町田ゼルビア掲示板。 みやざき観光情報「旬ナビ」/FC町田ゼルビア宮崎キャンプ情報2020

変わりゆく町田の街並み<地域情報サイト>[トップページ]

町田ゼルビア掲示板

(Jリーグ)に所属するがホームスタジアムとして使用している。 と一般財団法人町田市体育協会の共同企業体である「スポーツパークパートナーズまちだ」がとして管理している。 から株式会社ギオンがを取得しており、「 町田GIONスタジアム」(まちだギオンスタジアム、略称「 Gスタ」)の呼称を用いている。 概要 [ ] 町田市の市制施行30周年記念による三大スポーツ施設建設事業(、町田市立陸上競技場、)の一つとして計画され、にオープンした。 400メートル・8コースのウレタン系全天候舗装トラック(エンボス仕上げ)と天然芝のインフィールド(7,650平方メートル) を備えた第3種公認の陸上競技場である。 メインスタンドは2012年の改築工事(後述)で建設された、6階建(観客席2,632席)。 バックスタンド・サイドスタンドは合計7,990席あり 、収容人員は10,622人。 なお、Jリーグ開催時の収容可能人員は10,328人。 4月より、日本体育施設株式会社と町田市スポーツ振興公社が共同事業体「スポーツパークパートナーズまちだ」名義で指定管理者として運営する。 町田市スポーツ振興公社が2010年3月31日に解散したため、2014年4月1日からは一般財団法人町田市体育協会が運営に加わっている。 サッカー、特にFC町田ゼルビアのホームグラウンドとしての利用が主となっているが、町田市に本拠地を置くラグビーチームである(所属)が公式戦を開催することもある。 サッカースタジアムとしての利用 [ ] 開設当初 [ ] 町田市立陸上競技場(以下『野津田競技場』と記す。 )開設当初は、(現:)が(旧JFL)時代に準本拠地として使用し、も試合を開催していた。 1996年のでは、がとの主管試合をここで行ったことがある。 また、1993年のJリーグ発足に当たり、 JSL ・が町田市をホームタウン、野津田競技場を本拠地としてJリーグに参入する事を目指した時期がある。 この交渉は実らず、全日空横浜はとしてをホームタウンとし、(現・ニッパツ三ツ沢球技場)を本拠地としてJリーグに参加した。 Jリーグ公式戦が初めて行われたのはのことで、第43節の対が野津田競技場で行われた。 これは、翌年のに向け、フロンターレの本拠地であるが長期改修に入っていた為の特例的処置だった。 第1次大規模改修(2009年 - 2013年) [ ] 「FC町田」のトップチームとして1989年に誕生した「FC町田ゼルビア」(以下『ゼルビア』と記す。 )は2007年に1部を昇格1年目で初制覇したのを契機に本格的にJリーグ参入を目指すが、当時の野津田競技場はメインスタンドのみ座席で、バック・サイドスタンドは芝生席という、収容人員数6,000人ほどの小規模なスタジアムであり、Jリーグの基準に照らして大規模な改修・増築が必要だった。 そこで町田市はから、ゼルビアのJリーグ参入並びにに予定されていた(スポーツ祭東京2013)の実施を念頭に野津田競技場の改修工事に着手する。 当初の計画では、2009年時点でのJリーグ基準に基づき、芝生席であったバックスタンドを鉄骨製の仮設座席(にて9,000席を確保)にし、ナイター照明設備(高さ43. この年、ゼルビアのJFL最終順位は2位となり、成績面でのJ2参入条件は満たしたものの、このスタジアム要件の欠格が理由となってJ2参入は見送られた。 町田市では、メインスタンドの全面改修計画を立ててこれに対処する方針とし、2013年2月末までの完成を目指すとした。 翌2011年のゼルビアの参入予備審査において、町田市長のが改修工事の完成予定を前倒し、2012年11月の完成を目指すことを表明する一方で、Jリーグ側からは「ホーム競技場を改修する間の代替地を含む来季の競技場確保」と「経営の健全化」の2点を求められた ことを踏まえて対応策を検討。 メインスタンド改修中に試合が開催できるよう、2011年のオフシーズンにメインスタンドの前方(フィールド寄り)に鉄骨造り5階建て・延べ床面積1248. 