なぎさ 公園 プール。 鵠沼海浜公園スケートパーク

なぎさ公園プールの天気

なぎさ 公園 プール

なぎさ公園プールの駐車場や料金、混雑情報 なぎさ公園プールの紹介です。 ~営業時間と入場料金~ 営業期間は、7月中頃~8月31日まで。 営業時間は、9時から16時。 二交代制になっています。 9時から12時、1時間休憩、13時から16時です。 利用料金は、大人320円・小人210円になります。 ~プールなど種類~ 1.大プール 25mプールです。 2.幼児プール 子供が遊べる幼児プールです。 深さは、10cm、30cm、60cmと分かれています。 割引券などの有無 特にありません。 売店や食事 特にありません。 お盆などの混み具合 気になるのが、混み具合です。 平日は、特に混雑しません。 休日(お盆含む)は、平日より人がいます。 しかし、遊べないほどではありません。

次の

鵠沼海浜公園スケートパーク

なぎさ 公園 プール

大津市営プール一覧 2016年現在、大津市には12か所の市営プールがあります。 (広報おおつ 平成28年7月1日号より)• このうち、皇子が丘公園プール、富士見市民温水プール、 におの浜ふれあいスポーツセンターは冬場でも開いています。 ほかのプールは夏休み期間だけ開いています。 なぎさ公園プールの場所 なぎさ公園プールは大津市由美浜にあります。 洋服の青山の向かいあたりがプールです。 なぎさ公園にあるのだろうとは思っていましたが 正確な位置は判っていませんでした。 この建物がなぎさ公園プールの受付と更衣室になっています。 隣はドイツレストランヴュルツブルクです。 なぎさ公園プールの基本情報 期間 2016年の一般公開は7月20日から8月31日です。 開館時間 午前中は9時~12時、午後は13時~16時で入替制だそうです。 入場料 入場料は大人320円、中学生以下と65歳以上の高齢者は210円です。 0歳児から入場料がかかると書いてありました。 プールに入らない付き添いの人も入場券が必要です。 駐車場 なぎさ公園にサンシャインビーチ駐車場が併設しています。 駐車料金は以下のとおり。 1時間まで 210円• 2時間まで 320円• 3時間まで 430円• 3時間以降30分あたり210円 ロッカー 更衣室には温泉の脱衣所のような鍵のかからない棚はあります。 貴重品はコインロッカーに入れておいた方が良いでしょう。 コインロッカー代は50円で、返却されません。 持ち込みできるもの 浮き輪やビーチボールなどの遊具はOKです。 1メートルを超える大きな遊具や、パラソルはNGとのことでした。 プールサイドに荷物が置けるので、 飲み物やタオルなどは持って入るのがおすすめです。 来ている人の服装 水泳帽はあってもなくてもいいみたいです。 子どもはかぶっていましたが、大人はかぶっていない人がほとんどでした。 ラッシュガードを着ている人も多かったです。 たしかにプールサイドにいただけででもかなり日焼けしました。 なぎさ公園プールの施設 内部は撮影禁止ということで、写真は撮っていません。 プールが2つあるだけで、スライダーなどの遊具はありません。 大プール オーソドックスな25mプールで、水深は1. 1m~1. 3mです。 「大プールは深いよ!」という注意喚起の看板があります。 コースロープは張っていません。 自由に遊んでいるため、25m泳ぐには人の隙間を縫って泳ぐことになります。 幼児プール 1つのプール内で水深が異なり、10cm、30cm、60cmのゾーンがあります。 一番浅いところには水が降り注ぐシャワーのような噴水があります。 3歳の娘は初プールだったので最初は怖がっていましたが、 しばらく経ったら浮き輪に乗って楽しそうにしていました。 なぎさ公園プールの感想 夏休み中なので混んでいるかと思いましたが、それほどではありませんでした。 ガラガラというほどではないけれど、まぁまぁ人がいるという感じです。 ほとんどが子ども連れでした。 設備は古く、昔ながらの市民プールといった雰囲気です。 小さな子どもでものんびり水遊びできる点はいいと思いました。 におの浜ふれあいスポーツセンターのプールについてはこちらでレポートしています。

次の

なぎさ公園小学校

なぎさ 公園 プール

大津市営プール一覧 2016年現在、大津市には12か所の市営プールがあります。 (広報おおつ 平成28年7月1日号より)• このうち、皇子が丘公園プール、富士見市民温水プール、 におの浜ふれあいスポーツセンターは冬場でも開いています。 ほかのプールは夏休み期間だけ開いています。 なぎさ公園プールの場所 なぎさ公園プールは大津市由美浜にあります。 洋服の青山の向かいあたりがプールです。 なぎさ公園にあるのだろうとは思っていましたが 正確な位置は判っていませんでした。 この建物がなぎさ公園プールの受付と更衣室になっています。 隣はドイツレストランヴュルツブルクです。 なぎさ公園プールの基本情報 期間 2016年の一般公開は7月20日から8月31日です。 開館時間 午前中は9時~12時、午後は13時~16時で入替制だそうです。 入場料 入場料は大人320円、中学生以下と65歳以上の高齢者は210円です。 0歳児から入場料がかかると書いてありました。 プールに入らない付き添いの人も入場券が必要です。 駐車場 なぎさ公園にサンシャインビーチ駐車場が併設しています。 駐車料金は以下のとおり。 1時間まで 210円• 2時間まで 320円• 3時間まで 430円• 3時間以降30分あたり210円 ロッカー 更衣室には温泉の脱衣所のような鍵のかからない棚はあります。 貴重品はコインロッカーに入れておいた方が良いでしょう。 コインロッカー代は50円で、返却されません。 持ち込みできるもの 浮き輪やビーチボールなどの遊具はOKです。 1メートルを超える大きな遊具や、パラソルはNGとのことでした。 プールサイドに荷物が置けるので、 飲み物やタオルなどは持って入るのがおすすめです。 来ている人の服装 水泳帽はあってもなくてもいいみたいです。 子どもはかぶっていましたが、大人はかぶっていない人がほとんどでした。 ラッシュガードを着ている人も多かったです。 たしかにプールサイドにいただけででもかなり日焼けしました。 なぎさ公園プールの施設 内部は撮影禁止ということで、写真は撮っていません。 プールが2つあるだけで、スライダーなどの遊具はありません。 大プール オーソドックスな25mプールで、水深は1. 1m~1. 3mです。 「大プールは深いよ!」という注意喚起の看板があります。 コースロープは張っていません。 自由に遊んでいるため、25m泳ぐには人の隙間を縫って泳ぐことになります。 幼児プール 1つのプール内で水深が異なり、10cm、30cm、60cmのゾーンがあります。 一番浅いところには水が降り注ぐシャワーのような噴水があります。 3歳の娘は初プールだったので最初は怖がっていましたが、 しばらく経ったら浮き輪に乗って楽しそうにしていました。 なぎさ公園プールの感想 夏休み中なので混んでいるかと思いましたが、それほどではありませんでした。 ガラガラというほどではないけれど、まぁまぁ人がいるという感じです。 ほとんどが子ども連れでした。 設備は古く、昔ながらの市民プールといった雰囲気です。 小さな子どもでものんびり水遊びできる点はいいと思いました。 におの浜ふれあいスポーツセンターのプールについてはこちらでレポートしています。

次の