卵 料理 作り 置き。 卵巻き寿司の作り方(黄金巻き)

知っておいて損なし!ゆで卵の殻が簡単にむける「ゆで方」と「むき方」それぞれにコツがあるんです【筋肉料理人】

卵 料理 作り 置き

卵 4~5個• 塩コショウ 少々• サラダ油 大さじ1. 醤油 大さじ1. オイスターソース 大さじ1• 酒 大さじ2• 味醂 大さじ2• 中華スープの素 大さじ1• 水400cc• ごま油 小さじ1• 水溶き片栗粉 大さじ3~4• ご飯 4人分• ネギ 適量 レシピ・作り方• 醤油、オイスターソース、酒、みりん、中華スープの素、塩コショウ、水を混ぜ合わせておく。 卵を溶いて塩コショウを少々加える。 ご飯を皿に盛り付けておく。 フライパンに油をひき、熱してから卵を流し入れる。 大きくかき混ぜながら加熱し、半熟状態でご飯の上に乗せる。 フライパンに混ぜておいた調味料を入れ、沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつける。 ごま油を回し入れ、卵の上からかける。 ネギを乗せて完成。 【主食の人気レシピ2】卵のトースト 材料• スパゲッティ 80g• 全卵 1個• 卵黄 1個• バター 25g• ベーコン 適量• 牛乳 150cc• とろけるスライスチーズ 1. コンソメ 大さじ2~3• 塩コショウ 適量• パルメザンチーズ・ブラックペッパー 適量 レシピ・作り方• 鍋にたっぷりの湯を沸かしてスパゲッティを茹でておく。 ベーコンを食べやすい大きさに切り、チーズはみじん切りにしておく。 弱~中火にかけたフライパンにバターを溶かし、スライスした玉ねぎを炒める。 玉ねぎがあめ色になったらベーコンを加え、スパゲッティを混ぜ合わせる。 牛乳、コンソメ、スライスチーズを加えてチーズが溶けるまで混ぜ合わせる。 溶いた全卵と塩コショウを加える。 更に盛り付けて中央に卵黄をトッピングし、パルメザンチーズとブラックペッパーを振りかけたら完成。 【主食の人気レシピ5】卵サンド 材料• パン(8~10枚切り) 6枚• 卵 4個• マヨネーズ 大さじ3~• 砂糖 小さじ1• コーヒーフレッシュ 1個• 粗挽きコショウ 適量• バター 適量 レシピ・作り方• 卵は酢を少量入れた水で14分30秒茹でる。 強火にかけ、沸騰したら中火にする。 流水で冷やして殻をむき、黄身と白身で分けておく。 マッシャーやフォークを使って黄身と白身をそれぞれつぶす。 黄身には調味料を加えて混ぜる。 黄身と白身を混ぜ合わせ、塩で味を整える。 食パンにバターを薄く塗り、中央に卵を乗せる。 パンで挟んだら食べやすい大きさに切って完成。 【主食の人気レシピ6】そぼろ巻き寿司 材料• 海苔 1枚• 酢飯 180g• 挽肉 50g• サラダ油 適量• 砂糖 大さじ1• 醤油 大さじ1• 味醂 大さじ1• 水溶き片栗粉 少々• 出汁巻き卵 適量 レシピ・作り方• フライパンに油を指揮、砂糖を敷いた上に挽肉を広げる。 火にかけて砂糖と挽肉を合わせるように炒め、色が変わったら醤油、味醂、酒、顆粒出汁を加える。 汁けが少なくなるまで煮詰めえて水溶き片栗粉でとろみをつける。 出汁巻き卵は縦に切り、きゅうりは千切りにしておく。 巻きすにラップを広げてその上に乗りを置き、酢飯を乗せる。 中央からやや手前に具材を乗せて巻く。 巻きすの上からぎゅっと抑えて形を整える。 