私 たち は どうか し て いる ネタバレ 55。 私たちはどうかしているネタバレ51話/11巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

私たちはどうかしている 54話 ネタバレ 感想 光月庵を継ぐのは…

私 たち は どうか し て いる ネタバレ 55

そいつの店の借金を」 そう言って強面の男はまた連絡すると言い、喫茶店を出て行きました。 ーーー城島と七桜も一緒に喫茶店を出ると 「やーびっくりですよ。 七桜さん急に現れるから。 つけられてたなんてなーーー」 「城島君!」 何度も名前を呼ぶ七桜の声にやっと城島が立ち止まりました。 「お店って実家の事だよね。 借金ってどうして…何があったの?」 七桜がそう聞くと、 「実は今父親が病気なんですよ。 だから店を開けれない状態で・・・ 維持費のためにちょっと借りたんですけど、なかなか返すのが追いつかなくて。 」 城島は本当は父親は病気で倒れてそのまま亡くなったのに、 七桜にそう嘘を言いました・・・ 「だったらもっとちゃんとした所から借りたほうが・・・」 七桜がそういうと、小さな店に貸してくれるとこなんてなかなかないですよと答えました。 「じゃ じゃあ城島君が店に戻って・・・」 「無駄ですよ。 名物のわらび餅が出せないんじゃ客も来ないんで。 あれは父にしか作れないんです。 そうだ!わらび餅部屋にあるとか嘘ついちゃってすみません。 口実が欲しかったんです。 七桜さんを誘う」 そんな風に言う城島を見て、七桜は何かほかにも隠してると思いました。 椿にも相談できないし、そして 城島が話してくれた夢は嘘だとはどうしても 思えなかったのです・・・ ーーー翌朝 七桜は朝早くから厨房に向かっていました。 何かをかき混ぜる音が懐かしく感じ、目の覚めた城島は厨房へ向かいました。 「あ!城島くん!ちょうどよかった これ食べてもらっていい? 私なりにつくってみたの わらび餅。 お父さんのとどう違うか教えてほしいの」 そう言われた城島は少し戸惑いましたが、一口そのわらび餅を口にしました。 「どう?」 七桜が心配そうにそう聞くと 「全然違う・・・父のわらび餅は柔らかさの中にもしっかりとした弾力があるんです。 爪楊枝で持ち上げるとスーッとよく伸びる。 でも決して切れない・・・」 と城島が言うので、それを聞いた七桜は 「柔らかいのに弾力がある・・・ 粉に対して水の量を増やせば柔らかくなるけど砂糖の比率は・・・」 そう言いながら、またわらび餅を作り始めました。 その姿を見た城島は、 【この人・・・親父のわらび餅を作るつもりなのか?】 と思いました。 でもこれを機にこっちに気が引けるかと思った 城島はチャンスだとも思いました。 「俺も手伝います。 なんでも聞いて下さい」 城島はそう言いながら、早く落ちろよと心の中で七桜に対して思っていました。 ーーーその頃椿は、七夕の催しに出すためのお菓子を考えていました。 そして、先日多喜川がある事を教えてくれました。 「中央病院。 椿さんが気にしてたので調べたんですよ。 母親が今そこに入院してるようですよ」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 椿は、城島の母親が入院しているという中央病院に一人で出向きました。 「すみません。 城島昭子さんですか?」 椿が城島の母親にそう言って話しかけると、母親は驚いた様子で 「はじめまして。 私・・・ こ 光月庵の・・・椿さん・・・・」 と言うので、椿も驚いて 「俺のこと知ってるんですか?」 と聞きました。 すると母親は 「あ あの祐介が 息子が何かしたんでしょうか? すみません すみません。 店の事は忘れろって言ったんです。 