エクオール副作用乳がん。 【NHKでも紹介】エクオールのサプリによる更年期の効果と副作用

【エクオールサプリの副作用】更年期サプリメントの副作用と安全性を解説します!

エクオール副作用乳がん

Contents• タモキシフェン服用中のエクオール• 薬を服用中あるいは通院中の方はご使用前に医師にご相談ください。 気になる婦人科疾患・乳腺疾患がある方は、ご使用前にかかりつけの医師にご相談ください。 エクエルもエクオール+ラクトビオン酸も、メーカーの公式サイトを見るとこのように記載があります。 サプリメントは食品なので『基本的には』投薬中に飲んでも問題ないのですが、やはり医師に相談すべきです。 身内が主治医に相談したところ、 「イソフラボンが良いとわかっているので、豆腐やお味噌汁などの大豆製品は積極的に食べてください。 」 「でも、サプリメントで大量に摂るのは、やめておいてくださいね。 」 ということでした。 スーパードクターはエクオールOKと しかし、のスーパードクター・田澤先生はエクオールについて、患者さんからの質問に対し、次のように回答されています。 私は乳癌患者さんの「安全なエストロゲン欠乏症状の緩和」として期待していますが、(上記のことを知らない、興味が無い)乳腺外科医からは「止めなさい」と言われるかもしれません。 「エクオールを服用しては支障あるカテゴリーの乳ガン患者というものはあるのでしょうか。 田澤先生の回答より抜粋 にもエクオールについて書かれています。 スーパードクターの回答と主治医の意見が違っていますが、これはどうしてなのでしょう? さらに調べると、日本乳癌学会でこのような記載を見つけました。 大豆イソフラボンの摂取で乳がん再発リスクが低くなる可能性があります。 しかし,再発リスクを下げる目的でイソフラボンをサプリメントの形で多量に摂取することは,効果と安全性が証明されていませんので勧められません。 通常の大豆食品から摂取するように心がけましょう。 より 再発リスクを下げるため多量にはNG 主治医の意見は、ガイドラインに沿ったものだと思われます。 しかし、• 「エストロゲン欠乏症状の緩和」のために適量を摂る• 「再発リスクを下げる目的で 多量に摂取する」 この二つを同列に扱うのは少し違うと思うのです。 エクオールのサプリメントは、イソフラボンの1日量として、厚生労働省が勧める摂取量以下に設定されています。 きちんと飲み方を守れば、「多量に摂取する」には該当しないのではないでしょうか。 もし、エクオールを飲んでみようと思ったら… をおすすめします。 プラセンタはどうだろう? 髪や肌のために、お味噌汁だけでは心許ないので、プラセンタのサプリメントを検討しました。 いろいろな健康効果があり、美容にも良いと話題ですね。 プラセンタ療法を取り入れている婦人科クリニックも多いです。 しかし、プラセンタ=胎盤 です。 なんだか女性ホルモンがブリブリ入ってそうな予感がしますが、どうなのでしょう。 日本産婦人科学会のホルモン補充療法ガイドライン に、プラセンタについて次のような記載があります。 1956年に発売された1種類の皮下注射製剤に更年期障害に対する保険適用がある。 更年期障害に対する保険適用があるが、プラセンタはホルモン補充療法の代用とはならない。 プラセンタ製剤にはホルモン作用がない。 重篤な有害事象は報告されていない。 1956年発売とは…けっこう古くから使われていますね。 