グランピング 関東。 グランピングを関西で|グランドーム京都天橋立【公式】

【関東】春に行きたい人気のグランピング17選~日帰りOK・家族連れも!~

グランピング 関東

話題のグランピングっていったい何? よく耳にするけど、実際どんなものなのかわからないという方に「グランピング」のイロハについてわかりやすくご案内します。 グランピングの意味は? グランピングの言葉の意味は、以下のように定義されています。 グラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称です。 引用: グランピングは多種多様 2005年、英国発祥のグランピング。 2015年には、日本でも「グランピング」という名の施設が生まれ話題に。 今では、人気宿泊施設の地位を確立しています。 一言にグランピングといっても、施設の内容はバリエーションに富んでいます。 自然体験に近いワイルドなものから、ホテルライクなラグジュアリーな演出まで、多種多様。 後ほど、おすすめ施設をご紹介していきますが、お子さんの年齢やニーズに合わせた施設・プランを検討してみてくださいね。 キャンプとの違いは? 筆者が色々リサーチしてみたところ、グランピングは、「キャンプの不便な部分をなくした」ものと理解しました。 アウトドア初心者が一歩を踏み込めない、子連れならなお諦めてしまう、そんなデメリット、ネックを省いているのがグランピングなのです。 主流のグランピングプランから特徴をまとめてみました。 《用具がない!時間がない!自信がない!》これらの「ない」を解消し、アウトドアのエキサイティング、ホテルライクなくつろぎ、両方味わえる、まさにいいとこ取りなのです。 グランピングを子連れにおすすめする理由4つ グランピングが子連れにおすすめ!4つの理由をお話します。 身軽で快適 子供とのおでかけは、大荷物がデフォルト。 近所に行くだけなのにマザーズバッグはパンパンですよね。 子供のお世話グッズに加え、アウトドア用品を一式持っていくことを考えると、まだ小さな子がいるご家庭は特に、キャンプの敷居が高すぎます。 必要なものは全部完備のグランピング施設なら、手ぶらで伺えます。 車がなくてもアウトドア!電車でいけるグランピング施設が人気です。 準備片付けの手間がないので気楽&安全 (テントの設営がないアウトドアなんて... )上級キャンパーにはありえないかもしれませんが、本格的なキャンプは、先の楽しみにとっておきましょう。 子供が小さいときは、安全が第一。 そのためには親に余裕があることが大事です。 テント設営の他、料理と後片付けなどで大人が忙しくしていると、ついつい子供から目を離してしまいがち。 知らない場所で興奮気味の子供だからこそ、迷子や怪我など万が一の事態が心配です。 宿泊場所確保済み、ごはん提供あり・準備片付けおまかせなど、余裕の持てるスケジュール・プランを選択し、子供とめいいっぱい遊ぶことをメインにしてみませんか? 3. お昼寝・オムツ替え・離乳食作りがスムーズ 赤ちゃん幼児連れの場合、お昼寝やオムツ替え、はたまた離乳食作りなどお世話する場所が必要です。 空調設備、ベッド、電子ケトルなどが揃っていたり、いつでも出入りできる空間があればかなり心強いはず。 グランピング施設の外には広がる自然。 お散歩したり外遊びをしたりするだけでも立派なレジャー。 