すぎるため治療に使えないという事態を防ぐための国として自国民を守るための手段でした。 そのような事情から、インドでは世界的に利用されている医薬品の有効成分を様々な方法で製造する「製法技術」が他国と比較して先行して開発され、インドの後発医薬品産業の急成長の足掛かりとなっています。 WTO加盟によってインドでも「物質特許」を導入 1995年にWTO(世界貿易機関:World Trade Organization)が設立され、インドも設立当初の1995年1月1日から加盟することで、WTO加盟国に課されるTRIPS協定(特許等の知的財産権についての協定)を遵守することが義務付けられました。 猶予期限が切れる10年後の2005年に、インド国内の法律を改正し、農業、食品と化学反応生成物と共に、医薬品へも「物質特許制度」が導入されました。 しかし、特許について諸外国とは異なり、特異的な条項が盛り込まれています。 その中でも、「既知の物質について何らかの新規な形態の単なる発見であって当該物質の既知の効能の増大にならないもの、または既知の物質、の新規特性もしくは新規用途の単なる発見」については、特許として認めない「拒絶理由」としています。 つまり、すでに知られている物質を少し変化させたものや結晶の形を変更したもの、すでに発見されている物質の新たな使い方(用途特許)は特許としては認めず、現在知られていないまったく新しい物質を発見した場合のみ物質特許とするということです。 これによって、先進国の製薬会社で研究されている既存物質の形態を少し変えて新規物質とする特許がインドでは認められず、物質特許が導入された現在も、インド国内で海外の製薬会社が特許を取得できず、インドの製薬会社がジェネリック医薬品をインド国内で合法的に作りやすい状態が続いています。 インド国内の低所得者層の医薬品アクセスの確保 13億人以上の人口を抱えるインドでは、低所得者層でも医薬品を手にできるような体制を整える必要があり、安価な医薬品を必要としています。 そのためには、先進国の製薬会社から医薬品を輸入すると非常に薬の価格が高価となってしまいます。 インド国内の製薬会社が薬を製造できる状況を作るために、国の政策として、上記のような製薬会社の特許を認めないことで可能にしています。 国境なき医師団の安価なインド製ジェネリック医薬品の利用 安価なジェネリック医薬品を必要としているのは、インド国内の低所得者だけではありません。 貧困に直面している、アフリカなどをはじめとする発展途上国では、インド国内の低所得者同様に先進国の製薬会社が販売している薬を購入することが費用面から難しく、インドの製薬会社で作られている安価なジェネリック医薬品に頼っています。 インドの製薬会社が製造しているジェネリック医薬品の供給がストップすると、インド国内の低所得者に限らず数多くの国々の薬代を支払えない人々が、既に世の中で薬が開発されているにも関わらず、費用面によってその薬が利用できず治療できないという矛盾が生じるのです。 その象徴となるのが【】です。 名前を聞いたことがあるかもしれませんが、紛争や自然災害の被害者や貧困の多い国にて、病気やケガをしても治療費が支払えず満足な医療が受けられない人のために活動をしている非営利団体です。 発展途上国で問題になっているHIVも【国境なき医師団】にとっては治療の対象です。 しかし、この治療薬を先進国と同じ製薬メーカーのものを使用すると、何しろ高額すぎて非営利団体の財政ではとても賄いきれないのでインドのジェネリックに頼らざるを得ないのです。 HIV治療薬に限らず他の抗生物質など一般的な医薬品なども、【国境なき医師団】が使用する薬のほとんどはインドのジェネリックという状況です。 このような理由により、インドで物質特許が認められた2005年以降に製造販売されたジェネリックに関しても、慈善事業が絡んでいるのと、地元インド国内の製薬会社からの反発も大きいため、先発メーカーが泣き寝入りするしかない状況が今でも続いているのです。 インドでは、このような事情が、特異的な特許体制をとっている理由のひとつと言え、先進国で特許が有効な期間にも関わらずインド国内の製薬会社によって製造されたインド製のジェネリック医薬品が世の中に存在している理由です。 インド製ジェネリック医薬品の安全性 インド国内の製薬会社が製造した医薬品については、一定の信頼性があり、直ちに危険ではないと思います。 一方で、日本やアメリカのような先進国の製造管理レベルまでには達していないこともあり、インド製のジェネリック医薬品で小さなガラス片の混入やデータの改ざん等の不備が米国FDAの検査によって見つかり、非承認とされるケースが目立っています。 製造技術も進歩しているとは言え、インドの製薬会社によって品質のばらつきがあり、日本や米国のような安定した技術とまではいえません。 日本国内で、インド製のジェネリック医薬品を入手することは危険です。 インド製ジェネリックと称したまったくの偽造薬が流通しており、インドの製薬会社が製造した医薬品かどうか判別することは不可能で、偽造薬であった場合には、大きな健康被害の危険性が潜んでいます。 厚生労働省も、日本国内で医薬品医療機器等法に基づいて品質・有効性及び安全性の確認がされていない海外医薬品について、強く注意喚起をしています。 一般の個人が海外医薬品を輸入できる「個人輸入制度」を設けている理由は、外国で受けていた治療を日本国内でも継続する必要がある場合や、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合などへの配慮によるものとしています。 一般の方の自己判断で使用するための医薬品等の個人輸入については、メリットよりも危険性 リスク のほうが大きく、「外国製品によって不利益を被るのは、それを購入・使用するあなた自身や、あなたの家族であることに留意して下さい。 」と日本国内で未承認の医薬品を安易に使用することに警鐘を鳴らしています。 日本国内でも、厚生労働省に認可された「ジェネリック医薬品」の販売が開始されており、個人輸入で購入することが手数料や海外からの配送料を含めると安いとは言えなくなってきました。 もし安いものがあり、少しの費用を節約できたとしても、効果がないばかりか、大きな健康被害を受けては悔やむに悔やみきれません。 [PDF形式:1,116KB]• [PDF形式:358KB]• 本来、厚労省から認可を得た医薬品を適正に使用していたにも関わらず副作用等により重篤な健康被害を生じた場合、治療費を給付してくれる公的な制度であるの適用となりますが海外から個人輸入した医薬品に対しては対象外となることも付け加えておきます。 令和元年11月.