巻き終わったらそのまま少しおいて、ぬらした包丁で食べやすい大きさに切る。 ほうれん草 150g• ベーコン 60g• 冷凍パイシート 1枚• バター 大さじ1• 卵 4個• 生クリーム 100ml• 牛乳 50ml• とろけるチーズ 70g• 塩コショウ 少々 レシピ・作り方• ほうれん草は下茹でして水けをきり5cmに、ベーコンは1cm幅に切ってバターで炒めておく。 パイシートは解凍して耐熱皿に敷き、フォークで数カ所穴をあける。 200度のオーブンで焼き色が付くまで焼く。 卵、生クリーム、牛乳、チーズ、塩コショウを混ぜ合わせておく。 焼いたパイ生地の中に炒めた具材と卵液を流し入れる。 さらに200度のオーブンで25分焼いたら完成。 【卵おかずの人気レシピ4】かに玉 材料• 卵 3個• カニ缶 100g• 塩コショウ 少々• ニラ 10本• 水 150cc• 醤油 大さじ1• 砂糖 小さじ2• 片栗粉 小さじ2• 葉ネギ 3本 レシピ・作り方• ボウルに卵、カニ缶、塩コショウ、刻んだニラを入れてよく混ぜ合わせる。 フライパンにサラダ油を熱し、卵を流し入れる。 蓋をして中火で4分加熱する。 裏返してさらに3分加熱する。 小鍋に水、醤油、砂糖、ほんだし、片栗粉をまぜ、とろみがつくまで弱火にかけながら混ぜるる。 皿に盛り付け、あんをかけたら葉ネギを散らして完成。 【卵おかずの人気レシピ5】出汁巻き卵 材料• 合いびき肉 300g• 塩コショウ 少々• ナツメグ 少々• 赤ワイン 大さじ5• 卵 1個• パン粉 大さじ2• 常備野菜 100g• グリーンピース 40g• ケチャップ 大さじ2• 中濃ソース 大さじ2• ウスターソース 大さじ3 レシピ・作り方• ボウルに挽肉、塩コショウ、ナツメグ、赤ワイン(大さじ3)を入れてよくこねる。 卵、パン粉、常備野菜、グリーンピース、ケチャップ(大さじ1)、ウスターソース(大さじ1)を加えて混ぜる。 クッキングシートの上に肉を半量ひろげ、茹で卵を乗せて残りの肉で包み込む。 形を整えてクッキングシートで包み、さらにアルミホイルで包む• フライパンに見ず(500cc)とホイルで包んだ肉を入れ、蓋をして強火にかける。 沸騰したら7分蒸し焼きにしたら湯を捨てる。 フライパンにケチャップ(大さじ2)、中濃ソース(大さじ1)、ウスターソース(大さじ1)、赤ワイン(大さじ2)を火にかける。 アルミホイルとクッキングシートをはがしてたれを絡める。 粗熱が取れたら切り分けて完成。 【卵おかずの人気レシピ8】デビルドエッグ 材料• 卵白 2個• 牛乳 140g• 砂糖 50g• ココアパウダー 7g• チョコレート 10g• 粉ゼラチン 4g• 水 大さじ3• オレンジリキュール キャップ2杯 レシピ・作り方• 粉ゼラチンは水で戻し、5分以上ふやかしておく。 鍋に砂糖、ココアパウダー、チョコレートを入れて泡だて器で混ぜ合わせる。 牛乳を加え、沸騰しないように弱火で溶かす。 火を止めて茶こしで漉して、再度火にかける。 卵白をボウルに入れて軽く混ぜておく。 卵白のボウルに鍋の中身を少しずつ加え混ぜる。 ゼラチンを600wのレンジで20秒温めてから加える。 良く混ぜて茶こしで漉し、容器に流し入れる。 冷蔵庫で2~6時間冷やして固まれば完成。 