イオン プロダクト ファイナンス 電話。 【注意】0120060223はしつこいイオンプロダクトファイナンスです!

0366323573はイオンプロダクトファイナンスからの督促電話です!ピンチを回避して乗り切ろう!

イオン プロダクト ファイナンス 電話

イオンプロダクトファイナンス株式会社(0800-123-6957)はいつもの変わり映えのない成りすまし闇金で、「事業強化特例融資」などと頼んでもない融資案内の迷惑FAX(050-3205-1070)を送りつけてくるだけでなく、それならばと融資を申し込んでみても「 審査に通過しました。 早速、お口座へご融資させていただきたいと思いますので、融資金額の35パーセントを保全供託金として先払い願います」などとテンプレ通りの 融資保証金詐欺を披露してくれる悪質詐欺業者でもあります。 とにかく何らかの名目で先払いさせようとしてきます。 実在する会社名を勝手に騙っているだけで、そもそも、本物のイオンプロダクトファイナンスは 一般企業向けの融資を取扱っていないので、融資FAX案内を送信することなど絶対にありません。 FAXを送りつけてくる業者は 正規の登録すらされていない危険な違法業者なので、絶対に引っかからないようにしてください。 デタラメだらけな迷惑FAX 今回この業者が詐称した登録番号は 貸金業協会会員第003405号と 関東財務局長 6 01303号となりますが、いつもの通り、 貸金業協会会員第003405号も関東財務局長 6 01303号も実在する会社の番号を勝手に騙っているだけとなります。 騙されないでください。 また、ホームページ内に表記されてある所在地は「 東京都千代田区神田鍛冶町三丁目4番地oak神田鍛冶町」ですが、やはりいつも通り、この住所も実在する本物の貸金業者の住所を悪用しているだけとなります。 今回ターゲットにされた会社は「イオンプロダクトファイナンス株式会社」で、その登録番号や住所が悪用されているだけとなりますので、この詐欺組織が愛用する電話番号「 08001236957(0800-123-6957)」やFAX番号「 05032051070(050-3205-1070)」へは絶対にコンタクトを取らないように気をつけてください。 そして、この先この業者は「イオンプロダクトファイナンス」の他にもさまざまに業者名や個人名を変えて名乗ってくるおそれがあるので、念のためにこの電話番号「 08001236957(0800-123-6957)」やFAX番号「 05032051070(050-3205-1070)」そのものを着信拒否されることをお薦めいたします。 正規の会社は真剣に試しましたか この手の闇金融について本当にもったいないと感じるのは、 もし正規の融資業者に申し込んでいれば本当はあっさり審査を通過してお金を借りられていたかもしれないのに、軽い気持ちでまんまと違法業者を頼って人生を棒に振ることです。 これほどもったいないことはないです。 本当にお金が入り用であるのなら、やはり正規の会社を頼るに限ります。 たとえば、は来店不要で無担保ですし、現在 盛大に新規貸付キャンペーンを繰り広げており、顧客獲得に力を入れています。 さすが、たとえ赤字決算や税金滞納があっても融資可能なだけのことはあります。 もちろん、こちらの会社は金融庁に正規登録されてある本物の融資会社ですし、来店不要で無担保とはいえ、事業ローンとなるので 総量規制の対象外として現在のお借入残高に影響を受けない融資となります。 今回のイオンプロダクトファイナンスのように一体どこにいるのかすら一切わからない危険な無登録業者と比べて、果たしてどちらが融資実行力がありそうでしょうか。 あるいは、 資金難になった緊急時なら、融資ではないため 請求書(債権)さえあればほぼ間違いなく資金調達できる最後の駆け込み寺として、は500万円までなら 最短3時間で入金という異例のスピード入金を誇ります。 審査は 債権の事実確認のみなので、入金額が1,000万円までなら即日対応です。 しかも、500万円までは来店不要で入金してもらえるので、地方にお住まいの事業主の方々からも重宝されている会社です。 