次の

【ランキング】バイアグラジェネリックのおすすめ10選!国産とインド産はどっちがいい?

インド の バイアグラ

バイスマとは バイスマは バイアグラのジェネリック(後発医薬品)です。 そのためバイアグラと同じ シルデナフィルと呼ばれる化学成分が主成分です。 バイスマはインドに拠点を構え、 2013年に創業したばかりのスマート社が製造販売を行っています。 残念ながらスマート社の公式ホームページは見つけることができませんでした。 バイスマの特徴はED大国としても知られている日本をターゲットにした製品です。 インド製ジェネリックED治療薬には珍しく、パッケージに日本語が使われています。 日本向けに製造されているからといって 日本で認可を受けているわけではありません。 バイスマは日本国内では未認可の薬であるため、泌尿器科やメンズクリニックでは基本的に処方される事はありません。 そのためネット通販での購入が主な入手方法です。 先発医薬品のバイアグラと基本的には効果効能は変わりません。 一番の違いは値段です。 バイアグラのおよそ3分の1程度で購入できるので、お財布にはやさしいです。 今回はネットでしか購入が出来ないバイスマの効果や副作用、利用者の口コミ等をもとに、信頼出来る製品なのかを徹底調査しました。 主な効果効能と作用 バイスマはED治療薬であるため、主な効果は勃起力向上やED改善です。 バイアグラのジェネリック医薬品なので、当然と言えば当然でしょう。 バイスマを服用することで勃起し易くなるのは、有効成分の シルデナフィルの効果で血流が促進される事が原因です。 シルデナフィルは血管の伸縮性を低下させる PDE-5と呼ばれる酵素の働きを阻害する作用があります。 この作用の影響で、血管の伸縮性が向上し、結果的に血流が促進されます。 この状態で脳が性的な刺激を感知し、勃起させるための信号を体に送る事で、普段よりも大量の血液をペニスに送る事が出来るようになるのです。 この作用はバイスマに限らずほとんどのED治療薬に使われているメカニズムです。 つまりバイスマをはじめとするED治療薬は血液の循環機能を一時的に高める事で、 勃起し易い状態を作るための薬です。 無理やり勃起させるための医薬品ではありません。 バイスマに含まれるシルデナフィルと呼ばれる成分は実は勃起力向上やED治療以外の効果も確認されています。 代表的な効果としてはテストステロン量向上 やアンチエイジング などが確認されています。 しかしこれらはバイスマ本来の目的とは異なるため、ED治療以外の目的での利用は推奨されていません。 しかしシアリスは れっきとした医薬品です。 誤った飲み方をする事で、効果の低下や副作用の発生につながる危険性もあります。 正しい飲み方をするうえで理解すべき4つのポイントを紹介します。 服用は行為の1時間前 バイスマは効果が発揮されるまで、 最低でも30分程度はかかります。 人によっては1時間程度かかることも。 そのため少なくとも、余裕を持って1時間前には服用するようにしましょう。 バイスマの 効果持続時間は4時間〜6時間程度です。 逆に早く飲み過ぎてしまうと、イザというときにすでに効果が切れてしまう場合もあります。 24時間は再度飲んではいけない バイスマは連続で飲んではいけません。 用量にかかわらず 1度服用したら最低24時間は空けてから服用してください。 連続で服用することで、血中の シルデナフィルの濃度が高い状態を維持してしまうため、体に負担がかかります。 よくやってしまうのが、効果がないからと追加で服用してしまうこと。 追加で飲んでも効果がでる確率が高くなるわけではありません。 一方で副作用が発生する可能性は高くなります。 食事やお酒には注意 バイスマの有効成分であるシルデナフィルは 食事の影響を強く受ける薬です。 しっかりと効果を実感するためには、食事の前に服用してください。 シルデナフィルは腸内で吸収されます。 食後、 腸の壁面には食べたものからの油の膜ができてしまいます。 そのため、シルデナフィルが吸収されなくなってしまうのです。 またお酒の飲み過ぎも薬の効果を低下させてしまいます。 アルコールは脳の中枢神経を麻痺させる効果があります。 そのため飲み過ぎると性的な興奮を感じても、その刺激を勃起させるための信号に変換できなくなる場合があるのです。 グレープフルーツとは相性が悪い 意外かもしれませんが、バイスマを飲むときにはグレープフルーツジュースを飲んではいけません。 