【お菓子(スイーツ)の大量消費レシピ2】パンケーキ 材料• 卵 1個• 薄力粉 20g• きび糖 10g• 牛乳 10ml• サラダ油 小さじ1• 粉砂糖 適量• メープルシロップ 適量• バター 適量 レシピ・作り方• ボウルに卵黄とふるいにかけた薄力粉、きび糖(5g)、牛乳、サラダ油を入れてよく混ぜ合わせる。 別のボウルに卵白ときび糖(5g)を入れてしっかりしたメレンゲを作る。 メレンゲを生地に3階に分けて加える。 ホットプレートを温め、薄く油をひいで直径5cmに生地を落とす。 湯を入れた耐熱容器を一緒に並べ、蓋をして弱火で10分焼く。 ひっくり返し、さらに10分蒸し焼きにする。 粉砂糖、メープルシロップ、バターをお好みで乗せて完成。 【お菓子(スイーツ)の大量消費レシピ3】エッグタルト 材料• 卵黄 3個• 砂糖 90g• 水 90g• 生クリーム 400g• バニラビーンズ 5cm• ラム酒 大さじ2• ラム酒漬けレーズン 80g レシピ・作り方• 砂糖と水を小鍋に入れ、ブクブク泡立ってとろみが付くまで強火にかける。 ボウルに卵黄を入れ、ハンドミキサーで混ぜながらシロップを混ぜ合わせる。 温度が下がって白っぽくなるまで5~6分ほど混ぜ続ける。 バニラビーンズを加える。 生クリームを9分立てにしてラム酒と混ぜ合わせる。 生クリームと卵黄を合わせ、切り混ぜる。 タッパーに入れて冷凍庫で1時間30分~2時間冷やし固める。 固まりかけたらラムレーズンを入れてよく混ぜ、さらに5~6時間冷凍庫で冷やしたら完成。 卵を使ったおすすめのレシピ3選|卵の大量消費レシピ 材料• 薄力粉 100g• 牛乳 70cc• サラダ油 50g• 上白糖 130g• 卵 6個• バニラオイル 数的 レシピ・作り方• 卵白に上白糖(80g)を3回に分けて加え、しっかりとしたメレンゲを作る。 ハンドミキサーの低速で3分ほど泡立て、メレンゲのキメを調える。 卵黄に上白糖(30g)を加え、ハンドミキサーで白っぽくなるまで泡立てる。 サラダ油、牛乳、バニラオイルを加え、しっかり混ぜる。 薄力粉をふるいながら加えて、ハンドミキサーの低~中速で混ぜる。 残りのメレンゲをすべて加え、優しく均一に混ぜる。 高い位置から生地を方に流し入れ、方の底を1~2回たたいて気泡を抜く。 160度のオーブンで40分焼く。 焼き始めてから10分くらいで生地の表面に包丁を入れるときれいに焼ける。 焼きあがったら10cmほどの高さから一度落とし、便などを利用して逆さの状態でさます。 冷めたら切り分けて完成。 【卵の大量消費レシピ2】味玉 材料• 薄力粉 110g• 無塩バター 110g• グラニュー糖 70g• 粉砂糖 40g• 卵 3個• 塩 少々• レモン汁 大さじ1• グランマニエ 大さじ2 レシピ・作り方• 卵白をハンドミキサーでほぐし、粉砂糖を3回に分けて加えてメレンゲを作る。 高速から低速に落としてキメを調える。 別のボウルでバターと塩を混ぜ合わせ、砂糖を3回に分けて加える。 卵黄を1個ずつ加え、レモンの皮、レモン汁、グランマニエを加えて混ぜる。 泡だて器で生地を底から掬うようにまぜ、残りの薄力粉を加える。 残りのメレンゲを2回に分けて加えて型に流し入れ、霧吹きをかけて中央に線を入れておく。 170度のオーブンで40~50分焼く。 型から外して粗熱をとり、ラップで包んで1日置いたら完成。 卵を大量消費できる「卵だけ料理」のレシピは? 【卵だけたくさん使うレシピ1】ポーチドエッグ.