きちんと休めるスペースがあり、遊び場所がすぐのシュチエーションは、子連れ旅にとって最強です。 遊び場が充実しているので飽きない 子供の遊び場があるグランピングスポットが、子連れ旅行にはおすすめです。 大型遊具・アスレチック・川遊び・魚つりなど。 自然の中で自分たちのペースでのびのび遊ぶのは、開放感抜群! 混雑した観光施設に出向かなくても充分楽しめます。 交代で子守してひとり時間を作り、のんびり室内で読書したりコーヒーを飲んだりするのもありですね。 いずれも子連れにやさしいところを厳選しました。 ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ【栃木】 - 2017年12月月20日午前4時37分PST ツインリンクもてぎは、一大レジャー複合施設。 アスレチック、遊園地、モータースポーツなど、遊び場がいっぱい!1日で回りきれない程の充実っぷりです。 「森と星空のキャンプヴィレッジ」のグランピングテントを要チェック。 テントの中には、ソファやベッドが完備され、おしゃれな内装。 写真撮り放題。 ハンモックやファイヤーピットを備えたテントまで。 BBQ食材をサイトまで届けてくれたり、朝食はホテルでなど、至れりつくせりなサービスが気楽でうれしい。 WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK KISARAZU【千葉】 - 2018年12月月21日午前1時35分PST 東京から車で30分の距離におしゃれなグランピングスポットWILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK KISARAZUがあります。 スタイリッシュなグランピングは、まさにフォトジェニック。 オリジナルのグランピングテントは多種多様で、宿泊プランの選択肢も多! 770坪の広大な白い砂浜でリゾートバーベキューを楽しむのはいかがでしょうか? 近くには、、があります。 THE FARM CAMP(ザ ファーム キャンプ)【千葉】 - 2019年 4月月8日午前1時06分PDT 千葉県香取市にあるTHE FARM CAMP(ザ ファーム キャンプ)は、温泉のある農園リゾートです。 グランピングテントが点在するエリアは異国に来たような雰囲気。 日々の喧騒、日常のゴタゴタを離れ、自然に抱かれ心身ともにリラックスしてみませんか? 野菜の収穫体験、ジップスライダー、カヌーなどアクティビティがかなり充実。 農園野菜を使った料理が味わえるカフェもおすすめです。 夜はでさっぱり。 最高のバケーション確実です。 ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ)【埼玉】 - 2018年 7月月11日午後7時15分PDT 都心から90分、川と自然に囲まれて「すごもり」したくなるがコンセプト、ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ)がオープン。 BBQ、グランピング、ライブラリーカフェ、川遊びなど様々なアクティビティが楽しめる、里山グランピングリゾートです。 清流のせせらぎを聴きながら、子供と一緒にお昼寝。 沈む夕陽の美しさは、都会ではなかなか見せてあげることは出来ません。 特別な体験を。 今年こそグランピングデビューしてみませんか?.