それだけ昔から使われていて重篤な有害事象の報告がないのだから、プラセンタは安全だといえるでしょう。 しかも、 プラセンタにはホルモン作用がなく、ホルモン補充療法の代用にはならないと、バッサリですね。 さらに、サプリメントのプラセンタ(飲むタイプ)と、更年期障害によく使われる漢方薬「当帰芍薬散]を比較した試験では、プラセンタの摂取により簡易更年期指数の点数が改善したという報告があります。 ホルモン作用はないけれど、更年期障害は改善するということですね。 同じく更年期症状に使われるも、かつては女性ホルモン作用があると思われていたのが、最近の研究ではホルモン作用はなく中枢性に作用することがわかっています。 更年期症状に効果があるからといって、女性ホルモン作用があると決めつけてはダメですね。 プラセンタと乳がんの関係は? 先ほどの話は医薬品(注射薬)のプラセンタですが、もちろんサプリメントのプラセンタにも品質の基準があり、ホルモンは含まれません。 サプリメントは食品なので、医薬品に比べるとさらにマイルドで安全といえるでしょう。 しかし、プラセンタで乳がんのリスクが高まる?という情報も目にします。 これは誤解が口コミとして広まっているようです。 前述の乳がんプラザの田澤先生は、次のように明確に回答されています。 乳がんで確実にリスク因子となるのは「喫煙とアルコール」だけであり、そこに(閉経後の場合)「脂肪摂取とその結果起こる肥満」があります。 それ以外は全く問題ありません。 もしプラセンタが乳がんに関係するなら、注意喚起されているはずですが、プラセンタに関する記述は見当たりませんでした。 プラセンタのメーカー(製薬会社)に聞く 念には念を入れ、プラセンタのメーカーに問い合わせました。 プラセンタのサプリメントはたくさんありますが、その中で、製薬会社から出ているものを見つけました。 サン・クラルテ製薬という製薬会社が開発した製品です。 吸収されやすくナノ化処理された国産馬プラセンタに、ヒアルロン酸産生乳酸菌、プロテオグリカン、セラミド、コラーゲンなど、肌や髪に必要な成分が入っています。 一番の悩みである、ホルモン療法(タモキシフェン)による髪や肌の衰え、老け込みに良さそうです。 さて、「乳がんで治療中なのですが…」という問い合わせに対する回答ですが、 「食品ですので、まったく問題なくお使いいただけます。 」 とのことでした。 さらに、「同様のお問合せを多くいただきますよ。 実際、同じ状況で利用している方も大勢いらっしゃるようです。 安心しました。 抗エストロゲン薬 タモキシフェンについて (製品名はノルバデックス、タスオミン、フェノルルン、エマルック、アドパンなどいろいろ) タモキシフェンは、乳腺組織に対してエストロゲンのアンタゴニストだが、骨組織、子宮内膜、脂質代謝に対してはアゴニストとして作用する。 タモキシフェンは、肝臓のシトクロームCYP2D6で代謝されて効果を発揮する。 遺伝子タイプによって、このCYP2D6の代謝機能が低いorない人がいて、その人はタモキシフェンの効果が低い。 ホットフラッシュに用いられるパロキセチン(抗うつ剤)は、CYP2D6を阻害するので、パロキセチン投与で乳がんによる死亡リスクが上昇するという報告がある。 なので、タモキシフェンによるエストロゲン欠乏症状(ホットフラッシュや落ち込み)には、パロキセチンは使えない。 安全なエストロゲン欠乏症状への対策として、エクオールが期待される。