52平方メートル、総工費2億1千万円の「メディアセンター」を建築し、この中にJリーグ基準で求められる諸室(ロッカールーム、記者会見室、記者室、カメラマン室など)を設置する ことでJリーグの承認を得た。 2012年にメインスタンドが完成し、シーズンオフに「メディアセンター」の撤去と陸上トラックの張り替えが行われ、2013年シーズン開幕までに改修工事が完了し、予定通りスポーツ祭東京2013(成年男子)も開催された。 第2次大規模改修(2018年 - ) [ ] 全面改修後も、スタジアム内の電光掲示板は動画再生不可能な電球式であったが、2016年のゼルビアJ2再昇格を機にまでをめどにこれを大型映像装置に更新する予定とした。 2018年3月4日の第2節・戦において除幕式が行われ、大型映像装置が完成導入された。 この更新事業の事業費の一部には制度による寄付金が充当された。 一方、2018年現在の施設ではにおけるスタジアム基準に照らして、収容人員等においてJ2基準相当の規格しか満たしていないことから、石阪町田市長は野津田競技場の増築を検討。 2018年10月、町田市は2021年2月からの使用を目指す、J1スタジアム基準を満たす改修計画を発表した。 バックスタンドを鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)3階建て屋根付き構造に改築し、収容人員数を5000席程度増設するというもので、2018年度から2019年度にかけて実施設計を行い、引き続いて工事に着手し2021年シーズン前の完成を目指す。 設計を受託したのは、野津田競技場の将来構想策定業務を策定した。 、株式会社ギオンと契約を結んだことを発表し、からの7年間、「 町田GIONスタジアム」と名称することが決まった。 なお、株式会社ギオンは、の本拠地であるにも命名権を締結(「 相模原ギオンスタジアム」)している関係で、混乱防止のため 社名の箇所はローマ字にしている。 主な使用例 [ ]• FC町田ゼルビアの試合(サッカー)• キヤノンイーグルスの試合(ラグビー)• 大学・高校等の各陸上競技• 市民マラソン等の市主催関連催事等 アクセス [ ]• 町田市文化スポーツ振興部 スポーツ振興課. 2018年11月12日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年11月14日閲覧。 東京フットボールマガジン. 2016年11月6日閲覧。 League Data Site. 2016年11月6日閲覧。 平成21年度(2009年度)予算の概要. 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 プレスリリース , FC町田ゼルビア, 2009年9月25日 , 2018年11月13日閲覧。 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 町田経済新聞. 2010年9月7日. 2018年11月12日閲覧。 プレスリリース , FC町田ゼルビア, 2010年9月11日 , 2018年11月13日閲覧。 2011年度予算の概要. 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 朝日新聞. 2011年9月8日. の2012年7月24日時点におけるアーカイブ。 2018年11月12日閲覧。 NPO法人k-press 2012年3月9日. 2018年11月12日閲覧。 東京新聞. 2015年12月30日. 2016年5月28日閲覧。 町田経済新聞. 2016年3月29日. 2016年11月29日閲覧。 読売新聞東京多摩版. 2016年11月22日. 2016年11月29日閲覧。 町田市公式サイト 2018年10月18日. 2018年11月11日閲覧。 サッカーキング. 2019年10月23日. 2019年12月15日閲覧。 町田市立野津田公園. スポーツパークパートナーズまちだ. 2016年11月29日閲覧。 FC町田ゼルビア. 2016年11月29日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

