タップダンス dqmsl。 【DQMSL】「タップダンス」の超マスターエッグはどのモンスターに使うべきか!|GAMY

DQMSL|Aランクのタップダンスが使える最強の狐!ナイトフォックス!マスターズGP

タップダンス dqmsl

ドラゴメタル は現状そんなに使うところはありませんね、とくに闘技場では私は一度も見たことはありません。 クエストではその良耐性とベホマラー、光の波動の組み合わせで使える事はあります、ただこれも今やいろいろ良いモンスターや特技付き卵(マラーとか光の波動)が出て出番は減ってます。 (個人的には全く使っていません) ゴールデンパペット こいつは使える子です。 間違いありません ただし闘技場ではあまり使えません、アタッカーとしてはガチャ産Sの中ではイマイチです相手に脅威を与える事は無いでしょう(アタッカーとしては) 補助としてはタップダンス専用って感じでしょうか、つまり相手が斬撃とか体技(必中じゃない)を使って来る時にしか効果が無くしかも回避は確定じゃないので安定感には欠けます。 完全な斬撃PTであるムキムキデスタムーアとピサロの速攻パ相手したときは絶大ですけど全体的な割合ではあまり使えないですかね しかしクエストでは使いどころはかなりあります。 必須と思われる難関クエもあると思います。 質問者さんが言うようにマホアゲル、マホトラ斬、タップダンスは確定です 基本的にはマホアゲル要員です。 そして最後の1枠の特技ですが 相手によって変わって来てしまいますので正解と言える特技はありません 補助であればなんでも良いと思います。 これは自身の耐性がイマイチなのであまりおすすめ出来ません) あとマホトラ斬りでMPが無限で考えればザオリクやバイシオンなども考えられます。 ・相手がカチカチな時は他のマホアゲル要員を使うことが多い ・ねむり半、混乱に弱いから相手が状態異常攻撃主体ではあまり使わない。 でも闘技場でゴールデンパペットというのは、ほとんど見ないですからね。 タップダンス以外でどんな風に使えるかというと、少し考えるのは難しい気がします。 特技の方なんですが、パペットシャワーは無属性かつレベル依存体技なので、おっしゃるようにメタル系にもダメージは入りますね。 その代わりヒット数が2~6くらいだったと記憶していますので、運が悪いと2回しか出ません。 しかも1発あたりのダメージを考えると、メタルボディ相手だと6回当たって100ちょっと出れば万々歳なくらいですね。 それでダメージを与える対象もランダムですから、ちょっと実用性はどうなのかなーと思いますよ。 あえて使うなら、素早さもあるので相手のにおうだちを溶かすメダパニダンスか、逆に自分のにおうだち役に使うためのマホカンタやおいかぜ、もしくはマインドバリアとかそのへんでしょうかね。 ドラゴメタルは、使うなら新生転生させずに使った方がいいですよ。 ピオリムや光のはどう、ベホマラーなども覚えますから、質問者さんのお手持ち次第ではクエストでも活躍できます。 最近では、はどうほう・さん奪の風・マ素などの対策にも光のはどうは使えますし、特技構成に入れる価値があると思いますね。 闘技場では、正直スライムパ以外でドラゴメタルを入れている人は見たことがないです。 良いモンスターだとは思うので、試しに何戦か使ってあげてみてください。