次の

テーマ

エクオール副作用乳がん

エクオールとは エクオールとイソフラボンの関係 多くの方が知っている通り、「大豆」には「イソフラボン」が含まれていますよね。 この「イソフラボン」は、「女性化」を進める「女性ホルモン」である「エストロゲン」の構造に類似していることから、適量の「イソフラボン成分摂取量」を維持しているほど、「骨粗しょう症予防」「脳梗塞・心筋梗塞予防」「更年期障害・症状改善」「乳癌・乳がん予防」への効果があるとの研究報告が「厚生労働省」によって発表されています。 この上記2つのパターンに分類されるのは、「腸内フローラ」が大きく関係してきます。 私たちの身体における「大腸」には、数多くの「腸内細菌」が存在していますが、そのうちのひとつとして「イソフラボン」を「エクオール」へと変換させる「エクオール産生菌」というものが発見され、この「エクオール産生菌」がいかにして働きかけるかが「エクオール」を「増量」するには、重要だということなのです。 その詳細については明らかになっていないのですが、「食生活の変化」にカギがあり、「10~20代」の方は、「大豆イソフラボン」の「摂取量」が少ないことがひとつの要因として考えられています。 「エクオール」の「産生率」が高ければ、多くの若い女性の方が気にしている「育乳・バストアップ」の効果へもつながりますので、美容健康両面において「エクオール」を摂取することがおすすめです。 画像出典:40代以上の女性と健康を支える「エクオール特集」 エクオールを増やすためには 日本で「エクオール」の「産生率」の高い「60代」の方は、「腸内細菌」を増やす力となる「食物繊維」を確実に摂取しています。 つまり、以下のような「食物繊維」を含む食品を日々の食事に取り入れることで「エクオール」の「産生率」を向上させ、「腸内環境」をしっかりと整えてくれるということなのです。 ただし、一時的ではなく、毎日続けていけるかどうかが重要になってきますから、そのことを念頭に置きながら「栄養バランス」のとれた「食生活」を送るのはもちろんのこと、適度の「睡眠時間」「運動量」の確保にも努めていきましょう。 【食物繊維が豊富な食品】• 大豆製品 納豆・豆乳・豆腐など• きのこ• 根菜 にんじん・玉ねぎ・大根・じゃがいもなど• ヨーグルト• 画像出典: つまり、「エクオール」の「産生率」が低いほど、以下のような症状が重く、「体内」に「エクオール」を蓄えることが「更年期障害・症状」の改善には重要となってくるということです。 【エクオール産生率の低い場合に見られる更年期障害・症状】• 不眠症• 顔がほてる• 冷え性 手足などの冷えが気になる• のぼせる• 首・肩凝り• 倦怠感• 脂質異常症• 骨密度の低下 骨粗しょう症の恐れ• 糖尿病リスクがある また、以下のような自覚症状がある場合は、「更年期障害・症状」の恐れが考えられますので、「エクオール」をしっかりと摂取して、改善させていきましょう。 めまい・耳鳴り・ふらつきが起こる• 顔がほてる・のぼせる ホットフラッシュ• 大量に汗をかく• 動悸・乳房の痛みがある• 頭痛がある• 不正出血がある• 過剰な生理痛・生理不順 月経不順 がある• 手足が冷える・しびれる• 手足などがむくむ• 不眠症である• 疲労を感じやすい• 妙に喉・口内が渇く• 倦怠感がある• 食欲不振気味• 薄毛・抜け毛に悩んでいる• 吐き気がある• 情緒不安定になりやすい イライラ・落ち込みなど• 物忘れの悪化• 血圧が高め• 若いうちでも「血液中」の「エストロゲン」「プロゲステロン」の量が減少すれば、「卵胞数」も不安定になり、「生理不順」が起こることが考えられますが、「エクオール」を取り入れることで「エストロゲン」の代役を果たしてくれるため、「生理不順改善」「生理正常再開」への効果効能が得られるようになるのです。 画像出典: シミシワ改善・美白効果 「エクオール」には、強い「抗酸化作用」や「コラーゲン生成・エラスチン結合作用」があるため、「皮膚・肌」への「保湿」がしっかりとなされることから、「シミ」「シワ」を改善させる他、「美白」への効果効能が期待できます。 「骨粗しょう症」を患う危険性が高くなります。 「エストロゲン」には、「血管壁」の「柔軟性」を保持する性質があることから、「骨密度」を「UP」させることができ、「骨粗しょう症予防・改善」を可能にしてくれるのですが、臨床試験結果によると、「エクオール」の「産生率」が高い方においては、より良好な効果効能が得られるということが明らかになりました。 