メインクーン。 メインクーン|里親募集|ジモティー

メインクーンの毛色の種類と値段について

メインクーン

メインクーンの性格• 温和で優しい• 飼い主さんに忠実• オスは甘えたがり• メスは独立心が強い 温和で優しい メインクーンは人なつっこく温和で優しい性格の猫種です。 猫は「飼い主を飼うペット」ともいわれるほど気まぐれな性格ですが、メインクーンは特に賢いため、人と「対等」の関係だと考えて飼育するくらいがちょうど良いといわれていますよ。 飼い主さんに忠実 学習能力も高く、飼い主に忠実なのでしつけやすい猫種です。 環境適応能力や協調性に優れているので小さな子どもや犬など他のペットとも簡単に仲良くなることができますよ。 オスは甘えたがり、メスは独立心が強い 人と過ごすのが好きで、飼い主と共に行動することを好みますので、寂しがり屋の飼い主の方にぴったりの猫種といえますね。 オスは甘えん坊で、メスは独立心が旺盛な傾向にあります。 体型は「ロング&サブスタンシャルタイプ」とよばれ、体つきは骨が太く筋肉質でがっしりとしています。 ボディは長くて胸もとがひろく、筋肉や骨格がしっかりしているのが特徴です。 目はたまご型、鼻筋はジェントルカーブとよばる緩いカーブを描いています。 耳の先端は尖っていてタフトがありますよ。 脚は体型にあわせてやや太めでしっぽの付け根が幅広いのも特徴的です。 メインクーンは通常の猫よりも成長がおそく、1歳を超えてもまだまだ大きくなりますよ。 中には体重が10kgまで成長するメインクーンもいます。 メインクーンの見た目の特徴は? メインクーンの見た目の特徴• 分厚く耐水性がある被毛• 首・腹・尾周りの飾り毛• ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリームの毛色 メインクーンは頭の形が幅広で、丸みを帯びたくさび形をしています。 北アメリカがルーツであり、冬の寒さに対応できるよう分厚く耐水性のある被毛になっています。 首周りと腹部には、特に長くてフサフサの被毛が生えています。 しっぽにも長い毛が生えていて、たぬきのような形をしています。 長さは猫の中で最長で、40cmを越えるメインクーンもいます。 眼の色は毛色に準じて「ブルー」「グリーン」「ゴールド」「カッパー」「オッドアイ」が認められていますよ。 とにかくでかいメインクーン、ギネス記録は? メインクーンは、「世界一しっぽが長い猫」や「世界一体の長い猫」としてギネスブックに記録されています。 世界一しっぽが長い猫としてギネスブックに登録されているのは、アメリカのミシガン州サウスフィールドに住むメインクーンのシグナス。 1歳(2017年当時)にして、しっぽの長さが44. 66cmとは驚きですね。 名前 バリベル君 体長 120cm メインクーンは世界一大きな猫です。 最新2019年度のギネス世界記録によると、 「世界最長の猫」はイタリア在住シンジア・ティニレロさんとエドガー・スカンデューラさんの飼い猫バリベル君です。 全長は120cmもあり、小学校2年生の男の子の身長とほとんど変わりませんよ。 出典:ギネス世界記録「」 世界最大の猫 残念ながら他界してしまいましたが、猫の大きさのギネス記録はアメリカに住む「Mymains Stewart Gilligan」という名前のメインクーンです。 2010年8月に計測されたときは、体長が123cm体重が15. 8kgもありました。 「最も長い尻尾を持つ猫」としてもギネス世界記録の認定を受けています。 猫とはいえ、大型のメインクーンともなると片手では抱えきれないほどの大きさまで成長するのです。 出典:ギネス世界記録「」 白い毛色のメインクーンまとめ 紫外線に弱い メインクーンに限った話ではないですが、白い被毛を持つ猫はメラニン色素が少ないため紫外線に弱いという特徴があります。 日向ぼっこで日焼けしてしまうと「皮膚がん」や扁平上皮がんを患うこともあるため、気をつけてあげてくださいね。 UVカット対策 日焼けさせないためには、窓ガラスをUVカットしてくれるタイプに変更すると良いです。 洋服を着せたり、長時間の日向ぼっこをさせないなどと併せて対策してあげてくださいね。 