収束と終息の違い。 収束と終息の違いと使い分け!宣言はどちらで行われるの?

収束か終息か

収束と終息の違い

新型コロナウイルスの流行拡大に伴い、これまで以上に見聞きするようになった「収束」という言葉。 同じ読み方をする語に「終息」がありますが、これらの意味を正確に説明できるでしょうか。 今回の無料メルマガ『仕事のメール心得帖(無料版)』では著者の神垣あゆみさんが、具体例を上げつつふたつの語の違いを解説しています。 間違いやすい言葉 「収束」と「終息」 ビジネスメールで文字を入力するとき、どちらの漢字を使うのか迷うことの多い同音異義語を取り上げます。 「収束」と「終息」。 字は違いますが、この2つの言葉の意味の違いを理解できていますか? 「収束」は、収まりがつくこと、収まりをつけること。 「終息」は、すっかり終わること という違いがあります。 例) 収束 … 解散騒動の収束、事態が収束に向かう 終息 … エボラ出血熱の終息、インフレが終息する 混乱した状態が落ち着くのが「収束」で、物事が終わるのが「終息」です。 では、「終息」と「終結」の違いは? はっきりと決着がついて終わりになることが「終結」でひとまず終わることが「終息」という違いがあります。 例)内戦の終結、審理を終結する 「終結」の同音異義語に「集結」があります。 「集結」は、散らばっていたものが一箇所に集まることですが、「収束」にも、多くの光線が一点に集まるという意味があります。 例) 集結 … 鉄道マニアが集結 収束 … 収束レンズ 同じ読みの言葉でも漢字の意味をたどると、違いがはっきりします。 <追記> この記事を書いた2016年当時に例として挙げたのは「エボラ出血熱」でした。 現在は、「新型コロナウイルス」の報道で「収束」と「終息」の文字を目にする機会が増えたので、取り上げてみました。 ウイルスの流行の終息だけでなく、ウイルスの感染拡大が及ぼす様々なダメージが収束するのを願わずにいられません。 image by: Shutterstock. com MAG2 NEWS.

次の

終息の意味とは?収束や終結との違いは何?類語や対義語・例文を紹介!

収束と終息の違い

目次 結論• 新型コロナウイルスによる混乱が 「収束」する• 新型コロナウイルスの感染が 「終息」する 新型コロナウイルスに関して、収束と終息の言葉を使うとすれば、上記のようになります。 「収束」と「終息」、どちらの言葉の方が正しいというわけではありません。 使い方によって、どちらも正しいです。 「収束」と「終息」の意味とは? それぞれの意味を見てみましょう。 収束とは 収束とは「物事が収まる」という意味です。 混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 「終わる」というよりも、「落ち着く」とか「鎮まる」といった意味で使われます。 使用例: ・混乱が収束する ・争いが収束する 終息とは 終息とは、 「物事が終わる」という意味です。 文字通り「終わる」という意味で使われます。 「息」という漢字があることからも「終わる」という意味を強調しています。 「息の根を止める」という言葉もありますね。 使用例: ・インフレが終息する ・感染症の流行が終息する 新型コロナウイルスが「収束」した後に「終息」へ向かう 今回の新型コロナウイルスのように感染症が流行した時に使う言葉としては、 「収束」も「終息」も、どちらも正しいです。 新型コロナウイルスの影響で経済が落ち込んだり、イベントが中止になったり、といった「混乱」が落ち着いてきたら 「収束した」と言えますし、 新型コロナウイルスの流行が終わり、感染者がほとんど出なくなってきたら、 「終息した」と言えますね。 世界保健機関 WHO が出す「終息宣言」にも 疫病の流行が「終わった」ことを示す宣言なので、終息という漢字が使われていますね。 終息宣言とは 感染症などの流行が収まり、被害拡大の懸念がひとまずなくなったと判断された場合に出される宣言。 終息宣言が出される基準は場合によっても異なるが、例えば感染症の最大潜伏期間を十分に経過しても新たな感染例が出なかった場合などは、流行が終息したと判断する目安となり得る。 まとめ 「新型コロナウイルスの影響による混乱が収まる」 という意味で使うなら 「収束」 「新型コロナウイルスそのものの流行が終わる」 という意味で使うなら 「終息」 新型コロナウイルスによって、世界中が大混乱になっています。 日本でもまだまだ「収束」することはなく、その先の「終息」することも、見通しが立っていない状態です。 せめて個人レベルでは、新型コロナウイルスへの対策をしっかりとしておきましょう。

次の

コトバ解説:「終息」と「収束」の違い

収束と終息の違い

目次 結論• 新型コロナウイルスによる混乱が 「収束」する• 新型コロナウイルスの感染が 「終息」する 新型コロナウイルスに関して、収束と終息の言葉を使うとすれば、上記のようになります。 「収束」と「終息」、どちらの言葉の方が正しいというわけではありません。 使い方によって、どちらも正しいです。 「収束」と「終息」の意味とは? それぞれの意味を見てみましょう。 収束とは 収束とは「物事が収まる」という意味です。 混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 「終わる」というよりも、「落ち着く」とか「鎮まる」といった意味で使われます。 使用例: ・混乱が収束する ・争いが収束する 終息とは 終息とは、 「物事が終わる」という意味です。 文字通り「終わる」という意味で使われます。 「息」という漢字があることからも「終わる」という意味を強調しています。 「息の根を止める」という言葉もありますね。 使用例: ・インフレが終息する ・感染症の流行が終息する 新型コロナウイルスが「収束」した後に「終息」へ向かう 今回の新型コロナウイルスのように感染症が流行した時に使う言葉としては、 「収束」も「終息」も、どちらも正しいです。 新型コロナウイルスの影響で経済が落ち込んだり、イベントが中止になったり、といった「混乱」が落ち着いてきたら 「収束した」と言えますし、 新型コロナウイルスの流行が終わり、感染者がほとんど出なくなってきたら、 「終息した」と言えますね。 世界保健機関 WHO が出す「終息宣言」にも 疫病の流行が「終わった」ことを示す宣言なので、終息という漢字が使われていますね。 終息宣言とは 感染症などの流行が収まり、被害拡大の懸念がひとまずなくなったと判断された場合に出される宣言。 終息宣言が出される基準は場合によっても異なるが、例えば感染症の最大潜伏期間を十分に経過しても新たな感染例が出なかった場合などは、流行が終息したと判断する目安となり得る。 まとめ 「新型コロナウイルスの影響による混乱が収まる」 という意味で使うなら 「収束」 「新型コロナウイルスそのものの流行が終わる」 という意味で使うなら 「終息」 新型コロナウイルスによって、世界中が大混乱になっています。 日本でもまだまだ「収束」することはなく、その先の「終息」することも、見通しが立っていない状態です。 せめて個人レベルでは、新型コロナウイルスへの対策をしっかりとしておきましょう。

次の