マスク 不足 原因。 日本でいまだにマスクが出回らない5つの原因―華字メディア

なぜマスク不足はいつまでたっても解消されないのか メーカーは設備増強でフル稼働、新規参入企業もあるのに・・・(1/4)

マスク 不足 原因

マスクが手に入らない状況に直面し、このほど調査した結果、現在の市場におけるマスクや消毒液などの感染症対策製品の供給不足は、主に企業の人手不足、原材料不足と密接な関係があることが分かった。 マスクが手に入らない状況に直面し、このほど調査した結果、現在の市場におけるマスクや消毒液などの感染症対策製品の供給不足は、主に企業の人手不足、原材料不足と密接な関係があることが分かった。 経済日報が伝えた。 働ける従業員が少ないということが難問の1つだ。 感染の爆発的拡大はちょうど春節(旧正月、今年は1月25日)連休の直前にあたり、ほとんどの企業が操業を停止するか半停止の状態にあった。 浙江欧潔科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)は同省湖州市で唯一、使い捨て医療用マスクの免許を持つ医療用機器メーカーであり、中国の主要消毒液メーカーでもあり、感染が突如拡大すると、賃金を3倍にして従業員を働かせるとともに、「値上げしない宣言」をした。 同社の責任者は、「当社は旧暦の1月2日からマスクの生産を開始し、医療用マスクの製造ライン2本を毎日2交替で稼働させ、1日に大体10万枚を生産している。 しかし感染の影響により、当社では現在、実際に現場で働く従業員は通常の70%にとどまり、賃金が上昇し、コストも上昇しながら、マスクの価格を引き上げるわけにはいかず、生産に圧力がかかっている」と明かした。 マスク不足は政府による生産能力の統一的調整配置とも関係があり、資源が相対的に不足している場合、第一線の医療関係者と感染が深刻な地域への供給が優先的に保障される。 欧潔公司の関係責任者は、「当社が生産するマスクの90%は地方政府の統一的調達の対象となっており、主にマスクを最も必要とするところに届けられている。 現在のような特別な時期における供給方法は市場に出回る量を大幅に減少させる」と説明した。 医療防護用品メーカーを最も制約するのは、なんと言っても原材料不足だ。 多くの企業と同様、河南省戈爾医療機械有限公司はマスク原材料の深刻な不足に陥った。 同社の関係責任者は、「当社の生産ラインは半負荷での稼働も保障できず、一時は稼働が停止した。 旧暦の大晦日(1月24日)の夜には、原材料を使い果たし、元日は稼働停止にするしかなく、材料が届いてやっと再稼働できた。 原材料不足に続いてやって来たのは原材料価格の上昇で、マスクの価格が据え置かれる中、多くの企業は『採算割れでの生産』を余儀なくされている。 しかし企業が最も頭を悩ませるのは上昇する原材料価格ではない」と話す。 欧潔公司の匿名の責任者は、「原材料価格が少しくらい高くても大丈夫で、感染流行中には企業も社会的責任を果たさなければならないと考える。 しかし今は防護用品や消毒用品を製造するための各種原材料や、さらにはパッケージ材料さえも省外のメーカーには販売されず、これまで順調だった産業の供給チェーンが遮断され、生産効率も供給効率も大幅に低下し、市場のニーズに応えることができなくなっている」と話した。 現在、省・自治区・直轄市によって医療防護用品の生産能力には開きがあり、生産能力は高いが原材料は外部頼みというところもあれば、原材料の生産量は多いが完成品を大規模に生産する能力はないということろもある。 省・区・市をまたがった管理コントロールが行われれば、大規模生産の能力を備えた企業が原材料を使い果たし、頑張りたいと思いながらもその気持ちを支えるものがない状態に陥り、市場の供給がさらに逼迫することになる。 こうした状況に対し、複数の防護用品メーカーが、「非常時には地域間の物資の流動を推進・加速し、供給チェーンの整備とスムーズな流れを維持し、効率の高い生産供給システムを形成することが必要だ」と呼びかける。

次の

トイレットペーパー不足騒動のデマはなぜ起こった?原因はマスク?

