Zoom この ミーティング id は 無効 です。 Zoomズームの使い方

ZoomでこのIDは無効ですと表示される場合の詳細と対処法

Zoom この ミーティング id は 無効 です

Contents• Zoom Cloud Meetingsで招待URLから参加出来ない原因 Zoom Cloud Meetingsは、ミーティングやセミナーを、オンライン上で行うことが出来るアプリです。 カメラを起動させれば、モニター越しに対面しながら会話も可能で、実際に会っているような感覚でビデオ会話をおこなえます。 主催者から 「招待URL」を受けとる事で、ミーティングに直接アクセス可能になる機能もその一つです。 しかし、 最近ユーザーの中に、「招待URLからミーティングに参加できない」という声が多く報告されています。 Zoom「認証されてるユーザーしか参加出来ません」のエラーに関しては下記を参照下さい。 ホストがWebブラウザからの許可設定をしていない まずホストは、招待しているユーザーが 「アプリまたはブラウザ」どちらからログインするのかを、場合によって把握する必要があります。 もし、招待したユーザーが「ブラウザからログイン」しようとして、アクセスが出来無いのなら、 ホスト設定が「Webブラウザからの許可」をしていない可能性があります。 Webブラウザからの許可を行っていなければ、ホストから直接「招待URL 」が送られてきたとしてもブラウザからのログインが出来ません。 この場合は、アプリ版からログインするか、ホストに「ブラウザから参加可能なリンク」を送信して貰わなければなりません。 ブラウザのバージョンが古い Zoom Cloud Meetingsにブラウザからログインする際、 ブラウザのバージョンが古かったり、特殊なブラウザを利用してログインすると、エラーが発生するケースがあります。 エラーは主に 「サポートされていないブラウザを使っています」と表示されます。 Windowsの標準ブラウザであるInternet Explorerや、MacのSafari 、Google Chrome等は一般的ですが、バージョンが古すぎると、Zoom Cloud Meetingsにログインを拒否されてしまいます。 サービスステータス更新情報の受信を設定しておけば、「・各サービス毎の稼動状況・計画保守とその影響有無・障害情報」を確認出来るためオススメです。 利用環境の問題や通信状況が悪い Zoom Cloud Meetingsを利用する際は、 必ず使用する端末はオンラインでなければなりません。 電波や利用環境、その他の設定によっても利用が制限される可能性があります。 オンラインで 対面会話が出来る Zoom Cloud Meetingsは、大量のデータ通信を行うため、自身の利用している環境や通信状態が良くないと、機能を正常に利用出来ません。 また、電波状態が悪い時にWi-Fiを使う手もありますが、公共のWi-Fiは電波状態が不安定なケースが多く、利用はあまりオススメしません。 オフラインでは接続が出来ない いくら試してもログインが出来ないのなら、再度ホストにURLを送信して貰いましょう。 Zoom Cloud Meetingsで招待URLから参加出来ない場合の対処法 Zoom Cloud Meetingsで 招待URLから参加出来ない原因は複数ありますが、いずれも対処法は比較的簡単です。 WEBブラウザから参加を許可する 招待されたユーザーが、 ブラウザからログインを行うのであれば、ホストは「WEBブラウザから参加を許可する」しなければ招待されたユーザーはミーティングに参加出来ません。 もし、招待しているホストが、WEBブラウザから参加を許可していないのであれば、 以下の手順でブラウザからのログインを有効にしましょう。 まずマイアカウントにログインしましょう。 次に、左のメニューに表示してある「設定」タップします。 下にスクロールしていくと 「ブラウザから参加するリンクを表示します」という項目があるので、右にあるボタンをオンにすれば設定完了です。 ブラウザ版からログインするのであれば、ホストに「ブラウザからの参加許可」を有効にしてもらいましょう。 直接ミーティングIDを打ち込む どうしても「招待URL」からログインが出来無いのであれば、 直接ミーティングIDを打ち込む事で、招待されたミーティングルームに参加することが出来ます。 ミーテ ィ ングIDとは、各ルームに振り分けられた11桁の数字の事です。 ルームには、ミーティングID数字を知っているメンバーしかログインが出来ず、ホストとメンバーのみミーティングIDの取得が可能です。 ホーム画面からアイコンで表示されてある「参加」を選択します。 次にミーティングIDを打ち込む画面が出てくるので、 ホストから共有された11桁の数字を入力しましょう。

