池田 動物園。 五月山動物園 公式サイト [SATSUKIYAMA ZOO] » 動物園について

池田動物園:開園65年、存続の危機 園長は陛下の姉

池田 動物園

池田動物園(岡山市北区京山)の人気者、アミメキリンの「桃花」(24歳、雌)が10日、死んだ。 キリン舎前に設けられた献花台には、桃花の写真と好物のリンゴやニンジンが置かれ、入園者らが別れを惜しんでいる。 午前8時ごろ、屋内の寝床で横たわり、動かなくなっているのを飼育員が見つけた。 死因は不明。 9日の朝から食欲が落ち、餌やり体験を中止したものの、日中は元気よく歩き回っていたという。 1995年に埼玉県の動物園で生まれ、同園に翌年仲間入り。 現在国内の動物園で飼育されているキリンの中では5番目の長寿だった。 人間の年齢では90歳に相当するという。 この日、母親と訪れた女児(3)=早島町=は「前に見たときは元気そうだった。 天国でゆっくり休んで」と話した。 後日、お別れ会を予定しており、忠政智登士副園長は「おとなしくて優しい性格だった。 寂しいが『園の顔として長生きしてくれてありがとう』と伝えたい」と話した。

次の

五月山動物園

池田 動物園

池田動物園(岡山市北区京山)の人気者、アミメキリンの「桃花」(24歳、雌)が10日、死んだ。 キリン舎前に設けられた献花台には、桃花の写真と好物のリンゴやニンジンが置かれ、入園者らが別れを惜しんでいる。 午前8時ごろ、屋内の寝床で横たわり、動かなくなっているのを飼育員が見つけた。 死因は不明。 9日の朝から食欲が落ち、餌やり体験を中止したものの、日中は元気よく歩き回っていたという。 1995年に埼玉県の動物園で生まれ、同園に翌年仲間入り。 現在国内の動物園で飼育されているキリンの中では5番目の長寿だった。 人間の年齢では90歳に相当するという。 この日、母親と訪れた女児(3)=早島町=は「前に見たときは元気そうだった。 天国でゆっくり休んで」と話した。 後日、お別れ会を予定しており、忠政智登士副園長は「おとなしくて優しい性格だった。 寂しいが『園の顔として長生きしてくれてありがとう』と伝えたい」と話した。

次の

池田動物園(池田動物園の動物たち、年間イベント、岡山民俗館)

池田 動物園

人物・来歴 [ ] 生い立ち [ ] 〈6年〉、との第4皇女(第4子)として誕生。 (11年)より、両親の元を離れで姉妹と共に養育される。 ・(在学中に新により・となる)を経て、文科に入学。 2年次に家庭生活科に転科し、同科を卒業。 (昭和26年)、を訪問した際にのにてと面会。 隆政は主の家系で、隆政の父・は旧の元であった。 その後、6月末に正式に見合いの場が設けられて婚約が内定。 仲人にあたったのは。 同年に祖母・皇太后節子()が崩御してから2か月足らずの時期であったが、実父であるは、第1期のの50日間が過ぎた、長官に命じて順宮厚子内親王と池田隆政との婚約が内定した旨を公式に発表させた。 なお、(昭和22年)に廃止されたをその後も踏襲しているとすれば、祖母である貞明皇后に対する皇女厚子内親王の服喪期間は150日であった(最長は昭和天皇などで1年間となる)。 服喪期間中に、さらにはも経ず、昭和天皇自らの裁可による婚約発表は異例であった。 皇族全員の喪が明けた(昭和27年)に隆政とのによりした。 元とはいえの結婚相手が、首都から遠距離にある、しかも農場主というのは極めて異例なことであった。 池田隆政と厚子夫妻は、(昭和28年)2月に池田産業を設立。 (昭和35年)5月にはとなり、隆政は園長に就任している。 降嫁後 [ ] (昭和39年)には受章。 支部有功会名誉会長などを務める。 (昭和40年)頃、を患い、に長期入院。 すでに長姉のがで死去しており、身を案じた天皇・皇后は頻繁に岡山県へ見舞いのため行幸した。 天皇・皇后の他、実弟である皇太子明仁親王・ら皇族が岡山県を訪問した際には、厚子が案内役を務めることもあった。 姉のの退任を受け、(昭和63年)より祭主を務める。 祭主時代にへご参拝される。 (24年)、補佐役に姪のが臨時祭主に就任した。 同年7月、隆政と死別。 (平成29年)付で、伊勢神宮祭主を退任し、神宮祭主にはが就任したことが公表された。 栄典 [ ]• (昭和15年) - 著書 [ ]• 『思い出の昭和天皇-おそばで拝見した素顔の陛下』、(平成元年)- 他の皇族・元皇族らと共著。 系譜 [ ] 厚子内親王 父: 祖父: 曾祖父: 曾祖母: 祖母: 曾祖父: 曾祖母: 野間幾子 母: 祖父: (久邇宮) 曾祖父: () 曾祖母: 泉萬喜子 祖母: 曾祖父: 曾祖母: 山崎寿満子.

次の