グレープフルーツに含まれる酵素がシルデナフィルの吸収率を高めてしまうため、バイスマの効果を意図しないレベルで高めてしまうことがあります。 効果が高まると言われるといいことのように感じてしまいますが、想定されているよりも多くの有効成分を血中内にいれてしまうことで、副作用のリスクも高まるのです。 想定される副作用とリスク バイスマをはじめとするシルデナフィル系のED治療薬は比較的副作用の発生頻度が高い医薬品です。 ED治療の専門クリニックである浜松第一クリニックによると、バイアグラの 副作用発生率は90%以上とのことです。 ただし基本的にはバイスマの服用によって生じる副作用は軽度なものばかりです。 頭痛や吐き気、めまいや顔のほてりが発生頻度の高い副作用です。 いずれも軽い症状が多く、服用後数時間程度で収まるケースがほとんどです。 シルデナフィルの安全性を調査した研究では、最長4年間の追跡調査を行いましたが、服用量を変更もしくは服用をストップするレベルの 深刻な副作用の発生は3. 7%だったそうです。 基本的には安全性の高いバイスマですが、副作用が次の日まで続いたり以上に強かったりする場合には、すぐに内科医へ相談することをおすすめします。 しかし製造しているのは謎のインドの製薬会社です。 本当に効果はあるのかが心配です。 そこで実際の利用者の口コミや感想を徹底してみました。 アツ さん(34歳) バイアグラ使ってたのですが、こっちにしました。 やっぱり毎回使うとお財布が…。 でも、バイスマなら、価格抑えられるし、効果はバイアグラと変わらないし、いいことだらけです。 一回使ってからずっとEDの薬使っちゃいます。 もちろんリピートです!(引用:お薬なび) バイスマを購入するユーザーは20代から60代までとかなり幅があり、バイアグラを使っていたが 値段も使いやすいバイスマに変更したというユーザーが多いようです。 テム さん(35歳) 2年位前からEDの気配があり、最後の希望で試しました 1時間で2回戦できて、相手も満足してくれました 色々なタイプのED治療薬を試しましたが1番硬さを実感できます 私の場合どの治療薬も同じですが、顔が火照ってしまい、目が充血っぽくなります また食事のタイミングを逆算しなくてはならないのが難点かなと思います が、あの硬さを手に入れられるのだから仕方がないのかなと割りきって愛用しています(引用:お薬なび) 勃起力向上効果は実感できるが、 食事の時間を考えて服用しなければいけないのを面倒に感じているようです。 食事のタイミングが気になるようであれば、影響を受けにくいシアリス系のED治療薬が良いでしょう。 ムー さん(23歳) 100mgを購入し、ED薬が初めてだったので半錠の50mgを摂取しました。 40分くらいしてから目の充血と動悸が始まり、性欲の意思とともにモノがそそり立ちました、一回目が終わったのにもかかわらず、勃起が収まらずちょっと怖くなりました笑。 まだ一回の服用しか試してはいませんが副作用が結構気になりました、今度は服用量を25mg(半錠の半錠)で試してみようと思います。 (服用量によって副作用も比例するのかはわかりませんが、、、) これから初めて服用する方は25mgを試してからの方がいいかもしれません。 (引用:お薬なび) 50mgを服用したところ副作用を感じたとのことです。 副作用が心配な場合は まずは半分にカットして服用するのがおすすめです。 がんちゃん さん(38歳) かなり期待して服用しましたが、1時間しても勃起せず。 ちーん。 やはり暴飲暴食の せいてしょうか?バイアグラって食事ダメなんですっけ?うーん。 やっぱりシアリス にしたほうがよかったのかな。 腹減った時に飲んだら効き目ちがうもんですか?(引用:お薬なび) 効果の満足度は比較的高いバイスマですが、やはりシルデナフィル系のED治療薬は 食事の影響を受けやすいようです。 食事のタイミングを気にするのが面倒くさい場合は シアリス系のED治療薬がおすすめです。 食事の影響を受けにくく、効果の持続時間が長いのがシアリス(タダラフィル)系の薬の特徴です。 そのため入手する 唯一の方法は通販(個人輸入代行サイト)になります。 個人輸入代行サイトはたくさんありますが、これらのサイトの形態はあくまで自分で輸入するのを手伝ってくれるというものです。 つまり 偽物や不良品が届いても全ては自己責任になります。 