手数料は1. 5%~と手数料負担も軽くおさえられますが、それより何よりやはりスピードに強いです。 世の中には即日入金とPRしていても実際は何日か待たされる業者が多いなか、この業者は本物です。 ここだけでも相見積もりをしておかないと、もったいないです。 最終的にどこの会社をご利用になるとしても、必ず正規の会社だけを頼るようにしてください。 まだちゃんとした会社で借りられる可能性がいくつか残されているのに、みすみす違法業者へと向かうのは人生の無駄遣いです。 まだ本物の融資会社から借りられる可能性が残されているのに、人生を滅茶苦茶にさせられるトラブルに巻き込まれる違法業者のほうばかり向いているなど、優先順位を完全に見失っているとしか思えません。 一度きりの人生ですからどうぞ大切になさってください。 どうして闇金融へ申し込んではいけないのか 偽物のイオンプロダクトファイナンスに申し込むことで生じる携帯電話買取詐欺被害に口座奪い取りに給料ファクタリング、そして口座凍結などの被害回避は言うまでもないですが、ちゃんとした登録会社からお金を借りたのであれば、 時代とともに法制度が変更した場合、ゆくゆくは予想外のまとまったお金が手元に返ってくる可能性すらあります。 その典型例と言えるのが、 過払い金でした。 ちゃんとした正規業者からお金を借りていた人たちは、もうお金を借りていた時期から何年も経つのに過払い金が法的に認められ、払い過ぎていた分がすべて手元に返ってくることになりました。 借金がかさんでいた人ほど、より多くのお金が戻ってきています。 一体どれほど取り返したと思いますか? 武富士のような大手消費者金融会社や三和ファイナンスにニコニコクレジット(丸和商事)、NISグループに最近であれば栄光を倒産に追い込むほど、皆が一斉に取り戻せたのです。 一人でトータル1,000万円を超える過払い利息を取り戻せたケースまでありました。 その一方で、 ヤミ金融に手を出していた人たちは、そもそも10日で1割や2割などの暴利がゆえに本当は過払い金が人一倍たっぷり存在するのにただの1円すらも取り返すこともできず、この過払い利息の高額返金ブームをただ指をくわえて眺めることしかできずじまいでした。 この差はとても大きいと言わざるを得ません。 皆さんはどちらの側にいたいでしょうか。 もちろん、たとえヤミ金が相手であっても、法的には過払い金を請求する権利はあります。 しかし、それはただ形式上の権利があるというだけで、実際には何の役にも立たない絵に描いた餅なのです。 当然に本物の名称や所在地を騙って偽っているようなヤミ業者ですから、このイオンプロダクトファイナンスのようにどんなにそれっぽい融資FAXを送信していようとも、 身元が簡単には突き止められないようにしています。 捜査当局に摘発されることを恐れて、いつでも逃げ出せるように対策を取っているわけです。 違法な取り立てや周囲を巻き込む嫌がらせも含め、あらゆる連絡は携帯電話買取詐欺(白ロム詐欺)で多重債務者に契約させて騙し取った多重債務者名義のトバシ携帯で行われますし、使い捨ての銀行口座も当然に他人名義です。 このような相手に対し、何年も経ってからその所在を突き止めるのは現実的にほぼ不可能に近いと言う他ありません。 たとえ運良く居場所を特定できて訴訟を起こせても、さて素直に判決に従うような輩でしょうか。 つまり、 正規の会社をろくに試そうともせず、みすみす違法な業者へと流れた人たちは、ただただ損な人生を送ってしまっているということです。 無登録業者を利用すると絶対に後悔します すでにイオンプロダクトファイナンスに引っかかってしまい被害に遭っている方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえ現時点ではまだトラブルになっていなくとも、このような怪しい業者に手を出すと必ず将来的に後悔することになります。 断言します。 どれくらいお金に困っていたとしても、最後の最後まで正規の金融会社を頼るようにしてください。 一見すると遠回りをしているかのように感じるかもしれませんが、結局はそれが損をしないで済む選択肢なのです。