恨んだってあの人は帰ってこないって」 と言って頭を下げて言うので、椿は 「恨む?」 とその言葉が引っかかり、疑問に思いました。 そして、城島の目的は七桜だと思っていたけれど 実は自分はそこを勘違いしていたのではないかと思ったのです。 すると、城島の母親はこう話し始めました。 置いた常連さんは伊勢から足が遠のくし、 コンビニや流行りのスイーツに押されて 何時切れてもおかしくない糸の上を綱渡りしているようなものでした。 夫は店を絶対潰したくない一心で、多額のお金を借入ました。 自分のすべてだったから・・・だからそれまで以上に働いて・・・ そんなとき、うちにしては大きな仕事がきました。 本当に久しぶりの主人の笑顔を見て、それに懸けようって 息子も私もそれこそ死に物狂いで準備したんです。 そんな裏でしまやの打ったお菓子はたった3個でした・・・ 城島が担当者にわらび餅を食べてもらえれば分かる!どうか もう一度チャンスをくださいと頭を下げていると、そこへ椿が通りかかりました。 『騒がしいな。 食べてもらえるときに最高のものを出す。 そんな当たり前のことも出来ないから一流になれないんだ』 そう言われた城島は、無念で心が打ちひしがれていました。 心身共に疲れ果てて、ある朝厨房で倒れてそのまま・・・」 火葬された父親の遺骨を拾った時、毎日厨房に立ち続けていた 父親の腰の骨は、持ち上げただけで脆く崩れ去ったそうです。 「あの子はあのとき壊れてしまったんだと思います。 お願いします!あの子をあの店から追い出してください。 何かする前に! あの子には純粋にお菓子を作ってもらいたいんです。 お願いします!」 そう言って椿に必死に縋りついてくる城島の母親の姿を見て、 子供のためにこんな顔をする母親もいるのかと思いました。 そして椿はこう聞きました。 「あなたは俺のこと恨んでないんですか?」 すると城島の母親はこう答えました。 あんなものを作れる人がそんな事できるのかって・・・」 バサッ! 何かが落ちる音が聞こえたので、椿がと城島の母親が振り返ると そこには驚いた顔の城島が立っていました。 「なんでここに・・・」 すると、椿は城島の母親の病室から出て行きました。 そんな椿を城島は追いかけました。 「待てよ!七桜さんは俺とあんた どっちの言葉を信じるだろうな」 そんな事を言われた椿は 「お前だろうな」 と答えました。 そして続けてこう言います。 「何か勘違いしてないか?俺がアイツと結婚するのはあくまであいつが 店の利益になりそうだからだ。 愛してるからじゃない」 >> まんが王国で2,520円もお得に読む方法! まんが王国の 半額クーポンを使って最新刊までお得に読むことが出来るんです! 解約もスマホから簡単にできるから安心です! >> この機会に是非【私たちはどうかしている】を楽しんでください! 毎日がんばっている自分へのごほうびに、大好きな漫画を読んで息抜きをしてみませんか? 【私たちはどうかしている】24話 5巻 の感想 城島の父親の話を聞いた七桜はどうしても わらび餅を再現したくて奮闘します。 なんとか城島の助けになりたいのと、そんなわらび餅作ってみたいと 思う気持ちがそうさせたんでしょうね。 そして、椿は城島の母親の話を聞いて七桜が目的ではなく自分への復讐のために 城島が七桜を狙っているのに気づいたようです。 だから最後の台詞になったのかな・・・もう七桜に近づかせないためなのかも。 私の泣きポイントは、お父さんの遺骨が腰の骨が脆く崩れたこと・・・ どれだけ努力して一生懸命厨房に立ち続けていたのかと考えると 涙が止まりませんでした。 まとめ 【私たちはどうかしている】5巻に掲載されている24話のネタバレ感想を紹介しました! 七桜はずっと一生懸命、わらび餅を再現しようとしています。

