いもうとさえいればいい 最新刊発売日。 [ラノベ] 妹さえいればいい。(12巻→13巻)最新刊の発売日ならココ!|漫画らぶ

妹さえいればいい。 最新刊(次は15巻)の発売日をメールでお知らせ【ラノベ・小説の発売日を通知するベルアラート】

いもうとさえいればいい 最新刊発売日

ネット上にはzipファイルやrarファイルで単行本の漫画がまるまるアップされていたりしますが、そのファイルをダウンロードするのは非常に危険です。 最近ではついに逮捕者もでましたよね。 そのため、当サイトでは違法アップロードされた漫画への誘導は一切行っておらず、正式なサービスを紹介しています。 を無料で読む方法 「妹さえいればいい。 漫画 無料」と検索したら ・電子書籍のレンタルサイトRenta! ・電子書籍サイトBookLive ・電子書籍サイトebookjapan などがでてきますが、上記のサイト3つは試し読みであれば無料で読むことはできます。 ただ、 どれも『妹さえいればいい。 』の漫画を1巻まるごと無料で読むことはできません。 購入して読むのであればいいのですが、 どうしても無料で読みたい場合は今から紹介するやり方なら無料で読むことができます。 その方法が ・U-NEXTの無料トライアル期間と登録時にもらえる600ポイントを使って1冊を無料で読む ・FODプレミアムの1ヶ月間無料期間と合計1300ポイントを使って3冊を無料で読む このように無料期間と無料でもらえるポイントを使った方法です。 FODは多少時間がかかりますが、U-NEXTであれば即漫画1冊を読むことができます。 デメリット: 漫画1巻分しか無料で読むことができない。 FOD メリット:無料期間中の1ヶ月間で合計1300ポイントもらえ、さらにポイント還元もあるため 1ヶ月間で漫画3巻分を無料で読める。 デメリット:8の付く日にポイントを貰えるので、 時間がかかるケースもある。 漫画『妹さえいればいい。 』は現在(2017年10月)4巻まで出ています。 なので 漫画『妹さえいればいい。 』の最新刊や1巻を無料で読みたい場合はU-NEXTを使えば今すぐ読むことができます! U-NEXTで『妹さえいればいい。 』を読むために必要なポイントは500ポイントですが、実質400ポイントで1巻分読むことができるのです。 1ヶ月目の無料期間中にポイントを集めれば3巻分は『妹さえいればいい。 さらに、2ヶ月目継続した場合は888円かかりますが、その価格で6巻分の漫画を読むことができます。 もちろん『妹さえいればいい。 』以外にも漫画は多数配信されています。 なので、毎月いろんな漫画の新刊を読んでいる場合はFODプレミアムのポイントを使えば非常にお得に読むことができますね^^ 今紹介したやり方が唯一、zipファイルなど違法アップロードされた危険なファイルに一切手を付けず、 漫画『妹さえいればいい。 』を無料(0円)で読む方法です。 めんどくさいと思うかもしれません。 ですが、今のうちからコツコツポイントを溜めておけば予想以上にお得に節約しながら漫画をたくさん読むことができますよ。 』は、アニメ化もされておりそちらの評判もかなりいい漫画です。 序盤の突拍子も無いストーリーに驚かれる読者も多いようですが、伏線が張られてあったりとそういう意味でも面白い漫画です。 無料で読んでみたい場合は、 U-NEXTやFODプレミアムに登録して初月1ヶ月間の無料期間中に読むことをおすすめします。 まとめ 漫画『妹さえいればいい。 』を危険なzipファイルなどではなく正式なサービスで無料で読む方法の紹介でした。 途中でもお伝えしましたが、違法アップロードされたzipファイルなどは非常に危険です。 逮捕者もとうとう現れるくらい監視もされています。 なので、U-NEXTで今すぐ1巻を無料で読んで、FODプレミアムでも今のうちからポイントをコツコツ溜めながら安心して『妹さえいればいい。 』を無料で読んでみてください。

