ドラクエ ウォーク グラフィック 簡易 設定。 「ドラクエウォーク」をプレイする上でおすすめの設定をご紹介!

ドラクエウォークをウォークモードでスリープに入らず長時間プレイする方法。ウォークモードは雑魚敵、強化用アイテム集め、転職後のレベル上げに利用すると便利です。

ドラクエ ウォーク グラフィック 簡易 設定

【ドラクエウォーク】通信量を下げる設定まとめ データ一括ダウンロード ドラクエウォークではクエストやモンスター、武器・防具など様々なデータがたくさん入っています。 これらを外で読み込むと通信量を使ってしまうため、あらかじめWi-Fiのある環境でダウンロードしておくことがおすすめです。 これを先に行っておくと、外での通信量を抑えることが出来ます。 なので出かける前には「一括ダウンロード」をしておくことがおすすめになっています。 やり方 タイトル画面の左下に「データ管理」という項目があります。 このデータ管理をタップすると下の「キャッシュクリア」、「一括ダウンロード」とあるので、「一括ダウンロード」をタップしてダウンロード開始します。 これだけで特に難しいことはないのでぜひ出かける前にはやっておきましょう。 プレイ中からタイトルへ戻る手順は下のとおりです。 グラフィック簡易設定をONにする こちらはバッテリー消耗の抑制についての記事にも書いていますが、通信量を抑えることにも期待できると思いますので記載しておきます。 参考までに見た目の解像度の差を載せて起きます。 【グラフィック簡易設定OFF】 【グラフィック簡易設定ON】 通信量に関する内容は以上ですね。 なんとなく始めている方は意外とこの辺りを知らないままプレイされている方も多いようなので、もしこの記事で知った方は是非設定を見直してみたり、出かける前などにやってみてもらえたらと思います。

次の

ドラクエウォークで効率良く「もみじ」を狩る方法

ドラクエ ウォーク グラフィック 簡易 設定

もみじこぞう 開催期間は11月1日から12月6日の午後2時59分まで。 紅葉の見ごろと同様、北から始まり、時間と共に南下するスケジュールになっており、全国4つのブロックで出現期間は異なる。 出掛ける前には特設ページで自分の住む地域のブロックと開催期間を確認してほしい。 イベントの報酬は、限定モンスター「もみじこぞう」を倒した数によって増えていく。 10体で「もみじのかべ」、20体で「もみじのゆか」など、ゲーム内の「自宅」で使える4種類の家具の他、装備品の「もみじのピアス」がある。 もみじこぞうを50体倒せば全て入手できる。 紅葉(こぞう)狩りの前に設定を見直そう 今回訪れた隅田公園は、隅田川の西側にある台東区と東側の墨田区にまたがり、夏は花火、春は桜の名所として知られている。 堤防に沿って開放的な公園が広がる西側と、水戸徳川邸の日本庭園を生かした東側では全く趣きが異なり、散策にもってこい。 最寄り駅は浅草なので、ドラクエウォーク的には「おみやげ」スポットの1つである浅草寺の雷門にも立ち寄れるのも魅力だ。 日曜日の午後、隅田公園(墨田区側)は、スマホ片手の勇者と見られる人たちであふれていた。 カップルの勇者のいれば親子連れの勇者もいて賑わっている。 同じ位置情報ゲームでも「ポケモンGO」のイベントより若い人が多い印象を受けた。 というより、お年寄りは少ないというべきか。 プレイの前に設定を見直す。 隅田公園のように樹木が生い茂る場所は、ゲーム内でも森のように表現されるため、モンスターが出現しても木がじゃまで見にくい。 木々が表示されなくなり、発見しやすくなる。 「グラフィック簡易設定」をオンにすると見やすい 次にクエストの選択。 何章の何話を選ぶかはパーティーのレベルや装備によるが、出現する「まもののむれ」を1ターンで殲滅できる程度の難易度が望ましい。 得られる経験値は減るが、1回の戦いにかける時間を短縮して多くもみじこぞうを倒すためだ。 通常は「秋の行楽イベント」のクエスト(推奨レベル10)でいいだろう。 私はある都合で前の週末にクエストだけを済ませていたので、今回はそれができない。 イベントの開催日時はちゃんと確認しておこう。 モンスターを引き寄せる「においぶくろ」を併用してみたが、他のモンスターばかり出てくる印象だったので1回で止め、代わりに公園内をゆっくり歩くことにした。 途中、休憩を挟みつつ、およそ1時間半で50体のもみじこぞうを成敗。 お目当ての家具とアクセサリーを手に入れた。 もみじこぞうのこころも何度かドロップしたが、残念ながら実用的な性能ではないようだ。 関連記事• 「ドラゴンクエストウォーク」と「ポケモンGO」、どちらもプレイしている人にありがちな現象をまとめました。 スマートフォンゲーム「ドラクエウォーク」で新イベント「試練の扉」が始まった。 フィールドに点在する「試練の扉」へ行き、まもののむれを倒すと報酬がもらえる。 ドラクエウォークを一言で表すなら、「リアルの地図を舞台にした王道のRPG」だと記者は感じた。 「位置情報」「RPG」「ガチャ」という要素を持つこのゲームが、Pokemon GOのように広く受け入れられていくのかを考えていく。 今年話題になった言葉を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が11月6日に発表された。 関連リンク•

次の

ドラクエウォークのグラフィック簡易設定は使うべきか?違いを解説!