マスク 不足 原因

の感染拡大とともに、国内ではマスクの売り切れが続出。 一部のネットオークションやフリマでは高額で転売されるなど、パニック状態に陥っている。 これを受けて、厚労省は業界団体やメーカーに対し、安定供給への協力を求める一方、消費者庁はネットで高額転売されていることについて、望ましくないと企業に対応を要請している。 1月末、風邪を引いた妻にマスクを買うよう頼まれ、仕事帰りに寄ったが、全て売り切れていた。 何軒かドラッグストアを回って探したものの、1枚も見つけることができず、結局、地方の実家から送ってもらうことにしたという。 同じ頃、都内で小学生の子どもを育てている40代女性も頭を抱えていた。 子どもは喘息持ちで、インフルエンザのシーズンも迎えることから、子ども用のマスクを探していたが、どこも売り切れ。 仕方なく、通常の数倍の値段で販売されているAmazonで購入することにした。 「これからもずっとこの状態が続くのかと思うと不安です」と話す。 また、別の40代の会社員女性もマスクを探していた。 女性は花粉症持ちで、これからの季節にマスクは欠かせない。 1月30日にやっと見つけたのが、通販大手「フェリシモ」で月に1度、マスク30枚が届くセット。 多めに注文して安堵していたが、1週間後に届いたメールを開けたら、「急激な注文の集中」による注文キャンセルの文字が目に飛び込んできた。 女性は悲鳴を上げた。 マスクの注文が集中してしまい、キャンセルせざるを得なかった「フェリシモ」は、「あらかじめ多めに仕入れていましたが、私たちの想像を超えるレベルの注文が集中していまいました。 こうしたことは初めてで、本当に心苦しいです」と話す。 今後も入荷予定はない。 国内大手メーカーも、増産体制をとるが、間に合わないという。 「ユニ・チャーム」では、「国内で新型コロナウイルスが発生して以後、24時間体制を維持しながら、マスクの増産体制をとっています。 通常の2〜3倍は注文いただいてますが、供給が遅れてしまいご迷惑をおかけしています」と説明。 今後も増産体制を継続するという。 一体、どれだけのマスクが売れたのか。 「一般社団法人 日本衛生材料工業連合会」によると年末年始には国内に10億枚の在庫があったが、新型コロナウイルスの騒動により、1月にはほぼ一掃されたという。 「現在は各社が製造したらすぐに出荷している状態で、どれくらいの量になるのかまだ集計が取れていない。 とにかく異常な量のマスクが出荷されている」と話す。 中には、買い占めたマスクを数千枚単位で高額転売するなどの出品もみられる。 消費者庁の伊藤明子長官も2月5日、会見で「転売目的ではないかと思われる動きがあり、望ましくない」と苦言を呈し、各社に対応を求めたという。 メルカリでは2月4日、異例の「お願い」出した。 「社会通念上適切な範囲での出品・購入」を求め、取引状況によっては、事務局から入手経路を確認したり、商品の削除や利用制限も実施するとした。 また、ヤフーでも2月7日、「緊急事態に際し個人間取引が及ぼす社会的影響」から、「ヤフオク! 」への出品禁止物に「災害などの緊急事態において、供給不足により人の身体・生命に影響がある物品を不当な利益を得る目的で入手し、出品していると当社が判断する出品」を加え、マスクの出品をコントロールする方針を示した。 すっかり「マスク争奪戦」に出遅れてしまったのは、都内の70代男性。 妻と二人暮らしで、マスクは風邪をひいた時のために10枚程の予備があるだけだ。 ニュースを見て、近所の薬局に出かけたがすでに売り切れていた。 「もし、日本で本格的に新型コロナウイルスが流行するようになったら、外出せずに夫婦2人で引きこもるしかないですね」と諦めの境地で、マスク・パニックの行方を見守っている。 外部サイト.