次の

妹さえいればいい。 最新刊(次は15巻)の発売日をメールでお知らせ【ラノベ・小説の発売日を通知するベルアラート】

いもうとさえいればいい 最新刊発売日

妹さえいればいい。 13巻-最新刊 の発売日はいつ? 2019年9月18日頃 予想 です。 4か月後に新刊が発売されるとすると、13巻の発売日は2019年9月18日頃になると予想されます。 巻数 発売日 1巻 2015年3月18日 2巻 2015年7月17日 3巻 2015年11月18日 4巻 2016年3月18日 5巻 2016年7月20日 6巻 2016年12月20日 7巻 2017年5月18日 8巻 2017年9月20日 9巻 2018年2月18日 10巻 2018年7月18日 11巻 2018年12月18日 12巻 2019年4月18日 13巻 新刊の発売頻度 妹さえいればいい。 の新刊発売間隔:約4~5か月 [ラノベ]妹さえいればいい。 は約4~5か月ごとに新刊が発売されています。 慣習通りであれば、次巻の発売日は4~5か月後となるでしょう。 新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。 作品情報 タイトル:妹さえいればいい。 (読み方:いもうとさえいればいい)略称:妹さえ 著者:平坂読 イラスト:カントク 出版社: 小学館 レーベル: ガガガ文庫 公式サイト: アニメ公式サイト: 作品概要: 「妹さえいればいい。 」は「僕は友達が少ない」を執筆した平坂読先生の最新作で、ラノベ作家にスポットを充てた一風変わった作品。 主人公の羽島伊月は妹大好き人間で、ラノベ作家として活躍していますがその変人っぷりが作品にも多大なる影響を与えています。 そんな彼の周囲には同じラノベ作家で同期の不破春斗、大学時代の同級生である白川京、天才ラノベ作家であり伊月に想いを寄せる可児那由多、そして父親の再婚相手の連れ子である弟の千尋がおり、時に伊月に振り回され、時に伊月を振り回す生活を展開。 ラノベ作家が普段、どのような生活を送っているのか、そしてラノベ作家にしか分からない出版業界の内情を面白おかしく紹介してくれると共に、個性的な登場人物たちが織りなすストーリーが作品を盛り上げてくれます。 ストーリーが進むにつれて、弟の千尋が隠している衝撃の事実が明らかになり、各キャラクターたちの心情にも大幅な変化が見られることに。 「青春ラブコメの到達点」というキャッチコピーに恥じない、ラブコメの真骨頂をぜひその目で確かめてみてください。 () あらすじ 以下は既刊のあらすじです。 主人公になることを諦め、淡々と機械のように小説を書き続ける羽島伊月。 一方、可児那由多は小説を書くことをやめ、部屋に引きこもってひたすらゲームに没頭するようになってしまう。 そんな二人を、不破春斗や白川京はどうにか立ち直らせようとするのだが……。 主人公達が立ち止まっている間にも、時間は容赦なく流れ、世界は絶えず動き続ける。 小説がまったく書けないという大スランプに苦しむ伊月。 土岐や京は伊月を復活させるための方法を模索するのだが、結果は芳しくない。 一方、女の子であることを隠さなくなった千尋にも、大きな変化が訪れるのだが……。 そんななか、第16回GF文庫新人賞の授賞式が開催される。 青葉や木曽たちが受賞してから、はやくも一年が経っていたのだ。 ついに千尋の抱えていた大きな秘密が、伊月たちの知るところとなってしまった。 千尋から事情を聞かされ、表向きはそれを喜んで受け容れた伊月は、これまでどおり那由多とイチャイチャしたり、千尋を可愛がったりして、妹がいる生活を満喫する。 『妹すべ』のアニメも好評を博し、招待された台湾のイベントでちやほやされるなど、売れっ子作家としても満たされた日々を送る伊月だったが…? 大人気青春ラブコメ群像劇、運命の第10弾登場!! (引用:).

次の

異世界はスマートフォンとともに。

いもうとさえいればいい 最新刊発売日

妹をこよなく愛する妹バカの小説家羽島伊月の周囲にはいつも個性的な人物が集まっていた。 その内の一人、銀髪碧眼美少女の可児那由多は、彼と同じ小説家の仲間として伊月の部屋によく遊びに訪れる。 そして、恋と友情、そして夢などに悩みを抱える少女白川京は、伊月が大学を辞める前までは伊月の同級生だった。 さらに、凄腕税理士の大野アシュリー。 天才的な才能を持つイラストレーターで、伊月のことを慕っている「ぷりけつ」こと恵那刹那。 伊月と同期デビューした小説家であり、良き友でもあり好敵手でもある不破春斗。 伊月の弟(?)とされ、彼を甲斐甲斐しく世話する完璧超人の羽島千尋。 4巻から登場の伊月の作品のコミカライズを担当することになった新人の漫画家三国山蚕。 これら登場人物は、彼らの周りで日々巻き起こる様々な騒動を、時には自ら引き起こし、また時には巻き込まれていくのであった。 青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!! 「アンチも編集者も俺以外の売れっ子も全員爆発しろ! 」作家としてブレイクし、愛する人と結婚し、父親となっても、人は 特に作家は そう簡単に聖人君子のように生まれ変わったりはしない。 羽島伊月は今日も荒ぶりながら小説を書く。 伊月、千尋、京、春斗、那由多、アシュリー、海津、蚕、刹那、撫子...... 時を経て大きく変わったり変わらなかったりする主人公達が、それぞれに掴む未来とは!? 青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!! 「」書籍化作品新刊• 稲井田そう 著 TOブックス• みたらし団子 著 TOブックス• ふか田さめたろう 著 SBクリエイティブ• 玉響 なつめ 著 フロンティアワークス• 織部 ソマリ 著 フロンティアワークス• たままる 著 KADOKAWA• 伏 龍 著 KADOKAWA• 大紀 直家 著 講談社• そら・そらら 著 ぶんか社• いつきみずほ 著 KADOKAWA• 六志麻 あさ 著 講談社• 蓮水 涼 著 KADOKAWA• ざっぽん 著 KADOKAWA• 荒三水 著 双葉社• 佐々木さざめき 著 双葉社• 東導号 著 スクウェア・エニックス.

次の