委託ドライバー 大阪。 楽天エクスプレスは稼げる?稼げない?業務委託求人ドライバー募集条件は?評判口コミまとめ!

委託ドライバーってどんな仕事?キツイ?稼げるの?その実態教えます

委託ドライバー 大阪

つまり、委託ドライバーと社員ドライバーでは、同じ軽運送ドライバーでも働き方に大きな違いがあります。 ・委託ドライバーの業務内容 委託ドライバーの業務と言えば、基本的に一般家庭や企業に向けて荷物を配送すること。 軽貨物車を使用する軽運送では、大きく重い荷物を配送することは少なく、小さく軽い荷物を配送することがほとんどです。 社員ドライバーの場合は、荷物の個数に関わらず勤務時間や日数に対して給与が発生しますが、委託ドライバーの場合は、主に配送した荷物の個数に対して対価が発生するという特徴があります。 ・委託ドライバーの4つのポイント 1. 個人事業主として軽運送開業 個人事業主とは、名前の通り個人で事業を行うこと。 先ほどもお伝えしたように、委託ドライバーは会社員ではなく個人事業主として軽運送を開業します。 普通免許があれば開業できる 軽運送は普通免許があれば開業できるため、特別な資格や経験は必要ありません。 普通免許の他に業務で使用する軽貨物車も必須ですが、SKSなら月額1万円からリース可能! 3. 努力次第で高収入が目指せる 一般的に会社員は月給制ですが、委託ドライバーは歩合制になります。 努力次第で高収入が目指せるのも、委託ドライバーならではの魅力です。 1人(1台)で仕事ができる 委託ドライバーの業務は1人で行うため、上司や部下などとの人間関係に悩む心配はありません。 1日の業務を早く終えた日は、プライベートの時間も満喫できます。 ・車両代金で開業資金が高くなる なにかしらの事業をはじめようとすると、多くの場合に多額の開業資金が必要です。 軽運送では普通免許と軽貨物車を用意すれば開業できますが、とは言え軽貨物車を一括で購入するとなると、やはり開業資金が高くなってしまいます。 そこで、おすすめなのが『カーリース』です!毎月一定のリース料金を支払うだけで、本来なら車両購入時にかかる費用を抑えることができるため、結果的に開業資金がほとんど必要ないという大きなメリットがあります。 ・開業資金が0円のケースもある また、業務委託契約を結ぶ会社によって、登録料や加盟料が請求される場合と免除される場合があり、これは会社によってさまざまです。 ・契約までのステップ~委託ドライバーとして業務を開始するまでの流れ~ ステップ1. 会社の説明会に参加する 気になった会社の説明会に参加して、事業の内容や流れを知ることからはじめます。 ステップ2. 業務で使用する車両を用意する 次に業務で使用する車両を購入もしくはリースします。 もちろん持ち込みも可能です。 ステップ3. 運輸支局で軽運送開業の手続きをする 次に運輸支局へ必要書類を提出して、営業用軽自動車に使用する黒ナンバーを取得します。 ステップ4. 会社と業務委託契約を結ぶ 次に契約内容を確認したら、会社と業務委託契約を結びます。 ステップ5. 委託ドライバーの研修を受ける 次に会社によりますが、業務を開始する前に委託ドライバーの研修を受けます。 ステップ6. 業務開始! 委託ドライバーの研修が終われば、いよいよ業務開始です! 軽配送業の委託ドライバーによくあるトラブル ・荷物の破損 毎日多くの荷物を扱っていると、自分の不注意や扱い方などが原因で荷物が破損するというトラブルが起こることがあります。 荷物を受け取ったらお客様のもとへ無事に届けるまではすべての荷物を大切に扱い、責任を持って業務に取り組むようにしましょう。 ・配送時間・場所の失敗 配送時間や場所を一つ間違うだけで、発送元や配送先のお客様、そして間違えられた人と多くの人に迷惑がかかります。 基本中の基本ですが、スケジュールの管理・確認はしっかり行い、指定時間に遅れる場合は配送先のお客様へ必ず連絡するようにしましょう。 ・お客様への失礼な対応 お客様への失礼な対応は最もトラブルに繋がりやすく、また信用問題にも関わるため、丁寧なコミュニケーションを心がけること。 荷物の破損やミスが起こってしまった場合は自分だけで解決せずに、これ以上トラブルを大きくしないためにも必ず相談するようにしましょう。 委託ドライバーの実態についてご紹介しましたが、現在ではインターネット通販を利用する人が増加傾向にあるため、さまざまな場面で委託ドライバーが求められるようになりました。 SKSでは、個人で軽運送を行っている方に向けて、安心できるカーリースサービスをご提供しております。 なにかご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