次の

【マスク在庫アリ】日本政府、今からマスク不足の原因を調査へ

マスク 不足 原因

マスクが手に入らない状況に直面し、このほど調査した結果、現在の市場におけるマスクや消毒液などの新型肺炎対策製品の供給不足は、主に企業の人手不足、原材料不足と密接な関係があることが分かった。 「経済日報」が伝えた。 働ける従業員が少ないということが難問の1つだ。 感染の爆発的拡大はちょうど春節(旧正月、今年は1月25日)連休の直前にあたり、ほとんどの企業が操業を停止するか半停止の状態にあった。 浙江欧潔科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)は同省湖州市で唯一、使い捨て医療用マスクの免許を持つ医療用機器メーカーであり、中国の主要消毒液メーカーでもあり、感染が突如拡大すると、賃金を3倍にして従業員を働かせるとともに、「値上げしない宣言」をした。 同社の責任者は、「当社は旧暦の1月2日からマスクの生産を開始し、医療用マスクの製造ライン2本を毎日2交替で稼働させ、1日に大体10万枚を生産している。 しかし感染の影響により、当社では現在、実際に現場で働く従業員は通常の70%にとどまり、賃金が上昇し、コストも上昇しながら、マスクの価格を引き上げるわけにはいかず、生産に圧力がかかっている」と明かした。 マスク不足は政府による生産能力の統一的調整配置とも関係があり、資源が相対的に不足している場合、第一線の医療関係者と感染が深刻な地域への供給が優先的に保障される。 欧潔公司の関係責任者は、「当社が生産するマスクの90%は地方政府の統一的調達の対象となっており、主にマスクを最も必要とするところに届けられている。 現在のような特別な時期における供給方法は市場に出回る量を大幅に減少させる」と説明した。 医療防護用品メーカーを最も制約するのは、なんと言っても原材料不足だ。 多くの企業と同様、河南省戈爾医療機械有限公司はマスク原材料の深刻な不足に陥った。 同社の関係責任者は、「当社の生産ラインは半負荷での稼働も保障できず、一時は稼働が停止した。 旧暦の大晦日(1月24日)の夜には、原材料を使い果たし、元日は稼働停止にするしかなく、材料が届いてやっと再稼働できた。 原材料不足に続いてやって来たのは原材料価格の上昇で、マスクの価格が据え置かれる中、多くの企業は『採算割れでの生産』を余儀なくされている。 しかし企業が最も頭を悩ませるのは上昇する原材料価格ではない」と話す。 欧潔公司の匿名の責任者は、「原材料価格が少しくらい高くても大丈夫で、感染流行中には企業も社会的責任を果たさなければならないと考える。 しかし今は防護用品や消毒用品を製造するための各種原材料や、さらにはパッケージ材料さえも省外のメーカーには販売されず、これまで順調だった産業の供給チェーンが遮断され、生産効率も供給効率も大幅に低下し、市場のニーズに応えることができなくなっている」と話した。 現在、省・自治区・直轄市によって医療防護用品の生産能力には開きがあり、生産能力は高いが原材料は外部頼みというところもあれば、原材料の生産量は多いが完成品を大規模に生産する能力はないということろもある。 省・区・市をまたがった管理コントロールが行われれば、大規模生産の能力を備えた企業が原材料を使い果たし、頑張りたいと思いながらもその気持ちを支えるものがない状態に陥り、市場の供給がさらに逼迫することになる。 こうした状況に対し、複数の防護用品メーカーが、「非常時には地域間の物資の流動を推進・加速し、供給チェーンの整備とスムーズな流れを維持し、効率の高い生産供給システムを形成することが必要だ」と呼びかける。 (編集KS) 「人民網日本語版」2020年2月4日.

次の