次の

【DQMSL】竜王チャレンジ攻略 ランクS以下でクリア

タップダンス dqmsl

亡者連撃概要 必中で3発の体技攻撃です。 +3で1発当たり0.93倍だそうです。 おまけに回復封じもついています。 スライムパーティや耐久パーティを相手する時に重宝しそうですね。 必中特技の強さはネルゲルの黄泉おくりで証明されてるかと思いますので、非常に有用な特技と言えます。 誰につける? 百獣の王キングレオ 最適解だと思います。 すごい使い勝手がいいです。 僕は聖魔拳をもともとつけていたのですが、+3でも問答無用で消しました。 キングレオに亡者連撃をつけることで以下のメリットがあります。 亡者連撃をAIに設定できる。 ・聖魔拳 AI設定してると、無慈悲な切り裂きより優先して使用してしまうため、AI設定から外すしかない。 ・亡者連撃 AI設定しても、 1発あたりの倍率が無慈悲な切り裂きより低いので暴発の心配がない。 このメリットはかなり大きいです。 敵が斬撃よそくをつかってきた場合、亡者連撃を使うことができます。 AIガンガンにすることが結構多いので、これはすごいメリットです。 後もう一つのメリットがあります。 必中なのでエルギオスやスライムパーティ対策になる。 キングレオはエルギオスやスライムパーティ相手に有効な特技がないので、必中特技がとてもほしい。 キングレオの攻撃力の高さなら、亡者連撃くらいの倍率でも十分なダメージが出ます。 キングレオのために実装された特技と言っても過言ではないでしょう(それ、いいすぎ 陸戦騎ラーハルト WORLD実装で株が爆上がりのラーハルト。 必中かつ攻撃依存の特技がないので適性があります。 ただし、ランドインパクトや聖魔拳といった優秀な特技も適正があるので、それを切ってまでつけるかというとそうでもないかもしれません。 ドラゴンパーティにおいて、ラーハルトを後から動かす構成の場合はバルボロスの虚無の息吹で相手のタップダンス等を解除できるため、必中でなくても問題ありません。 単体で見ると適正ですが、パーティの構成によっては必要ないという感じでしょうか。 デスピサロ 装備と特性によって攻撃力がおかしいくらい高いデスピサロ。 デスピサロの亡者連撃はtwitterでも話題にしている人が多かったです。 神速の剣技がオーバーキルなことがよくあるので、亡者連撃で攻撃をバラすのもありかもしれません。 ディアノーグでいてつく眼光をしなくても攻撃を確実に当てられることができます。 ただ、神速の剣技は確定として残り1枠に亡者連撃をチョイスするのはなかなか勇気のいる選択です。 はげしいおたけび等の特技を仕上げてる人が多いと思うので、それを外すのは勿体ないですね。 これからデスピサロを作ろうとしている人や、ディアノーグなしのデスピサロパーティを作ろうとしている人にはいいかもしれません。 キラーマジンガ 2ターン目にバイキルト、3ターン目にダメージ2.5倍があるので適性です。 亡者連撃があればタップダンスもエルギオスも怖くありません。 特技枠も2つ空いてるので、亡者連撃がたくさん余っている人は問答無用でつけてもいいレベルかもしれません。 まとめ 亡者連撃は攻撃力が高いモンスターかついきなりバイキルト等によって火力が上乗せされているモンスターに最適な特技です。 倍率自体はそこまで高くないので、普通に攻撃力が高いだけのモンスターにつけても、威力があまり出ずがっかりすることになるかもしれません。 今回は火力型のモンスターのみとなりましたが、回復封じもついてるのでもしかしたら耐久系のモンスターにつけてもおもしろいかもしれませんね。 余談ですが、キルバーンにつけたいと思ってましたがWORLD実装でやめました。 おわります。

