パートナーシップ で 目標 を 達成 しよう。 「SDGs 17.パートナーシップで目標を達成しよう」の取り組み事例5選!

みんなのSDGs目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」

パートナーシップ で 目標 を 達成 しよう

持続可能な開発目標・SDGsとは SDGs 持続可能な開発目標 とは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、2015年9月に行われた国連サミットにて掲げられた、2030年までに 国際社会における世界全体で協力して達成するべき開発目標について記されたものです。 「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記されたSDGsは、2000年9月から2015年9月までの開発目標である、8つの達成するべき目標を掲げているMDGs ミレニアム開発目標 から引き続いています。 発展途上国及び先進国、世界全体が一丸となって貧困や飢餓、健康と教育など、 地球上のあらゆる問題に対して誰一人として取り残さずに目標を達成させることがSDGsの目的です。 SDGsは17のゴールと、169のターゲットによって構成されています。 17のゴールは現在地球上にある問題それぞれを示し、169のターゲットは17の問題それぞれを解決するために、具体的に何をするべきかが記されています。 それではまず、17のゴールそれぞれを見てみましょう。 貧困をなくそう• 飢餓をゼロ• すべての人に健康と福祉を• 質の高い教育をみんなに• ジェンダー平等を実現しよう• 安全な水とトイレを世界中に• エネルギーをみんなに、そしてクリーンに• 働きがいも経済成長も• 産業と技術革新の基盤を作ろう• 人や国の不平等をなくそう• 住み続けられるまちづくりを• つくる責任、つかう責任• 気候変動に具体的な対策を• 海の豊かさを守ろう• 陸の豊かさを守ろう• 平和と公正をすべての人に• パートナーシップで目標を達成しよう (出典:国際開発センター公式サイト) 169のターゲットすべてについてはここでは書きませんが、本記事では目標17である「パートナーシップで目標を達成しよう」について詳しく見ていきます。 SDGsの目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の内容とターゲット 目標17である、「パートナーシップで目標を達成しよう」のゴールは、 「持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する」ことです。 その目標達成のために何を行うべきか、記されているターゲットすべてを、資金、技術、能力構築、貿易、政策・制度的整合性、マルチステークホルダー・パートナーシップ、データ、モニタリング、説明責任とテーマごとに分けて見ていきましょう。 資金 17. 1 課税及び徴税能力の向上のため、開発途上国への国際的な支援なども通じて、国内資源の動員を強化する。 2 先進国は、開発途上国に対するODAをGNI比0. 15~0. ODA供与国が、少なくともGNI比0. 3 複数の財源から、開発途上国のための追加的資金源を動員する。 4 必要に応じた負債による資金調達、債務救済及び債務再編の促進を目的とした協調的な政策により、開発途上国の長期的な債務の持続可能性の実現を支援し、重債務貧困国(HIPC)の対外債務への対応により債務リスクを軽減する。 5 後発開発途上国のための投資促進枠組みを導入及び実施する。 技術 17. 6 科学技術イノベーション(STI)及びこれらへのアクセスに関する南北協力、南南協力及び地域的・国際的な三角協力を向上させる。 また、国連レベルをはじめとする既存のメカニズム間の調整改善や、全世界的な技術促進メカニズムなどを通じて、相互に合意した条件において知識共有を進める。 7 開発途上国に対し、譲許的・特恵的条件などの相互に合意した有利な条件の下で、環境に配慮した技術の開発、移転、普及及び拡散を促進する。 8 2017年までに、後発開発途上国のための技術バンク及び科学技術イノベーション能力構築メカニズムを完全運用させ、情報通信技術(ICT)をはじめとする実現技術の利用を強化する。 能力構築 17. 9 全ての持続可能な開発目標を実施するための国家計画を支援するべく、南北協力、南南協力及び三角協力などを通じて、開発途上国における効果的かつ的をしぼった能力構築の実施に対する国際的な支援を強化する。 