業務 スーパー 揚げ なす レシピ。 【みんなが作ってる】 業務スーパー なすのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

【みんなが作ってる】 業務スーパー なすのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

業務 スーパー 揚げ なす レシピ

業務スーパー|お肉たっぷり なすの挟み揚げ|405円 業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、405円(税込)で販売中です。 内容量は480gで、しっかりサイズのはさみ揚げが個数にして13個入っていました。 軽やかなカリカリ食感をした薄衣の下から、とろけるような口当たりのナスがお目見え。 ナスの厚みはそれほどじゃありませんが、中の鶏肉がけっこうなボリューム感アリ。 むね肉かと思われるさっぱりした味わいと、ムッチリしたジューシー食感です。 最低限の味付けはされていますが、素材の旨味がメインのあっさり感。 お好みのソースや餡をかけて、食卓の脇を固める一品として活用してみてください! 特徴をまとめると以下のようになります。 1個約31円で、しっかり大きめサイズのはさみ揚げ• 味付けは薄いけど、生姜の香りで鶏肉の風味を引き立たせたバランス• プリッとした鶏肉ととろ~りナスのアツアツ食感が優秀• ちょい足し一品にも、食感おつまみにもハマるボリューミー揚げ物•

次の

業務スーパー揚げなすはレンジで簡単調理!麻婆茄子やめんつゆで煮びたしに!

業務 スーパー 揚げ なす レシピ

業務スーパーの冷凍チュロスのカロリーは、100gあたり172kcalとなっています。 チュロスは高カロリーのイメージがありますが、冷凍状態の時には砂糖はかかっていない状態なので、自然な甘さのあるチュロスになっています。 揚げた後にかける砂糖の量を自分で調節したり、油で揚げずに調理するとカロリーを抑えて食べることができます。 工夫次第で低カロリーで食べられるのも嬉しいポイントです。 ですが、スイーツであることに変わりはないので、食べすぎには注意が必要です。 業務スーパーには、冷凍チュロスの他にも様々な人気スイーツやデザートがあります。 次の記事でおすすめ商品を23種類紹介していますので、ぜひそちらも参考にして業務スーパーのスイーツを楽しんでみてください。 業務スーパーの冷凍チュロスの揚げない調理法の2つ目は、フライパンで焼く作り方です。 フライパンにチュロスを並べたら、時々ひっくり返しながら弱火で7分~8分焼いていきます。 油で揚げた時のような綺麗な焼き色にはならないので見た目は劣りますが、手軽に調理できるのが嬉しいですね。 また、オーブンより短時間で調理することが可能です。 フライパンで調理すると、カリカリというよりは全体的にもっちりとした仕上がりになります。 調理法によって食感が変わるのもおもしろいので、色んな調理法でお好みの食感を探してみても良いですね。 フライパンは一度にたくさん焼くのにも向いています。 難易度が高そうなアイシングですが、作り方は意外と簡単です。 アイシングをすれば模様が描けたり、チョコレートなどをトッピングしたかわいいチュロスができます。 お子さんと一緒にデコレーションをするのも楽しそうです。 甘めが好みの方は、はちみつ風味のアイシングがおすすめです。 粉砂糖30g、はちみつ3g、水大さじ1を混ぜ合わせ、粉砂糖がしっかり溶けたらチュロスにコーティングすれば完成です。 飾り付けをしたい場合は、アイシングが固まらない内に手早く行いましょう。 はちみつの代わりにレモン汁を少し加えるとさっぱりとします。

