手作り ケーキ 保存。 手作りシフォンケーキの保存方法と賞味期限は?

ケーキを冷蔵庫で保存する方法!何日まで?生クリームは?

手作り ケーキ 保存

手作りケーキの日持ちと賞味期限は? 手作りケーキの賞味期限は生クリームが使われているものは日持ちが短いので早めに食べるようにしてくださいね。 パウンドケーキ、ガトーショコラなどは割と日持ちがする方です。 それでは、それぞれを詳しくみていきましょう! 生クリームのケーキ 賞味期限: 1日(当日中) 生クリームと果物が使われているいちごショートのようなケーキは当日中の賞味期限となります。 一番賞味期限が短いケーキです。 翌日でも食べられますが、明らかに美味しさが半減しています。 生クリームがべとっとして、果物から水分が出て美味しくないので、当日中に食べるようにしてくださいね。 パウンドケーキは焼いた翌日が味が馴染んで美味しいです。 日持ちは長いほうですが、3~4日中に食べるのがしっとりして、風味豊かで美味しいので早めに食べてくださいね。 バナナやりんごを入れたパウンドケーキは日持ちは短くなり5日程度になります。 夏場は、常温で保存していると腐ってしまいますので冷蔵庫に入れるようにしてください。 ガトーショコラ 賞味期限:冷蔵庫で約5日 ガトーショコラは焼いた当日よりも翌日のほうが味が馴染んで美味しいです。 日持ちは約5日と長いですが、美味しく食べるには2~3日中に食べるのがおすすめです。 日が経ってくるとパサついてきたり、風味が落ちてきます。 クルミやナッツが入っていて食感が美味しいブラウニー。 常温保存で5日間日持ちするのが嬉しいですね。 クリスマスやバレンタインでプレゼントするときにも持ち運びがしやすいです。 シフォンケーキ 賞味期限:冷蔵庫で約3日 シフォンケーキは生クリームを使って焼き上げているので日持ちは3日と短めです。 ふわふわの食感と風味を楽しむには早めに食べるようにしてください。 ベイクドチーズケーキ 賞味期限:冷蔵庫で約4日 焼いた当日よりも翌日が味が馴染んで美味しいです。 プレゼントのときは前日に焼いておくと良いですね。 私は、出来立てのアツアツのベイクドチーズケーキも結構好きなのですが、翌日になるとまた違った味わいがして美味しいです。 レアチーズケーキ 賞味期限:冷蔵庫で約3日 レアチーズケーキの日持ちは短めです。 土台のクッキー部分などが日が経つにつれて、水分でサクサク感がなくなってきます。 出来るだけ早めに食べる方が美味しいです。 フルーツなどでデコレーションしている場合は、当日中が美味しいです。 翌日になるとフルーツの水分が出てしまって、味が落ちてしまいます。 スポンサーリンク 手作りケーキの日持ちするコツ ・冷めてから保存する ・密閉容器に入れて乾燥しないようにする 美味しく焼いたケーキを保存するときのコツは2点です。 賞味期限まで美味しく食べられるようにご説明しますね。 冷めてから保存する 冷める前に、温かいうちにラップしたり保存容器に入れてしまうと中で湿気がこもってしまいます。 水分が付いたまま保存すると痛んだり腐る原因となります。 しっかり冷ましてから保存するようにしてくださいね。 密閉容器に入れて乾燥しないようにする 冷ましたまま忘れてお皿に置いたまま・・・ということはないように気を付けてくださいね。 ケーキは乾燥が大敵です。 しっとりとした美味しいケーキを維持するためには、密閉容器に入れるようにしてください。 ケーキが大きくて容器に入らないって場合は、お皿にサランラップをしっかりと2重にして乾燥を防いでください。 水分が飛んでしまうとパサパサの美味しくないケーキになってしまいます。 ケーキの材料はいつもこちらで買っています。 シフォンケーキ 冷蔵庫で約3日 ベイクドチーズケーキ 冷蔵庫で約4日 レアチーズケーキ 冷蔵庫で約3日 <手作りケーキの日持ちするコツ> ・冷めてから保存する ・密閉容器に入れて乾燥しないようにする 最後に一覧にまとめましたので、手作りケーキをしたときの参考にしてくださいね。 パウンドケーキ・ガトーショコラ・チョコブラウニー・ベイクドチーズケーキは焼いた当日よりも翌日のほうが味が馴染んで美味しいです。 プレゼントするときは、前日に作るのがおすすめですよ。

