ウロコ インコ 値段。 ウロコインコの種類や値段・性格・鳴き声について

ウロコインコはいくらあれば買えるのか?値段はズバリ?!

ウロコ インコ 値段

ウロコインコの値段はカラーによって違う ウロコインコには色々な種類のカラーの子がいます。 代表的なところでは、 ・ノーマル ・ワキコガネ ・シナモン ・パイナップル ・ブルー こんな感じでしょうか。 ブルーパイナップル、サンチーク、ダイリュート等の稀少カラーも居ますが、ここでは基本的なカラーに絞って検証していきます。 十万円以上したりします。 先ほどのカラー5種は、実はお値段順に並んでいます。 もう一度、見てみましょう。 お店によって違うかもしれませんが、大体こんな感じです。 基本的にカラーバリエーションのある動物は、稀少なカラーほどお値段は高くなりますよね。 あとはやはり、人気のカラーは高めのお値段の傾向にあります。 ちなみに、我が家のは「シナモン」です。 カラーによる値段の違いはこのような感じです。 では次に、実際に販売中のウロコさん達の値段を検証してみましょう。 実際はいくらで販売中? 販売中のウロコインコの値段をチェック!といっても、価格を載せていない販売店やブリーダーさんも結構あります。 なので、こちらで検証したお値段は、価格を載せている販売店の数店のみです。 あくまでも、本当にあくまでも参考程度です。 ・・・しつこい?! 今回参照したのは、 ・某ウロコインコのブリーダーさん(個人) ・某インコ・オウムの専門店(チェーン) ・某イヌのマークの大手ペットショップ(チェーン) こちらの3店です。 さて、鋭い人はもうお気づきかもしれませんが・・・この並び順も、実は販売価格順になっています。 結構、価格の差があってビックリです。 ちなみに雛~若鳥に絞って価格検索してみました。 成鳥でセール販売されている子はノーマルの雛より安い値段で販売されていたりします。 ここで、先ほどのカラー5種に、それぞれの価格を当てはめてみましょう。 ショップによっては、上記代金の他に性別判定や各種検査代として、5,000円~10,000円が別途必要になります。 しかし、大手ペットショップのお値段は高いですね~!! 価格の点ではやはり、です。 ブリーダーさんの間でも価格設定はかなり異なります。 上記のブリーダーさん価格はかなり安めの設定だと思ってください。

次の

インコの値段っていくら?人気の種類を羽色毎に解説!