次の

委託ドライバー年収シミュレーション|宅配ドライバーガイド

委託ドライバー 大阪

でも、本当にそんなに稼げるの?と疑問に思う方も多いはず。 こちらでは、委託ドライバーがどれくらい稼げるのかをまとめました。 また、必要な経費も分かりやすく解説。 年収をシミュレーションする際の参考にしてくださいね。 ページの最後にはガッツリ稼ぎたい方向けのおすすめ企業も紹介しています。 ぜひこちらもチェックしてみてください! 委託ドライバーの年商は? まずは年収を知る前に年商について知らなくてはなりません。 年収と年商をよく勘違いしている方がいるので説明します。 年商とは単純な売上のことを指します。 つまり自分がどれだけ稼いだかということ。 仮に配送単価が150円の商品を1日100個配送した場合の 1日の売上は1万5千円。 それを25日稼働したとすると 月の売上は37万5千円。 つまり450万円が単純な売上となるのです。 そしてここから 経費を引いた額が年収となります。 報酬体系のチェックも大切 また、 配送単価以外の報酬体系があるのも知っておきたいポイント。 「週5日出勤で1日75~90個の配送を行なった場合、月に43万円が業務委託料金として支払われる」といった契約もあります。 配送単価での売上計上よりも、 過剰労働のリスクが低く、安定した働き方ができる報酬体系だと言えるでしょう 年商を考える際には「どのような報酬体系での契約なのか」「その契約だと、実際にはどんな働き方になるのか」を含めてシミュレートしておくのが大切です。 出来高払いで、高収入を目指せるのが魅力。 一方、事故などで収入が絶たれる不安も。 毎月の経費はどれくらいかかる? 高収入な委託ドライバーに惹かれている方に注意してほしいのが 「売り上げから経費が引かれること」です。 具体的にどのような経費が必要になるのか解説するので、早速チェックしていきましょう! 車両に関する経費 委託ドライバーの 代表的な経費は「ガソリン代(燃料費)」です。 走行距離によって金額は異なりますが、1カ月でおよそ2~3万円ほど。 年間では24~36万円のガソリン代がかかります。 委託ドライバーの主な年間経費は以下のリストを確認してください。 ガソリン代:30万円(1カ月2. 5万円の場合)• 自動車保険:24万円(車両保険付帯)• 車検:8~9万円(2年に1度) 年間経費の合計は54万円、車検がある年には62万円にも及ぶのです。 意外とかかる車両メンテナンス費用 上記に挙げた経費のほかに、 必要に応じて車両のメンテナンス費用がかかります。 具体的にはエンジンの不具合やエアコンの修理、エンジンオイル・タイヤ・バッテリーの交換など。 企業のなかには、お得な月額料金で自動車整備(法定点検や車検、必要なメンテナンスなど)を行なう 「メンテナンスパック」を提供しているところもあります。 お金を稼ぎたいなら、余計な出費を抑えるためのサポートにも着目しましょう! その他の経費 保険料や駐車場代は全額自己負担 委託ドライバーは社員ではなく、個人事業主に分類されます。 一般的な会社員は保険料の半額を会社が負担してくれますが、委託ドライバーの場合は すべて自己負担。 給料から天引きされないので、自分で振り込み・支払いをしなくてはなりません。 保険料は居住地域や月収によって異なります。 詳しくは各市区町村の担当窓口で確認するか、国民健康保険の公式サイトで保険料をシミュレーションしてみてくださいね。 合計するといくらぐらい? 経費の合計はその人の働き方や車の燃費などによって変わってくるので一概にはいえませんが、だいたい 毎月10万円を見ておくとよいでしょう。 