どのような方法でも日本では未認可の医薬品の利用は非正規ルートでの入手になります。 個人輸入代行サイトはいくつかあります。 サイトによって当然バイスマの価格は異なります。 そこで個人輸入を代行してくれる大手通販サイト5箇所(お薬ナビ、ベストケンコー、メデマート、薬の通販オンライン、オオサカ堂)の販売価格を調査してみました。 最安では 一錠当たり315円です。 ここでも最安はお薬なびですね。 一錠315円ですが、4分の1までカットして服用することを考えると、約80円となります。 偽物が届く可能性 バイスマをはじめとした医薬品を国外から個人輸入する場合に、気になるのは本物が送られてくるのかどうかや安全性はどうなのかというポイントではないでしょうか。 厚生労働省は、 医薬品の個人輸入は偽物が含まれている可能性があるため十分に気をつけるべきであると警告しています。 人体に有害であると認められた物質が含まれていた薬のリストを公表しているほどです。 バイスマはこれらのリストには含まれていないため、 過度に警戒する必要はありません。 しかし未認可の薬を個人輸入代行サイトで購入するため、何があってもおかしくはありません。 今のところバイスマ利用者の口コミに偽物や危険な副作用発生のコメントはありませんが、リスクがある事は理解しましょう。 副作用の発生リスクを出来る限り抑えるためにも、 最初はピルカッターで半分や4分の1にして飲んでみて、異常が発生しないか確認しながら、徐々に用量を増やしていくことをおすすめします。 効果がないと感じるケース4つ 1990年代前半に開発されていから、数多くの実験でEDの改善効果が証明されたシルデナフィルを配合しているバイスマ。 しかし中には効果を感じられない場合もあります。 効果を実感出来ない代表的な4つのケースを紹介します。 服用のタイミングが悪い バイスマに限らずED治療薬の効果を感じられない一番の原因は服用の タイミングを間違えているケースです。 服用の最適ななタイミングは実はED治療薬の種類によって異なるのです。 バイスマの場合はシルデナフィル系の薬なので、 行為の1時間前に飲むと良いでしょう。 食事やお酒の影響 バイスマは食事の影響を強く受ける医薬品です。 女性と食事に行くと、楽しくなってしまっていつもより飲んでしまったり食べてしまったりしがちなのは理解できますが、バイスマを飲む予定があるのであれば、グッとこらえてください。 もしくは 油の少ないさっぱりとした食事を取るようにしましょう。 偽物のバイスマ 購入したバイスマがそもそも偽物の可能性もゼロではありません。 通販で購入した医薬品が偽物である場合には2パターンあります。 1つが記載されているものとは 別の医薬品が含まれている場合です。 例えばシルデナフィル100mgと書かれているのに、実は150mg入っている場合や、早漏防止のダポキセチンが含まれている場合などがこのパターンです。 もう一つがそもそも 医薬品の成分が含まれていない場合です。 普通のビタミン剤であるということもまれにあるようです。 ビタミン剤では勃起力は上がりませんから、効かないのも当然です。 日頃の生活習慣による体質 バイスマは勃起させる薬ではなく、血流を促進する事で勃起し易くさせる作用しかありません。 つまり日頃の食生活や加齢、運動不足等の影響で 血液の循環機能が低下している場合は効果が発揮されない場合があります。 またED治療薬には 性欲を高めたり、 ムラムラさせる効果や 心因性の勃起不全を改善する 効果はありません。 あくまでも血流を促進する事が目的の医薬品なのです。 【まとめ】ED治療薬以外にも目を向ける バイスマはインドのスマート社が製造販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。 配合されている 成分はバイアグラと同じシルデナフィルであるため、勃起力の向上効果が期待できます。 しかしバイスマに限らずバイアグラやシアリス等はれっきとした医薬品で、 副作用の危険性も十分にあります。 主な目的は一時的な血流促進による勃起力向上です。 若いころのようなギンギンの精力や性欲など性機能を体質レベルで取り戻したい場合は、 ED治療薬は最適とは言えません。 個人的なおすすめは非医薬品の 精力剤の利用です。 1カ月程度継続するだけで明らかな違いを実感する事が出来ます。 また生活習慣を見直して、定期的な運動や健康的な食生活を心掛ける事も重要です。

