虫除け スプレー 使用 期限。 デング熱で虫除けスプレーが売り切れ。効果時間、使用期限、deet?

デング熱で虫除けスプレーが売り切れ。効果時間、使用期限、deet?

虫除け スプレー 使用 期限

市販の虫除けスプレーには、忌避薬 きひざい の「ディート ジエチルトルアミド 」という成分が主成分として使われています。 ディートは1964年に米軍が兵士用に開発した化学物質で、蚊やブヨといった害虫や、その害虫が媒介する病気から守ってくれる効果があります。 虫除け効果がある便利な市販の虫除けスプレーですが、ディートは神経障害や皮膚炎を起こす事例が出たことから、日本では安全面を考慮して使用上の注意が設けられています。 特に子供への使用上の注意は細かく記されており、詳しい注意事項は「生後6ヶ月未満の乳児への使用は禁止」「6ヶ月以上2歳未満の子供には1日1回の使用制限」「2歳以上12歳未満の子供には、1日3回までも使用制限」となっています。 1番目に紹介する虫除けスプレーに使えるおすすめのアロマオイルは「レモングラス」です。 レモングラスは、蚊が多い東南アジアなどで人気の柑橘系のハーブです。 名前の通りレモンに似た香りですが、より香りが強くはっきりしており、甘さも含まれていることが特徴です。 レモングラスは部屋の嫌な臭いに効果的で、ペット臭やタバコ臭にもおすすめです。 タバコ臭には、ユーカリと組み合わせると効果がアップします。 レモングラスは気持ちを刺激する効果があるので、やる気をアップさせたい時におすすめのアロマオイルです。 リフレッシュ効果や疲労回復効果もあるので、体を動かしたあとにもおすすめの香りです。 香りを組み合わせるなら、ローズマリーを試してみてください。 レモングラスは、虫の他に猫が嫌がる香りでもあります。 猫を寄せ付けたくない時にはおすすめですが、猫を飼っている方には不向きかもしれません。 2番目に紹介する虫除けスプレーに使えるおすすめのアロマオイルは「ユーカリ」です。 ユーカリはコアラの主食として有名な木です。 ユーカリのアロマオイルは、清潔感があり空気が浄化されるような香りが特徴です。 ティートゥリーに似た香りですが、より透明感が強い印象です。 また、ローズマリーにも似た香りです。 ユーカリは空気を浄化してくれる効果があるので、花粉の季節などにもおすすめです。 コットンなどに数滴含ませて机などに置いておくだけでOKです。 ユーカリは意識をクリアにして集中力を高めてくれる効果があるので、勉強する時や仕事中におすすめの香りです。 疲れている時にもうひと踏ん張りしたい時や、気持ちの起伏を抑えて冷静に判断したい時にも効果的です。 3番目に紹介する虫除けスプレーに使えるおすすめのアロマオイルは「ミント ハッカ 」です。 ミントの和名がハッカになります。 ハッカ飴を舐めた時のスーッとする清涼感が特徴です。 ミントも種類がありますが、虫除けに効果があるアロマオイルはペパーミントです。 ミントの和名はハッカですが、ハッカ油とは成分が違います。 別の種類と考えましょう。 ペパーミントのアロマオイルは、眠気を覚ましたい時におすすめです。 気持ちがすっきりして冷静な判断をすることができるでしょう。 心を落ち着かせたい時に便利なので持ち歩くと役立つでしょう。 ペパーミントは消臭効果や抗菌効果があるため、夏場のキッチン周辺におすすめです。 嫌な生ごみ臭を消してくれるでしょう。 ゴキブリ・アリ・ネズミも嫌う香りなので、駆除はできませんが寄せ付けにくくすることはできます。

次の

デング熱で虫除けスプレーが売り切れ。効果時間、使用期限、deet?