貿易 17. 1 ドーハ・ラウンド(DDA)交渉の受諾を含むWTOの下での普遍的でルールに基づいた、差別的でない、公平な多角的貿易体制を促進する。 11 開発途上国による輸出を大幅に増加させ、特に2020年までに世界の輸出に占める後発開発途上国のシェアを倍増させる。 12 後発開発途上国からの輸入に対する特恵的な原産地規則が透明で簡略的かつ市場アクセスの円滑化に寄与するものとなるようにすることを含む世界貿易機関(WTO)の決定に矛盾しない形で、全ての後発開発途上国に対し、永続的な無税・無枠の市場アクセスを適時実施する。 制度・政策 17. 13 政策協調や政策の首尾一貫性などを通じて、世界的なマクロ経済の安定を促進する。 14 持続可能な開発のための政策の一貫性を強化する。 15 貧困撲滅と持続可能な開発のための政策の確立・実施にあたっては、各国の政策空間及びリーダーシップを尊重する。 マルチステークホルダー・パートナーシップ 17. 16 全ての国々、特に開発途上国での持続可能な開発目標の達成を支援すべく、知識、専門的知見、技術及び資金源を動員、共有するマルチステークホルダー・パートナーシップによって補完しつつ、持続可能な開発のためのグローバル・パートナーシップを強化する。 17 さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。 データ、モニタリング、説明責任 17. 18 2020年までに、後発開発途上国及び小島嶼開発途上国を含む開発途上国に対する能力構築支援を強化し、所得、性別、年齢、人種、民族、居住資格、障害、地理的位置及びその他各国事情に関連する特性別の質が高く、タイムリーかつ信頼性のある非集計型データの入手可能性を向上させる。 19 2030年までに、持続可能な開発の進捗状況を測るGDP以外の尺度を開発する既存の取組を更に前進させ、開発途上国における統計に関する能力構築を支援する。 (出典:国際開発センター公式サイト) この無料支援は、「 自由と尊厳が平等に守られる世界をめざして」活動している「 公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本」に10円の支援金として贈られます。 日本企業でも高まるSDGsへの関心 目標17である「パートナーシップで目標を達成しよう」の達成のために、世界中の市民、企業、政府、学術界などが自発的なコミットメント・活動を促進することを目指しています。 しかし2030年までに目標達成するには、 年間2兆5000億ドルもの資金が不足していると、国連貿易開発会議が算出しています。 その資金を集めるためには、世界中の国々の協力が必要ですが、低所得国はそもそも税収基盤が弱く、微税能力も低いため 支援によって強化することが重要です。 そのため、海外からの民間投資に期待が高まっており、近年では日本企業もミャンマーやカンボジア、バングラデシュといった 後発開発途上国への進出が続いています。 2015年にSDGsが採択されて以降、 日本の企業もSDGsの目標達成のための活動が加速しています。 経団連は社会全体を革新的技術を最大限活用することによって最適化された未来社会「Society5. 0」を掲げ、その実現のためSDGsの目標達成を柱として 企業行動憲章を改定しました。 他に経済相はSDGsを経営戦略に組み込むことを奨励し、証券業界もSDGsを推進するべく相談会を立ち上げています。 製造業ではISOを基に、CSR 社会的責任 調達ガイドラインを早期に作成し、電子業界も大手企業が多数参加し、責任ある企業同盟 RBA を行動規範として定めたりと、 SDGsの目標達成のために多くの日本企業が社会貢献活動を行っています。 (出典:国際開発センター公式サイト) 私たちにもできることを考え、無理なく続けていこう SDGsの目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」のために私たちができることは、SDGsに積極的に参加している団体に所属したり、少額でも募金を行ったり、たとえ 小さなことでも自分でできることを考え、無理のない範囲で地道に行動していくことではないでしょうか。 何よりもまずSDGsの掲げる目標それぞれに興味を持つことも私たちができることの第一歩といえるでしょう。

次の

持続可能な開発目標・SDGsの目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」のターゲットや現状は?

