ジェフ バックリィ。 ジェフ・バックリィが『Grace』の録音で使用したギターをミューズのマシュー・ベラミーが購入 次回作で使用予定

ジェフ・バックリィ生前唯一のオリジナル・アルバム「Grace」初の廉価版が本日発売。|MUSIC|Bigmouth WEB MAGAZINE|ビッグマウス ウェブ マガジン

ジェフ バックリィ

まえむきはこんらんしている! まえむきは100のダメージをうけた! まえむきはさらにこんらんしている! ! まえむきはしんでしまった! そんな毎日です。 こんにちは。 本当に混乱しています。 自分は何なのか・・。 この先どうなるのか・・・ 自分は神なのか・・・悪魔なのか・・・そうか、天使かも? そうだ僕は天使。 アンジェル。 英語風にいうとアンジェルですよね。。 今日は本当にこんな感じで「雪降ったけどあえて外出しよう」と思って、外に出ました。 歩かなきゃと。 雪が夜に降ったのは明白だったので長靴を履いていきました。 そしたらあまり積もっていなくて、長靴で足が重くて「これはだめかな」と思い「いつもだめだな」と思ってしまい、またうつな散歩が始まりました。 今日は天気が良くて、日差しが強くてそれは良かったですがやはり寒いです。 そして相変わらずの鬱くしさ。 僕は「音楽を聴こうかな」と思いました。。 天使の声。 ブログに書きました。 死んだ人・。 「そういえば死んだ男性シンガーソングライター他にもいたな」と気づきました。 なかなか思いつかなかったのですが頭に「ティム・バックリー」という名前がうかびました。 ああ、あれだ。 帰ってさっそく聴いてみました。 アルバムが沢山あって、とりあえず適当に聴いたのですが、サウンドが明らかに現代ではない。 サイケだし、アルバム年代が「1968」とか書いてあります。 「あれ」と思ったら勘違いをしていることに気づきました。 しかもで調べて>< 「ティム・バックリー」は「 」の実のでした。 そしてティム父は29歳で自殺しています。 そしては30歳で死にました。 1997年です。 どうでもいいですが僕はその時20歳でした。 短大かその次の専門か、その頃です。 確か亡くなってから彼の存在を知った気がします。 かなり前かもしれない。 正直、今日、聴いてびっくりしました。 唯一残された「Grace」というアルバム。 ジャケットは見覚えがあるような、ないような。 タイトルも。。 あんまり記憶になかった。 でも、1曲目を聴いた途端、「あれ」と思い出したのです。 「 pin」という変なタイトルにメロディ。 声、聴いたことがあるはずなのに、記憶の中からは完全に消えていた、でも覚えている。 変な感じです。 いろんな音楽を雑多に聴くので、忘れてしまうことはよくあるけれども、こんな気持ちは初めてです。 自分が97年以降、いつ聴いたのか。 覚えていない。 どんなときに聞いたのか、どんなことを感じたのか。 でも、聞いたら、覚えている。 どうでもいいことだけど、気になります。 自分はもしかして「喪失した」記憶があるのではないかと。 それが哀しいことだったら思い出したくないけど、良いこと、忘れたらもったいないことだったらどうしよう。 こんらんしている! 不安です。 と、いうのも僕には前科があります。 つい最近、去年、僕はものすごく精神的なダメージを受けたことがありました。 その日以降のことを、全く覚えていないです。 「今、回復したー」と思った日もありません。 こんなこと書いている今も疑わしいですが、頭の中の記憶なんか、当てになりません。 人体の神秘です。 病院の先生にもそういうことを相談しました。 やはり「一時的なショックで記憶をなくすことがある」とのことです。 その「ショックだったこと」は忘れたいのでいいのだけれど。 を聴いていたことをすっかり忘れている。 構成もメロディも、一度聞いたら頭の中で回復したのに。 思い出したら、素敵なこと、忘れていたら・・・。 好奇心で彼について調べてると、どこもかしこも「天使の声と称される」と記載されています。 そんなに天使かなあ? 僕にとっては「悪魔の声」に聴こえます。 において、神と悪魔は表裏一体です。 キリスト芸術がそれを表しています。 僕は徒ではありません。 どちらも信じません。 でも、自分の中の悪魔的なものを呼び寄せる声、なのです。 彼の声は。 でも、やはり悲しげ、そして切ない、そして死にたそう。 彼の死因は溺死です。 でも、だったり、「彼は死にたがっていた」という友人の証言もあったそうです。 やっぱり死にたかったのかな〜悲痛なのです。 これを天使の声だなんていうのは残酷すぎる。 彼が生存中に「君は天使の声だ」と賞賛されていたのか、僕は知りませんが、「ジェフ君の声は天使のようだね」と言われたら「ありがとう。 ファック」と言ったに違いない。 それは僕の妄想です。 僕から言わせると、同じ「天使の声」でも、それぞれ歌唱力の質が違い、の方が歌唱スキルが高いです。 なので饒舌であり、間口が広く、それが人の心を捉えたのでしょう。 また、アルバム1枚で死んでしまった。 そのことも、大きい。 やはり。 命の短長で物事を図ってはいけないとわかってはいるけど。 もし今も生きていたら、それも言ってはいけないことだけれど、本当のことです。 各レビューサイトによると「Hallelujah」という曲が賞賛されています。 この曲はのカバーです。 とくにいじることもなく、そのままカバーしています。 の方をののプログラムとして使用した人がいます。 イタリアの偉大なスケーター、。 銅メダルの人です。 "Maybe there's a God above But all I've ever learned from love Was how to shoot somebody who outdrew ya And it's not a cry that you hear at night It's not somebody who's seen the light It's a cold and it's a broken Hallelujah" それは冷たく、壊れたハレルヤ。 の歌詞ですが、すごく思わせぶりで、詩的です。 彼、ジェフの声にも合っています。 苦悩に満ちている。 苦悩の天使の声。。 ハレルヤの声で締めようと思ったけど、止めます。 ここまで読んでくれてありがとう! maemuki.