ウロコ インコ 値段

【目次】インコの値段っていくら?人気の種類を羽色毎に解説! 1. セキセイインコ インコ飼育の初心者にもおすすめなインコ セキセイインコは、インコの中でもポピュラーな種類。 値段もお求めやすく、初心者の方にもおすすめです。 セキセイインコは小型で身軽なので、籠の中で端から端へ飛んだりして激しくアピールしてくるほど元気です。 性格は自己主張が激しく、強気なところが特徴。 怖いもの知らずで好奇心旺盛な子が多く、オカメインコとは逆の性格をしていると言えます。 しかし、個体差があるので、中には静かな性格の子もいます。 喋ることが大好きで、日中はさえずりで賑やかになります。 ごく稀にですが言葉を覚えて喋ることもあるため、一緒に話すのも夢ではありません。 また、いたずら好きということもあり、色々なものをかじったりしてボロボロにしてしまうことがあるため、籠から出す際には気を付けましょう。 値段・価格 セキセイインコは毛色の種類が多いです。 それぞれの色の平均額をご紹介します。 ノーマルグリーン(約2,500円~7,000円) 一般的なセキセイインコの色です。 ノーマルブルー(約2,500円~7,000円) ノーマルグリーンが青くなったものです。 レインボー(約3,500円~7,000円) 薄い黄色、青、白の優しい色が混ざっています。 セキセイインコのデータ 分類:オウム目インコ科、セキセイインコ属セキセイインコ 原産地:オーストラリア 体長:約18~23cm 体重:約30~40g 寿命:約10年 セキセイインコのまとめ 小型のインコであるセキセイインコは、自己主張が激しく強気な性格。 ペットショップでもよく見られ、値段も安く手に入れやすいです。 色のバリエーションも豊富で、好きな色の子を探すのも楽しみのひとつでしょう。 性格も個体差が激しく、元気な子もいれば静かな子もいるため、どんな性格の子が良いかはスタッフの方に相談してみてください。 コザクラインコ コザクラインコは漢字で「小桜インコ」と書き、顔が明るく体が葉桜に見えることから、コザクラインコという名前が付きました。 飼い主に懐きやすく、ラブバードと呼ばれるほどです。 オカメインコのように人懐っこいインコを飼いたいけどちょっと高い… そんな人にはコザクラインコがおすすめです。 オカメインコより体が小さいですが、値段がお求めやすいこともあり人気です。 コザクラインコは実は中型インコ 中型インコに分類されていますが、実際の大きさは小型に近いので、小さい鳥が好きな人におすすめです。 性格はラブバードと言われるほど愛情が深く、大事に育てれば育てるほどその分の愛情を返してくれるでしょう。 心を許してくれるまで懐くと、インコを飼う際の大技と言われている「ニギコロ」ができるので、このどしっとした体系だとちょうど良い感触だと思います。 ちなみに「ニギコロ」とは、手のひらに仰向けに転がってお腹を見せてくれることです。 活発な性格をしており、嫌な事があるとすぐ怒るというような気性の荒いところも見受けられます。 穏やかなオカメインコと比べると、ちょっとばたばたするかもしれませんね。 また、神経質でストレスに弱く、構ってくれないとストレスで毛引き症になることがあります。 毛引き症とは、自分の羽を抜いてしまうことです。 コザクラインコに限ったことではないですが、インコはストレスが溜まるとその分毛引き症になりやすいので、飼育環境を整え、愛情をたっぷり注いであげてください。 値段・価格 毛色によって値段が変わってきます。 ノーマル(約7,000円~9,000円) 赤い顔に緑、カラフルでインコらしいイメージがありますね。 ルチノー(約9,000円~15,000円) ルチノーは黄色に赤で、南国を思わせる色合いです。 コザクラインコのデータ 分類:オウム目インコ科、ボタンインコ属コザクラインコ 原産地:アフリカ 体長:約16~17cm 体重:約45~50g 寿命:約10年 コザクラインコのまとめ パッと見の印象は小さいですが、中型インコに分類されています。 稀に簡単な単語だと喋るようになることもあります。 大事に育てれば育てるほど懐いてくれる、愛情深い性格です。 ストレスに弱く寂しがり屋な一面もあるので、たくさん愛情をかけてあげてくださいね。 ただ、オカメインコと比べるとちょっと落ち着きが無い部分もあります。 値段は7,000円~22,000円程度で、珍しい色だと30,000円以上にもなる個体もいます。 頬は真っ赤というより濃いオレンジに近いですね。 この冠羽と頬が人気の理由ですが、値段は少々お高めです。 性格は人懐っこく寂しがりやで、穏やかで優しいので飼い易いです。 懐くと指を見せるだけで、撫ででと言っているかのように頭を下げて差し出してきますよ。 オカメインコはオウムの仲間 インコと称されていますが、実はオウム目・オウム科に属するオウムの仲間です。 オウムの中では一番小さな種類です。 インコと並んでペットショップで人気の種類なので、本記事ではインコと合わせておまけ程度にご紹介させて頂きます。 ちなみに、インコとオウムの見分け方は、冠羽(かんう)が付いているか否かがわかりやすい基準となります。 冠羽という飾り羽が付いているのがオウム、付いていないのがインコです。 オカメインコの他にも、インコと付いているもののオウムの仲間がモモイロインコです。 値段・価格 毛色によって値段が変わってくるため、人気の色別にご紹介します。 ノーマル(約10,000円~15,000円) オカメインコの原種です。 オスとメスの判別が簡単で、オスは顔が黄色くメスは顔がグレーです。 しかし、ヒナの時はオスメス関係なくグレーで、大人になるときの羽の生え変わりでオスは顔が黄色くなります。 ルチノー(約15,000円~22,000円) 全身がクリーム色で、赤い頬が目立って可愛い色です。 全身の色が薄かったり濃かったり個体差があります。 パール(約17,000円~25,000円) on Feb 23, 2019 at 10:34pm PST こちらは羽に、細かい斑点模様がある毛色です。 パール色は、他の色に混ざる事もあります。 しかし、オスの場合は大人になるとパール模様が消えてしまいます。 オカメインコのデータ 分類:オウム目オウム科、オカメインコ属オカメインコ 原産地:オーストラリア 体長:約30~35cm 体重:約90~110g 寿命:約15~20年 オカメインコのまとめ 鳩より少し小さいくらいのオウムです。 性格は穏やかで優しく懐きやすいが、寂しがり屋で臆病。 体臭は甘いような香りがします。 値段はおおよそ15,000円~25,000円ですが、色によっては30,000円以上の種類もあります。 是非、インコを飼う際の参考にしてもらえると幸いです。

