雪 美 ちゃん ごめん 勇気 が 足り ない。 サウナの後の水風呂、勇気がない・・・。

(3ページ目)「ごめんなさい。ごめんなさい」目黒女児虐待死事件――結愛ちゃんへの暴行と、壮絶な“DV支配”の全貌

雪 美 ちゃん ごめん 勇気 が 足り ない

支援C [アネット] 買い出し、思ったより 時間かかっちゃったね、メーチェ。 おつかいだけじゃ物足りないものねえ。 何だか、もう随分 昔の話のような気がするわ~。 アンの言いたいことは、 だいたいわかっちゃうから~。 確かにこの先も、 何かと大変なことはたくさんあると思うわ。 早く戻らなくちゃ、先生に怒られちゃうわ。 じゃ、 真面目な買い出しは任せちゃおうかしら~。 あたしたち、急いでいるので。 痛い目を見なければわからないんですか。 ……私、怖くて。 ごめんなさい、アン。 つらい時には、 いつだってあなたが側にいてくれたわ~。 勇気を出して、 もっと早く言えばよかったわ~。 あたしこそ意地を張らずに 自分から話しかければ良かったんだし。 アンは食いしん坊さんねえ。 私は大好きよ、アン。 よし、今日はこれくらいにしようかしら。 良かったら、これで汗を拭いて。 [メルセデス] ふふ、どういたしまして。 実はさっきからずっと見ていたのよ~。 集中していて、まるで気づきませんでした。 あなたの訓練の 様子に、つい見とれてしまったのよ~。 私、体を動かすの得意じゃないから。 私こそ、あなたに憧れているのです。 あなたも気に入ってくれたのなら嬉しいわ。 是非、お邪魔させてください。 じゃあ、これからは 暇を見て開くことにしましょうか。 ふふ、では、お言葉に甘えるとしましょう。 雑務の処理に手間取ってしまいました。 ほら、座って座って。 やはりこうして もてなされるのには、なかなか慣れなくて。 私で良ければ、何でも力になりましょう。 聞いてほしいのはね、結婚の話なの~。 この間、養父から手紙が来てね、 大貴族との縁談がある、って~。 どう断ったって、無理矢理にでも 結婚させられちゃうでしょうから~……。 私にも、まるで想像がつきません。 王に仕える騎士という、誇り高い在り方に。 私たち、おんなじ悩みを抱えていたのね。 性格も、趣味も特技も 目指すものさえも、全く違うのに。 本当に、茶会とは不思議なものです。 ねえ、イングリット。 私、あなたのことをもっともっと知りたい。 メルセデスが相手なら 何でも気兼ねなく話せますからね。

次の

雪歩「響ちゃんと嵐の夜」 2chポチっとニュースまとめ

雪 美 ちゃん ごめん 勇気 が 足り ない

事件現場となった東京・目黒区のアパート(19年7月撮影) 〈どうせ私はマイナス100の人間だ。 いくら頑張ったって何の取り柄もないゼロの人にすらなれない。 彼はよく言っていた。 「まわりで楽しそうに生き生きしている主婦とお前は違う。 あの人たちは陰で努力をしているからこそ、表で余裕のある振る舞いができているんだ。 みんな楽しているように見えて苦労している。 お前はマイナス100の人間なんだから、少し頑張ったくらいで調子に乗るな。 勘違いするなよ」〉 そして結愛ちゃんは亡くなった 東京で暮らし始めて1か月、結愛の面倒は雄大が見ると決められ、一日のうち母娘がいたわりあえるのは朝の数時間のみだった。 そして優里が見ていないところで行われた雄大の暴行で結愛の体調は急変する。 死に至る数日前、一時だけ結愛の求めでそのそばに近寄ることを許された。 その時の手記。 〈私は嬉しくて、すぐ結愛のそばに行ったよ。 そして手をさすったよね。 その時に腕に赤い斑点があった。 これなんだろうって、すぐにスマホで調べた。 そしたら、高齢者によく出る、栄養失調の斑点に似ていた。 もう食事を戻すようになっていたんだから、早く病院に連れて行かなければならない。 でも、そうか栄養失調か、と原因がわかったらそれで終わってしまった。 本当に私どうかしている〉 雄大には病院へ行かないのとは聞いたが、痣が消えたらなと拒まれると何も言えなかった。 こうして、結愛は亡くなった。

次の

会話集/支援会話/メルセデス(ファーガス神聖王国)

