トミー リン セルズ。 ダイアン推理小説作家のセルズとの手紙内容全文!経歴wikiと学歴も

King&Prince高橋海人、デビューはジャニーさんに直談判「人生が変わりました」

トミー リン セルズ

トミーリンゼルズの生い立ち トミーリンセルズは1964年6月28日カリフォルニア州オークランドに双子として誕生しました。 双子の妹タミーのほかに兄2人弟3人がおり、父親は保険代理人のウィリアム・セルズ。 がしかし、実父は中古車販売店のセールスマン、ジョー・ラビンズだと見られている。 実父ジョーはウィリアムがお金に困っているときに助けてくれた恩人であり、その見返りとして妻のニーナを差し出し、双子が誕生したとの事。 子供向けの健康保険を取り扱っていたウィリアムは保険給付金目当てで双子を自分の子供として育てることに。 複雑な家庭で育ったトミーはわずか7歳で不登校になってしまったが、妻ニーナは心配することもなく放置しました。 母親ニーナからは「トミーはね、言われたことと正反対のことをするような子供だったのよ。 学校に行かなかったのもそういうことよ」と嫌われていました。 トミーは環境に恵まれない人でした。 8歳になると近所に住む男性と友だちになるが、その男は小さな男の子に対して性的いたずらをした罪で逮捕され、トミーも被害を受けてました。 また、トミーの祖父はトミーが7歳のときから酒を飲ませ、10歳にマリファナを吸わせます。 こんな環境下で育ったトミーには、何が悪く何が良いのかわかりませんでした。 劣悪な環境の中成長したトミーは14歳になると家出をし、貨物列車に忍び込んで移動しながら窃盗を繰り返し一人で生きるようになりました。 トミーリンゼルズが殺人鬼になるまで 窃盗を繰り返す日々の中、とうとう最初の殺人を犯します。 トミーの告白によると最初の殺人は16歳の時で、泥棒に入った家の主人が少年に性的暴行をしているのを目撃。 昔の自分と重なり、逆上し殺人に手を染めたと証言してます。 そこから犯行を繰り返し、次々と人の命を奪っていきました。 もちろんトミーは逮捕されますが、刑罰が甘く2年〜10年で出所し、また殺人三昧の生活に戻る。 を繰り返していました。 こうして殺人鬼トミーリンゼルズが誕生してしまいました。 トミーが犯してきた事件で濡れ衣をきせられた女性が、今回アンビリバボーで取り上げられた事件ですね。 excite. 現在テキサス州リヴィングストンにある死刑囚収監房に収容されているが、450人ほどの先客がおり処刑されるまで平均して10年半ほどかかるため、今なお刑務所内で生活しているとのことです。

次の

奇跡体験アンビリバボー(4月30日)蝶ネクタイの少年のネタバレ内容と感想

トミー リン セルズ

アメリカには数多くの連続殺人犯が存在するが、その中で最も危険だとされる人物が2000年に逮捕された。 24を超える州で性別年齢問わず70人以上を殺し「クロスカントリー・シリアルキラー」として恐れられたトミー・リン・セルズである。 「誰を殺すかじゃないんだ。 血の感覚のためなんだ」「人を切りつけるときにパカッと開く肉の感覚・・・・・・あの感覚の中毒になってるのかもしれないね」「銃は危険だから嫌いだ」「何人殺したかなんて数えたことなんてない。 70人以上なのは確かだけどね」とサラサラと語る彼は、純粋に人が苦しみながら死んでいくのに喜びを感じる狂人であり、史上最も危険な連続殺人犯だと伝えられている。 トミーはなぜこのような危険人物になってしまったのか。 そして、どんな殺人事件を起こしたのだろうか。 双子の妹タミー・ジーンのほかに兄2人弟3人がおり、父親は保険代理人のウィリアム・セルズということになっているが、実父は中古車販売店のセールスマン、ジョー・ラビンズだと見られている。 ジョーはウィリアムが金銭的に困っているときに助けてくれた恩人であり、その見返りとして妻のニーナを差し出し、双子が誕生したという説が強いのだ。 子供向けの健康保険を取り扱っていたウィリアムは保険給付金目当てで双子を自分の子供として育てることにしたというのである。

次の

奇跡体験アンビリバボー(4月30日)蝶ネクタイの少年のネタバレ内容と感想

トミー リン セルズ

ある事件 いくつもの賞を受賞した人気作家の ダイアン・ファニング。 テレビのニュースで年前の1997年に起きた事件のことを知ることになります。 その事件はアメリカで起きた事件で、 母親が10歳の息子を部屋で殺害し懲役65年が確定した事件。 母親は何者かが家に侵入してきて、「自分は殴られ息子はめった刺しにされた」と証言しましたが 裁判で親権を持っていた元夫が「犯人は母親」「子供ができるのを望まなかった」「13という 数字にこだわる」などと主張し、母親は起訴され殺人罪で禁錮65年となりました。 このニュース番組を見ていたダイアンは決定的な証拠もないこともあり、違和感を抱くことになります。 そこでダイアンは 20年間で70人以上もの人を殺害した大量殺人鬼トミー・リン・セルズに 話を聞くことにしたのです。 セルズから聞いていた大量殺人犯の犯行と事件が告知していると感じたからでした。 真犯人 ダイアンはセルズへ手紙を送りました。 セルズからの返信により、事件は急展開を迎えます。 実は セルズが真犯人で10歳の子供を殺害していたのです。 以前、セルズはコンビニで母親に注意されたことに逆上し 家まであとをつけ、出くわした子供を殺したのですね。 驚いたダイアンは母親と警察にこのことを連絡。 母親は無罪となりましたが息子を殺されたこと、主張を信じられずに犯人にされたことにより 心に大きな傷を負ってしまいました。 トミー・リン・セルズ 18人目『トミー・リン・セルズ』 70人以上の被害者を出した米カリフォルニアの殺人犯だよ。 子供のころ、性的虐待や育児放棄にあっていることが殺人の大きな理由だよ。 1985年〜1999年の間に殺人を行い続けたが何度か逮捕もされているよ。 — ジョン・ウェイン・ダイシー Daishi25966623 トミー・リン・セルズは70人以上の人を殺害している連続殺人犯です。 人が苦しみ死ぬことに喜びを感じ、途中からルーチンワークのように 殺人を起こしてきました。 1964年生まれのセルズは2歳から5歳まで叔母の下で育てられます。 叔母が養子にしようとすると母親が連れ戻しますが、連れ戻した後は全くセルズに 興味を持ちませんでした。 7歳で不登校になったセルズは近所の男性と友達になり、プレゼントをもらったり家に泊まったり しましたが、その 男性というのは小児性愛者でセルズも被害にあいます。 さらにとんでもない祖父の影響で 7歳から酒を飲み、10歳からマリファナを吸うようになり 14歳で家出。 窃盗などを繰り返しながら生活し 、初の殺人は16歳の時。 殺人以外の罪で2度ほど逮捕されていますが、出所後も各地を転々とし殺人を繰り返しました。 1999年12月、トレイラーハウスに侵入したセルズは13歳の少女を殺害しその友人にも大けがを負わせます。 友人は死んだふりをしていたため命だけは助かり、事件の証言をし 2000年1月にセルズは逮捕され、2014年4月3日に死刑が執行されています。

次の