次の

子連れこそグランピング!小さい子におすすめな理由と関東の施設紹介

グランピング 関東

新しいアウトドアスタイルとして、男女問わず、世代を超えて人気を集めているグランピング。 ここ数年、日本全国に新しいグランピング施設が誕生しています。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響をうけて、グランピングがリスクの少ない旅のスタイルとして注目されていることから、今後ますます施設が増えることが予想されます。 さまざまなロケーションに個性豊かなグランピング施設が増える中、自分のお気に入りを探すのは至難の業。 そこで今回は、グランピングの特徴とメリット、そしてお気に入りのグランピング施設を見つけるチェックポイントを解説します。 また、都心から車で2時間以内の関東エリアきっての人気グランピング施設も合わせて紹介します。 グランピングとは 大自然の中で、優雅に食やステイを楽しむグランピング。 ここ数年で、グランピングを楽しむ人が増えてきましたが、今年はグランピングが新たなリゾートとしてさらに注目されている模様。 その理由について考えてみましょう。 優雅でおしゃれなキャンプといったところでしょうか。 「大自然の中、贅沢な空間で楽しい時間を過ごす」というアウトドアの新しいスタイルです。 そんなグランピングの一番のメリットといえば、気軽に行けるということ。 アウトドアの知識や経験、キャンプのような装備は一切不要です。 着替えや必要なものだけバッグに詰めれば準備は完了!いわば「手ぶらキャンプ」のようなものです。 グランピング施設の設備は、ホテル並みに快適。 エアコンの効いた部屋、清潔なトイレとバスもあります。 スタッフが行き届いたサービスを提供しているため、小さい子どもがいるファミリーでも安心して滞在できます。 また、グランピングの魅力のひとつには「食」があります。 産地ならではの新鮮な食材を使ったBBQや、シェフによる豪華メニューなど、食コンテンツに力を入れているグランピング施設も増加中です。 3密回避でコロナウイルス対策も万全 新型コロナウイルスの感染拡大によって、外出自粛を余儀なくされるなど、私たちの仕事や生活に大きな変化が訪れました。 完全に収束するにはまだまだ時間がかかることが予想され、感染リスクを避けながらストレスや巣ごもり疲れを解消することも必要となっています。 そこで注目されているのがグランピング。 優雅にアウトドアを満喫できるグランピング施設は、人混みとは無縁の海、山、高原など、自然の豊かな敷地に建てられていることがほとんどです。 普段一緒に生活している家族だけでマイカーで移動すれば、移動中の感染リスクを防ぐことができます。 また、グランピング施設には、広大な敷地内にコテージや大型テントなど独立型の宿泊施設を配置しているところも多いので、そうした施設を選べば他の宿泊客と3密状態になることも避けられるでしょう。 さらに、施設HPなどをよく確認して、スタッフの健康や施設の衛生面に配慮し、3密対策をしている施設を選んで利用したいものです。 何かと制約の多い日常を忘れ、野外でのBBQ、海や森でのアクティビティなど、子どもも大人もグランピングで思う存分遊び、ストレスも解消、大自然のすばらしさを体感してください。 お気に入りのグランピング施設を見つけるチェックポイント 大自然の中、贅沢な空間で楽しい時間を過ごすグランピング。 現在では、日本全国にさまざまなグランピング施設が誕生し、その内容も多種多様です。 「どうやって選べばいいのか分からない!」という人のために、グランピング施設選びのチェックポイントを紹介します。 ステイスタイルで選ぶ それぞれのグランピング施設には、ステイスタイルにこだわりを持っています。 自分が快適に過ごしたいスタイルをイメージすると、お気に入りが見つかりやすいでしょう。 アウトドアの醍醐味を味わいたいなら、断然テント型。 テントといってもグランピングの場合は非常に大きく内部は広々しています。 大きなベッドにトイレ、バス、空調設備も完備されており、ホテル感覚でくつろげます。 