次の

ティム・バックリィの評価の高い名盤ランキング TOP 3

ジェフ バックリィ

が唯一のスタジオ・アルバム『Grace』のレコーディングで使用していたギターを、のが購入していたことが判明。 マシューが米国のギター誌Guitar Worldのインタビューの中で明らかにしています。 このギターは1983年製ブロンドUSAフェンダー・テレキャスター(1983 blonde USA Fender Telecaster)。 マシューはインタビューの中で 「言わなきゃいけないことがあるんだけど、ジェフ・バックリィがアルバム『Grace』のレコーディングで使っていたギターを買ったんだ」 「冗談じゃないよ!絶対に本物ものであることを確認するために、彼の家族やいろいろな人に話を聞いて、僕のチーム全員が慎重に調査した。 マシューは飾るために購入したのではなく「実際に使ってみたいと思って購入した。 それが彼が望んでいたことだと信じたい」と話しています。 実際、すでにレコーディングに使用しており、次のミューズのアルバムでもフィーチャーする予定です。 マシューは 「実はもう使ったことがあるんだ。 Jaded Hearts Clubのカヴァー曲で使っている。 次のミューズのアルバムでも使ってみたいと思っているよ」 「歴史があって、彼の偉大さを少しだけでも感じられるのはすごいことだと思う。 唯一の問題は、これを演奏するのに十分な曲をまだ書いていないことだ よ!(笑)。 だから、今はプレッシャーがかかっているんだ」 またライヴで使用するのかと尋ねられたマシューは 「今のところスタジオギターだと思う。 いつか何かのために持ち出すかもしれないけど」 と当面はスタジオ・ギターとして使用していくと述べています.

次の

ジェフ・バックリィの『Grace』、25周年を記念し初のオリジナル1CDでの廉価盤発売

ジェフ バックリィ

来歴 [ ] 生まれ。 一家は、様々な場所を転々とした末、1956年にに移る。 10月に結婚。 この頃はバーやナイトクラブで歌っていたが、2月5日にのドラマー、と出会う。 ジミーを介して、マザーズのマネージャーのハーブ・コーエンと出会い、ハーブがティムのマネージャーとなる。 8月にはとの契約を得る。 1966年10月に離婚。 この時妻が身ごもっていた子が、であった。 1966年12月、デビュー・アルバム『Tim Buckley』発表。 同作には等が参加。 のセカンド・アルバム『Goodbye and Hello』は、誌アルバム・チャートへのチャート・インを果たす。 『Goodbye and Hello』収録曲「Morning Glory」は、のデビュー作『子供は人類の父である』(1968年)や、、にカヴァーされた。 、TVシリーズ『』にゲスト出演。 発表のサード・アルバム『Happy Sad』は、全米81位に達し、ティム最大のヒット作となった。 、ストレイト・レコードに移籍。 アルバム『Greetings from L. 』(1972年)では、大編成のバック・バンドを従えて色を強める。 同作発表後、マネージャーのハーブ・コーエンが設立したレーベル、DiscReetに移る。 アルバム『Sefronia』(1973年)では、当時まだデビューしたばかりだったの楽曲「マーサ」をカヴァー(トムもハーブ・コーエンとマネージメント契約を結んでいた)。 生前最後のアルバムとなった『Look at the Fool』(1974年)発表後、ハーブとの契約を解消し、以後はライヴを中心に活動。 1975年3月には、当時8歳だった息子と会っている。 6月29日、で没。 死因はの。 バックリィ主演で予定されていた映画ウディ・ガスリー/わが心のふるさと 1976 は、代役にデヴィッド・キャラダインを配し制作された。 没後 [ ]• の映画『帰郷』のサウンドトラックで、アルバム『Goodbye and Hello』からの楽曲「Once I Was」が使用された。 には、映画『』で『Starsailor』からの楽曲「Song to the Siren」が使用された。 、 がシングル「This Mortal Coil」で「Song to the Siren(邦題:警告の歌)」を。 この曲は翌年発売されたアルバム「It'll End in Tears(邦題:涙の終結)」にも収録されている。 さらに、同じくディス・モータル・コイルがアルバム「Filigree and Shadow(邦題:銀細工とシャドー)」で、アルバム『Goodbye and Hello』からの楽曲「Morning Glory」をカバーしている。 以降、多くの未発表ライヴ音源が発表された。 4月、でティムのトリビュート・コンサートが行われる。 この時、デビュー前のがシークレット・ゲストとして登場し、「I Never Wanted to be Your Mountain」「Once I Was」を歌った。 イギリスのバンド、は、ティムからの影響を公言し、バンド名の由来もティムのアルバム『Starsailor』。 ディスコグラフィー [ ] 生前発表の作品 [ ]• Tim Buckley(1966年)• Goodbye and Hello(1967年)• Happy Sad(1969年)• Blue Afternoon(1970年)• Lorca(1970年)• Starsailor(1970年)• Greetings from L. (1972年)• Sefronia(1973年)• Look at the Fool(1974年) ライヴ・アルバム [ ]• Dream Letter: Live in London 1968(1990年)• Peel Sessions(1991年)• Live at the Troubadour 1969(1994年)• Honeyman: Live 1973(1995年)• Once I Was(1999年)• Copenhagen Tapes(2000年) 脚注 [ ].

次の