オッドアイになりやすい 白い被毛で左右の瞳の色が異なるオッドアイの場合、ブルーの目をもつ側の耳が難聴の可能性があります。 両目ともブルーの場合も難聴の可能性があるので、病院で診察を受けさせてあげてください。 メインクーンの寿命、かかりやすい病気は? 寿命 平均寿命 メインクーンの寿命は14年前後です。 猫の寿命は大体10~15年なので、比較的長生きする猫種といえます。 以下で紹介する長寿の秘訣を守るようにすれば、平均寿命よりも長く一緒の時間を過ごすことも可能ですよ。 長寿の秘訣 長生きさせるために気をつけるべきことは、「食事」「健康診断」「室内飼いを徹底する」の3つ。 また、猫は我慢強い動物なので体の不調を表に出すことはめったにしません。 異変に気づいたらすぐに病院で診察を受けさせることも大切ですよ。 室内飼いを徹底することで予期せぬ事故から守ってあげるということも長寿に繋がります。 病気 メインクーンを飼育するときに注意しなければならない病気として、「肥大性心筋症」「脊髄性筋萎縮症」「多発性のう胞腎」があります。 肥大性心筋症 心臓病のひとつで、特に中年以降の年代とオスのメインクーンに発症しやすいといわれています。 発症すると心不全や後ろ足の麻痺が起き、最悪の場合は突然死につながることもある恐ろしい病気です。 脊髄性筋萎縮症、多発性のう胞腎 遺伝的にかかりやすい病気として「脊髄性筋萎縮症」と「多発性のう胞腎」があります。 現代医学では治すことができません。 腎臓病のひとつである「多発性のう胞腎」も、残念ながら現状治すことができない病気です。 どちらも遺伝子検査で発見することができるので、気になる方は飼う前の検査でリスクの有無を知ることができます。 心構えができていると過ごし方も変わりますよね。 メインクーンの値段は?• メインクーンの歴史は? 歴史 メインクーンはアメリカで最も古い猫種とされています。 祖先はアメリカで産まれ、1600年代頃からネズミ捕りをするワーキングキャットとして飼われていたといわれています。 起源はヨーロッパからやってきた長毛の猫と、アメリカにもともといた短毛の猫が交配して産まれたという説があります。 1860年頃にはじめてメインクーンとしてキャットショーでお披露目されましたが、当時は今程の人気はありませんでした。 約100年後の1950年代にメインクーン協会が設置され、CFAに猫種として認定されるのは1985年のことです。 名前の由来 メイン Maine はアメリカのメイン州、クーン coon はアライグマの「Racoon」に由来するとされています。 ちなみに、メインクーンの名前の由来であるアメリカのメイン州では、メインクーンが州猫として公認されていますよ。 誕生の3つの説 メインクーンがどこで誕生し先祖がどんな猫なのか、はっきりしたことはわかっていません。 「野生のアライグマとの交配で誕生した」「ヤマネコと土着猫の交配で誕生した」「北欧からヴァイキングと共に渡ってきた猫と現地の猫の交配によって誕生した」などが有名ですが、最近ではヴァイキングによってもたらされた猫が各地の土着猫と交配しアメリカに渡ったという説が有力とされています。 メインクーンにおすすめのキャットフードは? モグニャン メインクーンには、「モグニャン」がおすすめです。 モグニャンには、 被毛の健康を維持する「オメガ脂肪酸」や長毛の猫が患いやすい 泌尿器系のケア成分であるキナ酸を含む「クランベリー」などがバランスよく配合されています。 主原料には白身魚が使用されているので、猫が最も必要とする動物性タンパク質を効率よく摂取することができますよ。 詳しくは、「」をご確認ください。 アーテミス『オソピュア』 「アーテミス『オソピュア』」は、 良質な動物性タンパク質が摂取でき、ビタミンB1・カルシウム・カリウムなど猫に必要なビタミンやミネラルを多く含む「ガルバンゾー豆(ひよこ豆)」も使用されているためおすすめのキャットフードです。 また猫の身体にやさしいグレインフリー(穀物不使用)かつ無添加です。 「アーテミス『オソピュア』」についてさらに詳しくまとめた記事はです。