次の

コスパ最強で忙しい主婦の味方!「業務スーパー」の食材で作る激安&時短レシピが人気

業務 スーパー 揚げ なす レシピ

冷凍揚げ茄子の商品詳細 商品名 揚げなす乱切り 名称 冷凍揚げなす 原産国 中国 輸入者 株式会社神戸物産 製造者 販売者 内容量 500g 価格 155円 備考 画像はクリックで大きくなります 冷凍揚げ茄子を使った、なすの煮浸し うちはこの冷凍揚げなす、なんといっても 煮浸しに一番利用しますね。 煮浸しの作り方は、基本的には裏袋に書いてある方法で良いと思います。 冷凍揚げ茄子1袋を、水400cc・麺つゆ150cc・みりん50cc・砂糖大さじ1・顆粒だしの素小さじ2くらいで蓋をして10分ほど煮込み、仕上げにおろししょうがを混ぜ、削り節やあさつきの小口切りなどで飾るという作り方が多いです。 裏袋の指示通りで トロトロに柔らかいナスの煮浸しができます。 火加減などでも多少調理時間が変ってくるとは思いますが、皮が硬すぎるようならもうちょっと煮込んでも良いですし、でもあまり時間が長すぎると ドロドロに崩れます。 冷凍揚げ茄子は火が通りやすいので、2~3分でずいぶん柔らかさに変化があります。 ある程度食べられるくらいの柔らかさになったあとはちょくちょく様子を見ながら、 煮崩れにご注意ください。 基本的なナスの煮浸しの他に、厚揚げや鶏もも肉または豚バラスライスを一緒に煮込むこともありますし、ひき肉を混ぜてとろみをつけることもあります。 ひき肉とろみバージョンは、白いご飯の上に乗せて食べると、何杯でも食べられちゃいそうですw 揚げなすが一番火が通りやすい(というか味が染み込みやすく崩れやすい)ため、他の具材も使う時、そしてその具材を10分以上煮たい場合は別々に煮て、最後に合せる感じです。 なすの煮浸し以外の使い方 この商品は「揚げ茄子」ですが、普通の 茄子の乱切りと同じ感覚で使えます。 煮浸し以外でうちが使ったことある料理は(その中で覚えているのは)、以下の通りです。 麻婆なす• 肉料理や魚料理の付け合せ• パスタ• グラタン• 温サラダ• 鶏肉のトマト煮• 味噌汁• ナスの生姜炒め• カレーライス• 適当な炒め物や煮物 この前は冷凍パスタに使いましたが、最近の冷凍パスタはとても美味しいので、具を加えるとけっこう本格的になりましたよ。 この時の材料は以下の通りです(2人分)• 冷凍パスタ(ナポリタン)・・・2袋• レトルトのパスタソース(ナポリタン)・・・1袋• 業務スーパーの冷凍揚げなす・・・適量• ハム・・・適量 冷凍パスタは指定の時間より1~2分ほど短くレンチンして、レトルトのパスタソースと一緒にボウルに入れて軽く混ぜたらラップをし、先ほど足りなかった1~2分を再度レンチンします。 そこに炒めた冷凍揚げ茄子とハムを混ぜるだけです。 冷凍揚げ茄子は、冷凍状態から炒めてもそれほど時間はかかりません。 冷凍パスタを使う時点で「節約」というわけにはいきませんが、「 時短」ではあります。 カレーライスに使う場合はカレー鍋には入れず別に炒めておいて、盛りつけの時に使う方が崩れる心配がなくて使いやすいです。 カツカレーのカツ的な扱いで。 なにしろ、火を通すと崩れやすいのです>< あとがき 最近はそうでもないのですが、ここ数年は野菜が高騰することが増えましたよね。 そんな時に活躍するのが、冷凍野菜です。 茄子も冬の間は3本で248円とか・・・、あまり豪勢に使うことはできませんでした。 でもこの冷凍揚げ茄子なら、500gで155円! 冷凍野菜の中にはけっこう加熱時間を必要とするものもありますが、業務スーパーの冷凍揚げ茄子はわりと簡単に火が通るところが便利なんです。 それに、なかなか「揚げなす」の冷凍品って見かけないですよね。 冷凍庫に常備されてると、「あともうちょっとだけ物足りない・・・」という時にも、ササッと使えて便利ですよ~.

次の