「町田ゼルビア」が世界に羽ばたく大きな野望

町田ゼルビア掲示板

(Jリーグ)に所属するがホームスタジアムとして使用している。 と一般財団法人町田市体育協会の共同企業体である「スポーツパークパートナーズまちだ」がとして管理している。 から株式会社ギオンがを取得しており、「 町田GIONスタジアム」(まちだギオンスタジアム、略称「 Gスタ」)の呼称を用いている。 概要 [ ] 町田市の市制施行30周年記念による三大スポーツ施設建設事業(、町田市立陸上競技場、)の一つとして計画され、にオープンした。 400メートル・8コースのウレタン系全天候舗装トラック(エンボス仕上げ)と天然芝のインフィールド(7,650平方メートル) を備えた第3種公認の陸上競技場である。 メインスタンドは2012年の改築工事(後述)で建設された、6階建(観客席2,632席)。 バックスタンド・サイドスタンドは合計7,990席あり 、収容人員は10,622人。 なお、Jリーグ開催時の収容可能人員は10,328人。 4月より、日本体育施設株式会社と町田市スポーツ振興公社が共同事業体「スポーツパークパートナーズまちだ」名義で指定管理者として運営する。 町田市スポーツ振興公社が2010年3月31日に解散したため、2014年4月1日からは一般財団法人町田市体育協会が運営に加わっている。 サッカー、特にFC町田ゼルビアのホームグラウンドとしての利用が主となっているが、町田市に本拠地を置くラグビーチームである(所属)が公式戦を開催することもある。 サッカースタジアムとしての利用 [ ] 開設当初 [ ] 町田市立陸上競技場(以下『野津田競技場』と記す。 )開設当初は、(現:)が(旧JFL)時代に準本拠地として使用し、も試合を開催していた。 1996年のでは、がとの主管試合をここで行ったことがある。 また、1993年のJリーグ発足に当たり、 JSL ・が町田市をホームタウン、野津田競技場を本拠地としてJリーグに参入する事を目指した時期がある。 この交渉は実らず、全日空横浜はとしてをホームタウンとし、(現・ニッパツ三ツ沢球技場)を本拠地としてJリーグに参加した。 Jリーグ公式戦が初めて行われたのはのことで、第43節の対が野津田競技場で行われた。 これは、翌年のに向け、フロンターレの本拠地であるが長期改修に入っていた為の特例的処置だった。 第1次大規模改修(2009年 - 2013年) [ ] 「FC町田」のトップチームとして1989年に誕生した「FC町田ゼルビア」(以下『ゼルビア』と記す。 )は2007年に1部を昇格1年目で初制覇したのを契機に本格的にJリーグ参入を目指すが、当時の野津田競技場はメインスタンドのみ座席で、バック・サイドスタンドは芝生席という、収容人員数6,000人ほどの小規模なスタジアムであり、Jリーグの基準に照らして大規模な改修・増築が必要だった。 そこで町田市はから、ゼルビアのJリーグ参入並びにに予定されていた(スポーツ祭東京2013)の実施を念頭に野津田競技場の改修工事に着手する。 当初の計画では、2009年時点でのJリーグ基準に基づき、芝生席であったバックスタンドを鉄骨製の仮設座席(にて9,000席を確保)にし、ナイター照明設備(高さ43. この年、ゼルビアのJFL最終順位は2位となり、成績面でのJ2参入条件は満たしたものの、このスタジアム要件の欠格が理由となってJ2参入は見送られた。 町田市では、メインスタンドの全面改修計画を立ててこれに対処する方針とし、2013年2月末までの完成を目指すとした。 翌2011年のゼルビアの参入予備審査において、町田市長のが改修工事の完成予定を前倒し、2012年11月の完成を目指すことを表明する一方で、Jリーグ側からは「ホーム競技場を改修する間の代替地を含む来季の競技場確保」と「経営の健全化」の2点を求められた ことを踏まえて対応策を検討。 メインスタンド改修中に試合が開催できるよう、2011年のオフシーズンにメインスタンドの前方(フィールド寄り)に鉄骨造り5階建て・延べ床面積1248. 52平方メートル、総工費2億1千万円の「メディアセンター」を建築し、この中にJリーグ基準で求められる諸室(ロッカールーム、記者会見室、記者室、カメラマン室など)を設置する ことでJリーグの承認を得た。 2012年にメインスタンドが完成し、シーズンオフに「メディアセンター」の撤去と陸上トラックの張り替えが行われ、2013年シーズン開幕までに改修工事が完了し、予定通りスポーツ祭東京2013(成年男子)も開催された。 第2次大規模改修(2018年 - ) [ ] 全面改修後も、スタジアム内の電光掲示板は動画再生不可能な電球式であったが、2016年のゼルビアJ2再昇格を機にまでをめどにこれを大型映像装置に更新する予定とした。 2018年3月4日の第2節・戦において除幕式が行われ、大型映像装置が完成導入された。 この更新事業の事業費の一部には制度による寄付金が充当された。 一方、2018年現在の施設ではにおけるスタジアム基準に照らして、収容人員等においてJ2基準相当の規格しか満たしていないことから、石阪町田市長は野津田競技場の増築を検討。 2018年10月、町田市は2021年2月からの使用を目指す、J1スタジアム基準を満たす改修計画を発表した。 バックスタンドを鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)3階建て屋根付き構造に改築し、収容人員数を5000席程度増設するというもので、2018年度から2019年度にかけて実施設計を行い、引き続いて工事に着手し2021年シーズン前の完成を目指す。 設計を受託したのは、野津田競技場の将来構想策定業務を策定した。 、株式会社ギオンと契約を結んだことを発表し、からの7年間、「 町田GIONスタジアム」と名称することが決まった。 なお、株式会社ギオンは、の本拠地であるにも命名権を締結(「 相模原ギオンスタジアム」)している関係で、混乱防止のため 社名の箇所はローマ字にしている。 主な使用例 [ ]• FC町田ゼルビアの試合(サッカー)• キヤノンイーグルスの試合(ラグビー)• 大学・高校等の各陸上競技• 市民マラソン等の市主催関連催事等 アクセス [ ]• 町田市文化スポーツ振興部 スポーツ振興課. 2018年11月12日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年11月14日閲覧。 東京フットボールマガジン. 2016年11月6日閲覧。 League Data Site. 2016年11月6日閲覧。 平成21年度(2009年度)予算の概要. 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 プレスリリース , FC町田ゼルビア, 2009年9月25日 , 2018年11月13日閲覧。 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 町田経済新聞. 2010年9月7日. 2018年11月12日閲覧。 プレスリリース , FC町田ゼルビア, 2010年9月11日 , 2018年11月13日閲覧。 2011年度予算の概要. 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 朝日新聞. 2011年9月8日. の2012年7月24日時点におけるアーカイブ。 2018年11月12日閲覧。 NPO法人k-press 2012年3月9日. 2018年11月12日閲覧。 東京新聞. 2015年12月30日. 2016年5月28日閲覧。 町田経済新聞. 2016年3月29日. 2016年11月29日閲覧。 読売新聞東京多摩版. 2016年11月22日. 2016年11月29日閲覧。 町田市公式サイト 2018年10月18日. 2018年11月11日閲覧。 サッカーキング. 2019年10月23日. 2019年12月15日閲覧。 町田市立野津田公園. スポーツパークパートナーズまちだ. 2016年11月29日閲覧。 FC町田ゼルビア. 2016年11月29日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