画像出典: メタボリックシンドローム予防 「メタボリックシンドローム」は、「高血圧」「脂質異常症 高LDLコレステロール 」「高血圧」の他、「太った・太る」という「肥満」によって発症し、「動脈硬化」のリスクが生まれますが、「女性」の場合は、「更年期以降」の「女性ホルモン減少期」に起こりやすくなります。 「エクオール」は、「HbA1c 糖尿病・動脈硬化リスクの指針となる 」「LDLコレステロール減少」へと良好な効果をもたらすことから、「メタボリックシンドローム予防」の効果効能があるということになるのです。 つまり、適量の「エクオール」が体内で確保されていれば、「必要以上に太った・太る」ということも軽減され、結果として「痩せた」ということにつながっていくでしょう。 画像出典: 脱毛改善・発毛効果 比較的多くの「男性」が悩まれている「薄毛・脱毛」には、「男性ホルモン」である「アンドロゲン」が過剰に働きかけていることが大きく影響しているのですが、「エクオール」には「抗アンドロゲン・アンドロゲン抑制作用」が存在するため、「脱毛改善・発毛」への効果効能が発揮されます。 画像出典: 不妊・不妊治療効果 「女性」の体内では、「30代」を過ぎると徐々に「エストロゲン」の「分泌量」が減少していきますから、「不妊治療に取り組んでいる」「着床しづらい」「女性ホルモンバランスが乱れている」という方の中には、「エストロゲン」の問題が生じているのかもしれません。 「エクオール」には「エストロゲン」の代役を果たしてくれるという大きな働きがありますので、「エクオール」の「産生率」を上げることで、「妊娠・着床しやすい環境」をつくることへとつながり、「不妊・不妊治療」への効果効能が発揮されることが期待できます。 画像出典: 前立腺癌・前立腺がん予防 「前立腺癌・前立腺がん」には、「男性ホルモン」である「アンドロゲン」が過剰に働きかけていることが大きく影響しているのですが、「エクオール」には「抗アンドロゲン・アンドロゲン抑制作用」が存在するため、「前立腺癌・前立腺がん予防」への効果効能が発揮されます。 また、「乳腺症」「子宮内膜症」「子宮筋腫」などの、「女性ホルモン」が大きく関係してくる「疾患」に対しても、「エクオール」の「産生率」を上げ、しっかりと「腸内環境」や「ホルモンバランス」を整えてあげることで、そのリスクを軽減させることにもつながっていくでしょう。 エストロゲンには乳腺を刺激し、活性化してくれる役割があります。 乳腺が発達すれば乳が大きなリバストアップ・育乳効果が期待できるでしょう。 エクオールの安全性・副作用 前述してきたように、「エクオール」には「女性ホルモン」のバランスをしっかりと整えて身体への良好な効果効能をもたらしてくれるものの、「過剰摂取」を続けると、それは逆効果の「副作用」となって現れてしまいかねません。 現に、「過剰摂取」を続けた閉経後のイタリア人女性が、「5年間」に及んで「1日150mg」の「イソフラボン」を摂取した結果、「子宮内膜症」の危険性が高まってしまったという副作用の報告がなされています。 日本国内の「内閣府・食品安全委員会」では、「イソフラボン」における「食品としての1日における摂取量」は「~30mgまで」と「基準値」を設定していますので、これを目安にコツコツと摂取するとよいでしょう。 「サプリメント」から摂取する場合は、くれぐれも各社の「摂取量」を守り、「副作用」には気をつけるようにしてください。 参考: まとめ ここまで「エクオールの効果効能9選と副作用と乳がんとの関係」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 体内における「エクオール」の「産生率」が上がることで、「骨粗しょう症予防」「脳梗塞・心筋梗塞予防」「更年期障害・症状改善」「前立腺癌・前立腺がん予防」「乳癌・乳がん予防」への効果効能が発揮されます。 ただし、現代の「10~20代女性」の場合は、この「産生率」が低い傾向にあるため、「腸内環境」や「女性ホルモン」のバランスを整えて美容健康づくりに備えるためにも、毎日「イソフラボン」を含む栄養バランスのとれた食事を摂り、「エクオール」の「産生率」を向上させていきましょう。 また、「過剰摂取」を控えていれば、大きな「副作用」の心配はありませんが、不安な場合は医療機関や薬局にて相談することをおすすめします。

