ケン ガン アシュラ アニメ 3 期。 ケンガンアシュラ【アニメ】無料動画・全話見逃しフル配信とネタバレも

ケンガンアシュラ|アニメ|TOKYO MX

ケン ガン アシュラ アニメ 3 期

その試合のことを 拳願仕合と言い、現代でも拳願仕合は残っていて、企業同士が争い事が起きた時に代表選手を用意して闘わせ、勝者の言うことをきいていました。 大企業が行っているため数百億と動くような試合の代表なので、選ばれる人間ももちろん 超一流の格闘者ばかりです。 相撲、ボクシング、ムエタイ、空手、プロレス、軍隊格闘技、自己流、古武術、 いろいろな猛者がぶつかり合い、命を賭けて戦います。 強さランキングTOP20 「ケンガンアシュラ」とかいう異種格闘技漫画・・・・・(画像あり) — 超マンガ速報 mangaman07 拳願仕合に出る選手には 個性があります。 筋力に特化したした選手、技のキレが凄い選手、打たれ強くなかなか倒れない選手、見たこともないような技を出す選手など、バラエティーに富んでいます。 一つを極めた者が強いのか、総合的に見てバランスの良い者が強いのか……そんなことも気になるのですが、ランキング形式でまとめてみました。 第20位 英 はじめ これしたい、 ケンガンアシュラの英はじめのやつ — か kothniconico 医者でありながら格闘家でもある異色な存在です。 しかし どの人物よりも危険な存在です。 その理由は、 自らの体に殺人ウィルスをいくつも保有していることです。 下手すると感染して周囲の人間まで死んでしまうので、 格闘家というよりはテロリストに近いです。 自らの体に多数の改造を施しているので全身が武器になっています。 武器に頼っているところもあるので、 技が乏しく一流の格闘家には攻撃が通用しません。 第19位 鬼王山 尊 着物きた筋肉が臨戦態勢に入るという最高のシチュエーションがケンガンアシュラにはあります。 — ハヤシファーターボ egoismile 拳願仕合で唯一の 相撲取りです。 しかも 横綱ではなく十両力士なのですが、その実力は 実戦なら横綱以上のものを持っています。 古代相撲を得意として、相撲を格闘技として昇華させた技の数々を繰り出しています。 力士ならではの 下半身の強さが特徴的でそれ自体が武器にもなっています。 第18位 サーパイン 俺もサーパインに褒められたい。 — ひょーどる pikumix ムエタイの一流選手で 熱血漢に溢れる単純バカのような存在です。 闇の格闘家としての経験はまだ浅いのですが、 全身の骨を鍛え上げているので防御力がかなり長けています。 もちろんムエタイの技術も他の格闘家に引けは取りません。 しかしまだ 技の引き出しや高等技術に対応する能力が欠けています。 第17位 今井 コスモ 対戦相手の今井コスモが言う。 — しりにゃおんパパ 38sirionpapa 絞め技を得意とする小柄な青年ですが、 ゾーンという特化した能力があるので、 スピードを意図的に急速に上げることができます。 打撃にも対応できるほどの速さで絞め技を繰り出すので、誰にも真似できないと言われていて、天才との評判もあります。 しかし 死を覚悟して戦うことができない心の弱さがあるので、精神面で劣ってしまう部分があります。 第16位 二階堂 蓮 二階堂蓮って…まっきーさんめっちゃ似てる… — 鉄血のまさき(真幸) hakupachi2 暗殺家業の人間で、 中国拳法天狼拳を使います。 拳願仕合には暗殺家業の人間がたくさん出てきますが、その中では 力が今一つ及ばない感じではあります。 対戦相手によっては、 技の精度もあるので圧勝してしまうこともできるのですが、 ずば抜けたものを持っていないのが残念です。 第15位 目黒 正樹 ドクタームンドみてるとケンガンアシュラの目黒正樹くん思い出す — 恐竜王Dahaka KoDDahaka 拳願仕合の中で 一番精神が歪んでいる人物です。 殺人衝動が抑えられず、過去にも 肉親を含めて同門の人間を投げ殺しています。 