ネルギガンテ 金冠。 【MHWアイスボーン】ネルギガンテの弱点と攻略|痕跡場所【モンハンワールド】|ゲームエイト

【MHWアイスボーン】ネルギガンテの弱点と攻略|痕跡場所【モンハンワールド】|ゲームエイト

ネルギガンテ 金冠

最大最小金冠をコンプリートしよう 無視して良いモンスター まずは最大最小金冠コンプを目指す際に、無視して良いモンスターの紹介です。 2パターンあるのですが、1パターン目は金冠設定がされていないモンスター。 ゾラ・マグダラオス マム・タロト ゼノ・ジーヴァ ベヒーモス レーシェン エンシェント・レーシェン が該当します。 こいつらは常に固定のサイズで、最大最小の金冠自体が存在しないので無視しましょう。 2パターン目はアップデートで新規追加されたモンスター。 イビルジョー ナナ・テスカトリ が該当します。 この2体は発売当時実装されていなかったため、最大最小金冠を獲得しなくてもトロフィーをゲットできます。 古龍は自力で最大最小金冠を出す必要あり 最後! 古龍さん達についてです。 キリン ネルギガンテ テオ・テスカトル クシャルダオラ ヴァルハザク が該当します。 こいつらはディアブロス亜種同様、残念なことに最大最小金冠が出やすいイベクエがありません。 そのため、自力で頑張る必要があります。 上記でも書きましたが、 『難易度の高い調査クエストが最大最小金冠が出やすい』と言われているので、1乙したら即失敗の調査クエや、制限時間が15分と短い調査クエをぶん回してみましょう。 なお、個人的なことを書かせていただくと 最大金冠は歴戦個体の調査クエ、最小金冠は金枠が多い通常個体の調査クエが出やすい気がしました。

次の

【MHW】ネルギガンテ最大金冠探しの旅#02

ネルギガンテ 金冠

ネルギガンテの攻略ポイント 事前に知っておきたいこと• 閃光は使わない方が良い• 「破棘滅尽旋・天」対策に耳栓や納刀術がおすすめ 罠はNG!乗り攻撃を狙う 「ネルギガンテ」はのため、「」や「」で隙を作れません。 そのため、乗り攻撃によるダウンを狙い、大ダメージを与える隙を作るのがおすすめです。 スリンガー閃光弾は使わない方が良い 「ネルギガンテ」には「」が効きますが、暴れる上に誰をターゲットにしてるか判断ができなくなるため、かえって危険になることも。 「」や「」は使っていきましょう。 耳栓や納刀術があると安心 「ネルギガンテ」は大技の「破棘滅尽旋・天」の直前に咆哮をするため、納刀が遅く、ガードもできない武器はダイブが間に合わずに被弾しやすくなってしまいます。 なので「」や「」を付けて、確実にダイブで避けられるようにするのがおすすめです。 ネルギガンテの立ち回りのコツ 「破棘滅尽旋・天」に注意! 「破棘滅尽旋・天」は、 ネルギガンテの攻撃の中でも最大の火力を誇る大技です。 これは全身の棘が黒くなった時に使う行動で、攻撃後は全身の棘が取れて初期状態に戻ります。 予備動作は 「後方に大きくジャンプ」という分かりやすいものですが、「咆哮」の後に使用してくるため避けることが困難になります。 対策手段としては、「スキル、Lv5やを発動させる」「ガードできる武器ならガードに徹する」等が挙げられます。 閃光弾を使うことで「破棘滅尽旋・天」をキャンセルさせることができますが、黒い棘が残ったままになってしまうので、閃光後にほとんどダメージを与えることができなくなり、結果的に討伐までの時間がかなり長くなってしまいます。 白いトゲを集中攻撃しよう 白いトゲ 黒いトゲ 「ネルギガンテ」を攻撃して傷つけると新たに白いトゲが生えてきます。 このトゲが白い時は肉質が柔らかく、一定のダメージを与えて壊すことでダウンを取ることができるので、トゲが白い部位を重点的に狙うのが基本です。 また、白いトゲを放置すると黒く変色し、肉質が硬くなって攻撃が通りにくくなってしまうので注意しましょう。 全身が黒くなってしまったときは「ネルギガンテ」が自ら「破棘滅尽旋・天」でトゲを破壊するのを待ちましょう。 側面で戦うと比較的安全 「ネルギガンテ」は「頭叩きつけ」や「前足なぎ払い」など、前方に対しての攻撃が多いです。 また、「ネルギガンテ」は頭部の角は硬く、弾かれて隙を晒してしまう可能性もあるため、は頭部ではなく、前足と尻尾を側面から重点的に狙っていきましょう。 吹っ飛ばされた時は起き攻めに注意 「ネルギガンテ」の攻撃パターンには、ハンターの起き上がりを狙う「起き攻め」があります。 ガード不可能な武器だと、必ず手痛いダメージを受けてしまうため、 ダウン時は一旦スティックから手を離し、「ネルギガンテ」の様子をみて、安全になったら起き上がりましょう。 瀕死時は常に叩きつけを警戒して立ち回ろう 「ネルギガンテ」の体力が低くなるといつもと違うモーションで咆哮したあと、より激しい攻撃を使ってくる強化状態になります。 特に 予備動作ゼロで前脚を叩きつける攻撃は避けるのが困難で、常に警戒して立ち回る必要があります。 体力が低くなったからと言って油断することのないようにしましょう。 また、「ネルギガンテ」が弱って寝たときは 大タル爆弾Gの爆発で起こして、強化状態のネルギガンテと戦う時間をなるべく少なくするようにしましょう。 怒り状態時に拘束をする 「ネルギガンテ」は、怒り状態時の攻撃が非常に危険です。 怒り状態の時に「」や「」による麻痺を狙い、行動させる時間を与えないようにしましょう。