次の

大豆イソフラボンは乳がんリスクを上げる? 下げる?(大西睦子)

エクオール副作用乳がん

健康を維持するためのサプリや薬はいつだって副作用が気になるもの。 最近話題のエクオールは、女性の更年期障害やアンチエイジングなどに大きな効果があると聞くけれど、それこそ副作用がないのか心配という声も少なくありません。 「エクオールを飲み続けると乳がんになる」なんて話もある様で、実際のところ気になる方も多いのではないでしょうか? そこでこの記事ではエクオールと乳がんの関係性や乳がんのリスクなどについて解説していきます。 乳がんとエクオールの関係性を知りたい 乳がんが怖いからエクオールの摂取を迷っている という方の参考になれば幸いです。 ちなみに、エクオール配合のサプリはたくさん出ていますが、その中でも特に 婦人科の医者が推奨しているのが、こちらのキレイ・デ・エクオール。 厚生労働省が推奨している1日あたりの推奨摂取量10gが手軽に摂取できるエクオールサプリです。 私もずっと飲み続けていますが、 90%以上の方が満足している理由がわかりましたよ。 ただ、これは摂取してみないとわからないので、エクオールサプリの摂取を考えている方はまずは気軽に1ヶ月ほど試してみてください。 効果を実感できなかったら、1ヶ月で解約することも可能ですので。 出典: 特に30代から増え始め、40~60代でピークを迎えているのがわかると思います。 また、乳がんで亡くなる女性は2013年には1万3000人を超え、 2014年には1万3240人とさらに増加しています。 この増加傾向には食生活などの欧米化の進行が起因していると考えられています。 女性ホルモンのひとつで卵胞ホルモンとも言われるホルモン。 女性の健康にや若さを保つに重要なホルモンで、細胞や血管を若々しく保とうとしたり、自律神経の調子を整えたりして心身ともに活発にする働きがある。 実際にエストロゲンは女性に必要不可欠なのですが、でも乳がんは悪性の乳腺細胞が異常に増殖したもので、女性ホルモンも長時間働くとこで乳がんを引き起こす可能性はあるのです。 乳がん細胞のなかには、エストロゲン受容体というものがあります。 このエストロゲン受容体にエストロゲンが結びつきがん細胞を増殖させてしまうのです。 この様にエストロゲンを乳がん細胞が取り込んで発症する乳がんを「 ホルモン感受性乳がん」と言います。 そのため、乳がんになるのはエストロゲン受容体が増え、それにエストロゲンが多く結びついてしまうことが原因だと考えられています。 エストロゲンの過剰分泌が乳がん発症の原因かも エストロゲンが乳がん細胞の中のエストロゲン受容体と結びつき、乳がん細胞を増殖させてしまうのはエストロゲンの過剰分泌が問題によるものです。 では、このエストロゲン過剰分泌とはどのようにして起こってしまうのでしょうか。 月に一度の生理の際、エストロゲンの分泌が増えます。 そのため、妊娠せずに生理の回数が増えればエストロゲンの分泌期間が長くなります。 エストロゲン分泌期間が長いというのも過剰分泌のひとつです。 過度のストレス• 不規則な生活 などでもエストロゲンは過剰分泌してしまいます。 忙しい現代人、仕事で大きな責任を課せられたり、育児と家事によりストレスの溜まりやすい30代は特に、エストロゲンの過剰分泌の可能性が高まります。 その他、何らかの原因でホルモン治療を長く受け続けたひともエストロゲンの過剰分泌の可能性が高く、初潮が早くに来たなどという事も過剰分泌に関係します。 では、自らの力でエストロゲンを分泌する女性全てが、乳がんになるというとそうではなく、あくまでも確率の問題もありますし、少し多く分泌したらかといって乳がんになるわけではありません。 エストロゲンに良く似た働きをするエクオールは乳がんを誘発する? ではここからが本題です。 エストロゲンがエストロゲン受容体と結びつき過剰にエストロゲン作用が起こることで、乳がんの発症が高まることはわかっていただけたかなと思います。 では今、ゆらぎ期と言われる更年期世代の女性に人気が高まってメディアや病院なども推奨しているエクオールは直接乳がんと関係があるのか?ということですが 心配はほとんどありません。 というのも、確かにエクオールはエストロゲンの似た作用ががありますが、それとともにエストロゲンの過剰な作用を抑える効果もあるのです。 