虫除け スプレー 使用 期限

リンク これ以外にあった方が良いもの 材料を計量するための容器(例えば、ビーカーやスポイト、シリンジなど)などがあると便利です。 私の場合は20mlのシリンダを使ってます! 虫除けスプレーの作り方 1 無水エタノール10ml に ハッカ油を20滴~40滴をたらして良く混ぜる。 ・無水エタノールはハッカ油を水に溶けやすくするためのものです。 ハッカ油と無水エタノールとを必ず先に混ぜ合わせてください。 ( なお、下の写真の容器は、「ポタポタポタポタッ…」っとハッカ油が勢いよく垂れるので、何滴たらしたか分からなくなる場合があります! ハッカ油を垂らす際には注意してください) ・また、私は無水エタノールの代わりに 消毒用エタノールを代用しましたが、 問題なくハッカ油と混ざりました! (無水エタノールと消毒用エタノールとの違いは、エタノールの濃度らしいです。 ・なお、 作った直後は白く濁っていますが、しばらくすると下の写真のように透明になります。 容器の材質について ハッカ油はポリスチレン PS を溶かしてしまいますので、これ以外の材質の容器を選びましょう。 具体的には、以下の材質の容器であれば問題ありません。 ・ゴキブリ ・蚊 ・ブユ(ハエ目ブユ科) ・コバエ ・ダニ ・アリ 虫除けスプレーの使い方・効果・持続時間 ・顔以外の全身に使えました! 確かに低刺激でした! 私は腕だけ直接肌に吹きかけ、他の部分は服の上から吹きかけましたが、肌荒れはありませんでした!(顔には吹きかけていません) ・使用感としては、肌に吹きかけたところは スーっと涼しく感じて気持ち良いです! 使うと爽やかなハッカの匂いがするのもGoodです。 ・虫除けスプレーを使った直後は、目に見えて虫が寄ってきません! ハイキングに行ったときに使用しましたが、虫除け効果を実感できました! 山であれほどしつこく追って来てた ブユや アブなどが、寄ってこなくなりました! 但し、1時間もすると匂いがしなくなってきて、効果も薄くなってきます。 おそらく、ハッカ油が時間とともに揮発していって、虫除け効果が減ってきたのだと考えられます。 なお、 汗をかいて虫除けスプレーが流れしまう場合は、虫除けスプレーの持続時間がさらに短くなると考えられます。 使用する際は、ハッカの匂いがなくなる前に、こまめに虫除けスプレーを吹きかけるのが良いと思われます。 ・ハッカ油スプレーを数日置いておくと、ハッカ油が分離してきます! ハッカ油が分離している場合は、使用する前に良く振ってから使用しましょう! 屋外以外(屋内)での虫除けスプレーの使い方 1 カーペットや畳 カーペットや畳に、ハッカ油スプレーをシュっと吹きかけておくことで、 ダニが増えるのを防いでくれます! 2 キッチン周りやゴミ袋の中 キッチン周りやゴミ袋の中に、ハッカ油スプレーをシュっと吹きかけておくことで、 ゴキブリやコバエが寄ってくるのを抑えてくれます! 3 窓周辺やカーテン、網戸 窓周辺や網戸にスプレーしておけば、 蚊やコバエが部屋の中に侵入してくるのを防いでくれます! 網戸の材質がポリスチレン PS の場合、ハッカ油スプレーによって網戸が溶けるおそれがあるため、網戸の材質は要確認してください! 4 靴の中や靴下 靴の中や靴下にスプレーすることで、 抗菌効果や 消臭効果も期待できます! なお、ハッカ油の匂いがカーテンなどに染み付くことを心配されるかもしれませんが、ハッカ油は時間の経過とともに揮発していき、匂いもしなくなります。 屋内で使用する際の注意点 とても有用なハッカ油ですが、ペットを飼っている場合は注意してください! 特に、 猫や フェレット、小鳥などを飼っている場合は、ハッカ油を使用しない方が良いと思われます。 完全な肉食動物である猫(ネコ科の動物)等は、植物性のエッセンシャルオイル(精油)を遺伝的に上手く代謝・分解できません。 そのため、中毒症状を起こすことがあります。 これ以外のペットを飼っている方も、ハッカ油のようなエッセンシャルオイル(精油)を使用する際には、自分のペットにとって危険性がないかどうかを確認してから使用ください! ハッカ油 虫除けスプレーの保存期限(使用期限) 保存期間(使用期限)は、作ってから約1週間から10日くらいだと思います。 それ以上になると、 ハッカ油の匂いが薄くなってきますし、少し臭ってきます(菌が繁殖していたのでしょうか…)。 上述したようにハッカ油の匂いが薄くなると、虫除け効果が無くなってくるので作って1週間くらいまでに使い切ってしまうのが良いと思われます。 最後に 簡単に作れるハッカ油の虫除けスプレーですが、屋外での虫除け以外にも、かなり万能に使えます! 今は、ハイキングとかに外出する前に作ったり、網戸とかに毎日かけたりしてます。