FC町田ゼルビアpart162

町田ゼルビア掲示板

(Jリーグ)に所属するがホームスタジアムとして使用している。 と一般財団法人町田市体育協会の共同企業体である「スポーツパークパートナーズまちだ」がとして管理している。 から株式会社ギオンがを取得しており、「 町田GIONスタジアム」(まちだギオンスタジアム、略称「 Gスタ」)の呼称を用いている。 概要 [ ] 町田市の市制施行30周年記念による三大スポーツ施設建設事業(、町田市立陸上競技場、)の一つとして計画され、にオープンした。 400メートル・8コースのウレタン系全天候舗装トラック(エンボス仕上げ)と天然芝のインフィールド(7,650平方メートル) を備えた第3種公認の陸上競技場である。 メインスタンドは2012年の改築工事(後述)で建設された、6階建(観客席2,632席)。 バックスタンド・サイドスタンドは合計7,990席あり 、収容人員は10,622人。 なお、Jリーグ開催時の収容可能人員は10,328人。 4月より、日本体育施設株式会社と町田市スポーツ振興公社が共同事業体「スポーツパークパートナーズまちだ」名義で指定管理者として運営する。 町田市スポーツ振興公社が2010年3月31日に解散したため、2014年4月1日からは一般財団法人町田市体育協会が運営に加わっている。 サッカー、特にFC町田ゼルビアのホームグラウンドとしての利用が主となっているが、町田市に本拠地を置くラグビーチームである(所属)が公式戦を開催することもある。 サッカースタジアムとしての利用 [ ] 開設当初 [ ] 町田市立陸上競技場(以下『野津田競技場』と記す。 )開設当初は、(現:)が(旧JFL)時代に準本拠地として使用し、も試合を開催していた。 1996年のでは、がとの主管試合をここで行ったことがある。 また、1993年のJリーグ発足に当たり、 JSL ・が町田市をホームタウン、野津田競技場を本拠地としてJリーグに参入する事を目指した時期がある。 この交渉は実らず、全日空横浜はとしてをホームタウンとし、(現・ニッパツ三ツ沢球技場)を本拠地としてJリーグに参加した。 Jリーグ公式戦が初めて行われたのはのことで、第43節の対が野津田競技場で行われた。 これは、翌年のに向け、フロンターレの本拠地であるが長期改修に入っていた為の特例的処置だった。 第1次大規模改修(2009年 - 2013年) [ ] 「FC町田」のトップチームとして1989年に誕生した「FC町田ゼルビア」(以下『ゼルビア』と記す。 )は2007年に1部を昇格1年目で初制覇したのを契機に本格的にJリーグ参入を目指すが、当時の野津田競技場はメインスタンドのみ座席で、バック・サイドスタンドは芝生席という、収容人員数6,000人ほどの小規模なスタジアムであり、Jリーグの基準に照らして大規模な改修・増築が必要だった。 そこで町田市はから、ゼルビアのJリーグ参入並びにに予定されていた(スポーツ祭東京2013)の実施を念頭に野津田競技場の改修工事に着手する。 当初の計画では、2009年時点でのJリーグ基準に基づき、芝生席であったバックスタンドを鉄骨製の仮設座席(にて9,000席を確保)にし、ナイター照明設備(高さ43. この年、ゼルビアのJFL最終順位は2位となり、成績面でのJ2参入条件は満たしたものの、このスタジアム要件の欠格が理由となってJ2参入は見送られた。 町田市では、メインスタンドの全面改修計画を立ててこれに対処する方針とし、2013年2月末までの完成を目指すとした。 翌2011年のゼルビアの参入予備審査において、町田市長のが改修工事の完成予定を前倒し、2012年11月の完成を目指すことを表明する一方で、Jリーグ側からは「ホーム競技場を改修する間の代替地を含む来季の競技場確保」と「経営の健全化」の2点を求められた ことを踏まえて対応策を検討。 メインスタンド改修中に試合が開催できるよう、2011年のオフシーズンにメインスタンドの前方(フィールド寄り)に鉄骨造り5階建て・延べ床面積1248. 