次の

世界各国のジェネリックバイアグラ

インド の バイアグラ

「ジェネリックとは何か?」から始めよう ED治療薬の1つのジャンルとして覚えておきたいのがインド製のジェネリック薬品。 バイアグラ、レビトラ、シアリス以外の「第4の選択肢」として注目したいところなのですが、まずはジェネリック薬品とは何か、というところから学んでいきましょう。 新しい医薬品の開発には膨大な研究費が必要になります。 それだけの費用をつぎ込んだ分、製薬会社としては開発した薬の特許を守りたいと考えるところ。 ですから、新薬が登場してからしばらくの間は、その薬に関する特許権が認められます。 ですが、時間が経過することで特許は期限が切れてしまいます。 そうした特許期限の切れた薬がジェネリック薬品。 新薬は研究開発に投じた費用も乗せて料金を決めていますが、インド製のジェネリック薬品にはその必要がありません。 その分、一般の薬よりもお安く作ることができますから、割安で同じだけの効果を持った薬を入手することができるのです。 なぜインドではジェネリックが認められたのか ED治療薬のジェネリック薬品はインドでは製造されていますが、世界的に見ると多くの国では特許の期限は有効なまま。 それではなぜインド製ジェネリック薬品だけが認められているのでしょうか。 それはインド国内だけ、特許の期限設定が世界標準とは違い、短く設定されているため。 既にインド国内では特許の有効期限が切れているわけですから、インド製ジェネリック薬品は違法にはならないのです。 ちなみに、日本でバイアグラの特許が切れるのは2013年以降のことになります。 それまでは日本国内でジェネリック薬品は禁じられていますので、個人輸入であっても手を出さないことが肝要なのです。 偽造品も出回っているので…。 インド製のジェネリックにはどのような種類が? さて、インド製のジェネリック薬品についていろいろと説明してきましたが、実際のところ、どのような商品が登場してきているのでしょうか。 代表的なところでは、「カマグラ」「ペネグラ」「タダリス」「カベルタ」「シラグラ」などの名前を挙げることができます。 製品名にこそ違いはあれ、その中身はバイアグラと一緒。 コピー版バイアグラと言っても構わないでしょう。 バイアグラと同様に、偽造品が出回っているという怖さはありますが、インド製ジェネリックでもバイアグラと同等の効果を見込むことができます。 怪しい類似品に手を出すよりは正規のインド製ジェネリックの方がはるかに安心できるわけです。

次の