次の

【東南アジア旅行でも愛用】虫除けスプレーは毎年これさえあればOK

虫除け スプレー 使用 期限

市販の虫除けスプレーには、忌避薬 きひざい の「ディート ジエチルトルアミド 」という成分が主成分として使われています。 ディートは1964年に米軍が兵士用に開発した化学物質で、蚊やブヨといった害虫や、その害虫が媒介する病気から守ってくれる効果があります。 虫除け効果がある便利な市販の虫除けスプレーですが、ディートは神経障害や皮膚炎を起こす事例が出たことから、日本では安全面を考慮して使用上の注意が設けられています。 特に子供への使用上の注意は細かく記されており、詳しい注意事項は「生後6ヶ月未満の乳児への使用は禁止」「6ヶ月以上2歳未満の子供には1日1回の使用制限」「2歳以上12歳未満の子供には、1日3回までも使用制限」となっています。 1番目に紹介する虫除けスプレーに使えるおすすめのアロマオイルは「レモングラス」です。 レモングラスは、蚊が多い東南アジアなどで人気の柑橘系のハーブです。 名前の通りレモンに似た香りですが、より香りが強くはっきりしており、甘さも含まれていることが特徴です。 レモングラスは部屋の嫌な臭いに効果的で、ペット臭やタバコ臭にもおすすめです。 タバコ臭には、ユーカリと組み合わせると効果がアップします。 レモングラスは気持ちを刺激する効果があるので、やる気をアップさせたい時におすすめのアロマオイルです。 リフレッシュ効果や疲労回復効果もあるので、体を動かしたあとにもおすすめの香りです。 香りを組み合わせるなら、ローズマリーを試してみてください。 レモングラスは、虫の他に猫が嫌がる香りでもあります。 猫を寄せ付けたくない時にはおすすめですが、猫を飼っている方には不向きかもしれません。 2番目に紹介する虫除けスプレーに使えるおすすめのアロマオイルは「ユーカリ」です。 ユーカリはコアラの主食として有名な木です。 ユーカリのアロマオイルは、清潔感があり空気が浄化されるような香りが特徴です。 ティートゥリーに似た香りですが、より透明感が強い印象です。 また、ローズマリーにも似た香りです。 ユーカリは空気を浄化してくれる効果があるので、花粉の季節などにもおすすめです。 コットンなどに数滴含ませて机などに置いておくだけでOKです。 ユーカリは意識をクリアにして集中力を高めてくれる効果があるので、勉強する時や仕事中におすすめの香りです。 疲れている時にもうひと踏ん張りしたい時や、気持ちの起伏を抑えて冷静に判断したい時にも効果的です。 3番目に紹介する虫除けスプレーに使えるおすすめのアロマオイルは「ミント ハッカ 」です。 ミントの和名がハッカになります。 ハッカ飴を舐めた時のスーッとする清涼感が特徴です。 ミントも種類がありますが、虫除けに効果があるアロマオイルはペパーミントです。 ミントの和名はハッカですが、ハッカ油とは成分が違います。 別の種類と考えましょう。 ペパーミントのアロマオイルは、眠気を覚ましたい時におすすめです。 気持ちがすっきりして冷静な判断をすることができるでしょう。 心を落ち着かせたい時に便利なので持ち歩くと役立つでしょう。 ペパーミントは消臭効果や抗菌効果があるため、夏場のキッチン周辺におすすめです。 嫌な生ごみ臭を消してくれるでしょう。 ゴキブリ・アリ・ネズミも嫌う香りなので、駆除はできませんが寄せ付けにくくすることはできます。

次の