ためらうことなく相手を殺す技を出せるのと、 痛みにも快感を持っているので目をつぶされようが、睾丸をつぶされようが全く怯むことがありません。 だからこそ 生半可な技では止めることは不可能ですが、常に興奮状態にあるので 動きが読みやすく、意識を絶つような一撃を食らうとそのまま昏倒してしまいそうです。 関節の可動域が常人を超える動きになっているので、 関節技がききません。 しかも 脊椎までも自由に体内で曲げることができるので、刃物で突き刺されても脊椎をあえてさけるように受けていました。 技を受けることを前提にしているために不必要にあえて受けることが多くなってしまうことが難点です。 それでも 受け切って返し技を放つことができるのが魅力でもあるので、 持ち前の強靭な肉体には驚かされます。 格闘家としてプロレスラーはそれほど強くないのではないか?と思う人もいるかもしれませんが、 関林ジュンを見ているとその概念を覆されてしまいます。 正義の執行のためならば殺人も平然と行い、雇い主でもある 檜山瞬花との連携で対戦相手を分析し、じわじわと弱らせていきます。 派手な技はありませんが、 筋力、スピード、打撃のバランスが良く取れています。 しかし 達人クラスの武術の技などには対応できるかは難しそうです。 第11位 ガオラン・ウォンサワット 誰も見てないから正直になると、ケンガンアシュラあんま肌に合わないけど正直このキャラだけはシコった 死ぬほどシコった 初登場のコマからシコりまくった —? gftkk ボクサーですが、元はムエタイの選手でした。 サーパインがライバルと認めていますが、その強さは サーパインとは比べ物にならないものです。 ムエタイをやっていたこともあり、独特のボクシング技術を用いているので、間合いの取り方やパンチの繰り出し方は真似することができず、対戦相手も 見たことのないボクシング技術に困惑します。 打撃では拳願仕合において最強という称号を得るに相応しい人物でもあります。 第10位 呉雷庵 つまり呉雷庵っスね。 非情さ、技、スピードの全てがトップクラスです。 冷静さに欠け 勝負を楽しむところが弱点でもあり隙でもあります。 そのため、かっとなると相手を分析することをしないで、 本能のままに動いて真っ向勝負になります。 折角技を持っているのにそれを放棄してまで、真剣勝負を楽しんでしまうので、もしも 技を惜しみなく使ったらもっと上を狙える存在です。 薬物投与を行いながら筋力をどんどん増強させていき、F1カーに自らを引きずらせようとしましたが、F1カーは微動だにすることができませんでした。 力で相手を圧倒するということを象徴しているかのように技らしい技はありません。 掴んで投げ殺す、ひねり殺す、殴り殺すという感じです。 技など力でねじ伏せるという考え方ですが、 力のみで勝ちきることが難しいのが拳願仕合でもあります。 第8位 ムラバ・キゼンガ 闘技大会中にクーデターが起きて敵味方だった格闘家たちがいっせいに共闘して敵と戦うんだけど、このシーンはカッコよすぎて膝ガクしそうになった。 む、ムテバさん…ッ! — CHANG changpcg 傭兵のエキスパートで拳願仕合の中でも殺し家業に一番長けている存在です。 身体能力も素晴らしいのですが、 相手を分析する能力が特化しています。 だからこそ相手に合わせてどのように戦えばいいのか、 どこを狙ったら相手が嫌がるかを冷静に判断することができます。 更に驚きなのは、 両目が失明しているということです、聴覚と触覚、嗅覚を頼りにして見えている以上に動けています。 あらゆる局面での戦いを想定していることが分かります。 普通の状態では拳願仕合では中盤クラスで終わってしまいそうな存在ですが、 全てにおいて発展途上であるということと、 記憶の混濁により力の解放が上手にできていないこともあり、対戦相手に苦労している所があります。 それでも 武術自体の完成度は高く、どの格闘技にも対応することのできる形になっているので、王馬自身がその 技の精度、威力を伸ばすことで全く別の強さにもなります。 