シュアラスター。 水アカを落として小キズを消す『スピリットクリーナー』

水アカを落として小キズを消す『スピリットクリーナー』

シュアラスター

ゼロウォーターの特徴には、誰でも簡単に使える、使うたびにツヤに深みが増していく、汚れがつきにくくなる、車体ボディ以外にホイール、窓ガラス、ダッシュボードなどにも使用できる、コーティング施工車でも使えるなどの特徴があります。 ただし、ポーリマー系・ガラス系コーティング施工車のメンテナンスは施工業者に相談してからの使用をおすすめとしています。 また、布地、皮革、ゴムパーツへの使用や、運転操作に関わるハンドル・シフトノブ・ペダル等へのゼロウォーターの使用はおすすめしていませんので注意が必要です。 主な用途には、自動車塗装面の保護及びツヤ出しとあります。 キズ埋めの効果はありません。 塗装には、ツヤ消し塗装を除く全色対応となっています。 ゼロウォーターと合わせて、ゼロシリーズのコーティング剤をご紹介させていただきましたが、ゼロシリーズコーティング同士を一緒に使うことも可能なようです。 その際は、上に塗り重ねたコーティング剤が主に効果を発揮するようですが。 今回は、ゼロウォーターについてまとめてきましたが、個人的には使い方も、とても簡単でゼロウォーターはとても優秀だと思います。 愛車をこまめに洗車してピッカピカにするのが好きなだという人にはちょっと向かないかもしれませんが、適度に洗車して、適度に愛車をキレイに保ちたい、しかも時間を掛けずに手軽に終わらせたい!そんな人には、ゼロウォーターはとてもおすすめの優秀な商品であるとおもいます。 ゼロウォーターが気になっているなら、試しに使ってみてもいいのではないでしょうか。

次の

シュアラスターワックス頂上決戦!どれを買えばいいの?使いやすさと撥水性能を比較してみた!