次の

0120060223はイオンプロダクトファイナンス

イオン プロダクト ファイナンス 電話

0120060223はイオンプロダクトファイナンス 0120060223 0120-060-223 はオートローン、マイカーローン、マンションリフォームローンなどのイオンプロダクトファイナンスの電話番号です。 イオンプロダクトファイナンスは各種サービスの案内、本人確認の連絡、借金返済が滞っている方に対する入金催促など様々な用件で連絡してきます。 借金返済が遅れていない場合は0120060223 0120-060-223 の電話を警戒する必要は無いです。 借金の滞納がある場合イオンプロダクトファイナンスはしつこい督促電話を掛けてきますが、返済意思がある方は架空請求業者などと間違えないようご注意ください。 0120060223は職場にも電話をかける? イオンプロダクトファイナンスは携帯や自宅に電話して出なかった場合、職場にも電話してくる可能性が高いです。 債務者の自宅・携帯電話以外に連絡することは正当な理由が無い限り禁止という事にはなっていますが、携帯電話等に電話して本人と繋がらない場合は職場に電話する正当な理由という事になってしまい、勤務先にも督促の電話をしてきます。 解決方法としては携帯に電話が来た時点で連絡が取れていれば職場には連絡してきませんので、0120060223 0120-060-223 から着信があった場合は、無視せずに早めに折り返し連絡することをお勧めします。 借金返済するお金がある場合は銀行振り込みをすればすぐに解決します。 借金返済するお金が無い場合は、担当者と今後の支払いについて話しをする事になります。 もし今後の借金返済が難しい場合は弁護士、司法書士など借金トラブルを解決してくれる専門家に自己破産・任意整理・特定調停・個人再生・時効援用の相談をして解決することをお勧めします。 0120060223を無視してると差し押さえ? イオンプロダクトファイナンスの連絡を無視して借金などの滞納期間が長期間続いた場合、裁判所から 仮執行宣言付支払督促という特別送達が送られてくる恐れがあります。 上記画像はクレジットカード、消費者金融 サラ金 、債権回収会社などの借金を無視し続けた場合に裁判所から特別送達で送られてくる仮執行宣言付支払督促の画像です。 仮執行宣言付支払督促は二週間以内に異議申し立てをしなかった場合、確定判決と同一の効力を有するものになり、借金滞納者の財産の差し押さえをする権利が債権者側に与えられてしまいます。 債権差押命令によって貴方の財産が強制的に差し押さえされる危険があります。 上記画像はクレジットカード、消費者金融 サラ金 、債権回収会社などの借金を無視し続けた場合に裁判所から特別送達で送られてくる債権差押命令の画像です。 0120060223 0120-060-223 からの連絡を無視していると財産を差し押さえされてしまう可能性が有りますのでご注意下さい。 関連記事 ・ ・ 61日以上の遅れはブラックリスト? 消費者金融 サラ金 、クレジットカードなどの借金を滞納したまま61日以上遅れてしまうと個人信用情報機関に支払いが遅れたデータが登録され他社のクレジットカードや住宅ローンの審査にも通らなくなる危険性があります。 クレジットカード、消費者金融 サラ金 などは審査時などに個人信用情報機関のデータを必ず確認しますが、 61日以上または3ヶ月以上の借金滞納等をしてしまうと支払いが長期間遅れたことが登録されます。 61日なのか3ヶ月なのかは借金返済等が遅延した時の事前連絡の有無など諸条件によって61日以上で記録されることもあれば3ヶ月以上で記録されることもあるので連絡無しで61日以上の遅れは危険です。 61日以上または3ヶ月以上の滞納を意味する 「異動」という情報が個人信用情報機関に載ってしまうと所謂ブラックリスト入りした状態になり金融事故として最長5年間記録が残ってしまいます。 個人信用情報機関にブラックリスト自体が存在するわけでは無いですが、 「異動」情報が個人信用情報機関に載ることは金融事故として扱われていて実質ブラックリストとされています。 この個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCという3機関が有ります。 「異動」という借金滞納等の支払遅延ブラックリスト情報が一度載ってしまうとJICCは1年、CIC、KSCは5年消えません。 金融事故情報が一度登録されてしまうと銀行の住宅ローン、消費者金融 サラ金 、クレジットカード、スマホ分割払いなどは全て審査に通らなくなってしまいますのでご注意ください。 まとめ 0120060223 0120-060-223 はイオンプロダクトファイナンスの電話番号です。 各種サービスの案内や借金返済が滞っている方に対する入金催促など様々な用件で連絡してきます。 無視していると訴えられ遅延損害金等を上乗せされた金額で強制執行・差し押さえされる可能性がありますので、借金返済が難しい場合は弁護士、司法書士などに相談して解決することをお勧めします。 弁護士、司法書士に相談して借金を清算することは法律で認められている正当な権利です。

次の

イオンプロダクトファイナンスからの電話の意味|延滞してる人は訴えられる!?

