桜井誠 左翼。 【百田尚樹】「本日、都知事候補の桜井誠氏が虎ノ門ニュースに抗議演説に来た」 「彼の過去の発言は極めて不適切であったと考えている」

【百田尚樹】「本日、都知事候補の桜井誠氏が虎ノ門ニュースに抗議演説に来た」 「彼の過去の発言は極めて不適切であったと考えている」

桜井誠 左翼

日本第一党 桜井誠党首 NHKから国民を守る党 立花孝志党首 昨日、NHKから国民を守る党の立花孝志党首が日本第一党本部事務所を訪れ、先日の竹島発言に関して対談を行いました。 その様子はすでに動画で上がり、あちらこちらで転載されていますので、確認頂ければと思います。 詳しい内容は動画に任せて、対談を終えた所感を述べたいと思います。 彼自身も認めていましたが、竹島問題に関する知識不足から始まった一連の失言は許せるものではありませんが、それを認めて謝罪することは正しいことだと思います。 人である以上、過ちは必ず起きるもの、問題なのは過ちが起きた時に素直にその過ちを認めて謝罪出来るかどうかなのではないでしょうか? 何より恥ずかしいのは、己の非を認めない輩でしょう。 この竹島問題から始まった対談でしたが、多くの方が期待? していたような、いつぞやの元大阪市長橋下徹との口喧嘩のようにはなりませんでした。 このことは前日の生放送でも言っていますが。 敵意の無い相手にケンカ腰で臨むようなことはしません。 そういう意味では皆さんにとっては余り面白くない対談だったかも知れません。 橋下のときは、彼自身が桜井を呼びつけたにも関わらず、遅刻はするわ、最初からケンカ口調だわ、「政治に文句があるなら政治家になってから言え」と発言した当の本人が現在、民間人であるにも関わらず政治に文句を垂れまくるダブルスタンダードだわ、とやりたい放題の有様だったので、こちらも相応の態度で臨んだだけです。 とまれ、普通の対談に終始した一時間半でした。 ただ、彼が少しでも竹島問題を理解する努力をこれからも続けてくれることを願っています。 また、最後にパチンコ問題を取り上げましたが、殺人遊戯、ゼロ産業の違法賭博パチンコをこのまま野放しにして良いわけがありません。 そのようなものにうつつを抜かす暇があるなら、全体の奉仕者として違法賭博パチンコを潰す努力をすべきなのです。 今回の対談の中で、「今の日本に愛国左翼がいない」と言っています。 精神的基盤が「国家」「国民」ではないため、あちこちで残虐な事件を平気で起こすのが左翼なのです。 だからこそ、彼には「愛国左翼」という新ジャンルを日本に打ち立て、保守側と国家のために堂々とやりあってほしいと願ったのです。 今後も、こうした対談があるかも知れません。 ただ、その中でも桜井自身は、何一つ変わらず、日本第一主義に基づいて日本国の権益を最優先に、日本人の権利を一番に考え、発言していきます。 一人一人が心強く有って、韓国のような異常反日国家の妄言に振り回され、或いは日本の権益が侵されることのない日本社会を作っていきましょう。 ストロングじゃぱん! 【日本第一党公式】 桜井誠 vs 立花孝志.

次の

桜井誠の生い立ち&経歴まとめ!現在も在特会やTwitterで活動中?