シュアラスター

このネタを投下するのは何とも気が引けるんですが、最近色々試してみて私がったことを一つ投下しておこうと思います。 それは シュアラスターのブラックレーベル、実はたいしたことないんじゃね?? という疑問。 いや、まって!先に言い訳させて!ほんと私個人の感想ですんで! 「何をぉぉぉぉ!?」 という方は是非スルーして下さい。 素朴な疑問 という事でですね、素朴な疑問なんですよ。 シュアラスターのブラックレーベルの効果ってそこまで高くないんじゃないかなって。 最初に思ったのが、、次になんですが、それぞれの比較記事内でも、シュアラスターのブラックレーベルと同等もしくはそれ以上の効果が出てしまっています。 車に施工した感じでも、CCワックスゴールドがヌルヌルテラテラになるのに対し、スーパーエクスクルーシブフォーミュラの方はさっぱりした感じのイメージでした。 ここで疑問に思ったままほったらかしとくのもアレなんで、実際に比較してみることにしました。 ドアパネルで比較してみる さて、この写真、前後どちらかのドアにCCワックスゴールド、シュアラスターのブラックレーベル スーパーエクスクルーシブフォーミュラを施工してあります。 あえて光沢の出やすい角度から撮影してますが、違いはわかりますか?正面から撮影しても真っ黒いドアパネルの写真になって違いがさっぱりわからないので、あえて光沢感が出やすい斜めの角度から写真を撮っています。 さて、正解は・・・・ フロントのドアにシュアラスターのブラックレーベル スーパーエクスクルーシブフォーミュラ、リヤのドアにCCワックスゴールドを施工してあります。 若干フロントドアの光沢が弱いように見えませんか?肉眼だともうちょっと違いが判るんですが、まぁ既に私の目は偏見で濁っているので客観的にどう見えたのかは気になるところです。 一見綺麗に見えてる私の車ですが、水垢ストロングバブルやら水垢落としシャンプーなんかを使ってみるとあっさりと細かい傷が目立つようになります。 普段はコーティング剤やら固形ワックスやらで目立たなくしているだけなんですよねー。 下地のほうは本当にひどい状態です。 かといってコンパウンドなどで研磨品しながら深追いしてしまうとごっそりと削ってしまいそうなので怖い状態。 CCワックスがソレですね。 しっかりヌルテカボディーになっています。 施工後、走行時にミラーに写るボディーの感じも、最初は気のせいかなとは思ったんですが、CCワックスゴールド、CCワックスプラスはやはり光沢感が違います。 試しに、CCワックスゴールドをフロントのドアにも塗ってみました。 どうでしょうか?光沢が出たように見えませんか? CCワックスゴールドを上塗りする前、した後で画像を並べてみます。 上が上塗り前、下が上塗り後です。 私の目にはCCワックスゴールドの方が光沢が出ているように見えます。 写真の角度が微妙に違いますが、恣意的に角度を変えたわけではなく、単純に私の撮影位置が悪いだけです。 雪の部分の白飛び具合とかで比較して頂けるとわかると思うんですが、なるべく同じ明るさになるように撮影してみました。 画像加工で施工前の写真の光沢を落としたりなんてこともしていません。 こんな結果から、私がシュアラスターのブラックレーベル スーパーエクスクルーシブフォーミュラに疑問を持ったわけです。 シュアラスターのワックスにも良いところはある と、ここまでこきおろしておいて何なんですが、シュアラスターのワックスのメリットはちゃんとあります。 施工が楽 この1点だけは私が持っている固形ワックスの中では現状、他の追随を許さない所ですね。 CCワックスゴールドは確かにヌルヌルのテラテラになるんですが CCワックス系は施工がめんどくせぇんだわ ふき取り不要タイプとはいえ、ムラに気を付けながら施工となると狭い範囲を少しずつ施工していく必要があります。 逆にシュアラスターのワックスは、多少ボディーに水滴がついていようと、もともとスポンジを濡らして薄く塗広げるのが前程なので問題ありませんし、ふき取りも軽い。 ワックスふき取り時に出る白いカスも控えめ。 この点は施工する上で非常に楽になるポイントです。 また、シュアラスターのワックス施工時にはムラを発見したことはないのでここもメリットの一つだと思います。 という事は、下地がしっかりしていて既に光沢感があるボディーであればシュアラスターのワックスで十分効果があるのではないかとも考えられます。 これはシュアラスターのワックスの重ね塗りでどれくらい効果がかわるか比較した方がいいかもしれませんね。 パネル実験してみたらこの記事に追記しますね。 以上、素朴な疑問を検証してみましたが、実際のところはどうなんでしょう。 あくまで私が確認できる範疇の所ですし、耐久性とかは度外視してますんで、また別の視点から見ればシュアラスターのワックスのもっと良いところを引き出せるのかもしれません。 ここまで書いておいてふと シュアラスターばっかりやり玉に上げなくてもいいじゃないか と自分で思ったんですよね。 よく聞いた事ない製品なら「あーこんなもんなのね」でスルーするところなんですが、なぜにここまで掘り下げてしまったのか? やっぱり、「カーワックスといえばシュアラスター」ってくらい知名度があるからなんでしょう。 期待値が高いからこそ気になるのかなぁ。