どうせならラグジュアリーな空間で滞在したいという場合は、コテージやキャビンがおすすめ。 別荘感覚で使える独立型施設で、BBQなどの食事や焚火は、アウトドアリビングで楽しめます。 その他にも、空中テントやトレーラーなど、個性的な施設も増えているので、SNS映えを気にするならこうした施設を利用するのもよいでしょう。 食で選ぶ グランピングの魅力のひとつに「食」があります。 野外で作りたての料理をみんなで食べると、それだけでごちそうに。 食にこだわりのあるグランピング施設もたくさんあります。 中には、ブランド肉や新鮮な魚介類、地元の野菜を使ったBBQプランや、近隣の海や川で、自分たちが釣った魚や収穫した野菜を調理できるプラン、シェフの創作料理を楽しめるビュッフェスタイルの食事プランなどを提供しているところも。 食にこだわりたい方は、食事プランでグランピング施設を選ぶのもおすすめです。 アクティビティで選ぶ グランピングのもうひとつの楽しみがアクティビティ。 グランピング施設は、周辺の観光施設とプラスアルファで、そのエリアならではの自然の楽しみ方を提案しています。 通年ならば、フィールドアスレチックやワークショップ型のアクティビティなど。 テニスやプール、温泉、ゴルフが楽しめる施設もあります。 春夏ならば、マリンスポーツや川遊び、虫捕り。 秋冬ならトレッキングやスノースポーツ、雪遊びなど。 収穫体験や調理体験、動物とのふれあいや、薪割り、火おこしなど、子どもたちが喜ぶ体験ができる施設もあります。 どんなアクティビティを提供しているかもチェックして、グラピング施設を選べば、より一層充実した旅体験ができそうです。 最長445mの空中散歩が楽しめるフォレストアドベンチャー「ターザニア」やプール、トレーニングルームなどがあり、アーチェリー、テニス、ゴルフ、乗馬などのバラエティ豊かなスポーツが楽しめます。 2020年4月1日にアウトドアを存分に楽しめるグランピングエリアがオープンし、森を身近に感じることができるテラスハウスから、木のぬくもりがうれしいログハウス、話題のグランビングで贅沢に自然と触れ合うテントキャビン、高級感あふれるリゾートホテルステイまで、滞在の目的やお好みに応じて宿泊施設のタイプが選べるようになりました。 宿泊者は、炭酸水素ナトリウムを豊富に含んだ露天風呂付き天然温泉 紅葉乃湯(もみじのゆ)が無料で利用できるのもうれしいところ。 グランピングを楽しむ人に人気なのが、千葉をまるごと楽しむ贅を尽くしたグランピングBBQプラン「千葉かずさ牛と房総自慢の海の幸」。 アウトドアならではの開放感たっぷりのデッキテラスで楽しめます。 近隣には「市原ぞうの国」もあり、動物園とグランピングの楽しさを一緒に味わえるグランピング施設です。 竹林に囲まれた敷地内には、ドームテントとロータスベルテント、そしてツリーハウス型ロッジという3種類の宿泊施設があります。 ここでのアクティビティといえば、なんといっても動物とのふれあい。 キリンやレッサーパンダ、カピバラなどの動物たちが至近距離で見られ、「動物飼育体験」や「キリンとの朝食」といった動物とふれあえる珍しいプログラムも。 また、シャトルバスで行ける姉妹園の「ぞうの国」では、「ぞうさんショー」や「ぞうとの記念撮影」が体験できます。 動物好きのお子さんにぴったりの、非日常が体験できるアニマルグランピング施設となっています。 施設情報 【THE BAMBOO FOREST】 住所/千葉県市原市山小山790 TEL/0436-63-6277 営業時間/チェックイン15:00 チェックアウト 11:00 アクセス/[車]圏央道「市原鶴舞IC」から車で5分 URL/ 【関東・千葉】BUBリゾート 東京から約60km、千葉県長生村は、房総半島九十九里浜に面した自然豊かな土地。 日本の原風景が広がる中に建てられたグランピング施設が「BUBリゾート」です。 サーフィンや虫捕りなどの自然体験、そば打ちや餅つきなどの文化体験、カニ漁や稲刈りなどの自然産業体験など、季節に合わせてさまざまなアクティビティがあり、専任スタッフのサポート付きで体験できます。 