第6位 桐生 殺那 今週のケンガンアシュラ 感想 1 少しずつ分かる刹那の過去… 刹那も王馬と同じで「戻れなくなった」のか… 構えが不気味でカッコいい 黒木さん「魔槍」使ってくれ! — 佐倉イロ【3日目東メ57a】 sakurairo1129 狐影流を扱い、 王馬のことを歪んだ愛情で見つめている最強の暗殺者のひとりです。 その技の威力はすさまじく、 撃ち込まれるとその部分がねじれてしまいます。 普段は大人しい顔をしていますが、いざ戦いになると 狂気の面が思わず顔を出してしまいます。 冷静に相手を分析し、 完膚なきまでに相手を倒すスタイルを持っています。 しかしまだ経験が浅く、 いろいろな格闘家と戦うことで化ける存在でもあります。 そのため力が並の格闘家では及ばない範囲になっています。 力だけではなく戦歴もかなりの数をこなしているだけに経験が豊富で様々な種類の格闘家との戦い方を知っています。 あり得ない筋力プラス技を持つバランスのとれた格闘家で、拳願仕合でも注目されている人物のひとりです。 第4位 御雷 零 「御雷 零」完全に見た目で決めましたw サスケみたいでかっこいい — 夢羅沙 紙芝居はニコ童祭後… miprea 雷心流という暗殺拳を極めていますが、 未だに底を見せていない人物でもあります。 退治する敵をほぼ 瞬殺してしまうために本気の技をまだ見せていません。 スピードだけなら拳願仕合で一番かもしれません。 それに加えて一子相伝の技があるのでどこまで強いのか想像もつきません。 しかし速さを追及する分、 体が軽いので、防御力が低く、攻撃力もそこまでないのが予測はつきます。 第3位 黒木 玄斎 便乗 漫画 ケンガンアシュラより — 久保田!!! kubo0219ta 古武術を扱う 達人クラスの人物です。 年齢もそれなりに重ねているので 経験はかなり豊富で、技の精度、重さ、繰り出すタイミングがどれも一級品です。 攻守ともにバランスがとれており、どこからの攻撃にでも対応できています。 経験値があるために 初めて見る技でも瞬時に対応しています。 第2位 初見 泉 まあ自分は普段適当な格好してる人がたまに勝負モードな格好をするのに弱いので、それもあるのかもしれない。 最近だとケンガンアシュラの軽薄中年、初見泉が試合の時だけ髪結ってマジモードになるのがカッコよかった。 — イラカ comekurisu 普段は 軽い軟派な男ですが、いざ戦いになると目つきが変わります。 初見流合気道を使用し、技自体は派手さもないのですが、 確実に相手を仕留める武器を持っています。 徐々にギアを上げていくタイプなので、 戦えば戦う程キレが増していきます。 本当の顔を見せない分だけ 隠しているものが多いのが分かりますし、力をそれほど出さなくても 最小限の力で倒すことができるのは熟練の技があるからでもあります。 特に何かを極めた訳ではなく、戦いの中で 相手の技を分析し吸収しそれを自分のものにしていきます。 身体能力はもちろん相応のものがありますが、必殺技のようなものは一切なく、 総合格闘技のプロフェッショナルのような存在です。 肉体も強いので、 強烈な攻撃を何度受けても倒れず、体が壊れることもないので、 激戦を続けてこなしてもほぼ無傷の状態で終えることができます。 これからの展開で強さも変化します! ケンガンアシュラですね! 毎回熱い仕合が楽しみでいつも楽しませてもらってます! キャラも濃くて大好きです! 特に呉一族が好きですね — ペテルギウス. ロマネコンティ airouk5 現在も連載中で、まだトーナメントも2回戦目を終え、3回戦目に突入したばかりですので、 正式なトップはまだ決まっていません。 しかし現段階での予想ですので、これから先には参加選手の 飛躍的な成長によりどんでん返しということもあり得ます。 多彩な技をいろいろな形で見せてくれる「ケンガンアシュラ」にはこれからも目が離せません。

