ライン スタンプ 審査 待ち。 【2018年最新】LINEスタンプ、審査待ち時間はどれくらい?最短二日!?

【検証】『LINE Creators Studio』を使って写真スタンプを作ってみた! 一週間の売上と審査通過のポイントを解説

ライン スタンプ 審査 待ち

販売中のLINEスタンプは表示情報のみ変更可能でスタンプ画像は変更・修正できない仕様となっています。 どうにかしてスタンプ画像を変更・修正できないものかとLINEカスタマーサポートに問い合わせてみました。 回答では販売中のスタンプのスタンプ画像を変更・修正する場合は修正版を新規スタンプとして申請してくださいとのことでした。 これはどういうことかというと、修正版と言葉では言っていますが普通に審査を待って新規スタンプをリリースするということです。 それではここから僕が実際に行った販売中のスタンプの画像を変更・修正する手順をご紹介いたします。 修正するスタンプを販売継続したまま修正版の申請を行った場合、販売中のスタンプと重複扱いとなりリジェクトされる可能性があるので販売中のスタンプを一旦販売停止にしましょう。 僕が修正版をリクエストした時は販売中のスタンプと同じタイトルでも登録できたのですが、現在では仕様が変更され、販売中のスタンプと同じタイトルで登録しようとするとエラーメッセージが出ます。 こちらもLINEカスタマーサポートに問い合わせたのですが、修正版であっても異なるタイトルでリクエストするとのことでした。 これを回避する為に販売中のスタンプタイトルを別名に変更してから元のスタンプタイトルで修正版をリクエストすると良いでしょう。 最後にスタンプ管理画面のオプション項目のその他、補足事項の欄にスタンプID:****の修正版であることを明記しましょう。 リクエストを送信すると修正版であっても審査を待つことになります。 審査はリクエスト送信から約1ヶ月後に承認となりました。 修正前のスタンプのストアURLと差し替えてもらえる訳ではありません。 販売停止にしたスタンプはストアから消えますがページ情報は残ります。 販売中のLINEスタンプの画像を変更・修正する方法は以上です。 結局のところ新しいスタンプをリリースするのと変わりがないので、リクエストする前に間違いが無いか念入りにチェックしましょう。 審査中のスタンプも審査待ちに戻すことはできないので、審査待ちの時に間違いに気付いたら迷わず編集に戻しましょう。 審査中のスタンプを編集中に戻すことはできるのかとLINEカスタマーサポートに問い合わせてみましたが、審査中のスタンプの修正やリジェクト対応はできないとの回答でした。 この記事に書いた内容は僕が問い合わせをした時点の情報です。 日々情報が更新されているかもしれません。 修正版をお考えの方はご参考までにしていただければ幸いです。 226• 200• 146• 110•

次の

※LINEスタンプの審査期間が長い…!不満の声が続出の件について

ライン スタンプ 審査 待ち

定番コミュニケーションツール『 ライン 』で使用できる「(ラインスタンプ)」は、自分で作成して販売することができます。 しかし、好き勝手に作って販売できるわけではありません。 実際に販売する前に、による「審査」を合格しなければならないんです。 筆者は最近自作のを審査に出したのですが、残念ながら リジェクト(差し戻し)されてしまいました。 自作スタンプのステータスが「リジェクト」に。 一体なぜ? にログインして「アイテム管理」画面を表示させ、スタンプのステータスを確認しましょう。 すると、「申請いただいた内容はリジェクトされました。 詳細はメッセージセンターを確認ください。 修正後、リクエスト可能になります。 」というメッセージが表示されます。 ステータスが書かれた欄の一番右端にある【メッセージセンター】というボタンをクリックしましょう。 すると、からのメッセージを確認できます。 今回リジェクトされてしまった理由として書かれていたのは・・・「 テキスト内部が透過漏れしています(半濁点、句点)」とのこと。 要するに、「 スタンプ内文字の半濁点、句点の中が透過されていない」という指摘を受けました。 スタンプを修正し、再度リクエスト! 指摘されてしまった箇所を修正し、再度リクエストしましょう。 アイテム管理画面で【スタンプ画像】というタブをクリックします。 下にスクロールし、【編集】をクリック。 スタンプ一覧が表示されます。 指摘されたスタンプ画像の上にカーソルを移動させ、【Upload】をクリックし、指摘箇所を修正したスタンプ画像を選択してアップロードします。 すべてのアップロードが完了したら、下にスクロールして【戻る】をクリックします。 すると、再度【リクエスト】ができるようになっています。 画面右上の【リクエスト】ボタンを押せば、リクエストが完了しますよ。 指摘箇所をキッチリ修正したので、今度こそ審査が通ると信じて待ちます! LINEスタンプの作り方まとめ の作り方を1から紹介しています。 のみでを作成する方法や、自作を申請する手順、申請に出して「リジェクト」されてしまった時の対処法など、作成に関する様々なことを、筆者自身が実際に作成しながら執筆していますよ。

次の

【LINE Creators Market】LINEスタンプ審査基準まとめ&よくあるリジェクト理由

ライン スタンプ 審査 待ち

定番コミュニケーションツール『 ライン 』で使用できる「(ラインスタンプ)」は、自分で作成して販売することができます。 しかし、好き勝手に作って販売できるわけではありません。 実際に販売する前に、による「審査」を合格しなければならないんです。 筆者は最近自作のを審査に出したのですが、残念ながら リジェクト(差し戻し)されてしまいました。 自作スタンプのステータスが「リジェクト」に。 一体なぜ? にログインして「アイテム管理」画面を表示させ、スタンプのステータスを確認しましょう。 すると、「申請いただいた内容はリジェクトされました。 詳細はメッセージセンターを確認ください。 修正後、リクエスト可能になります。 」というメッセージが表示されます。 ステータスが書かれた欄の一番右端にある【メッセージセンター】というボタンをクリックしましょう。 すると、からのメッセージを確認できます。 今回リジェクトされてしまった理由として書かれていたのは・・・「 テキスト内部が透過漏れしています(半濁点、句点)」とのこと。 要するに、「 スタンプ内文字の半濁点、句点の中が透過されていない」という指摘を受けました。 スタンプを修正し、再度リクエスト! 指摘されてしまった箇所を修正し、再度リクエストしましょう。 アイテム管理画面で【スタンプ画像】というタブをクリックします。 下にスクロールし、【編集】をクリック。 スタンプ一覧が表示されます。 指摘されたスタンプ画像の上にカーソルを移動させ、【Upload】をクリックし、指摘箇所を修正したスタンプ画像を選択してアップロードします。 すべてのアップロードが完了したら、下にスクロールして【戻る】をクリックします。 すると、再度【リクエスト】ができるようになっています。 画面右上の【リクエスト】ボタンを押せば、リクエストが完了しますよ。 指摘箇所をキッチリ修正したので、今度こそ審査が通ると信じて待ちます! LINEスタンプの作り方まとめ の作り方を1から紹介しています。 のみでを作成する方法や、自作を申請する手順、申請に出して「リジェクト」されてしまった時の対処法など、作成に関する様々なことを、筆者自身が実際に作成しながら執筆していますよ。

次の