次の

【MHWアイスボーン】ネルギガンテの弱点と攻略|痕跡場所【モンハンワールド】|ゲームエイト

ネルギガンテ 金冠

ネルギガンテの攻略ポイント 事前に知っておきたいこと• 閃光は使わない方が良い• 「破棘滅尽旋・天」対策に耳栓や納刀術がおすすめ 罠はNG!乗り攻撃を狙う 「ネルギガンテ」はのため、「」や「」で隙を作れません。 そのため、乗り攻撃によるダウンを狙い、大ダメージを与える隙を作るのがおすすめです。 スリンガー閃光弾は使わない方が良い 「ネルギガンテ」には「」が効きますが、暴れる上に誰をターゲットにしてるか判断ができなくなるため、かえって危険になることも。 「」や「」は使っていきましょう。 耳栓や納刀術があると安心 「ネルギガンテ」は大技の「破棘滅尽旋・天」の直前に咆哮をするため、納刀が遅く、ガードもできない武器はダイブが間に合わずに被弾しやすくなってしまいます。 なので「」や「」を付けて、確実にダイブで避けられるようにするのがおすすめです。 ネルギガンテの立ち回りのコツ 「破棘滅尽旋・天」に注意! 「破棘滅尽旋・天」は、 ネルギガンテの攻撃の中でも最大の火力を誇る大技です。 これは全身の棘が黒くなった時に使う行動で、攻撃後は全身の棘が取れて初期状態に戻ります。 予備動作は 「後方に大きくジャンプ」という分かりやすいものですが、「咆哮」の後に使用してくるため避けることが困難になります。 対策手段としては、「スキル、Lv5やを発動させる」「ガードできる武器ならガードに徹する」等が挙げられます。 閃光弾を使うことで「破棘滅尽旋・天」をキャンセルさせることができますが、黒い棘が残ったままになってしまうので、閃光後にほとんどダメージを与えることができなくなり、結果的に討伐までの時間がかなり長くなってしまいます。 白いトゲを集中攻撃しよう 白いトゲ 黒いトゲ 「ネルギガンテ」を攻撃して傷つけると新たに白いトゲが生えてきます。 このトゲが白い時は肉質が柔らかく、一定のダメージを与えて壊すことでダウンを取ることができるので、トゲが白い部位を重点的に狙うのが基本です。 また、白いトゲを放置すると黒く変色し、肉質が硬くなって攻撃が通りにくくなってしまうので注意しましょう。 全身が黒くなってしまったときは「ネルギガンテ」が自ら「破棘滅尽旋・天」でトゲを破壊するのを待ちましょう。 側面で戦うと比較的安全 「ネルギガンテ」は「頭叩きつけ」や「前足なぎ払い」など、前方に対しての攻撃が多いです。 また、「ネルギガンテ」は頭部の角は硬く、弾かれて隙を晒してしまう可能性もあるため、は頭部ではなく、前足と尻尾を側面から重点的に狙っていきましょう。 吹っ飛ばされた時は起き攻めに注意 「ネルギガンテ」の攻撃パターンには、ハンターの起き上がりを狙う「起き攻め」があります。 ガード不可能な武器だと、必ず手痛いダメージを受けてしまうため、 ダウン時は一旦スティックから手を離し、「ネルギガンテ」の様子をみて、安全になったら起き上がりましょう。 瀕死時は常に叩きつけを警戒して立ち回ろう 「ネルギガンテ」の体力が低くなるといつもと違うモーションで咆哮したあと、より激しい攻撃を使ってくる強化状態になります。 特に 予備動作ゼロで前脚を叩きつける攻撃は避けるのが困難で、常に警戒して立ち回る必要があります。 体力が低くなったからと言って油断することのないようにしましょう。 また、「ネルギガンテ」が弱って寝たときは 大タル爆弾Gの爆発で起こして、強化状態のネルギガンテと戦う時間をなるべく少なくするようにしましょう。 怒り状態時に拘束をする 「ネルギガンテ」は、怒り状態時の攻撃が非常に危険です。 怒り状態の時に「」や「」による麻痺を狙い、行動させる時間を与えないようにしましょう。

次の