桜井誠 左翼

桜井誠候補VS左翼新聞記者-反日の歴史観を痛打した桜井誠候補の新保守主義(せと弘幸ブログ) この選挙期間でこのような瞬間を目にすることは奇跡に等しい。 候補者が敵対する人間を車上に招き討論するなど、これまでになかった光景であり、桜井誠という人間の度量の広さを示した。 先ずはこの点はもっと評価されるべきであり、これまで売国マスメディアが繰り返し批判してきた排外主義者でも排斥主義者でもない、真の民主主義思想に立脚する信念を持つ人間であることを証明した。 即ち、敵との対話を拒否するのではなく、互いの主張を述べあうことによって、聴衆の判断を仰ぐという、まさに民主的手法であり、それを今回の都知事選挙で実際にやって見せたことは、実に素晴らしい事であり、これで桜井誠候補の「英雄伝説」にまた新しいページが付け加えられることとなった。 さて、この討論というか、対決シーンは桜井誠候補の圧勝に終わった。 それをこれから説明したい。 神奈川新聞の石橋記者は桜井誠候補の質問に対して、旧来戦後左翼が繰り返してきたことを、いつものように語っていた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 桜井誠候補 「韓国人は70年前に日本人が酷いことをしたと非難するが、70年前の日本について何故、我々が責任を取らないといけないのか?」 左翼新聞記者 「当時、私達は生まれてないので直接的な責任はないが、過去の歴史を否定したり、捻じ曲げたり、なかったことにした時は、新しい責任が生じてくると思う」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 謝罪と賠償を何度も何度も要求し、それでも終わらない。 もういい加減にして欲しい。 それが現在の日本の若者の偽らざる心からの叫びだろう。 この声をマスメディアは圧殺して来た。 長い間日本の若者は沈黙を強いられて来たのだった。 この事に桜井誠候補は激しく反発、マスメディアを批判し韓国や支那・中国に対する批判を強めている。 これに対する左翼記者の答えは全くつまらないものだった。 それは一言で表現するならば、支那・朝鮮がこれまで何度も言ってきたことを代弁する論理でしかなかったからだ。 日本のナショナリズムへの芽生えは<歴史の健忘症> この言葉です。 支那・朝鮮などと結びつく左翼マスコミは、日本に対して常に戦前の軍国主義を持ち出し、日本は戦争の加害者だったことを忘れようとしている・・・・などと批判してそれを許さないなどとしてきた。 今回の左翼記者はこの一部外国勢力の言葉を代弁しているに過ぎない。 一部の外国勢力と書いたのは、他の多くのアジア諸国の人々は大東亜戦争を侵略戦争だと見なしていない。 アジアに対して行われてきた欧米列強の植民地支配に対して、アジアの解放と民族の独立を掲げて戦ったのです。 インドネシアでもインドでもそしてビルマ、ベトナムにおいても、日本兵の一部は日本軍が敗北したのにも関わらず、現地に残って戦い続けて独立を勝ち取った。 それが何よりの証拠であり、日本が侵略する為だけの戦争などと言った戦勝国史観の押し付けに、若者は疑問を持ち始めている。 左翼記者は車上に挙がって、下で桜井誠候補の演説を聴こうと集まった400名以上の大衆の姿を見ても、この旧来からの自分達の持論を繰り返すしかなかった。 それはまさに戦後左翼の敗北のシーンだった。 その映像は今後も長く残り拡散されて行くでしょう。 何が変わったか、左翼は知ろうともしない。 いや出来ないのだ。 日本に再び軍国主義が復活することなどあり得ない。 世界中で誰よりも平和の尊さを願ってやまないのが我々日本民族だ。 左翼記者は「新たな責任が生じてくると思う」と言ったが、その新たな責任とは何か?それは左翼が勝手に作り出し、若い世代に押し付けるものだろう。 しかし、若者はそれを断固として拒絶する。 それが桜井誠候補が始めたこの新しい保守運動なのであり、だからこそ20歳代の若者の支持率で旧来左翼の鳥越をも凌ぐ支持率を得ているのだ。 左翼は日本の新しい保守主義への眼覚めやナショナリズムへ渇望を何とか止めようと必死だ。 しかし、それを無自覚に戦前コースの再現として構築して、それを阻止しようと考える。 実はそれが失敗するのです。 左翼は思想的な怠慢と堕落に甘んじているとしか私には見えない。 この都知事選挙において桜井候補は都政だけではなく、将来のあるべき日本の姿、「新しい国家像」とも言うべきものを示し始めています。 その未来の日本国家には左翼が言うような「新しい責任」など無縁でしかない。 もはや旧来の左翼史観など何の説得力も影響を及ぼすことなど出来ない。 平和への新たな誓い・・・は揺るぎないものだ。 それ故に支那の侵略から日本を守る為に全力で戦っているのです。 支那や朝鮮と結びつく旧左翼は死滅への道を辿ることになります。 桜井の仕事は人間の劣情を喚起することだけだ。 ネトウヨは市民活動家をプロ市民 それで飯を食っているという蔑称 と嘲笑するが、桜井誠こそプロ市民そのものなのだ。 津久井やまゆり園に侵入して重複 重度 障がい者だけを狙い撃ちにして殺害した植松聖と桜井誠を分けるものは、植松より桜井のほうが差別煽情活動家のヒエラルキーの上部に居るという、ただそれだけのことだ。 桜井がその世界 いわゆるネトウヨ業界 で立場を保持し、食い扶持まで下部から吸い上げて暮しには困らない貴族とすれば、植松は何も持たない最下層である。 桜井は言葉と時に態度で愚劣で醜悪な言葉をネットメディアで巻き散らかしていれば、植松のような劣情をくすぐられた連中が寄り集まり、そこから上納が取り込まれて生活の禄となり桜井は都知事選にまで立候補する財力を持つに至っている。 これはもう立派なプロ市民そのものではないか。 せと弘幸の桜井誠称賛記事にはなんの感想もない。 しかし、ツイッターに仄見える植松の障がい者はいなくなれという声に共感を示すツイートの本音という悪意の剥き出しぶりを見るにつけ、植松聖はこうした気分から生まれたと実感せざるを得ないし、桜井誠はそうした気分を拡大化しようと劣情に火を点けて回ることで、実は自分の食い扶持 利益 を拡大しようとしているクズであることをさらに実感した。 もちろん、桜井誠のさらに上部には小池百合子が居るし、さらに最上部には安倍晋三がいるのである。 日本は本当に危ない時代に入った。 インドネシアでもインドでもそしてビルマ、ベトナムにおいても、日本兵の一部は日本軍が敗北したのにも関わらず、現地に残って戦い続けて独立を勝ち取った。 日本軍は天皇の命令で組織的略奪をしてただけだろ そして組織的略奪をカモフラージュする目的で拷問・虐殺をやってたんだな: 日中戦争証言 車河堡 王さん(69歳)柳河口 1回だけ見たことがあります。 強姦したのは普通子どもには見せないんです。 1回見たのは、若い女性に沢山水を飲ませて、お腹を膨らませたり、 鉄の棒を火で焼いて、赤い鉄の棒を乳房に当てたり、女性の生殖器に差し込んだり、 あるいは銃剣の先を焼いて乳房や生殖器をえぐり取ったりしました。 桜井さんは口先だけじゃなく、本当に行動する保守だった。 言葉を荒げる場面も多々あるけど、理路整然と筋が通っているからすごい。 理不尽に対して真っ向から堂々と文句を言える人って、世の中そうそういない。 胸がすく動画をぜひ見てみて。 若い人には特に見てほしい。 」「土下座して話を聞けぇ!! 」 ほぼ爆笑コントw 世界の憂鬱 【東京都知事選】韓国人「桜井誠を軽く見るな!桜井誠の20代の支持率が想像以上に高すぎる!」 韓国の反応 2016年07月29日 抜粋 スレ主 桜井誠を軽く見ては成らない。 フィンランドで「真のフィンランド人」という極右政党を ソイニという右翼の人間が1995年に設立したが、結成当時は狂人扱いを受けて国民にそっぽを向かれたが、20年過ぎた今、彼はフィンランドの外交部長官に就任している。 <桜井氏の演説風景画像> 現在、欧州各国で極右政党が旋風を起こしているが…彼らもすべて初期にはバカにされてばかりだった。 しかし、今はどうか、政権勢力もぶるぶる震えているほど、勢いを集めている。 桜井誠の支持勢力を見ると、20代の男性が最も高いという。 (韓国人の反応コメント省略) 引用元記事: (略) (日本人コメント) 43. (以下略).