52平方メートル、総工費2億1千万円の「メディアセンター」を建築し、この中にJリーグ基準で求められる諸室(ロッカールーム、記者会見室、記者室、カメラマン室など)を設置する ことでJリーグの承認を得た。 2012年にメインスタンドが完成し、シーズンオフに「メディアセンター」の撤去と陸上トラックの張り替えが行われ、2013年シーズン開幕までに改修工事が完了し、予定通りスポーツ祭東京2013(成年男子)も開催された。 第2次大規模改修(2018年 - ) [ ] 全面改修後も、スタジアム内の電光掲示板は動画再生不可能な電球式であったが、2016年のゼルビアJ2再昇格を機にまでをめどにこれを大型映像装置に更新する予定とした。 2018年3月4日の第2節・戦において除幕式が行われ、大型映像装置が完成導入された。 この更新事業の事業費の一部には制度による寄付金が充当された。 一方、2018年現在の施設ではにおけるスタジアム基準に照らして、収容人員等においてJ2基準相当の規格しか満たしていないことから、石阪町田市長は野津田競技場の増築を検討。 2018年10月、町田市は2021年2月からの使用を目指す、J1スタジアム基準を満たす改修計画を発表した。 バックスタンドを鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)3階建て屋根付き構造に改築し、収容人員数を5000席程度増設するというもので、2018年度から2019年度にかけて実施設計を行い、引き続いて工事に着手し2021年シーズン前の完成を目指す。 設計を受託したのは、野津田競技場の将来構想策定業務を策定した。 、株式会社ギオンと契約を結んだことを発表し、からの7年間、「 町田GIONスタジアム」と名称することが決まった。 なお、株式会社ギオンは、の本拠地であるにも命名権を締結(「 相模原ギオンスタジアム」)している関係で、混乱防止のため 社名の箇所はローマ字にしている。 主な使用例 [ ]• FC町田ゼルビアの試合(サッカー)• キヤノンイーグルスの試合(ラグビー)• 大学・高校等の各陸上競技• 市民マラソン等の市主催関連催事等 アクセス [ ]• 町田市文化スポーツ振興部 スポーツ振興課. 2018年11月12日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年11月14日閲覧。 東京フットボールマガジン. 2016年11月6日閲覧。 League Data Site. 2016年11月6日閲覧。 平成21年度(2009年度)予算の概要. 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 プレスリリース , FC町田ゼルビア, 2009年9月25日 , 2018年11月13日閲覧。 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 町田経済新聞. 2010年9月7日. 2018年11月12日閲覧。 プレスリリース , FC町田ゼルビア, 2010年9月11日 , 2018年11月13日閲覧。 2011年度予算の概要. 町田市財務部財政課. 2018年11月13日閲覧。 朝日新聞. 2011年9月8日. の2012年7月24日時点におけるアーカイブ。 2018年11月12日閲覧。 NPO法人k-press 2012年3月9日. 2018年11月12日閲覧。 東京新聞. 2015年12月30日. 2016年5月28日閲覧。 町田経済新聞. 2016年3月29日. 2016年11月29日閲覧。 読売新聞東京多摩版. 2016年11月22日. 2016年11月29日閲覧。 町田市公式サイト 2018年10月18日. 2018年11月11日閲覧。 サッカーキング. 2019年10月23日. 2019年12月15日閲覧。 町田市立野津田公園. スポーツパークパートナーズまちだ. 2016年11月29日閲覧。 FC町田ゼルビア. 2016年11月29日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の