ドラクエ ウォーク グラフィック 簡易 設定

ドラクエウォークの通信量について ドラクエウォークを通常通りプレイすると、1時間で平均30MB程度の通信量を消費します。 プレイ内容(ストーリー、イベントなど)によっては、消費が少なめだったり、消費が多めだったりしますが、 やはり位置情報を常に更新し続けるタイプのゲームなので、スマホゲームとしては通信量が多めな印象です。 特に、格安SIMなどで1GBプランの方は、通信制限の原因になりがちです。 3MBだったとすると、 ウェブサイト100ページを見るのと同じということになります。 単純計算ですが、1時間30MB〜40MBの消費として、だいたい30時間前後遊んだ時に1GBに到達します。 通勤や通学で、仮に1時間ずつドラクエウォークをプレイした場合、15日遊べば到達してしまいます。 もちろん、それ以外でもLINEだったりtwitterだったり、色々通信量は使うでしょうから、実際はもっと短いかもしれません。 通信制限になってしまった!1GB追加しようか悩む!と言う方は参考にしてみてください。 ドラクエウォークは通信制限でもプレイは可能なのか? さて、筆者もご多分に漏れず、 月半ばにして通信制限となってしまったので、 通信制限下でドラクエウォークがプレイ可能なのか?について確認したいと思います。 結果、、 プレイは可能でした。 (特にスクリーンショット等はありませんが・・) ただし、通信中(右下にスライムが出ているだけの画面)の時間はかなり長いので、 通信中の状態で歩いて、通信中が終わった、という時には目的地を過ぎてしまっていた、と言うこともありました。 全くプレイできないかというと、GPSのリアルタイムでの反映が遅れるだけで、 フリーズする、画面がカクカクする、端末がめちゃくちゃ熱い、というのは通信量ではなくスマホのスペックの問題なので、 最新スマホでプレイしましょう。 ドラクエウォークでデータ通信量を抑える方法 以降は、ドラクエウォークでデータ通信量を抑える方法について記載します。 一括ダウンロードを行う タイトル画面の左下「データ管理」をタップし、「一括ダウンロード」をしておくことで、 プレイ中に余計なデータをダウンロードする必要がなくなります。 2019年9月26日現在においては、データサイズは「194. 5MB」でした。 つまり、これをしておかないと最大でも194. 5MBは通信量発生のリスクがある、ということです。 WiFi環境で是非ダウンロードしておきましょう。 すでに実施している場合は下記のようにグレーアウトされます。 追加ダウンロードがある場合もありますので、Wi-Fi環境下にいる場合はチェックしてみると良いでしょう。 実は、ドラクエウォーク自体でデータ通信量を抑える方法は上記くらいです。 以下、通信量が抑えられそうですが実は効果がない(なさそう)なことについて。 グラフィック簡易設定は無意味? グラフィック簡易設定は、処理能力の低いスマホでも動くようにするための設定です。 フリーズしてしまったり、画面がカクカクするなど、スマホ自体の処理に問題がある場合は効果がありますが、 通信量については、筆者が試した体感ですが、変化はないように思われます。 ウォークモードは無意味? ウォークモードは、アプリを操作しないでも敵と戦ったりする機能なので、 通信量には影響しません。 むしろ、 ただ移動するよりも敵と戦ったりする分ちょっとかかると想定しています。 もし仮に、バックグラウンドでのウォークモードにアプリが対応した場合は、画面の読み込みなどもなくなるので、データ通信量は減りそうな印象です。 ドラクエウォーク以外でデータ通信量を抑える方法 ドラクエウォーク以外でデータ通信量を抑える方法については、 たくさんあります。 以降は、iPhoneでの設定について記載しています。 これで、アプリがバックグラウンドでデータ更新を行う際、Wifiのみに制限することが可能です。 これで、別端末で購入したものが自動的にモバイル通信経由でダウンロードされるのを防げます。 ついでにその下にあるビデオの自動再生もWi-Fiのみにしておきましょう。 データを使っているアプリを確認し、アプリごとに設定する これが一番重要で、一番効果がある内容です。 ここでは、Wi-Fiではなくモバイルデータ通信を使ったデータ量がアプリごとに記載されています。 たとえば、TwitterやSafariなどがあると思います。 ここで、 思った以上にデータ通信量が多いアプリを探します。 人それぞれの項目なので、体感で良いです。 最近のアプリで多いのですが、 アプリ内で動画が自動再生される設定になっていることが多いです。 Twitterアプリなどはその典型です。 これが非常にモバイルデータ通信を消費します。 Wi-FiじゃないところではYoutube動画を見ないように心がけていたとしても、意外なところに伏兵が潜んでいます・・。 よりデータを節約したい場合、データ利用の設定からデータセーバーをONにすれば良いです。 と、このように、アプリによって設定が色々なので、 本記事では記載を省略しますが、モバイル通信を思った以上に使っているアプリは存在しますので、一度確認してみてください。 ちなみに、モバイルデータ通信のデータ量は、一度リセットしないと、過去から今までの全てのデータ量が表示されるので、あまり参考になりません。 一度リセットして普通のアプリ生活を送った後に、データ量の大きさを確認すると良いでしょう。 まとめ ドラクエウォークの記事のはずでしたが、データ通信量の話になってしまいました。 次は、色んなアプリでデータ節約する方法について記載してみたいと思います。

次の