次の

私たちはどうかしている【最新話】ネタバレ59話!多喜川と由香莉の秘密│シロカミエンタ

私 たち は どうか し て いる ネタバレ 55

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 ここは旦那さまの部屋ー。 ついに七桜の正体が発覚し、 椿と七桜は青ざめたまま互いを見つめています。 廊下のほうでは火事騒ぎが起こっていました。 光月庵の使用人も茶会の客人も大慌て。 女将は椿に『椿さん、あなたも戻って!』と言い部屋を出ていきました。 七桜と椿は、旦那さまの部屋に取り残されー。 椿は震える声で言いました。 『いま…「さくら」だって言ったのか…おまえが』 椿は泣きそうな表情で続けます。 『なぁ…嘘…だよな?』 椿の泣きそうな顔を見て、七桜には返す言葉もありません。 (もう、これ以上はごまかせない…) 七桜はぐっと目をつぶり、身籠った自分のお腹に手をあてて話し始めました。 『15年前、この部屋で何があったのか…私は本当のことが知りたくて。 ママは絶対に旦那さまを殺してない。 私はママの無実を証明するためにここに来たの』 椿は顔は一瞬にして、悲痛な表情に変わりました。 (違う。 七桜じゃない。 七桜がさくらのはずがない!) 椿は、言葉を絞り出すようにして、言いました。 『掛軸の前で言ったことも…嘘だったのか?全部…全部…』 そして椿は、怒りに任せて七桜を壁に押しやり、叫びました。 『全部!!』 七桜を睨みつけた椿は、七桜の顔のそばの壁を殴りました。 『くっ…どうして…』 椿の剣幕に七桜は目線を下げて言い淀みます。 七桜が『椿…』と顔を上げるとー。 椿は、七桜の顔を強引に引き寄せ、乱暴にキスをしてきました。 『あ…』 七桜は戸惑い、抵抗するすべもありません。 椿は言いました。 『おまえはずっと、なにも感じていなかったんだな…』 そう言って七桜を睨みつけるので、七桜は否定しようとします。 『違ー…』 しかし、そこへ『椿さん!』と叫ぶ声がします。 山口が部屋にやってきました。 山口は、屋敷が火事だと言い、大旦那が見つからない、と慌てています。 椿『大旦那の部屋は見たんですか!?』 山口『煙がすごくて近づけません』 椿は真っ青になり『俺が探す!山口さんは店の方を』と指示を出しました。 そして椿は七桜に言いました。 『おまえはここから出るな。 大旦那を見つけたら戻ってくる。 なにか言いたいことがあるなら、そのとき聞く。 』 七桜は思います。 (椿は試してる…。 ここから逃げるのも自由。 でもそのときは…二度と会わないとー。 ) 七桜は椿に言いました。 『待ってる。 ここで椿を待ってるから』 椿は七桜を見て、そして廊下を走っていきました。 七桜は、旦那さまの部屋で、椿を待つと決めました。 しかし、火事は広がる一方です。 