ご連絡頂く。 「連絡をもらう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味と使い方と言い換え表現

ご連絡頂く

この記事の目次• 例文「 ご連絡くださいますようお願い申し上げます」 意味は「連絡してくれるようお願いします」• 例文「 ご連絡をお願い致します」 意味は「連絡してほしい、お願いします」• 例文「 ご連絡いただきますようお願い申し上げます」 意味は「連絡してもらうようお願いします」• 例文「 ご連絡賜りますようお願い申し上げます」 意味は「連絡してもらうようお願いします」• 例文「 ご連絡の程お願い申し上げます」 意味は「連絡してくれるよう、お願いします」• 例文「 ご連絡いただければ幸いです」 意味は「連絡してもらえたら嬉しいです」• 例文「 ご連絡いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「連絡してもらいたいと思います」• 例文「 ご連絡いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「連絡してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご連絡いただければ幸いです」「ご連絡賜りますようお願い申し上げます」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 それぞれ意味や敬語の違いはありますが、結局はおなじことを述べています。 ようするにすべて「連絡してね!よろしく」という意味なのです。 自分が「連絡します!」と言いたいときには…• 【現在形】ご連絡します/(ご)連絡いたします• 【過去形】ご連絡しました/(ご)連絡いたしました• 【進行形】ご連絡しております/(ご)連絡いたしております• 「お(ご)~します」は謙譲語「お(ご)〜する」+丁寧語「ます」 「お(ご)~いたします」は謙譲語「お(ご)〜いたす」+丁寧語「ます」 「~いたします」の部分に連絡するべきことの中身がはいります。 たとえば、 何かしら確認しなければいけないのであれば「(ご)確認いたします」 何かしら対応しなければいけないのであれば「(ご)対応いたします」 ここで「(ご)確認いたします」というように( )書きにしているのは「確認いたします」としても丁寧な敬語だから。 ちなみに敬語「お(ご)~いたします」「お(ご)~します」は自分が「~する」ときにつかいます。 相手に「連絡してもらう」としたいときには… 「ご連絡いただく=連絡してもらう」 「ご連絡くださる=連絡してくれる」 という敬語をつかいます。 【例文】(ご)連絡いたしかねます 意味は「連絡することができません」• 【例文】ご連絡しかねます 意味は「連絡することができません」• 【例文】ご連絡することが大変困難でございます 意味は「連絡することがとても難しいです」 などあり。 また「〜いたしかねる(兼ねる)」は「~することができない」という意味の敬語。 否定語であり「〜しかねる」の謙譲語です。 たとえば、• 【例文】お応えいたしかねます 意味は「添うことができません」• 【例文】お受けいたしかねます 意味は「受けることができません」• 【例文】ご対応いたしかねます 意味は「対応することができません」 などのようにして使います。 ビジネスメールでは例文のように丁寧語「ます」をくっつけて「〜いたしかねます」として使うのが一般的 「〜しかねる」自体は敬語でもなんでもありませんが「できません」よりも丁寧に聞こえるため重宝するフレーズです。 たとえば、• 例文「 ご連絡ありがとうございます」 例文「 ご連絡いただきありがとうございます」 例文「 ご連絡いただきましてありがとうございました」 例文「 ご連絡賜りましてありがとうございました」 例文「 ご連絡くださいましてありがとうございました」 のようにビジネスメール書き出しの挨拶にお礼として使うと丁寧です。 それぞれ意味や敬語の違いはありますが、結局はおなじことを述べています。 ようするに「連絡してくれてありがとう!」という意味なのです。 どれも丁寧な敬語ではありますが、もっともかしこまった敬語は「~賜りましてありがとう」です。 あとはどれも似たような丁寧レベル。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の

「ご連絡していただき…」は間違いですか?