次の

ミーティングIDを固定にしたり、しなかったり

Zoom この ミーティング id は 無効 です

もくじ• もう一度やり直してください」のエラーが出て入ることはできません。 パスワードはどこで確認できる? ホストがZoomの招待機能(メールなど)でURLを送ってきた場合は、本文の「パスワード」で確認できます。 それ以外の方法で招待URL・ミーティングIDだけを教えてもらった場合は、ホストに直接パスワードを確認するしかありません。 アプリがない状態でブラウザからURLを開くと「ページを開けません。 アドレスが無効です。 」のエラーが出て入れません。 対処法 以下のボタンからアプリをインストールしてから招待URLをタップすれば入れるようになります。 ブラウザだけで参加する手順 招待URLをクリックしてブラウザが起動したら「ブラウザが何も表示しない場合」の後の「ここをクリック」をクリックします。 すぐ下に「アプリケーションをダウンロードまたは実行できない場合は」という文言が出現するので「ブラウザから参加」をクリックすればアプリ無しでも入れるようになります。

次の

Zoomについての質問です。私は、iPhone8でアプリのZoom を使用してい...

Zoom この ミーティング id は 無効 です

オンライン会議ソフトの 「Zoom」を使ってる方は、いますよね? コロナウイルスの影響で、在宅でのテレワーク化が進み、 いろんな企業が研修や会議などでも、Zoomを導入している。 でも、先日から「Zoomでミーティングに参加できない」 というトラブルがいろんな方から聞こえてきました。 その理由ですが、セキュリティーとプライバシーの強化の為、 仕様変更があり、Zoomで「パスワード設定」が必須となったからです。 ホスト以外の参加者は入室時に、 毎回、パスワードが要求されるようになりました。 このZoomで入室時にパスワードが要求される件について、 対応策と解決策を用意したので、最後までご覧下さい。 Zoomの会議室(ミーティングルーム)は、2種類ある まず、覚えておいてもらいたいのですが、 Zoomには、 「PMI」と普通の 「ミーティング」があります。 「PMI」とは、パーソナルミーティングIDの略で、 デフォルトで割り当てられる個別のミーティングIDです。 「PMI」のミーティングIDは、10ケタですが、 「定期的なミーティング」など、普通のミーティングIDは9ケタです。 普通の「ミーティング」は、いくらでも新規作成できますが、 「PMI」に関しては、別のアカウントを使わないと新規取得できません。 「PMI」は、1アカウントに1個までとなる。 Zoomで入室できない理由!参加するクライアントはパスワード必須 今後、「PMI」を利用した場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 ただし、「PMI」以外の「ミーティング」は対応が異なる。 すでに作成済みの 既存の「ミーティング」では、これまで通り、 ホスト以外でも入室時に、パスワードは要求されません。 しかし、今後新たに「ミーティング」をスケジューリングする場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 既存の「ミーティング」を使えば、パスワードの要求はありません。 ただし、既存の「ミーティング」でも編集して保存すると、 パスワードが強制付与されますので、注意が必要です。 ですので、既存の「ミーティング」は編集しないほうが良いです。 Zoomの使い勝手が悪化!対応策はひとつだけ? 今回の仕様変更で、使い勝手が著しく悪化しました。 Zoomで「勉強会」や「説明会」を開催する場合、 参加者は、毎回 パスワードを入力する必要があります。 つまり、参加するのに「ひと手間」増えるので、 そこで離脱される可能性もある 笑 ここの改悪部分は、ホストにとって「いい迷惑」だと思います。 対応策は、既存の「ミーティング」を使う事のみ。 また、スマホのZoomアプリでミーティングIDを入力して、 入室する場合も、パスワード入力が必須となる。 例えば、電話口でミーティングIDを言って、 その場で、入室してもらう場合もパスワードが要求されます。 これを避けるには、やはり既存の「ミーティング」を使うしか、 回避手段はありません。 Zoomで、パスワードを回避する「解決策」が見つかった 「Zoomが、使いにくくなるな」と思っていたら、 なんと解決策がありました。 しかし、新たに別の問題が発生しました 笑 URLが長くなり、怪しくなったので、 参加者がURLのクリックをためらう可能性がある。 「スパム」や「騙しリンク」だと思われかねない。 また、URLが長いので、 端末やメールソフトなどによっては、URLが2行に分かれ、 リンクが有効にならない可能性がある。 これらの問題をホスト側が解決するには、「短縮URLソフト」を使いましょう。 まとめ Zoomでミーティングに参加できない、入室できない理由は、 パスワード設定の仕様変更があったからでした。 いくら、セキュリティーとプライバシーの強化の為とはいえ、 私は、改悪だと思っています。 参加者の離脱要因が増えた事だけは間違いないので、 上記の対策を打たないと、 対策した人間と対策しなかった人間で大きな差が生まれます。 大きな差というのは、「収入」の事です。 自分がZoomに参加する時に、 怪しい長いURLをクリックするかを考えるとわかります。 普通の人間なら、ためらいますよ 笑 特に、ネットリテラシーの高い人間ほど、 「フィッシングサイトじゃないのか?」みたいに、警戒すると思います。

次の