続きのネタバレをどうぞ。 《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 大旦那の部屋がある母屋は悲惨な状況でした。 あまりにも炎が激しく、椿は息をのみました。 椿は『おじいいさま!いるんですか!!』と叫びます。 するとかすかに大旦那の声が聞こえてきました。 『だれ…か…助けて』 (おじいいさまの声が…) 椿は息をのみ、炎の先を進んでいきました。 しかしー。 煙の勢いが激しく、椿の喉が焼けるよう。 椿は力尽きて廊下で倒れてしまいました。 椿の目の前に、幼いさくらの幻影が浮かびます。 幼いさくらが、こちらを見つめてきます。 (さくら…。 ああ…そうか。 俺から全てを奪いに来たんだな。 あいつにとって俺は親のかたき…。 なのに、どうしていつも…) 椿の目の前に、今度は七桜の幻影が浮かびます。 七桜は大旦那に言い返していました。 『椿さんは大旦那さまに負けないくらい、この店を大事にしています』 (七桜…七桜…。 どうしていつも俺の欲しかった言葉をくれたんだ。 七桜…俺は七桜を手放せるのか?) 椿は薄れていく意識のなか、涙をこぼしました。 (七桜…俺が見つけた初めての…幸せだったんだー…) 椿は、大旦那のもとへ辿り着く前に、廊下で倒れ意識を失ってしまいました。 そんな椿を救い出したのは、栞です。 続きのネタバレをどうぞ。 《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 栞は、いちどは屋敷の外に避難していました。 しかし栞は椿の姿がないことに気づきます。 山口の『椿さんと七桜さんがまだ…』と慌てる様子を見て、栞は慌てて屋敷の中に入っていきました。 栞は廊下で倒れている椿を見つけ、『椿さん!』と叫び駆け寄るのでした。 一方、城島は七桜を部屋から連れ出そうとしていました。 城島は言います。 『七桜さん!?こんなところで何してるんですか!早く逃げて』 しかし七桜は引きません。 『私はここにいる。 椿を待っていないといけないの』 七桜は思います。 (椿はきっと許してはくれない。 でも…) 七桜はぐっと目をつぶり、自分に言い聞かせました。 (キスされるたびに椿の愛を感じてた。 椿のことが好きだった。 それだけは伝えなきゃ…失うまえにー…) しかしー。 七桜のお腹がズキンと痛みました。 ズキン、ズキン、と痛みが増してきます。 激しい腹痛に見舞われ、七桜は倒れてしまいます。 城島は慌てて、倒れる七桜を支えるのでした。 椿と七桜は、旦那さまの部屋で会う約束をしていましたが 結局ふたりが会うことはありませんでした。 椿は炎で倒れ、七桜は腹痛で倒れてしまいます。 大旦那は部屋に残ったまま。 大旦那、椿、七桜。 電子版特典では、紙面漫画にはないオリジナル・ショートストーリーが掲載されています。