次の

失敗知らずの裏技発見!簡単「だし巻き卵」の作り方

卵 料理 作り 置き

卵に穴をあけるやり方と効果 卵をゆでる前に、必須ではないですが下ごしらえが一つ。 それは 卵の底に穴をあけることです。 100円ショップなどでも売られている卵の穴あけ器を使ってもいいですし、安全ピンや押ピンのようなものを使って開けてもOKです。 卵のどこに穴を開けるかですが、 卵を横から見た時、尖っている側とふくらみのある側があるので、そのふくらみのある側(お尻側)に穴を開けます。 こうすることでどうなるかというと 開けない時に比べると、多少ですが殻がむきやすかったり、ゆで卵の表面が荒れることを防ぐことができると思います。 同じ卵で何度か比べたことがあるのですが、比較すると穴を開けたほうがそうなりづらかったです。 時間に余裕があったり、こだわりがある場合に穴を開ける程度でいいように思います。 ゆでたまごのゆで方 上に書いた通り、 卵は冷蔵庫から出したてで、沸騰した湯にその卵を入れます。 その時に気を付けたいのが卵の入れ方。 この作り方では卵の温度が急に変わるため、湯に卵をぽちゃんと落とすと、卵にヒビが入りやすいです。 そのため、下の写真のように 穴じゃくしやお玉に卵をのせ、一つずつそっと湯に入れるようにします。 一つずつ、卵を沸いた湯の中にそっと入れれば、卵にヒビが入ることもないと思います。 あとは好みのゆで時間ゆでればOKです。 ゆで上がった卵は、すぐに湯を捨てて、流水で水を入れ替えるなどしながら冷まします(温かい状態で食べる場合も触れる温度になるまで)。 狙った黄身の状態にゆで上げても、余熱で火が通ってしまっては意味がないため、 半熟のゆで卵の場合などは特に、すぐに冷ますことが大切です。 半熟から固ゆでのゆで時間は?? ゆで卵のゆで時間による黄身の状態は、他サイトでも紹介されていますが、ほとんどが2分刻みでの紹介なので、せっかくならと 白ごはん. comでは1分刻みで紹介したいと思います。 6分… 超半熟。 黄身はとろとろ、白身もやわらか。 7分… 半熟。 黄身の外側だけ少し固まって、中心部分はとろとろの状態。 8分… 黄身の固まった部分とやわらかい部分が半々くらいの状態。 黄身は切っても流れてはこないくらい。 9分… 黄身の中央も固まっているけど色鮮やかで、火が通りすぎていない状態。 10分… 黄身の外側はしっかり火が通り、固ゆでの白っぽい黄色に。 11分… 黄身の中央だけ少し鮮やかさが残る。 12分… 固ゆで。 黄身が全体的に白っぽく火が通っている。 お弁当などに入れやすいのは8分以降だと思うので、少し状態のわかりづらい『8分』と『9分』を下に大きくしてみました。 8分は卵を押すとやわらかい半熟の黄身が少し出てくるくらいで、それに比べて 9分は押しても半熟の黄身は出てこず、ゆるく固まった黄身がパカッと割れるくらいになります。 ゆで上がった卵を急冷て冷めたら、卵の殻をむきます。 この時、殻にヒビを入れ(少し多めにヒビを入れるくらいの気持ちで)、 流水に当てながらか、水の中で殻をむくときれいにむきやすいです。 それから、卵を切るときは包丁でもいいですし、卵専用のスライサーなどを使ってもいいのですが、 きれいに切り口を見せたい時や、半熟の卵を切るときは糸を使うのがおすすめです。 卵の切りたい場所に糸を巻き付けて、糸を引っ張るようにしてカットします。

次の

炒り卵のレシピ/作り方:白ごはん.com

卵 料理 作り 置き

きゅうり:縦に4等分にします。 カニカマ:袋から出しておきます。 片栗粉と水を合わせ、水溶き片栗粉を作ります。 卵に水溶き片栗粉を加え、しっかりかき混ぜます。 フライパンンにサラダ油を少量入れ、キッチンペーパーで余分な油をふき取ります。 溶き卵を半分入れ、フライパンを輪回しながら卵を薄く伸ばし、表面が乾燥するくらい弱火で焼きます。 焼き上がったらクッキングシートの上に、フライパンをひっくり返して玉子を落とします。 玉子を焼いた方(表面が綺麗な方)が外側になるように置き、あらかじめすし酢を混ぜておいたすし飯と具材を並べ入れます。 しっかりと巻きます。 完成 卵巻き寿司(黄金巻き)の完成です。 同じ具材を海苔でも巻きました。

次の