次の

もう困らない!食べきれなかったバースデーケーキの保存方法

手作り ケーキ 保存

パウンドケーキを手作りしたり買ってきた場合は、基本的に常温で保存するのがおすすめです。 パウンドケーキは、 他のスイーツと比較してバターや砂糖が多く使われています。 そのため傷みにくく、日持ちするのが特徴です。 特に日当たりが良い場所はおすすめできないので注意して下さい。 ただし、バナナやリンゴなど水分を多く含む材料を使ったパウンドケーキは、プレーンほど日持ちしないので気を付けましょう。 砂糖やバターを少なくしたパウンドケーキも傷みやすいです。 ブランデーやラム、日本酒を使うと逆に長持ちします。 手作りの場合は、生地の中に含ませたり、焼いたあとに表面に塗ると良いでしょう。 味が染みていっそう美味しくなります。 市販のパウンドケーキで既にカットして個別包装されているものは、そのままで良いでしょう。 そうでない場合は、 スライスしてラップでピッタリと包んでください。 乾燥剤もそのまま使いましょう。 手作りの場合は、焼いたあとすぐに型から外して粗熱を取ります。 その後ラップで包みますが、しっとり感を残したい場合は熱いうちにラップをして蒸気を閉じ込めるのがコツです。 理想はカットせずに保存することです。 その方が乾燥しにくくてしっとり感が残るのでおすすめです。 食べやすくカットする場合は、 1枚ずつラップをしてその上からアルミホイルで包むと匂い移りも防げて保存状態が良くなります。 市販品でも手作りでも 必ず密閉容器に入れてください。 焼いたあと、型から外さないで放置しておくと、型に残った水分がカビの原因になるのでおすすめしません。 パウンドケーキの保存は、乾燥させないことが大きなテーマになります。 空気を遮断するために密閉することがとても大切と認識しましょう。 また、何度もカットして食べていると、包丁で切ったところや指が触れた場所が傷みやすくなります。 特に暖かい季節に常温保存する場合は注意しましょう。 冒頭でも触れましたが、パウンドケーキは比較的バターと砂糖を多く使用するため傷みにくい特徴があります。 そのため、 少しくらいであれば賞味期限を過ぎたパウンドケーキを食べても問題がないといえそうです。 パウンドケーキの語源は、重さの単位のポンドに由来します。 フランスの一般家庭で作られたのが始まりです。 パウンドケーキの材料は、小麦粉、卵、バター、砂糖という非常にシンプルなものです。 このすべての材料をそれぞれ「1ポンドずつ」使って作ることから、パウンドケーキと呼ばれるようになりました。 1ポンドは約450gですから、それだけのバターと砂糖を使うとなると、かなり甘くてコクも出ます。 もちろんたとえ話なので、必ずしもこの配合で作るわけではありませんが、それくらいバターと砂糖の含有量が多いということです。 手軽さと日持ちすることが好まれて、世界的な広がりを見せたといって良いでしょう。 特に子供が多い家庭なら、多めに作っておいておやつに出すと楽ですし、食べなければ冷凍保存もできます。 これらの背景から、パウンドケーキは、賞味期限が過ぎてもすぐには処分せず、そのまま食べる人が少なくありません。 パウンドケーキを食べればわかりますが、時間が経っても明らかに味が落ちるというものではありません。 なかには数カ月経過したものを食べたという人もいます。 ただし、これには、常温で未開封、密閉状態で保存していることが大前提になります。 高温多湿だったり、密封されていない場合は危険ですし、カビが生えたり、糸を引いていたり、酸っぱい異臭がしたら直ちに処分しましょう。 市販のパウンドケーキには、一般的に賞味期限が設けられています。 賞味期限の定義は、美味しく食べられる期限です。 通常、パウンドケーキに代表される焼き菓子など、長期間日持ちする商品に使われます。 一方、似た言葉に消費期限があります。 これは、比較的短期間で食べられなくなるものに使われ、期限を過ぎたら食べない方が良いとされるものです。 パウンドケーキの袋に記載されている賞味期限が過ぎたからといって、すぐに捨てなければならないものではないのです。 ちなみに、手作りの場合、薄力粉やドライフルーツなど材料の賞味期限を大幅に過ぎたものを使っているケースも少なくないようです。 そしてその感想の多くは、とても美味しかった、というものです。 もちろん、賞味期限は守るのが前提です。 それを超えたパウンドケーキを食べることは推奨はできません。 もし食べるとしたら自己責任ですし、くれぐれも常温、未開封、密封状態で保存してあることを確認してください。

次の

シフォンケーキの保存方法は?冷凍保存してもふわふわ感をキープしたい…!