パートナーシップ で 目標 を 達成 しよう

また、国連に加盟している193ヵ国が一丸となって取り組むこのSDGsの在り方こそ、この17番目のゴールを体現しているともいえます。 この記事では、そうした「パートナーシップで目標を達成しよう」 について分かりやすく解説しています。 実は17つの中で最も複雑なこの目標。 少しでも身近に感じたい人は、ぜひ読んでみてください。 SDGs 17「パートナーシップで目標を達成しよう」とは? このゴールは、他の16つのゴールが課題の分野ごとに整理されているのに対し、課題解決の手段を提示するような内容となっています。 その手段とは、 「各々に異なるコミュニティがもつ力を共有し、協力関係によって価値を最大限する」というものです。 具体的には、資金や技術、知識、データなどを共有することや、各々の政策に一貫性をもたせること、貿易体制といった協力関係において有効で公平な関係を築くことなどが挙げられます。 そしてこうしたパートナーシップ戦略を推進し、強化していく動きも期待されています。 それは国家間に限らず、企業や市民などあらゆる単位で導入することが求められており、SDGsを2030年までに達成するにあたって重要なゴールとなっています。 SDGs 17「パートナーシップで目標を達成しよう」が必要な理由 この目標が不可欠な理由は、大きく2つです。 それは、 SDGsが世界全体で取り組まれている目標であること、そして 向き合っている課題が複雑なことにあります。 もしある国や地域で課題が達成されたとしても、地球上のどこかに達成できていない地域があればSDGsは達成されたことにはなりません。 そのうえ、いざ目標達成のために課題に取り組むとしても、先進国と発展途上国では前提が異なります。 各国が各々に取り組んでしまうと、先進している国に比べ発展段階にある国は、どうしても課題解決に遅れをとってしまいます。 つまり比較的豊かな国がそうでない国を支援しながら進むことは、世界全体で目標の達成に向かう近道なのです。 そして私たちが取り組む課題は、世界中のあらゆる事象が複雑に絡み合って発生しています。 そのため、1人では決して解決することができないのです。 その上で、パートナーシップを促進するこのゴールは重要な役割を果たしています。 SDGs 17「パートナーシップで目標を達成しよう」 世界の課題を2030年までに解決しようと掲げられたSDGs。 壮大なこの目標を1人で解決することはもちろん難しいです。 しかし私たち1人1人が力を合わせ、その繋がりが国境までも越えたとき、実現への道は格段に近くなります。 人によっては「パートナーシップ」と聞くと、少し遠くに感じてしまうかもしれません。 しかし、身近に感じる問題を家族や友達と話すこと、知っている事実を共有することなど、こうした行動も パートナーシップへの一歩だと考えられます。 「なるほどSDGs」でも、より多くの人にSDGsを身近に感じてもらえるよう、具体的な取り組み情報を届けようと運営しています。 「あなた」と「なるほどSDGs」でのパートナーシップ。 ぜひ本記事をきっかけに、一緒にSDGsを達成しませんか。

次の

2020年2月完全版!【SDGs 17.パートナーシップで目標を達成しよう】はどう実践する?