バルーンやスイーツがサービスされる「女子会プラン」やシャンパンタワー(1日1組)が提供される「アニバーサリープラン」、3世代向けやワンちゃん同伴など、多種多様なプランを用意。 記念日やパーティーなど、大切な日をグランピングで過ごすのもおすすめです。 施設情報 【BUBリゾート】 住所/千葉県長生郡長生村金田2811 TEL/0475-36-3219 営業時間/チェックイン14:00 チェックアウト10:00 アクセス/[電車]JR外房線「上総一ノ宮駅」からタクシーで10分 [車]圏央道「茂原IC」から約20分 駐車場/30台 URL/ 【関東・東京】の人気グランピング施設 【東京】KEIKOKU GRAMPING TENT 東京の都心から約50km離れた東京都多摩地区・檜原村にある「KEIKOKU GRAMPING TENT」。 豊かな緑に包まれ、二つの清流に恵まれた環境のもと、ラグジュアリーなテントでグランピングが体験できます。 ハイキングやトレッキング、川遊びやマス釣りなどアクティビティも充実。 ヒーリングスポットといわれる9つ滝巡りや露天風呂など周辺観光も楽しめます。 BBQセットメニューは、秋川牛のモモステーキや、国産リブステーキなど4種類からチョイス。 アヒージョやパエリアなどのオプションメニューも充実しています。 食後は、スパやヒーリングメニュー(要予約)で、癒しのひとときが過ごせます。 カップルあるいは女性同士で訪れたい、おしゃれな大人のアウトドアが満喫できる施設です。 施設情報 【KEIKOKU GRAMPING TENT】 住所/東京都あきる野市乙津789 TEL/042-550-0147 営業時間/チェックイン15:00~18:00チェックアウト10:00 アクセス/[電車]JR武蔵五日市線「武蔵五日市駅」からバスまたはタクシー15分 [車]中央自動車道「八王子第2IC」から25分 駐車場/あり URL/ 【関東・群馬】の人気グランピング施設 【群馬】妙義温泉・妙義グリーンホテル&テラス 奇岩怪石が林立する名勝・妙義山を一望できる「妙義温泉・妙義グリーンホテル&テラス」。 テラスエリアには、「エアストリーム」と呼ばれるカジュアルなキャンピングトレーラーやデラックスタイプのラグジュアリーテントの2種類の宿泊施設があり、人数とお好みによって選べます。 系列の妙義山グリーンホテルの自家源泉の天然温泉やゴルフ場、ホテルダイニングなども利用できます。 夕食は地場の上州肉や新鮮な野菜を、アメリカ製BBQ器具で調理する本格グリル料理。 ホテルだからこそ可能な、上質な料理とサービスが満喫できるのもうれしいポイントです。 妙義山の岩肌を赤く染める朝日を眺め、小鳥のさえずりを聞きながら、何もせずぼーっとする時間はグランピングならでは。 周辺には、群馬サファリパークや富岡製紙工場など観光名所も豊富です。 [車]上信越自動車道「松井田妙義I. 」から約20分 駐車場/あり URL/ まとめ 新しいアウトドアのスタイルとして注目されているグランピング。 特に新型コロナウイルスとの共生を余儀なくされる今後は、生活様式の変化に対応したリゾートとして定着することが予想されます。 日本全国に続々と誕生しているグランピング施設の中から、自分に合った施設を選ぶ際のチェックポイントについて、以下にまとめました。 ・グランピングの定義は「大自然の中、贅沢な空間で楽しい時間を過ごす」こと。 ・グランピングなら、準備は一切不要で、現地到着後もすべておまかせで楽しめる。 ホテル並みの快適な施設なので、虫や天候の急変などを心配せず、快適に過ごせる。 ・グランピングは3密が回避できるので、新型コロナウイルス対策をしっかりと行っている施設を選べば、ウイルスの感染リスクも抑制できる。 巣ごもり疲れやストレスの解消に利用したい。 ・新しいアウトドアとして人気上昇中のグランピングは、日本全国に施設が増加中。 どのグランピングを選ぶのか迷ったときは、ステイスタイル、食、アクティビティなどから、自分に合ったものを選んでみるのもよい。 各施設の最新情報は、公式サイトをご確認ください。