手作り ケーキ 保存

シフォンケーキの日持ちや賞味期限は? 手作りしたシフォンケーキは保存料を使っていないので、日持ちや賞味期限がわからないですよね。 目安についてご紹介するので、参考にしてみてください。 シフォンケーキ・常温での日持ち 常温で保存する場合は、 季節や室温に注意しましょう。 冬場であれば常温でも 2~3日程度は大丈夫ですよ。 季節に関係なく常温で保存する場合には、焼き上がったシフォンケーキの粗熱が取れた時点でラップをかけておきましょう。 ラップをかけずに置いておくと乾燥してパサパサになってしまうので、シフォンケーキのフワフワ感を保つためにもラップをしてくださいね。 シフォンケーキ・冷凍での日持ち 2~3日以上日持ちをさせたい場合は 冷凍保存をおすすめします。 冷凍保存後、 2週間程度は日持ちしますよ。 ただ、時間が経つにつれて風味は落ちてしまうので、出来れば早めに食べるようにしましょう。 手作りと市販のシフォンケーキでは日持ちが異なる? シフォンケーキが日持ちするかどうかは、作られた シフォンケーキの環境が大きく影響するようです。 家庭でシフォンケーキを作るとき、プロのように手袋をしたりまめに消毒しながら作ることはなかなか難しいですよね。 そうすると 少なからず雑菌が付いてしまうので、2~3日で食べきることをおすすめされています。 それに対し、プロが作る市販のシフォンケーキは衛生管理もしっかりとされているので、手作りのものに比べると少し賞味期限は長いようです。 賞味期限が長いと言っても数日程度の違いなので、市販のシフォンケーキも極力早めに食べきった方が良いでしょう。 市販のシフォンケーキでも、ホイップクリームがやフルーツがトッピングされているものは傷みやすいので早めに食べる方が良いですね。 スポンサードリンク シフォンケーキを冷凍して保存するコツは? シフォンケーキを冷凍で保存するとしても、フワフワ感や風味は残したいですよね。 コツを知っておけば、冷凍保存をしても美味しいシフォンケーキを味わえますよ。 食べきれるサイズにカットする・シフォンケーキの冷凍保存のコツ 冷凍保存をする場合は、焼きたてのシフォンケーキの粗熱が取れたあと、 食べきれるサイズにカットして1つずつラップに包みます。 ホールだと解凍するのにも時間がかかりますし、全部食べきるとは限りませんよね。 何度も 冷凍と解凍を繰り返すと味も風味も落ちてしまいます。 そのため、食べきれるようにカットして冷凍保存するのがおすすめですよ。 ラップに包む・シフォンケーキの冷凍保存のコツ シフォンケーキをラップに包むときは潰さないように気を付けながら、 空気が入らないようにピッタリと包んでくださいね。 しっかりとラップで包んだらタッパーに入れて冷凍庫に入れて保存しましょう。 冷凍保存しておけば、2週間程度は日持ちしますよ。 ジップ付きビニール袋に入れる・シフォンケーキの冷凍保存のコツ さらに密閉して保存したい人におすすめなのは、 ジップ付きのビニール袋に入れて冷凍する方法です。 シフォンケーキをラップで包んだあとジップ付きのビニール袋に入れることで タッパーよりも密閉度が高まります。 空気を抜きながらチャックをすることもポイントです。 ラップをしないでジップ付きビニール袋に入れると、 シフォンケーキ同士がくっ付いてしまう可能性があるので、ラップは忘れずに! スポンサードリンク シフォンケーキを美味しく解凍するコツは? 冷凍する方法とコツについてはわかりましたね。 それでは、解凍方法はどのようにすれば良いのでしょうか? 自然解凍・シフォンケーキの解凍のコツ 冷凍保存したシフォンケーキの食感は大丈夫なのか、気になりますよね。 焼きたてのときほどとは言えませんが、 常温に置いて自然解凍をすればフワフワ感は残っていますよ! また、冷凍庫から出した際は一度ラップを剥がし、シフォンケーキにふんわりと掛けなおしをしてくださいね。 ピタっと包んだままの状態で自然解凍すると、解凍したときの 水滴がシフォンケーキに付いてしまい、ベチョベチョになってしまう恐れがあります。 冷蔵庫での解凍もOK・シフォンケーキの解凍のコツ 一番おすすめされているシフォンケーキの解凍方法は先ほどご紹介した常温です。 しかし、冷蔵庫での解凍でも大丈夫ですよ。 ひとつ注意してほしいのが、冷蔵庫で解凍すると シフォンケーキが乾燥しやすいというところ。 なので、常温で解凍するときと同じようにラップの掛けなおしは忘れないようにしましょう。 ラップを掛け忘れてしまうと、他の食品の匂いが移ってしまう可能性もあります。 真夏の時期に常温で解凍するのが怖いというときは、冷蔵庫でゆっくりと解凍させると良いですね。 自然解凍VSレンジで解凍どっちがいい? 自然解凍や冷蔵庫で解答する方法についてご紹介しましたが、電子レンジを使うのはどうなのでしょうか? 結論から言うと、 電子レンジのみで解凍するのは避けた方が良さそうです。 冷凍庫から出したばかりのシフォンケーキは、常温や冷蔵庫で解凍しましょう。 一気に電子レンジで解凍すると 解凍にムラが出来てしまい、冷たいところと温かいところが出てしまいます。 さらに、冷凍していたときの水分が出てきてせっかくのシフォンケーキがベチョベチョになってしまうとか。 ただし、電子レンジを使うことで焼きたてのシフォンケーキを味わえる裏技もあるんです。 やり方は常温や冷蔵庫で解凍したあと、 電子レンジの600Wで10秒ほど温めるだけ。 一手間加えるだけで、焼きたてのときのようなふんわり感が復活しますよ。 解凍自体は常温の方がおすすめですが、電子レンジも上手に活用してくださいね。

次の