次の

【アニメ ケンガンアシュラ】強さランキング!2期・3期の感想は?【ケンガンアシュラ】

ケン ガン アシュラ アニメ 3 期

話数 パート1:全12話 パート2:全12話 配信 パート1: パート2: 放送 制作 LARX ENTERTAINMENT 声優 十鬼蛇王馬:鈴木達央/山下一夫:チョー/乃木英樹:中田譲治/秋山楓:内山夕実/理人:金子隼人/関林ジュン:稲田徹/若槻武士:加瀬康之/今井コスモ:榎木淳弥/桐生刹那:浪川大輔/初見泉:蓮池龍三/因幡良:緒方恵美/英はじめ:石田彰/沢田慶三郎:保志総一朗/ユリウス・ラインホルト:白熊寛嗣/御雷零:小野大輔/二階堂蓮:沢城千春/茂吉・ロビンソン:村瀬克輝/鎧塚サーパイン:檜山修之/金田末吉:遊佐浩二/大久保直也:小西克幸/千葉貴之:星野貴紀/目黒正樹:川本宗幸/十鬼蛇二虎:藤原啓治/ナレーション:立木文彦• 家庭は崩壊、仕事はできない56歳のダメリーマン、山下一夫 ヤマシタカズオ が会社の会長から突然呼び出された! …その名も「拳願仕合 ケンガンジアイ 」!!!! 果たして、ダメリーマン・山下一夫の運命は…!!?? 男たちは「なぜ」闘い、拳で「何」をつかむのか? 「究極」の格闘エンターテインメントが今、始まるッ!!!! 第1話(パート1)『拳願』 うだつのあがらないサラリーマン山下一夫は、偶然にも路地裏で行われていた死闘を目撃してしまう。 自身の何倍もの大きさのある巨漢をいとも簡単に倒す男、十鬼蛇王馬。 彼と出会ったことで、日本経済界の裏ルール、拳願仕合の存在を知った山下一夫は、自身の務める乃木グループの会長、乃木英樹に呼び出され、十鬼蛇王馬の世話役に任命されてしまうのだった…。 第2話『超人』 乃木グループの闘技者となった王馬とその世話役、山下。 彼らの相手は、驚異の握力(ピンチ力)を持つ、義武不動産の闘技者、理人。 そして賭けられたのは、なんと1000億円相当の権利!金額の多さにたじろぐ山下。 それとは対照的に、自身の勝利を疑わない王馬。 二人のデビュー戦がいま始まる!• 第3話『強者』 激闘を終えた王馬の次の対戦相手は、大手プロレス団体の絶対的エースであり、ガンダイの闘技者、関林ジュンだった。 プロレスラーとしての誇りを大事にしている関林は、一切ガードをせず、観客を沸かせエンターテインメントな仕合を展開する。 打っても打っても、倒れない関林を前に、王馬は、ある秘技を持って対抗するのだが…。 そして、ルーキーである王馬を相当な実力者である関林と闘わせた、乃木の思惑とは…?• 第4話『再会』 拳願会会長、片原滅堂より宣言された会長指名権を賭けた拳願絶命トーナメント開催の号令。 闘志を燃やす王馬だったが、乃木グループの代表闘技者の座を、初見泉に奪われてしまった!王馬を絶命トーナメントに参加させる為、1億円の借金と共に、半ば強制的に山下商事の社長にさせられてしまった山下…。 二人は、拳願会の会員証を手に入れる為、非公式仕合に参加する事するのだが…。 そして、王馬の因縁の相手が姿を現す?!• 第5話『乱戦』 無事、拳願会の会員証を手にし、山下が社長を務める山下商事の闘技者となった王馬。 絶命トーナメント開催の地へと赴く為、船に乗り一安心かと思いきや…。 突如として知らされていない予選が開催された!数々の猛者たちが入り乱れる檻の中で、王馬は勝ち残り、絶命トーナメントの本選に参加できるのか?!• 第6話『暗躍』 山下の友人である義伊國屋書店の会長、大屋健。 彼が、連れてきた将棋仲間の金田末吉は、ただの棋士ではなかった!義伊國屋書店の闘技者である氷室涼を挑発し、闘技者の座を賭けた勝負を挑む金田!闘技者対一般人。 圧倒的な差がある闘いにみえたのだが…。 そして、一方では闘技者を闇討ちする事件が発生!何者かが暗躍している?!• 第7話『前夜』 闘技者を狙った事件が発生している拳願号。 その魔の手がついに王馬にも?!…かと思いきや、王馬に接近した者の正体は、呉一族の少女、呉迦楼羅だった。 果たして彼女の目的は?!その一方では、絶命トーナメントの対戦カードが決定!ついに決戦の火蓋が切って落とされる!• 勝負はコスモの優勢で進む!