次の

シュアラスター

シュアラスター

この記事の目次• 今回比較するシュアラスターワックスはコチラ! 今回比較するシュアラスターワックスは「 マンハッタンゴールドワックス」「 エクストラプレミアムフォーミュラ」「 スーパーエクスクルーシブフォーミュラ」「 インパクト」の4種類を比較してみたいと思います。 まだまだ他にも種類があったのですが、代表的なものを選びました。 マンハッタンゴールドワックス 内容量:100g 定価:3,456円 100g:3,456円 エクストラプレミアムフォーミュラ 内容量:200g 定価:4,403円 100g:2,202円 スーパーエクスクルーシブフォーミュラ 内容量:200g 定価:5,122円 100g:2,561円 インパクト 内容量:100g 定価:1,382円 100g:1,382円 一番高い「マンハッタンゴールド ジュニア」と「インパクト ジュニア」では倍以上の金額差があります。 今回は、チキって内容量が少ない ジュニア の方を買っていますが、マンハッタンゴールドは、通常サイズ 7,344円 を買った方が100gあたり2,295円なのでお得です。 アマゾンの人気ランキングを見ると 1位:マンハッタンゴールド 2位:スーパーエクスクルーシブフォーミュラ 3位:エクストラプレミアムフォーミュラ 4位:インパクト という順番になっています。 参考程度に! それでは早速、シュアラスターワックスを比較してみたいと思います! ・ ・ ・ その前に! まずは使用方法の確認を忘れずに! 裏面に記載されているので、きちんと読んでから使用してください。 ボディに砂やホコリが付いていると傷の原因になるので、あらかじめ水洗いもしくはカーシャンプーなどで洗車をして汚れを洗い落としてください。 付属されているスポンジにワックスを適量付けて、ボディにムラなく上下左右に 薄く塗り広げてください。 ワックスが乾き始めたところで拭き取ってください。 塗ったまま放置して固まると拭き取りが困難になり、シミや色ムラの原因になります。 拭き残しがないように拭き上げてください。 使用後は、ワックスの成分が揮発しないように容器のフタを閉めて密閉状態で保管してください。 ちなみに、今回使用する4種類のシュアラスターワックスは、全て使用方法が一緒でした。 それでは実際に使用してみたいと思います。 分かりやすいようにボンネットを4分割にして施工します! 比較しやすいようにマスキングテープでボンネットを4等分してあります。 ボディに砂やホコリが付いていると傷の原因になるので、きれいに洗い流していきます。 きれいになったら拭き上げます。 このときにボディは濡れていても問題ないのですが、ワックスを拭き上げた時に水が残りすぎていると拭き上げにくいので、僕は極力ボディを乾かしてから使用します。 ある程度、拭き上げが終わったらワックスを用意します。 フタを開けて付属のスポンジを取り出し、内蓋を開けます。 シュアラスターの場合、外蓋?で内蓋を開けることができます。 そうすることでワックスが伸びて塗りやすくなります。 フタが開いたら付属されているスポンジにワックスを付けます。 スポンジをワックスに付けて90度回す! ちょっと画像だと説明しにくいのですが、このように角の方からチョイチョイとワックスを取る人がいますが、こうするとスポンジ全体にワックスが付かず、均等に薄塗りをすることができないので注意してください。 ワックスを厚塗りすると拭き上げが面倒なので、スポンジ全体をワックス付けて90度回す! 付いたか付いていないか分からないぐらいが適量です。 付属のスポンジにワックスを付けたら上下左右に薄く塗り広げていきます。 先程も言いましたが、ここで厚く塗りすぎると拭き上げが面倒なので極力薄く塗っていきます。 そしてワックスが乾き始めたら拭き上げます。 このような手順で他のシュアラスターワックスも施工していきます。 4種類のシュアラスターワックス施工完了! 一応、4種類のシュアラスターワックスが塗り終わりました。 艶の違いを確認! 反射しているものを凝視して、やーーーっと! マンハッタンゴールドを施工したところが一番艶が出ているかな…? 程度でした…。 雨が降ったと仮定して水をかけます。 どうですか? 分かりますか? いや、全くわかんねぇ!!!! 最終的に一番優れていると思ったシュアラスターワックスはコチラ! といった感じで、4種類のシュアラスターワックスを使用してみました。 使いやすさでいうと、マンハッタンゴールドが使いやすかった! 特に拭き上げの時はカラッとした感じでサッと拭き上げることができたので非常に楽でした! 他のワックスはヌメッとした感じで少し引っかかるようなイメージです。 あと付属されているスポンジが違いました。 右側が最安のインパクトに付属されているスポンジで、左側がその他のワックスに付属されていたスポンジです。 インパクトに付属されているスポンジは目が粗く、塗っているときもサラサラ音がなっていました。 これは少しマイナスポイントかな…。 頂上決戦ということで順位を付けると、こんな感じです! 1位:マンハッタンゴールド(拭き上げやすい) 2位:スーパーエクスクルーシブフォーミュラ(匂いがいい) 3位:エクストラプレミアムフォーミュラ(使いやすい) 4位:インパクト(安い) 理由は、マンハッタンゴールドが圧倒的に塗りやすかった! 金額は少し高いのですが、僕が今後使うとしたらマンハッタンゴールドかな! 撥水性能に関しては大きな差を感じることができませんでしたが、 どれも素晴らしい撥水性能を発揮してくれました。 どれも素晴らしい撥水性能を発揮してくれました!(ここは強調したい) けど、順位を付けるのが難しかった…。 正直、スポンジの差は大きかったです。 スポンジを変えれば、僕はインパクトでも十分だと思いました。 今回は耐久性を比較していないので何とも言えませんが、個人的にはマンハッタンゴールドがオススメです。 ぜひ、シュアラスターワックスの購入を検討している人はマンハッタンゴールドを購入してみてください!.

次の