つまり 年間120万円は経費として発生するということです。 委託ドライバーの手取りはいくら? では実際いくら収入として得ることができるのかシミュレーションしていきます。 上記の金額をもとに計算しましょう。 配送量:100個/1日• 月の稼働日:25日• 例えば配送単価が高いところだと180円~200円のところもありますし、配送量を150個~200個近く配達する人もいます。 経費に関してはそれほど誤差がでないので、配送単価の高いところでたくさん働けば、ガンガン稼ぐことができるのです。 また、配送単価による計算ではなく、 「月間で20日、1コースの配送を続ければ43万円の業務委託料が支払われる」といった契約をする企業もあります。 この契約の場合には 過剰労働が防げて、一定水準以上の報酬が安定的にもらえる点がメリットです。 月間や年間といった中長期的視点での収益を考えると、 単純な配送個数での報酬よりもこちらの契約の方が稼げる場合もあるでしょう。 お金をガッツリ稼ぎたいなら!企業選びのポイント ガッツリ働いてガッツリ儲けたいなら、 所属する企業選びが大切です。 選び方のポイントを知らないと、損をしてしまうことも…。 賢く稼ぐためには企業の 「業務委託料金」と 「メンテナンスパックの有無」が重要なカギ。 どれだけたくさん荷物を運んでも、もらえる報酬が低ければ大きな収入アップは望めません。 また、働けば働くほど走行距離も長くなり、車両自体に負担がかかります。 不具合が起きた時の修理や、タイヤ・バッテリーの交換が必要になる回数も多くなるでしょう。 毎回多額のメンテナンス費用を払っていては、せっかく稼いだお金もなくなってしまいます。 そのため、企業選びの際には「業務委託料金」と「メンテナンスパックの有無」をチェックしておくのが重要になるのです。 quick-ace. 桃太郎便は、企業を選ぶ際に重要なカギとなる「業務委託料金」と「メンテナンスパック」、両方とも文句の付けようがないほど高水準。 詳しく紹介するので、ぜひチェックしてみてください。 業界トップクラスの業務委託料金設定 桃太郎便の魅力は、 430,000~506,000円/月という業務委託料金です(東京・埼玉の対応エリアで20~22日/月稼働した場合)。 この報酬設定は 委託ドライバー業界のなかでもかなりの高水準。 1カ月20~22日稼働し(週休2日)、1日あたり100個以上の荷物を配達すれば 年商は569万2千円です。 年間経費を120万円とすると、 年収は449万2千円! 完全週休2日で、過剰労働に陥らず安定して稼げる年収としては非常に高いものだと言えます。 お得!格安メンテナンスパックを用意 桃太郎便は、軽自動車整備を対象にした オールメンテナンスパックを提供しています。 法定点検や車検、それらに必要なメンテナンスなどすべて含めて 月額わずか3,900円(新車から5年間の場合)。 パックには、エンジンの不具合全般のメンテナンスや、エンジンオイル・タイヤ・バッテリー・その他消耗品の交換、エアコンや電装部品の修理がすべて含まれています。 24時間レスキューサービスも付帯しているので、緊急時にも安心です。 これほど保証が充実している企業はなかなかありません! メンテナンスパックを1年間利用した場合にかかるコストは46,800円。 利用しなかった場合と比べると 25,000~40,000円もお得になるそうです。 安全に仕事を行なうため、そして余計な出費を削減して稼ぎを増やすために、加入は必須!ぜひ検討してみてください。