マウントを取られたアダムは万事休す…と思われたが?!• 巨体から破壊的なパワーを繰り出す河野と、鋼の様な肉体を武器にして闘う阿古屋の一戦は、まさに矛対盾の闘い! 防戦一方の阿古谷だが、隠された秘策があって…?!• 彼ら二人は、互いに、古(いにしえ)より伝わる武術を扱う者同士だった?!古流武術の一種、バリツを駆使して、相手の隙や弱点をついた闘いを見せる茂吉。 一方の雷庵は、茂吉の攻撃をあしらい、まるで遊んでいるかのように笑うのだった…!勝利を求めるだけではない…!伝統を受け継いだ者同士の、まさに血を懸けた勝負の行方は?!• 不気味な雰囲気を醸す因幡は、暗殺を生業にする一族の当主であり、奇手のプロフェッショナル!因幡の奇想天外な技に苦戦し、窮地に陥ってしまう王馬!闘いに生きる二人の男。 その死闘を制するのは?!• 人を殺すことに快楽を覚え、13歳にして多くの命を奪った目黒の無慈悲な攻撃が炸裂!! 仕合を観戦し、師匠である十鬼蛇二虎を思い出す王馬と、親心のように王馬を心配する山下。 王馬の過去の一端が露わになると共に、それぞれの想いが垣間見えるが…?!• 掟破りの逆大銀杏を結い挑発する関林に対し、八百長野郎と嘲笑する鬼王山。 闘志むき出しの2人の闘いは、互いに1歩も引く事がない真っ向勝負! プロレス対相撲。 2つの競技の天才が、譲れない信念をぶつけ合う時、ついに雌雄が決する?!• 第14話『師弟』 理人や鎧塚サーパインなど仕合を控えた闘技者たちは、各々闘志を漲らせていた! 王馬もイメージトレーニングで準備をするが、彼の前に師匠である十鬼蛇二虎が幻影として現れた。 想定外の状況に訝しむ王馬。 そして師匠対弟子による二虎流の壮絶な闘いが始まる! 自分を最も知る男が高い壁となって立ち塞がる時、王馬はある真実を知る?!• 雄叫びを上げ闘志を露にするサーパイン。 それとは、対照的に冷静に、漁師特有の技で対峙する賀露。 激しい打撃の応酬で、両闘技者とも渾身の闘いを見せるのだが…。 この仕合には隠された秘密があった…?!• 美しき闘技者同士の華麗なる姿に、黄色い声援が飛び交う中、闘いは始まった! 日式中国武術・天狼拳(てんろうけん)の秘儀を繰り出し、刹那を追い込む二階堂。 しかし、二階堂は期せずして、刹那の真の力を呼び覚ましてしまう…。 鍛錬に鍛錬を重ね、最強とも呼べる力を手に入れた黒木。 血のにじむ努力を重ね最強を目指してきた理人。 互いに磨き上げてきた技や力の激しいぶつかり合い! だが、力の差は歴然だった…。 必死に食らいつく理人は、傷だらけの中、最後の力を振り絞り勝負に出る!• 血まみれになりながらも激闘を繰り広げる二人だが、勝負は均衡状態。 常識を超えた二人の闘いは、どちらか一方の命が尽きるまで終わらない…。 果たしてどちらが生き残る?!• 圧倒的力量差のある二人の闘いは、金田の防戦一方で展開。 ガオランは、金田に降参を勧める。 しかし、金田は、強さへの渇望をぶつけ、そして弱者としての意地を見せる! 金田の想いに答える様に構え直した本気のガオラン。 ついにアギトが倒れ勝敗が決したかに思えたが…。 表格闘技の王者対裏武術界の王者。 世紀の一戦を勝利するのは?!• コスモは得意の組み技ではなく、打撃に特化した構えで挑む! 鉄壁の盾である阿古谷に打撃で挑むコスモの真意とは?! そして、阿古屋とその雇い主である檜山。 二人の秘密と過去がついに明かされる!• 第22話『死合』 枷の外れた阿古屋の歪んだ正義感は、殺人衝動へと変わり、コスモをじわじわと追い詰めてゆく…。 阿古屋との闘いに死への恐怖を感じ戦意すら失われていたが、コスモは自分の信念に気が付き…反撃を開始する! そして、王馬と山下の前に姿を現した、呉一族の長、呉恵利央と雷庵。 恵利央は、仕合の勝敗に山下の息子、健蔵の命を賭けることを持ちかける…!• 第23話『魔人』 絶命トーナメント2回戦第2仕合。 一回戦よりも格段に進化した王馬は、攻勢を仕掛けるが雷庵には通用しない。 山下は、王馬と健蔵。 大切な人を同時に失ってしまうのか…。 第24話(パート2 最終回)『親父』 瀕死の王馬の脳裏に現れたのは二虎の幻影。