次の

メガザル要員?DQMSL「グリゴンダンス☆4+4+4」作成!特技の構成とスキルの種振り、装備、使い道を考えました

タップダンス dqmsl

スマホゲーム『 ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降 DQMSL表記)では、2020年4月27日から期間限定クエスト「 レジェンドクエスト ドラゴンクエストVIII」が開催されています。 期間限定クエスト「レジェンドクエスト ドラゴンクエストVIII」では「ひとりで冒険」の期間限定クエスト「天の祭壇の旅路」と「天の祭壇」が展開中です。 「天の祭壇の旅路」では、クエストと同時に実装された討伐モンスターが3体(転生先を含めれば9体)います。 これらは戦闘に出現した場合、戦闘に勝利することにより確率で仲間になります。 この記事では、「グリゴンダンス」の転生元からの紹介とパワーアップの結果、特技構成、スキルのたね、装備、使いみち、複数用意した方が良いかを考えています。 DQMSL「レジェンドクエスト ドラゴンクエストVIII」 DQMSLでは2020年4月27日より「レジェンドクエスト ドラゴンクエストVIII」が開催展開されています。 「天の祭壇の旅路」をクリアしても、「天の祭壇」の討伐リストも達成されます。 公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。 目標平均レベル:55 目標平均レベルが「55」です。 難易度は高くありません。 「天の祭壇の旅路」と「天の祭壇」の2つ。 この記事では2つのうち「天の祭壇の旅路」を扱います。 クエスト名:天の祭壇の旅路• 目標平均レベル:55• スタミナ:15 目標平均レベルは高くありません。 ミッション ミッションについてです。 仲間を一度も倒されるにクリア:報酬「英雄のヤリ 1個」• 聖なる巨竜を撃破してクリア:報酬「天の祭壇のカギ 1本」 ミッションは3つ設定されています。 「英雄のヤリ」はぜひとも取っておきたいですね。 討伐リスト 討伐リストについてです。 討伐リストの対象となるモンスターは「ベロニャーゴ」です。 新モンスターのうち今回紹介するモンスターは「 グリゴンダンス」です。 ランクB「びっくりサタン」 まずはランクB「びっくりサタン」についてです。 モンスターNO. :1397• モンスター名:びっくりサタン• タイプ:補助• ランク:B• ウェイト:6• 系統:悪魔系• リーダー特性:悪魔系の素早さを8%アップ• 説明:ピョコピョコと へんてこな動きをする悪魔。 人を おどろかせるのが だいすきで びっくり箱に ひそんでいたりする。 DQ8ですね。 私は発売当時にドラクエ8をプレイしました。 でも覚えていないのですよね、このモンスターを。 入手場所 びっくりサタンはどこで手に入るでしょうか。 洞窟(?)みたいなマップで。 戦闘後に確率で仲間になります。 ランクAもBも出現して、いずれも確率で仲間になります。 ランクA「タップデビル」 びっくりサタンの転生先でもあるランクA「タップデビル」についてです。 モンスターNO. :1398• モンスター名:タップデビル• タイプ:補助• ランク:A• ウェイト:8• 系統:悪魔系• リーダー特性:悪魔系の素早さを10%アップ• 説明:華麗な足さばきは 世界クラスと賞され さまざまな魔物の ダンスの振り付けを担当している。 画像の闇の司祭はランクBからの転生のため特技枠4つ埋まっています。 デフォルトは左の2枠のみ。 ランクS「グリゴンダンス」 ランクS「グリゴンダンス」についてです。 モンスターNO. :1399• モンスター名:グリゴンダンス• タイプ:補助• ランク:S• ウェイト:14• 系統:悪魔系• リーダー特性:悪魔系の素早さを15%アップ• 説明:闇の儀式のために舞う 冥府のダンスマスター。 大きな儀式の時は 数百匹が同時に舞うといわれ 魔界の風物詩になっている。 数百匹……。 作成段階のスクリーンショットを撮っていませんでした。 グリゴンダンスとブラックルーンは、ヘルプラネット以上に使う機会がないかなと思っています。 特技 特技構成です。 グリゴンダンスの特技は2枠が固定です。 ランクAからの転生や「とくぎ転生」をすることで残り2枠を任意で選べます。 メガザルダンス• 特技名:メガザルダンス• タイプ:踊り• 消費MP:259• 内容:味方全体を復活させ HPを回復 自分はチカラつき 復活できなくなる 固定の特技です。 体技よそく• 特技名:体技よそく• タイプ:体技• 消費MP:5• 内容:1ターンの間 敵の体技をはね返す こちらも固定。 タップダンス• 特技名:タップダンス• タイプ:踊り• 消費MP:32• 内容:1ターン 味方1体のみかわし率を かなりあげる ランクAからの引き継ぎです。 マホアゲル• 特技名:さそう踊り• タイプ:踊り• 消費MP:18• 内容:敵1体をみりょうする こちらもランクAからの引き継ぎです。 「メダパニダンス」にすれば良かったかも。 特性 特性です。 ときどきみかわしきゃく:ラウンドの最初にときどき発動し みかわし率が上がる• おどけた呪い:戦闘中1回 チカラつきる時に 必ず発動し 敵1体の攻撃力を下げる 以上です。 耐性 耐性です。 ヒャド半減、デイン弱点、ドルマ無効。 ねむり半減、混乱無効、ザキ半減。 他は等倍。 討伐モンスターなので良い耐性とは言えません。 使いみち グリゴンダンスの活用についてです。 スキルポイント 「スキルポイント」についてです。 私は記事作成現在、振り分けていません。 振る必要もないかと思います。 振るとすれば「素早さ」でしょう。 装備 装備についてです。 素早さアップ装備の「ツメ」が良さそう。 「ハートオーブ」や「ふっかつの杖」など確率で復活する装備もアリでしょうか。 クエストか闘技場か グリゴンダンスの使いどころについてです。 クエスト向きか闘技場(対人)向きかで考えると、闘技場向きになるでしょうか。 闘技場で使う場合は、メガザルダンスによる全体蘇生役として起用が主になるでしょう。 それにしても使いどころが難しいモンスターと思います。 相手の編成次第で1ラウンド目にタップダンスで回避を上げたり、体技よそくで体技を反射したり、マホカンタで自身を呪文反射状態にしたりして生き残り、2ラウンド目にメガザルダンスと使い方になるのでしょう。 相手が何をしてくるかの「じゃんけん」に勝てれば大きいですね。 とするならば、ランクAから転生した場合の特技は「マホカンタ」を継承した方が良いかもしれません。 (追記:とくぎ転生をして「マホカンタ」を覚えさせました) 1ラウンド目にメガザルダンスをしても良いですかね。 相手のウルノーガなど速さのある魔王系や、こうどうはやい系のモンスターを先に動かせて味方の盾役などを倒された直後に、味方のグリゴンダンスが倒された味方を軒並み蘇生させるという。 こちらもハマれば大きいです。 いずれにせよ「じゃんけん」になりそう。 グリゴンダンス自身の防御力が高くないですから、グリゴンダンスが生き残れるか微妙になるでしょうし。 ハマれば一発逆転を狙えますけどギャンブル要素が大きすぎて、私は使うことに躊躇します。 複数体作る必要はないと思います。 メガザルダンスをした後は自分は復活不可になるみたいですから、メガザルダンス狙いでの複数運用の意味合いはないかと。

次の