次の

関東の人気おすすめグランピングスポット23選!都心から約1時間のアクセス!

グランピング 関東

グランピングとは? グランピングとは、グラマラス・キャンピングの略のことを言います。 グラマラス(glamorous)は「魅力的な、魅惑的な、人を引き付ける、華やか」などの意味があります。 つまり、グランピングとは、キャンプをしながらも、高級ホテル並みの、豪勢な食事や、快適なサービスが受けられる、新しいスタイルのキャンプのこと。 海外生まれのグランピングは、今や日本でも大人気で、年々、ニーズが高まっています。 グランピングとキャンプ、どこが違う? 「キャンプは、準備とか道具とか、野外で寝泊まりするし、ハードルが高い」というイメージの方がいるかもしれません。 キャンプは、テントや寝袋、焚き火台などの、 必要最低限の設備だけ。 しかも 野外で寝泊りするので、天気や虫も、気になりますよね。 もちろん、お風呂・ベッドはありませんから、快適ではありませんし、料理もバーベキューやカレーなどが定番で、豪華とは言えません。 必要最低限のものだけで寝泊まりするのが、キャンプの醍醐味だと自分は思うのですが、不便で、快適な環境ではないですよね。 その点、グランピングは、 テント内にソファやベッドがあり寝る環境は抜群。 冷蔵庫、冷暖房器具、トイレ、温泉などもあったりと快適。 豪華な食事もあります。 キャンプよりもお金はかかりますが、 「自然と関わる」というキャンプの良さと、「豪勢な食事と快適なサービス」という、ホテルや温泉の魅力を、合わせ持っています。 そして、 手ぶらOK、キャンプの技術も知識も必要なし、しかもおしゃれ。 これが、グランピングの人気の理由のようです。 神奈川県内のグランピング施設まとめ ここからは、 神奈川県内にある、グランピング施設を、自分なりにまとめたものをご紹介します。 神奈川県内にお住まいの方も、近県の方も、グランピングが気になる遠方の方も、参考になさってください。 鎌倉・南箱根・沖縄の3か所で展開していて、 女性向けのサービスが充実した、女性のための、グランピングです。 ここでは、鎌倉にある施設を紹介します。 鎌倉という土地柄ならではの、オーシャンビューでありながら、森林浴も楽しめる、自然と関われる空間です。 また、 タイ古式マッサージ、ハーブボールマッサージ、アロマオイルトリートメント、リフレクソロジーなどの、豪華すぎるサービスが受けられる、贅沢な空間です。 トイレ、シャワー、シンク、エアベッド、布団、BBQ、焚火台、食器などがひととおり揃っているので、安心。 バスタオル、ドライヤー、歯ブラシ、ボディタオルなどの、アメニティも充実しています。 この空間を丸ごと貸し切れるので、特別感&お籠り感たっぷり。 人目を気にせずグランピングが楽しめます。 また、この葉山を皮切りに、 八丈島・群馬水上エリアを含め、全国5拠点への拡大を計画中です。 今後の展開がとても楽しみなグランピング施設です。 これだけ豪華でおしゃれな空間を提供してくれるところなので、またグランピングをやってほしいですね。 GRAMPING HAYAMA(グランピング葉山)の予約・詳細はこちら 名称 GRAMPING HAYAMA(グランピング葉山) URL 住所 — アクセス — 営業時間 — 電話 より受付中 グランピングに持っていくべき、厳選アイテム! 最後に、グランピングを、より快適に、楽しく過ごせるアイテムを、ご紹介したいと思います。 バーベキューをしながら、星空を眺めながら、アクティビティを楽しみながら、色々なシーンで活躍すると思いますので、ぜひ、合わせてお持ちください。 1:充電24時間!高音質ポータブルBluetoothスピーカー『Anker SoundCore』 キャンプ同様、グランピングには、音楽があると、絶対に楽しいです。 アウトドア気分を盛り上げる音楽をかければ、会話もはずみますし、盛り上がります。 そんな時はBluetoothスピーカーがおすすめです。 このスピーカーは小型で、持ち運びがしやすい割に、高音質。 アウトドアでも十分な音量と、低音も高音も、しっかりきこえます。 Bluetooth対応なので、スマホと繋いで、ストリーミングも聴けます!24時間もつので、出発前に充電しておけば、十分持ちます。 おすすめです。 2:音楽ストリーミングサービス(初月無料!) そして、Bluetoothスピーカーと合わせて試したいのが、 音楽のストリーミングサービスです。 スマホに音楽を入れるには、限界がありますので、こんなときには音楽ストリーミングサービスが一番です。 でも、 「登録してみたけど、自分の好きな曲がなかった!」ということも、あると思います。 そのため、 初月無料で使えて、途中解約しても料金がかからないものに絞りました。 「グランピングに試しに行ってみるので、その1回のために、月額何百円も払いたくない」という人にも、おすすめです。 3:天然成分100%の虫除けスプレー『PERFECT POTION アウトドア ボディスプレー』 シトロネラ、ペパーミントなどのエッセンシャルオイルを使用した、 天然成分100%の、お肌に優しい虫除けスプレーです。 虫にさされやすい方、また、お子さんをお連れの方などは、お子さんの、虫さされ等が気になりますよね? でも、肌が弱い方などは、市販の強すぎるスプレーだと肌が荒れることも、ありますよね? 自分も、どちらかといえば、肌は弱い方なので、これは本当に重宝します。 すごく 爽やかな香りがするのも、いいですよ。 神奈川のグランピング施設について:まとめ 神奈川のイメージどおり、海の見える、絶好のロケーションのグランピングが多いですね。 どれも、オシャレなキャンプができるところばかりで、非日常を楽しむには最高かもしれません。 山も海も楽しめる神奈川県には、今後も、たくさんのグランピング施設が増えることでしょう。 よろしくお願いします。 その他、関東のグランピング施設もチェック! 関東のグランピング施設を、一気にチェックしたい人は、下記の記事をご覧ください。 他の関東の県の、グランピング施設を個別に見てみたい方は、こちらです。

次の