次の

メインクーンは性格が悪い⁉︎その真相と子猫やオスメスの性格の違い!

メインクーン

優しくて温和• 飼い主に忠実• 学習能力が高い• 活発で好奇心が強い みてもらえると分かるのですが、 実はかなり性格の良い猫種なんです。 初心者にもおすすめと言われるほど飼いやすい温和な性格をしており、子どもの居る家庭でも難なく飼うことができます。 また、先住猫や先住犬が居たとしても問題をおこしません。 環境適応能力も高く、少々のことなら受け入れてくれます。 しかし、その反面少し困った部分も存在しています。 そこでここから詳しくそれぞれの性格を分析していき、性格が悪いといわれる原因を探ってみましょう! 優しくて温和 メインクーンは優しく温和な性格で、嫌なことがあっても大抵は許してくれます。 そのため子どもがいる家庭でも飼うことができ、イタズラ好きな先住猫が居たとしても大丈夫です。 しかし、それはあくまで我慢しているだけで、ある一定の許容量を超えれば温和なメインクーンだって怒ります!これは人間でもそうですよね。 そして体が大きい分爪も歯も強力です。 いきなり攻撃された場合、人間側は結構なダメージを受けます。 そのため、なるべくメインクーンが怒らないような環境を整えてあげてください。 1度怒らせると、その怒りが結構長引きます! 教授は怒らないけど、たまに拗ねるわよね! 飼い主に忠実 メインクーンは飼い主に忠実で、よく懐いてくれます。 一緒の部屋にいると膝の上に乗ってきたり、構ってと擦り寄ってきたりします。 また、飼い主のことが大好きなので言うことも良く聞く利口な猫です。 そのため先ほどまで甘えていたのに急に去っていったりします。 猫らしい性格といえば猫らしい性格ですが、 人によっては性格が悪いと感じるかもしれません。 学習能力が高い メインクーンはとても学習能力が高い猫です。 人の言葉を理解する能力があるとされ、簡単なことなら口で説明すれば分かってくれます。 しかし、 賢いということは人が嫌がる行動もよく理解しています。 ストレスが溜まった時や機嫌が悪い時には、八つ当たりされることもあり、嫌がらせもします。 トイレを違う場所でしてみたり、大事な物を落としたりとかなり困ったちゃんに変身することもあります。 メインクーンの性格が悪いとされるのはこの部分が原因で、人によってはかなり厄介と感じるのかもしれませんね。 あーーーっ!すっかり忘れてたー! 活発で好奇心が強い メインクーンは活発で好奇心が強く何にでも興味を持ちます。 気になる物があればすぐに見に行きますし、さわりに行きます。 それは生き物に対しても同様で、初めて見る動物にも興味津々で近寄っていくんです。 もちろん人間に対しても同様で、初対面であっても物怖じせず近くに寄っていきます。 猫好きの来客相手なら最高の接客係りとなってくれるでしょう。 ただし、 好奇心も行き過ぎると困りものです。 虫を追いかけて網戸にひっかっかたり、大事な物を落としたりといったトラブルも起します。 骨が太く頑丈な体なのでよっぽどでない限りは大きな怪我に至りませんが、飼い主がヒヤッとすることは多々あります。 メインクーンの性格はオス猫とメス猫でこんな風に違う! どんな動物でもオスとメスは性格が違います。 それはメインクーンも一緒です。 それではどんな性格をしているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 そ、そうなんだ!(マジ?冗談のつもりだったのに) メインクーンのオスはまるで犬みたいな性格! メインクーンのオスはかなりの甘えん坊で、構ってもらいたい性格です。 簡単にいえば飼い主大好きな犬みたいな感じですね! メスにくらべて人にくっつていくることが多く、飼い主の足にまとわり付いてきます。 その姿はいくら体が大きいと言えどもとてもかわいいです。 しかし、その分つまづいたり蹴ったりといったトラブルが多いのもオスの特徴です。 また体が重いので甘えて飛び乗られると、場合によっては骨折なんてことも…。 しっかりしつけておきましょう! メインクーンのメスは猫らしい独立した性格! メインクーンのメスは独立した性格をしており、オスのように飼い主にベタベタな性格ではありません。 自分の好きな時に甘えに来る猫らしい性格をしています。 野生下のメス猫は子猫が生まれると、子どもを守る為にほかの猫を全て追い払います。 それは産んだ子猫が襲われないようにするための防衛本能で、警戒心という形で妊娠前から存在しています。 そのため、人間相手でも警戒心を解かずクールな性格になるんです。 これはどの猫種も同様で、メインクーンに限った話ではありません。 いろいろな所を歩き回り、冒険をするのが大好きです。 しかし、それは あくまで去勢前の性格!去勢をすると性格が変わるんです。 全ての生き物のオスは去勢をすることにより、男性ホルモンが減って女性ホルモンが優位になります。 