イオン プロダクト ファイナンス 電話

0366323573はイオンプロダクトファイナンス 0366323573 03-6632-3573 はオートローン、マイカーローン、マンションリフォームローンなどのイオンプロダクトファイナンスの電話番号です。 イオンプロダクトファイナンスに借金返済などの滞納未払い金があると0366323573 03-6632-3573 から電話をしています。 イオンプロダクトファイナンスはしつこい督促電話を掛けてきますが、返済意思がある方は架空請求業者などと間違えないようご注意ください。 0366323573は職場にも電話をかける? イオンプロダクトファイナンスは携帯や自宅に電話して出なかった場合、職場にも電話してくる可能性が高いです。 債務者の自宅・携帯電話以外に連絡することは正当な理由が無い限り禁止という事にはなっていますが、携帯電話等に電話して本人と繋がらない場合は職場に電話する正当な理由という事になってしまい、勤務先にも督促の電話をしてきます。 解決方法としては携帯に電話が来た時点で連絡が取れていれば職場には連絡してきませんので、0366323573 03-6632-3573 から着信があった場合は、無視せずに早めに折り返し連絡することをお勧めします。 借金返済するお金がある場合は銀行振り込みをすればすぐに解決します。 借金返済するお金が無い場合は、担当者と今後の支払いについて話しをする事になります。 もし借金返済が難しい場合は弁護士、司法書士など借金トラブルを解決してくれる専門家に自己破産・任意整理・特定調停・個人再生・時効援用の相談をして解決することをお勧めします。 相談は何度でも無料なので借金でお困りの方はご相談下さい。 0366323573を無視してると差し押さえ? イオンプロダクトファイナンスの連絡を無視して借金などの滞納期間が長期間続いた場合、裁判所から 仮執行宣言付支払督促という特別送達が送られてくる恐れがあります。 上記画像はクレジットカード、消費者金融 サラ金 、債権回収会社などの借金を無視し続けた場合に裁判所から特別送達で送られてくる仮執行宣言付支払督促の画像です。 仮執行宣言付支払督促は二週間以内に異議申し立てをしなかった場合、確定判決と同一の効力を有するものになり、借金滞納者の財産の差し押さえをする権利が債権者側に与えられてしまいます。 債権差押命令によって貴方の財産が強制的に差し押さえされる危険があります。 上記画像はクレジットカード、消費者金融 サラ金 、債権回収会社などの借金を無視し続けた場合に裁判所から特別送達で送られてくる債権差押命令の画像です。 0366323573 03-6632-3573 からの連絡を無視していると財産を差し押さえされてしまう可能性が有りますのでご注意下さい。 関連記事 ・ ・ 61日以上の遅れはブラックリスト? 消費者金融 サラ金 、クレジットカードなどの借金を滞納したまま61日以上遅れてしまうと個人信用情報機関に支払いが遅れたデータが登録され他社のクレジットカードや住宅ローンの審査にも通らなくなる危険性があります。 クレジットカード、消費者金融 サラ金 などは審査時などに個人信用情報機関のデータを必ず確認しますが、 61日以上または3ヶ月以上の借金滞納等をしてしまうと支払いが長期間遅れたことが登録されます。 61日なのか3ヶ月なのかは借金返済等が遅延した時の事前連絡の有無など諸条件によって61日以上で記録されることもあれば3ヶ月以上で記録されることもあるので連絡無しで61日以上の遅れは危険です。 61日以上または3ヶ月以上の滞納を意味する 「異動」という情報が個人信用情報機関に載ってしまうと所謂ブラックリスト入りした状態になり金融事故として最長5年間記録が残ってしまいます。 個人信用情報機関にブラックリスト自体が存在するわけでは無いですが、 「異動」情報が個人信用情報機関に載ることは金融事故として扱われていて実質ブラックリストとされています。 この個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCという3機関が有ります。 「異動」という借金滞納等の支払遅延ブラックリスト情報が一度載ってしまうとJICCは1年、CIC、KSCは5年消えません。 金融事故情報が一度登録されてしまうと銀行の住宅ローン、消費者金融 サラ金 、クレジットカード、スマホ分割払いなどは全て審査に通らなくなってしまいますのでご注意ください。

次の