パートナーシップ で 目標 を 達成 しよう

SDGs(持続可能な開発目標)について理解したい。 教科書的な講釈はもういいから、事業で使えるように事例で学びたい! そういったご要望に以下の内容でお答えします。 SDGsの 目標17(パートナーシップで目標を達成しよう)の具体的な内容• 目標17に関する企業の 取り組み事例3つ 企業の取り組み事例に力を入れているので,記事を読み終えると, SDGsの 目標17を 実践的に理解できます。 『パートナーシップ』ってフワッとした言葉なので,実例を見ないと想像が難しいと思います。 実践的に理解することで、 事業提案に活かすヒントが見つかったり,ディスカッションに深みが増しますよ。 SDGsにピンと来ない方は,ひとまずこの動画で勢いをつけてからどうぞ。 チームプレイのビル建設 施主,設計会社,銀行,工事会社,保険会社,運送会社…など,会社同士の協力(パートナーシップ)があってはじめてビル工事は完了します。 会社の中を見ても,工事会社には配筋,コンクリート,塗装,測量,鉄骨など,役割が細分化されており,各職種の協力(パートナーシップ)によって『工事』の部分を担います。 銀行は鉄骨を組み付けることなんてできませんし,運送会社が資金を貸し付けることもできません。 それぞれのプレーヤーが持ち味を生かして協力し合うことでビル工事が完了するのです。 SDGsも同じです。 ある地域に綺麗な水を供給したい場合(ですね!)を考えてみます。 控え目に見ても,上下水道ともに以下の会社が国籍問わずに協力(パートナーシップ)し合う必要があります。 水源のある山地を所有する国や地域• 事業性評価や環境影響評価ができる建設コンサルティング会社• 水理設計ができるエンジニアリング会社• 工事会社• 材料のサプライヤー• 現地の監督官庁 どの役割が欠けても,水道工事は完了しません。 1つの国や会社が頑張れば解決するような問題であれば,とっくの昔に解決しており,SDGsなんて作られていません。 複数の関係者が知恵を出し合って協力し合うことで,SDGsの各目標は達成されます。 SDGsは, 協力(パートナーシップ)を前提として作られているのです。 SDGsの目標17の【具体的内容】 5Psの中の目標17の位置づけ 目標17は、 5Psの中の『 協力 Partnership 』に深く関係しています。 SDGsには 5つの柱があり,僕は 5Ps(ファイブ・ピーズ)と呼んでいます。 具体的には,以下の5つです。 People 人• Prosperity 繁栄• Planet 地球• Peace 平和• Partnership 協力 SDGsの17個の目標は,この5Psのどれかの分野に関するものです。 目標17は『 Partnership 協力 』に該当します。 5Psについては別の記事でしっかり説明したので,興味があればぜひお読みください。 SDGsの目標17~パートナーシップで目標を達成しよう SDGsの目標17『パートナーシップで目標を達成しよう』 SDGsの 目標 17は『 パートナーシップで目標を達成しよう』です。 ロゴの英語版では『 Partnership for the Goals』(パートナシップ・フォー・ザ・ゴールズ)と書かれています。 直訳すると『 (SDGsの各)目標のための協力』ですかね。 SDGs宣言文のでは以下の通りに書かれています。 Strengthen the means of implementation and revitalize the global partnership for sustainable development 『 持続的な開発のため,実行手段を強化し, 世界的な協力 パートナーシップ を活性化させる』と訳してみます。 目標17の19個のターゲット SDGs-目標-ターゲットの関係 SDGsには 17個の目標から成り立ち,17個の目標は 169個のターゲットから成り立っています。 階層構造ですね。 SDGsの 目標17をさらに具体的な達成目標に分解すると,以下の 19個のターゲットになります。 19個は全目標の中で 最多ですね~! 区分 No. 内容 資金 17. 1 課税及び徴税能力の向上のため、開発途上国への国際的な支援なども通じて、国内資源の動員を強化する。 2 先進国は、開発途上国に対するODAをGNI比0. 15~0. ODA供与国が、少なくともGNI比0. 3 複数の財源から、開発途上国のための追加的資金源を動員する。 