次の

【中型インコ】ウロコメキシコインコ(ウロコインコ)のデータ・性質・特徴について

ウロコ インコ 値段

この記事でどんなことが知りたいですか!?• ウロコインコとは!? ウロコインコは、 オウム目インコ科ウロコメキシコインコ属に属する鳥です。 鳴き声がすごく大きく、マンション等の集合住宅で飼育する場合はご近所迷惑になるかもしれません。 まるでブラジルの国旗のような体色の持ち主で、カラフルなものほど人気も値段も高いです・・! ウロコインコの原産国 ウロコインコは南アメリカの中央あたり、 ブラジルやボリビアが原産国です。 暖かいところに住んでいる鳥ですよ。 ウロコインコの種類 ウロコインコはかなりたくさんのカラーがあることが特徴です。 一般的なものは 「ホオミドリ アカオ ウロコインコ」で、他には 「ウロコメキシコインコ」「アカハラウロコインコ」などの種類があり、基本的に緑・青・黒の色合いが多いです。 赤い色が主のウロコインコもいますよ。 中でも赤が美しく入った 「ダイリュートパイナップル」「サンチーク」のカラーが手に入りづらく、とても人気のカラーと言えますね。 ウロコインコの大きさ・重さ・色・特徴 ウロコインコの 体長は 24 ~ 26cm ほど、 重さは 60 ~ 80g ほどの大きさです。 前述の通り、基本カラーは 緑・青・黒の暗めな色合いのウロコインコが多いですが、中には赤色が入って派手目なカラーのウロコインコもいます。 カラフルなものほど人気の傾向にありますよ。 胸の部分にウロコ模様があり、尾羽長いことが特徴です。 ウロコインコのオスメスの見分け方 ウロコインコのメスはオスよりも頭が小さいとされています。 ・・が、残念ながら見た目ではほぼわからないそうです! わからない場合は動物病院で性別を聞いてみてくださいね。 ウロコインコの寿命 野生のウロコインコで 15 年程度生きるそうなので、家庭で大切に飼った場合、なんと 30 年近くまで生きる子もいるそうですよ! スポンサードリンク ウロコインコの値段 ウロコインコのノーマルで 30,000 円~。 ダイリュートパイナップルで 60,000 円~。 なんと、サンチークで 130,000 円~。 ウロコインコはインコの中でも抜群に値が張りますが、飼った方は「値段以上だった!」という方が多いそうです! ウロコインコの鳴き声 鳴き声の種類・意味 「ピーピー」と可愛くないている時は甘え鳴き、 「キーキー」「ギャーギャー」と一層うるさく鳴いている時は呼び鳴きだそうですよ。 成長するにつれ、何か大声で言葉を話すように鳴くこともあるそうです。 とても陽気なウロコインコは、行動だけでなくうるさい鳴き声にも可愛げがあり、とりこになる方も多いそうですよ! ウロコインコの性格 ウロコインコの性格は、一言で言うと 「感情豊かで賢く陽気!」以下、 4 項目にわけてまとめてみます。 暑さに強い 南アメリカ原産なだけあり、暑さにはめっぽう強いウロコインコ。 ただし、寒さには弱いため冬にはヒーターや暖房は欠かせません。 特に、ヒナから成鳥になりたての頃は保温の対策を、気をつけてあげましょう。 嫉妬心が強く攻撃的 人に慣れやすい一方、家族で飼っていると誰か一人だけにうんとよく懐く状況になりやすいのがウロコインコの特徴です。 他の家族にはつついてくるなど攻撃的になる一面もありますよ。 活発でよく遊ぶ 遊ぶことが大好きで、感情を身体全体で表現してくれるためとても愛嬌があります。 頭がとてもいいため、 おしゃべりもできるようになりますよ。 