次の

【週払いOK】軽貨物委託ドライバー大募集!! ((株)エイムブリッジ) 大阪のドライバーの無料求人広告・アルバイト・バイト募集情報|ジモティー

委託ドライバー 大阪

軽貨物運送会社の営業社員が全て本当の事をお伝えします。 ぼくは、軽貨物運送業のドライバーに仕事の紹介をしている会社の現役営業社員です。 簡単に言うとドライバーからピンはねをしている「元締め会社」の社員をしています。 求人チラシの原稿も作成していて、ドライバーさんの採用から仕事の紹介までほとんど対応しています。 応募があれば面接して採用する立場にあります。 全てがグレーで怪しいとは言いませんが、とかくクレームが多い軽貨物運送業界です。 これから軽貨物運送をはじめようと考えている方に、少しでも軽貨物運送業の実態がわかっていただけたらと思い、このホームページを作りました。 ここに書いてあることは全て真実です。 内容を理解していただいた上で、納得して、それでも軽貨物運送をはじめてみようと思われたのなら、開業して是非とも軽貨物運送をはじめてみてください。 逆に、とてもやっていけそうにないと思われたら他の業界を探すのもいいでしょう。 安易に「稼げる」、「儲かる」的な気持ちではじめたら、「思っていた内容と違う」となってしまいます。 自分の車で配達を行う請負の運送業 軽貨物ドライバーは自分の車を使って、業務委託つまり請負という形で仕事をします。 そこが軽貨物運送業の一番の特徴です。 街で黒ナンバーをつけている軽自動車を見たことがあると思います。 これは通称「営業ナンバー」と言います。 個人で運送業をはじめることを陸運局に届けると交付されます。 この黒ナンバーをつけている軽車両は、お金をもらって運送の仕事をすることが国から許可されているわけです。 簡単に言うと、運送事業の社長さん(個人の事業主)になるわけです。 タクシーはお客さんを車に乗せてお金をもらう訳ですが、黒ナンバーは荷物を乗せてお金をもらうのです。 そしてこの黒ナンバーの制度は、軽自動車にしか認められていません。 仕事は依頼主(荷主)から業務委託という形で直接受けるか、依頼主から仕事の依頼を受けた運送会社から下請けという形で受けます。 ほとんどの軽貨物ドライバーは運送会社からの下請けです。 この「下請け」こそが、よく求人誌に記載されている「業務委託」ということなのです。 あくまでも業務委託になりますので、雇用関係はなく、わかりやすく言うと企業同士の「取引」になります。 依頼を受けたドライバーは依頼主の会社へ直接出向いて配送の仕事をします。 業務上の必要な経費は全てドライバーの負担になります。 万が一仕事中に事故やケガがあったとしても全て自己責任となります。 もちろん有給などありません よほどのことがない限り休むことは許されません サラリーマンと違って有給などありません。 毎日の配達を任されている場合、ドライバーが休むと代わりの人はいません。 万が一勝手に休んだりすると「欠車」と言って損害賠償ものの事態になります。 風邪を引いた、子供の調子が悪い、などの理由で休みことは絶対にできません。 ぼくの知り合いのドライバーに、親の葬式にさえ出られなかった人もいます。 とはいうものの、冠婚葬祭まで休めないとはいいません。 その場合は前もって言っておけば、代わりのドライバーを準備してくれます。 軽貨物ドライバーは有給もなければ、休むことも自由にできません。 運転免許と車があれば誰にでも簡単にはじめられる個人事業 軽自動車が1台あれば明日からでもはじめられます 定年を迎えた元サラリーマン、リストラや早期退職で会社を辞めた人などは一度試してみても面白いかもしれません。 これから新たに仕事を見つけるために何社も面接に行くのは大変なことです。 年下の面接担当者に自分の履歴書を見せて、一生懸命に敬語を使うのも疲れます。 かと言って遊んでいても収入はゼロです。 軽運送業はあくまでも個人事業の社長さんです。 サラリーマン時代とは違った生き方ができます。 はじめてからしばらくして、自分に合わないと思ったら辞めればいいだけのことです。 コンビニやフランチャイズ経営のように多額の初期投資が必要なわけではありません。 中古の軽自動車が1台あればはじめられます。 辞めても軽の車両は自家用車として使えます。 ただ、私個人の意見を言わせていただくと、はじめたら最低でも1年ぐらいは続けてほしいです。 なんでも途中で放り投げるのではなく、しばらく続けてみてから結論を出しても遅くはありません。 実際に軽貨物運送業の現場に立つ者として、業界の実態をこのホームページにいろいろと書きました。 もちろん都会や地方で条件面の違いはありますし、仕事の内容によっても稼げるかどうかは違ってきます。 たまたまタイミング良くおいしい仕事にあたって、そこそこの収入で楽な仕事をしている人もいます。 これだけは言えることは、家族を軽運送業だけで養っていくのは困難です。 小さな子どもがいる家の世帯主なら止めた方がいいです。 説明会へ行くと、複数の仕事を掛け持ちすればいいなんて必ず言いますが、現実的には無理です。 複数の仕事をこなしてようやく1社分の稼ぎになればマシな方です。 ぼくはドライバーさんが採用面接に来たとき、「稼ぎたい」という理由で応募してくる方はお断りしています。 そんな人は仕事を紹介しても、稼げない現実を知って長続きしません。 あまりにも儲からないので、すぐに辞めていきます。 小さなお子さんがいる家庭の世帯主の人も、現実の収入例を説明してお断りしています。 養っていくほど稼げないからです。 社員はもちろんですが派遣の方が収入はいいですし、何よりも社会保険などの心配もありません。 車を運転するときの怪我や修理、維持費などのリスクもありません。 派遣で月15万円ほどの収入が見込めるのならそちらの方が正直言っておすすめです。 リクナビは大手で最も信頼できますし、すんなりと仕事が決まることがよくあります。 軽貨物運送をはじめる前に一度ご検討ください。

次の