次の

朝鮮総連の代弁者 桜井誠

桜井誠 左翼

速報!桜井誠が虎ノ門で上念司に突撃中!! — 海乱鬼 nipponkairagi 桜井誠は、馬鹿だよなぁ。 に批判の材料や燃料与えてどうすんだよ。 上念司を批判したいのならば、もっとスマートにやれや。 支持してた人が離れてしまってる。 これではほんとに応援してる者にも悲しい。 上念司氏 も土下座とか強い口調で言うのはどうかなと。 それにしても何故こんな事をやってしまうのかなぁ。 絶対損だと思いますけど。 そこに「さぁいらっしゃい」と桜井誠の過去のヘイト発言を次々とかまし、「いつでも相手なるぜ」と上念さん。 この二人の因縁はもうずっと続いているが、どちらも後に引かないのな。 まあ立場としたら桜井の方が上念よりは上。 政党作って立候補までしている桜井と、チャンネルくらら勢しか味方のいない上念ではちょっと苦しい。 上念はブランディング失敗したな。 格闘技道場も武漢肺炎絡みで上手くいっていないだろうし、百田さんに嫌味言われっぱなしだし、今年はもう復活できないかな。 そもそも上念なんて人の話を聞いたのをスピーカーとして広める役割程度の人材。 下手に右翼に絡んだのが大失敗だ。 向こうは損得抜きで来るぞ。 まあ来週過ぎると街宣活動はなくなるのかな? 動画が大量になってきたので3つに分けました。 外国人の日本訪問動画です。 健康について日々思う事を。 絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。 一人暮らしの料理の助けに。 学習のお手伝いに。 お暇なら覗いてみてくださいね.

次の