そうなると活動や攻撃的な部分が無くなり、おとなしくのんびした性格になるんです。 メインクーンの場合ならオス猫の甘えん坊な部分のみが残るということですね! 避妊手術を受けた猫は子どもを作れないので、 自分を飼い主の子どもだと錯覚するそうです。 そのため、オス・メス問わず甘えん坊になるといわれています。 子猫の頃のメインクーンは活発でやんちゃな性格! メインクーンの子猫時代はほかの猫同様に活発でやんちゃです。 また、子猫は怖いものを知りませんし、人間と暮らすルールをまだ理解していません。 そのため自分がしたいことだけをするので、自由な性格をしているともいえます。 よく動き回りなんでも触って遊ぶので、危険な目に合わないように注意してあげてくださいね! 特に頭をぶつけるのはNGです。 子猫の間は頭蓋骨が柔らかく脳に直接ダメージを受けるので、場合によっては てんかんや 身体麻痺といった重大な障碍を負う可能性もあります。 そして、メインクーンは成長が遅い猫です。 そのため子猫の性格がほかの猫より長く続き、2歳まではやんちゃで活発です。 では、性格はどうなのでしょうか?両者を比較してみたので、参考ににしてみてください。 種類 メインクーン ノルウェージャンフォレストキャット 姿 行動 活発 活発 懐くかどうか よく懐く よく懐く 甘え具合 ほどほどに甘えん坊 かなりの甘えん坊 賢さ かなり賢い かなり賢い どちらも飼いやすい猫種ということで、性格も良く似ています。 とても活発でよく動き回りますし、飼い主に対してよく懐くのも同じです。 また、どちらも賢いことで有名で、芸などを仕込むことができしつけも楽です。 では、全く同じなのかと言うとそれは違います。 甘え方が大きく異なるんです。 メインクーンは甘えん坊ですが、嫉妬をするほど飼い主べったりにはなりません。 しかし、ノルウェージャンフォレストキャットはかなりの甘えん坊で飼い主にべったりです。 一人になるとストレスを抱えるほど飼い主に懐きますし、ほかの猫や動物に対して嫉妬もします。 見た目だけじゃなく中身も良く似ているメインクーンとノルウェージャンフォレストキャット。 それでは、被毛の色によって性格はかわるのでしょうか? 実はメインクーンの性格と 被毛の色にはなんの関係性もありません。 どの色のメインクーンも優しくて甘えん坊で賢く活発です。 こちらも性格に関係していないので、 被毛と合わせて好みのメインクーンを探してみてください! メインクーンの性格に合わせた飼育の注意点は? メインクーンは飼いやすい猫ですが、いくつかの注意点が存在しています。 の注意点とはどんなものでしょうか?• 適度に構う• 運動をさせる• 大事な物は片付ける 以上のものがメインクーンを飼う際の注意点になります。 どれもメインクーンの性格から考えれば、わかりやすいものですよね!それでは、それぞれの注意点を詳しくみていきましょう。 適度に構う メインクーンは甘えん坊ですが、ずーっと構ってほしいわけではありません。 特にメスはその傾向が強く自分が構って欲しい時に構って欲しいんです。 これは、人間でもそうですよね! また、温厚な性格ということでメインクーンはあまり怒りませんが、それは我慢をしているだけです。 あまりにしつこく構うとストレスがどんどん溜まっていくので、 寄って来たときにだけ構ってあげるようにしてください。 運動をさせる メインクーンは活発な猫なので運動をさせてあげましょう。 動くことでストレスの発散にもなりますし、肥満対策にもなります。 特に去勢や避妊をしたメインクーンは、おっとりとした性格になりあまり動きません。 そうなると 糖尿病リスクなどがあがるので、しっかりと運動させてあげてください。 キャットタワーなどを設置すれば上下運動により、効率よく運動させることができます。 また、一緒に遊と絆がより深まるので、暇を見つけて遊んであげるのがおすすめです。

次の

メインクーンの平均・最高寿命は?オスとメスで違いはあるの?短命?

メインクーン

都道府県 :• 全国のメインクーン• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 富山 0• 山梨 0• 栃木 0• 滋賀 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 高知 0• 佐賀 0• 大分 0• 宮崎 0• 2 カテゴリ :• 全ての里親募集• 犬 0• 171• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のメインクーン• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 富山 0• 山梨 0• 栃木 0• 滋賀 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 高知 0• 佐賀 0• 大分 0• 宮崎 0•

次の