次の

ケンガンアシュラ Kengan Ashura Anime Fight 最高の剣闘士アシュラバトルアニメ

ケン ガン アシュラ アニメ 3 期

「最強を証明するための戦い」に挑むのは、闘技者から暗殺者まで、様々。 しかし読者を追いてきぼりにするような超展開などはなく、真っ当に「力」と「戦術」がぶつかり合う姿に読んでていてワクワクすること間違いありません。 まずはあらすじから、作品の魅力を解説していきます。 本作の舞台は、現代の日本。 普通の生活の裏では、ある事が行われていました。 大企業同士が巨額の資産を巡って、各社が雇った闘技者を戦わせる「 拳願仕合」なるものが日々行われていました。 この試合で闘技者が勝利すると、出資した企業は莫大な利益を得ることができます。 いわゆる「 拳での解決 」といえるでしょう。 本作の主人公は、謎の武術を扱う十鬼蛇王馬(ときた おうま)。 彼は自分の実力を信じて疑いません。 その自信とともに、実力自慢が集まる「拳願仕合」に。 そして拳願仕合に留まらず、「拳願トーナメント」の開催が決定します。 拳願トーナメントとは、拳願試合を取りまとめる拳願会会長によって開催されるトーナメント戦。 数々の大企業の代表と、その闘技者が一同に介し、次期拳願会会長と最強の闘技者を決定するための戦いです。 トーナメント戦に勝利したものが、「最強」の称号を手に入れます。 王馬は自身が最強であることを証明するために、すでに途絶えたとされる謎の武術・二虎流を武器に躊躇わず参加を決定。 そして拳願トーナメントの幕が開きます……。 ケンガンアシュラの魅力 ここからはアニメ「ケンガンアシュラ」の魅力について解説していきます。 出展:公式HP 勝敗が最後までわからない異種格闘技戦 出展:元ボクサーの一念発起 ケンガンアシュラの魅力はなんといっても勝敗が最後までわからない、ハラハラさせられるバトルが見どころです。 挙願試合に参加している闘技者は純粋な格闘技者に限らず、傭兵や殺し屋、牧師や医師や漁師など様々な職業の男たちが参加しています。 この辺はバキのトーナメント編と近い部分があります。 しかし、バキとの違いは何と言っても職業の多様性、そして誰が勝つかわからないということ。 ケンガンアシュラに登場するキャラクターは挙願トーナメントが始まってから登場するキャラばかりです。 以前から登場していて、主人公と交流もあるとなると「こっちが勝ちそうだな」みたいな予想ってしやすいですよね。 そういうのが一切ないし、どういった技を使ってくるかもわからない。 試合が始まって初めて、こいつはこういう戦い方なのかあとわかるので、本当にどちらが勝つか全くわからないのです。 「これはもう勝負が決まった」と思いきや、そこからの逆転なんて日常茶飯事。 1試合1試合を全て緊張感を持ったまま見ることができます。 現実離れしすぎない世界観 出展:アニメイトタイムズ 筆者がケンガンアシュラがヒットしていると思う理由はここにあります。 試合やキャラクターがあくまで現実に近い! 登場するキャラクターはもちろん、そんなんありかよ!と思いたくなる現実離れしたキャラクターたちが多いです。 しかし試合はというと、キャラクターの特徴や職業などを最大限に考慮し引き出されます。 「こんなのありえない」といったような少し冷めてしまう瞬間がないんですね。 そして戦闘シーンも非常に細かく描かれているため、何が起こったのかわかりやすく、山場みたいなものもたくさん盛り込まれています。 「動きが速すぎてよくわからない」というのが全然ないんです! 実は原作のサンドロビッチ・ヤバ子氏は、元々フルコンタクト空手の経験者であり、現在は総合格闘技やブラジリアン柔術も身に付けている格闘家というのだから驚きです。 それだけでなく、担当編集者も格闘技の経験者という驚きの経歴の持ち主。 それでこれだけ面白いアニメが出来たんですね。 全ての試合に解説がつく 「ケンガンアシュラ」には現実的な格闘技の動きや戦術が随所に反映されており、格闘技経験者やファンにとってはたまらない要素の1つとなっています。 しかし、格闘技経験のない人にとっては「???」となってしまいます。 ですがケンガンアシュラは視聴者を置いてけぼりにしません。 1試合1試合、全ての試合に解説がつくのです。 こういった感じでナレーションが入り、今何が起こったのかということをリアルタイムで解説してくれます。 このおかげでキャラクターや戦闘シーンの厚みと面白みが増し、さらに試合に釘付けになってしまうんです。 アニメ独特の3D表現 ケンガンアシュラは、戦闘シーンをよりわかりやすくするために、3D表現を用いています。 上記の画像を見てもらえるとわかりやすいと思います。 最初はこれが「気にならないかな?」と懸念していましたが、見てみると全く気にならない! 戦闘シーン以外の会話シーンなどでは通常の2Dを使っているため、そのバランスが絶妙でとても見やすいです。 戦闘のシーンだけ3Dにすることによって、よりわかりやすく、そしてより白熱したバトルを体感することができます。

次の