次の

ドラマ「私たちはどうかしている」あらすじネタバレ、キャスト一覧、紹介します

私 たち は どうか し て いる ネタバレ 55

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 ここは旦那さまの部屋ー。 ついに七桜の正体が発覚し、 椿と七桜は青ざめたまま互いを見つめています。 廊下のほうでは火事騒ぎが起こっていました。 光月庵の使用人も茶会の客人も大慌て。 女将は椿に『椿さん、あなたも戻って!』と言い部屋を出ていきました。 七桜と椿は、旦那さまの部屋に取り残されー。 椿は震える声で言いました。 『いま…「さくら」だって言ったのか…おまえが』 椿は泣きそうな表情で続けます。 『なぁ…嘘…だよな?』 椿の泣きそうな顔を見て、七桜には返す言葉もありません。 (もう、これ以上はごまかせない…) 七桜はぐっと目をつぶり、身籠った自分のお腹に手をあてて話し始めました。 『15年前、この部屋で何があったのか…私は本当のことが知りたくて。 ママは絶対に旦那さまを殺してない。 私はママの無実を証明するためにここに来たの』 椿は顔は一瞬にして、悲痛な表情に変わりました。 (違う。 七桜じゃない。 七桜がさくらのはずがない!) 椿は、言葉を絞り出すようにして、言いました。 『掛軸の前で言ったことも…嘘だったのか?全部…全部…』 そして椿は、怒りに任せて七桜を壁に押しやり、叫びました。 『全部!!』 七桜を睨みつけた椿は、七桜の顔のそばの壁を殴りました。 『くっ…どうして…』 椿の剣幕に七桜は目線を下げて言い淀みます。 七桜が『椿…』と顔を上げるとー。 椿は、七桜の顔を強引に引き寄せ、乱暴にキスをしてきました。 『あ…』 七桜は戸惑い、抵抗するすべもありません。 椿は言いました。 『おまえはずっと、なにも感じていなかったんだな…』 そう言って七桜を睨みつけるので、七桜は否定しようとします。 『違ー…』 しかし、そこへ『椿さん!』と叫ぶ声がします。 山口が部屋にやってきました。 山口は、屋敷が火事だと言い、大旦那が見つからない、と慌てています。 椿『大旦那の部屋は見たんですか!?』 山口『煙がすごくて近づけません』 椿は真っ青になり『俺が探す!山口さんは店の方を』と指示を出しました。 そして椿は七桜に言いました。 『おまえはここから出るな。 大旦那を見つけたら戻ってくる。 なにか言いたいことがあるなら、そのとき聞く。 』 七桜は思います。 (椿は試してる…。 ここから逃げるのも自由。 でもそのときは…二度と会わないとー。 ) 七桜は椿に言いました。 『待ってる。 ここで椿を待ってるから』 椿は七桜を見て、そして廊下を走っていきました。 七桜は、旦那さまの部屋で、椿を待つと決めました。 しかし、火事は広がる一方です。 続きのネタバレをどうぞ。 《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 大旦那の部屋がある母屋は悲惨な状況でした。 あまりにも炎が激しく、椿は息をのみました。 椿は『おじいいさま!いるんですか!!』と叫びます。 するとかすかに大旦那の声が聞こえてきました。 『だれ…か…助けて』 (おじいいさまの声が…) 椿は息をのみ、炎の先を進んでいきました。 しかしー。 煙の勢いが激しく、椿の喉が焼けるよう。 椿は力尽きて廊下で倒れてしまいました。 椿の目の前に、幼いさくらの幻影が浮かびます。 幼いさくらが、こちらを見つめてきます。 (さくら…。 ああ…そうか。 俺から全てを奪いに来たんだな。 あいつにとって俺は親のかたき…。 なのに、どうしていつも…) 椿の目の前に、今度は七桜の幻影が浮かびます。 七桜は大旦那に言い返していました。 『椿さんは大旦那さまに負けないくらい、この店を大事にしています』 (七桜…七桜…。 どうしていつも俺の欲しかった言葉をくれたんだ。 七桜…俺は七桜を手放せるのか?) 椿は薄れていく意識のなか、涙をこぼしました。 (七桜…俺が見つけた初めての…幸せだったんだー…) 椿は、大旦那のもとへ辿り着く前に、廊下で倒れ意識を失ってしまいました。 そんな椿を救い出したのは、栞です。 続きのネタバレをどうぞ。 《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 栞は、いちどは屋敷の外に避難していました。 しかし栞は椿の姿がないことに気づきます。 山口の『椿さんと七桜さんがまだ…』と慌てる様子を見て、栞は慌てて屋敷の中に入っていきました。 栞は廊下で倒れている椿を見つけ、『椿さん!』と叫び駆け寄るのでした。 一方、城島は七桜を部屋から連れ出そうとしていました。 城島は言います。 『七桜さん!?こんなところで何してるんですか!早く逃げて』 しかし七桜は引きません。 『私はここにいる。 椿を待っていないといけないの』 七桜は思います。 (椿はきっと許してはくれない。 でも…) 七桜はぐっと目をつぶり、自分に言い聞かせました。 (キスされるたびに椿の愛を感じてた。 椿のことが好きだった。 それだけは伝えなきゃ…失うまえにー…) しかしー。 七桜のお腹がズキンと痛みました。 ズキン、ズキン、と痛みが増してきます。 激しい腹痛に見舞われ、七桜は倒れてしまいます。 城島は慌てて、倒れる七桜を支えるのでした。 椿と七桜は、旦那さまの部屋で会う約束をしていましたが 結局ふたりが会うことはありませんでした。 椿は炎で倒れ、七桜は腹痛で倒れてしまいます。 大旦那は部屋に残ったまま。 大旦那、椿、七桜。 電子版特典では、紙面漫画にはないオリジナル・ショートストーリーが掲載されています。

次の