ただ、頭が良すぎて遊び感覚でかごの鍵を自分で開けてしまうこともありますので、戸締りや簡単にはかごの鍵を開けられないような対策もしてあげてくださいね。 人懐っこい とても人懐っこいウロコインコは、 なでなでやカキカキも大好きですよ。 どっぷりと懐いてくれれば飼い主としては嬉しいですが、逆に寂しがり屋という一面も。 飼い主が忙しく、構ってあげない場合にストレスで毛引き病などの病気になることなどもありますので、しっかりとコミュニケーションをとってあげることを心がけてください! スポンサードリンク ウロコインコの飼い方 ウロコインコの飼い方について 3 つの項目にわけてまとめてみます。 ウロコインコの飼育に必要な物 ケージは動き回れる広さがあり、尾羽が長いため高さのあるものを選びましょう。 水浴びも好きですので、 水浴び容器の用意もしてあげましょう。 臆病ではないウロコインコは、外付けの水浴び器でも難なく利用してくれるでしょう。 また、かじることが好きなため、 固めのかじって遊べるおもちゃは必須アイテムです。 賢く鍵を開けてしまうことがあるため、鍵の補強も忘れずに行いましょう。 ウロコインコの飼育環境と温度 ウロコインコは一人が苦手です。 昼間は誰か家族がいる状況など、 少々騒がしい状況の方がいいでしょう。 原産国が温暖な気候ですので、日本の冬は寒すぎます・・。 冬は暖房器具で温めてあげましょう。 ウロコインコの餌 ウロコインコ用の ペレットを主に、シードやひまわりの種、果物は副食やおやつとして与えることをお勧めします。 ウロコインコを飼育する際に気をつける事 ウロコインコを飼育する際に気をつけることについて、 4 つの項目にわけてまとめてみます。 1日最低2時間の放鳥 ウロコインコは、毎日最低 2 時間の放鳥をするようにしてください。 人と遊ぶことやコミュニケーションが大好きなウロコインコにとって、放鳥時間が少ないということは、本当に辛く ストレスの溜まることなのです・・。 ただ、要求通りに放鳥させすぎることも考えものです。 怪我をして安静にしなければならない時に、ケージ内にいることがストレスになってしまっては困りますからね。 噛み癖に注意する ウロコインコはとても噛む力の強いインコですので、一度噛み癖がついてしまったら直すことが大変です。 ヒナのうちに甘噛みを怒らない、くちばしで噛ませて遊んでいると徐々に噛み癖がついていってしまいます。 ヒナのうちからしつけはしっかり行いましょう。 糞をチェックする 鳥類が全面的に調子の悪そうな様子を出した時は、もうすでに手遅れかも・・というぐらい、鳥類は体調の悪さを隠します。 もちろん、ウロコインコも例外ではないですよ。 それを避けるために、毎日糞は正常であるかということをチェックしておきましょう。 下痢気味、色が変などという異常が見られた場合はすぐに動物病院へ、糞も一緒に持っていってくださいね。 複数飼いには注意が必要 気が強いため、自分より大きなインコであっても攻撃的になることがあります。 カゴを別にしていたとしても放鳥時に大喧嘩していることもあるようです。 飼い主を独占したいウロコインコですので、複数で飼っている場合は注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はウロコインコの種類や値段・性格・鳴き声についてご紹介しました。 ウロコインコは身体の大きさの割に鳴き声が大きいですが、全身で感情を表現する愛嬌のあるインコです。 芸やおしゃべりを覚えたり、糞をする位置も覚える子もいるほど頭のいいウロコインコ。 この機会に興味を持って頂けたら嬉しいです! スポンサードリンク カテゴリー• カテゴリー•

次の