ご連絡頂く

「お」と「ご」に関する記事はこちら 「ご連絡ください」は強引 相手への連絡を求める際に「ご連絡ください」と表現する事もできます。 この表現も間違ってはいませんが、「ください」と断定しているため、 相手に少々強引な要求をしている印象を与えてしまいます。 そのため、ビジネスシーンでは、こちらがあくまで連絡を待つ立場である事を強調する、「ご連絡お待ちしております」などの表現にすると、相手への連絡を強制せず、やわらかい印象を与えられます。 また、連絡が欲しい事項に対して表現を変えるのも有効です。 逆に、期限があり、かつ何度も連絡を求めているのに 相手から全然連絡がない緊急性が高い場合には「ご連絡ください」を使用してもいいでしょう。 「ご連絡してください」は正しい表現なのか 「ご連絡ください」は強引な印象のため、「ご連絡してください」を使用する場合があります。 しかし、目上の方に使用するという点では好ましくないものです。 その理由は、 「ください」が命令形という点にあります。 命令形で言葉が終わると相手が不快に感じてしまう恐れがあり、正しい敬語表現と言っても、相手との関係をこじらせてしまう可能性をひめています。 そのため、連絡がほしい際には、前述したこちらが待つ表現や、「ご連絡お願いいたします。 」と、こちらがお願いする形にするとよいでしょう。 自分が相手へ連絡する際の正しい敬語表現とは 「ご連絡」を使おう 自分が相手へ連絡を求める時には「ご連絡」と表現するのが正しい事は分かりました。 同じように、自分が相手へ連絡する時も「ご連絡」を使用しましょう。 つまり「ご連絡します」が正しい表現になります。 「ご連絡いたします」は正しい?間違い? 自分が相手へ連絡する時に「ご連絡いたします」の表現もよく目にします。 ここで「ご連絡いたします」の表現は二重敬語に当たるので、間違った表現ではないかと気にされる方もいるかもしれません。 「ご連絡いたします」は、連絡する、の謙譲語「ご連絡する」+謙譲語である「いたす」と、敬語が重なっている二重敬語と取れます。 その為、「いたします」ではなく、「ご連絡します」もしくは「ご」を抜いた、「連絡いたします」が正しい表現となります。 しかし、現在では「ご連絡いたします」の様な「お(ご)~いたす」の表現は、慣習的に正しいと認められるようになりました。 そのため、使っても問題ありません。 厳密にいえば、「を」をいれた「ご連絡をいたします」が一番正しい表現です。 連絡に「ご」を付けた「ご連絡」+するの謙譲語の「いたす」となっている為、二重敬語にはなりません。 「ご連絡」を用いたビジネスメールの例文集 相手からの連絡に感謝する時.

次の

敬語「ご連絡いただく vs くださる」の意味と違い・使い方

ご連絡頂く

ついでの程度によって使い分けされると認識しています。 「~の時」は単純にタイミングがそうだったという意味です。 偶然でも必然でも使います。 「~の折り」は何かをしようとして、それだけのために直ぐ行動に移せないので、タイミングを見計らって行う。 「他についでの事があったので」というニュアンスです。 「折りに触れて思い出す」など 「~の際」は他の用事で行ったついでに何かをするというニュアンスです。 「近くに寄った際は是非お越しください」など。 ついでにという意味合いがある際を自分が他人にする行為に使えないと思うのは、ですから正解でしょう。 ご連絡について お電話さし上げますという表現もありますね。 飲み屋に行くと「ビール下さい」「はいおビール」と店員が目上に扱うべき客におビールとおを付けます。 これも違和感があると感じる方がいるでしょうが、発想としては「お中元」「お歳暮」「ご霊前」などを考えていただけば納得されると思います。 すべて目上の人に対して渡すものに立派なのしや水引をつけ、「お」や「ご」を付けています。 相手に渡し手にしてもらって実際に使うものだから、体裁を整え丁寧に扱っていますよという意思表示です。 単純に自分のする行為に「ご」付けてはいけないが、相手のものになるという発想で付けるのです。 ですから本当は「ご連絡します」は間違いで、「ご連絡差し上げます」は正解ですが、まあそこまで厳密に考えなくてもいいかと。 逆に連絡をもらう場合は、相手がする連絡という行為ではなく、自分がもらうもの=自分のものとして「ご」を省くことになります。

次の