これを「 抗エストロゲン作用」といいます。 エストロゲン受容体とエストロゲンが結び付く際、過剰にエストロゲン作用が働いてしまい、その刺激が乳がんを誘発するわけですが、 エクオールが体内にあれば、 エストロゲンのかわりにエクオールがエストロゲン受容体と結びついてくれるので、過剰なエストロゲン作用は働きません。 下記の図をみてください。 出典: 実際にエクオールが体内にあることでエストロゲンとエストロゲン受容体を結びつくことを予防してくれていることがわかると思います。 そのため、エクオールを摂取したからといって乳がんになるリスクが高くなるという心配は極めて低いのです。 むしろ、 エクオールを摂取した方が乳がんの発症率が下がる可能性だって考えられないわけではありません。 また、エクオールを特に摂取したい世代40代、50代は卵巣機能の低下により、エストロゲンの分泌が減少してしまいます。 減少したエストロゲンを補うために摂取するエクオールですから、 乱用さえしなければエストロゲンが過剰分泌される事もないわけです。 エクオールは男性の前立腺がんも防ぐ可能性がある エクオールには抗アンドロゲン作用もあると言われています。 アンドロゲンとは男性ホルモンのひとつで、このアンドロゲンが過剰に作用する事で、脱毛や男性の前立腺がんを誘発してしまいます。 しかし、エクオールが体内にある事によって、抗アンドロゲン作用が働きこれを防ぐ事が出来ると期待されています。 エクオールは女性だけのものだと思っている方も多いですが、実はそんなことはなく男性の方にも有効に働くことがわかっっています。 もし、ご夫婦が更年期に近い年齢であれば夫婦でエクオールサプリなどを摂取するのもおすすめですよ。 乳がんはホルモン補充療法での発症リスクがあがる ちなみに、更年期の治療の1つである ホルモン補充療法は、エストロゲンやプロゲスチンといった女性ホルモンを補充するための治療ですが、実はこれには乳がんのリスクもあります。 実際に日本乳癌学会のホームページにも 更年期障害の治療に用いられるホルモン補充療法や,避妊の目的で用いられる経口避妊薬(ピル)は乳がん発症リスクを高めますか。 ? という質問に対して ホルモン補充療法の中でも,エストロゲン(卵胞 らんぽう ホルモン)とプロゲスチン(プロゲステロンなどの黄体 おうたい ホルモン)を併用する方法では,乳がん発症リスクは,わずかながら高くなることが確実です。 ホルモン補充療法と乳がん発症リスクとの関連についての調査では,併用療法の普及に伴い乳がん発症リスクが高まるという報告が増えてきました。 引用: このように回答しています。 少なからずホルモン補充療法はリスクがあると考えていいでしょう。 もちろん、すべての方が乳がんになる可能性があるわけではないですし、ならない人の方も多いとは思います。 病院が推奨している治療法でもありますから。 ただ、 私は怖いのでホルモン補充療法は受けてません。 その代わりに、食生活を見直したり、エストロゲン似た作用が期待できる を摂取してたりして対策をしています。 そして、これからも受けるつもりはないです。 リスクが少しでもある以上はやはり怖いですので、いくらホルモン補充療法が更年期に効果があるあからと言っても恐らくやらないでしょう。 ただ、それは私の個人的な意見でもあるので、本来ならホルモン補充療法と併用してエクオールを摂取していくのが1番いいかもしれませんが。 あくでも乳がんの可能性を考えれば『 ホルモン補充療法をリスクを犯してまでやる必要はない』という意見の1つです。 できるなら病院や薬に頼らずに自分で対策して良くなるならその方が良いなと私は思っています。 あなたはどうですか? エクオールは乳がんを引き起こすのではなくリスクを下げてくれる エクオールは、「がんを引き起こすのではなく、男性の前立腺がん、女性の乳がん防いでくれるものだった」というの結論です。 エストロゲンは、女性にとってとても重要な女性ホルモンです。 過剰分泌による過剰な作用は乳がんを誘発させる恐れがありますが、その働きは適度になくてはなりません。 間違った情報で勝手にエクオールサプリを悪!と決めつけては、乳がんではない他の不調をもたらしてしまう事につながる可能性もあります。

次の