雪 美 ちゃん ごめん 勇気 が 足り ない

あれは危険な行為です。 温泉でも、サウナから出てくるなり水風呂にザブンと入るオバサマ、よくいます。 あれをやる人は、以下3つのうちのどれかでは? 1:精神修養のため頑張っている(滝行みたいな) 2:マゾ的な行為(カイカン〜) 3:感覚が鈍っている(高齢者に多そう) 温泉のオバサマ方は「3」が多いです。 痛いとか熱いとか冷たいとか不味いとか臭いとかは、身体の危険を回避するため備わった重要な感覚。 でも加齢により、それは衰えてしまいます。 「お年寄りは喉が渇いているのにそれに気付かず、脱水や熱中症になりやすい」と言われますが、温度の感覚も同様に鈍ってくるはず。 私は、温泉の水風呂に飛び込むうら若い女性を見たことがありません。 43度くらいあるような熱い浴槽にいきなりザブザブ入ってしまえるのも、たいていお年を召した方ばかりです。 スポーツジムなら、水風呂にフツーに入っていくというのは、もう少し若い方々なのかな? 体の鍛えすぎでも感覚は鈍るのかしら? トピ主さんは自分の感覚を信じ、我慢して入る必要などありません。 ユーザーID: 3288635859• もう、これは慣れの問題かと…。 私はもともと痛点が低いので外からのインパクトに鈍感というか。 最初は脚だけ、腰まで、ってのを2,3回したら普通に入れるようになりました。 普段から冬でも裸足、薄着、健康体質、っていうのも影響していて体の体温コントロール能力が高く新陳代謝は非常にいい方です。 理由は 1)気持ちいい!別に我慢しているわけでもないです。 2)現状の新陳代謝キープ。 3)肌の調子が良い。 全身つかると皮膚自体は冷たく感じますが体内が十分に温まっている為、実際は冷たく感じないんです。 そういった意味で神経を集中させて体内の温度を感じる、と集中力を高める訓練にもなってるかも? ユーザーID: 9237345065• 平気な人です(2) 続きです。 本来体は外部からの刺激を自分で処理する能力があるはずなんです。 でも、普段から厚着で寒さを予防している、とかの場合当然その処理能力は低くなっていると思います。 なので、慣れなのかと。 他の方も言っています通り、無理する必要はないかと思います。 そもそも、「むりー」って頭の中で思っている時点で水風呂に入る必要はないのでは?(詳しくないけれど神経中枢とか頭で無理と思っていたら体が受け付けなくかえって危険では??) 危険か否かは色々賛否両論あると思いますが自分でじっくり調べたうえで正しい知識のもとに入れば問題ないかと思います。 これは普段から水風呂に入っている人は「きもちいい!」 入っていない人は「信じられない」ってなものです。 でも、私の周りで入り方を伝授した後、水風呂にはまった友人は何名かおります。 ユーザーID: 9237345065• 我が家にはサウナがあります きっと水風呂賛成の方からレクチャーを受けるのだろうなと思っていましたが、意外とたくさんの方が私と同意見と知って逆にびっくしりました。 たしかに水風呂に入るのは年配者が80パーセントぐらいなような気がします。 感覚が鈍っているから入れるのだとしたら怖いですね・・・。 運動をした後は冷やすといいとは思うので足までは入れていると確かに気持ちいいと感じるところはあるのですが、あまりにも「ざぶーんっ!!!」と入っている人を見ると入れない私のほうがどこかおかしいのだろうか?とまで思ってしまっていました。 とりあえず一安心しました。 無理せずほどほどにしていこうと思っています。 ありがとうございまいました! ユーザーID: 4313773096• 気持ちよくてやめられなくなる 水風呂、おすすめします。 熱い・冷たいをくり返すことで血流がとてもよくなり、アンチエイジングにも効果があります。 水風呂に入るコツは、少しずつ慣らすことです。 サウナやお風呂でまずはよく体を温めて、冷たい水をまずは足元に。 そして太もも、手、腕等々、心臓から遠い部分から慣らしていきます。 そして最後は足だけ水風呂に浸かったりできれば、いいですね。 はじめは全身浸かる必要はありません。 足や手だけでも水をかけてみて下さい。 ちなみに最後は体を温めてお風呂から上がって下さい。 水風呂で終了すると、体が冷え、免疫が下がり、間違いなく風邪をひきます。 ユーザーID: 5366391201• 慣れです!.

次の