4 必要に応じた負債による資金調達、債務救済及び債務再編の促進を目的とした協調的な政策により、開発途上国の長期的な債務の持続可能性の実現を支援し、重債務貧困国(HIPC)の対外債務への対応により債務リスクを軽減する。 5 後発開発途上国のための投資促進枠組みを導入及び実施する。 技術 17. 6 科学技術イノベーション(STI)及びこれらへのアクセスに関する南北協力、南南協力及び地域的・国際的な三角協力を向上させる。 また、国連レベルをはじめとする既存のメカニズム間の調整改善や、全世界的な技術促進メカニズムなどを通じて、相互に合意した条件において知識共有を進める。 7 開発途上国に対し、譲許的・特恵的条件などの相互に合意した有利な条件の下で、環境に配慮した技術の開発、移転、普及及び拡散を促進する。 8 2017年までに、後発開発途上国のための技術バンク及び科学技術イノベーション能力構築メカニズムを完全運用させ、情報通信技術(ICT)をはじめとする実現技術の利用を強化する。 能力構築 17. 9 全ての持続可能な開発目標を実施するための国家計画を支援するべく、南北協力、南南協力及び三角協力などを通じて、開発途上国における効果的かつ的をしぼった能力構築の実施に対する国際的な支援を強化する。 貿易 17. 1 ドーハ・ラウンド(DDA)交渉の受諾を含むWTOの下での普遍的でルールに基づいた、差別的でない、公平な多角的貿易体制を促進する。 11 開発途上国による輸出を大幅に増加させ、特に2020年までに世界の輸出に占める後発開発途上国のシェアを倍増させる。 12 後発開発途上国からの輸入に対する特恵的な原産地規則が透明で簡略的かつ市場アクセスの円滑化に寄与するものとなるようにすることを含む世界貿易機関(WTO)の決定に矛盾しない形で、全ての後発開発途上国に対し、永続的な無税・無枠の市場アクセスを適時実施する。 政策・制度的整合性 17. 13 政策協調や政策の首尾一貫性などを通じて、世界的なマクロ経済の安定を促進する。 14 持続可能な開発のための政策の一貫性を強化する。 15 貧困撲滅と持続可能な開発のための政策の確立・実施にあたっては、各国の政策空間及びリーダーシップを尊重する。 マルチステークホルダー・パートナーシップ 17. 16 全ての国々、特に開発途上国での持続可能な開発目標の達成を支援すべく、知識、専門的知見、技術及び資金源を動員、共有するマルチステークホルダー・パートナーシップによって補完しつつ、持続可能な開発のためのグローバル・パートナーシップを強化する。 17 さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。 データモニタリング,説明責任 17. 18 2020年までに、後発開発途上国及び小島嶼開発途上国を含む開発途上国に対する能力構築支援を強化し、所得、性別、年齢、人種、民族、居住資格、障害、地理的位置及びその他各国事情に関連する特性別の質が高く、タイムリーかつ信頼性のある非集計型データの入手可能性を向上させる。 19 2030年までに、持続可能な開発の進捗状況を測るGDP以外の尺度を開発する既存の取組を更に前進させ、開発途上国における統計に関する能力構築を支援する。 一般的な知識はここまでにしましょう。 目標17を 実践的に理解するために、 企業の 取り組み事例を見ていきます。 SDGsの目標17【企業の取り組み事例3つ】 今回ご紹介するのは、以下の3つの企業・団体の取り組みです。 株式会社オオスミ• 株式会社ケイ・ウノ• 今回ピックアップした取り組みは,『 めんそーれ沖縄地域連携ネットワーク協議会』です。 協議会の目的は, 難病児及び障害児の受け入れを目的とした地域連携ハブ拠点のモデル作りです。 参加者は以下の29団体です。 沖縄県の企業• 非営利団体• 福祉関係者• 医療関係者• 学生 etc. SDGsの 目標17を考えると,同財団の取り組みは ターゲット17. 17の達成に貢献すると考えられます。 また, 目標 17に関する 企業の 取り組みとして以下をご紹介しました。 オオスミ:海外における環境調査• マーケとエンタープライズ:エネジュエリーを利用したクラウドファンディングにでネパールに軽水力発電機を提供• 難病の子どもとその家族へ夢を:めんそーれ沖縄地域連携ネットワーク協議会 本記事を通して,SDGs達成への取り組みがどういうものか,イメージを持っていただけたら嬉しいです。

次の