特殊 ドラパルド。 【ポケモン剣盾】ダイマックス技を使いこなせ!弱点保険ドラパルトの調整【ドラパルト育成論】

ドラパルト育成論 : 受けループメタ特殊帯ドラパルト|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

特殊 ドラパルド

ドラパルト ステルスポケモン ガラルNo. 397 ぜんこくNo. 887 高さ 3. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Dragapult タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 50で『ドラメシヤ』から進化• 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 相手が2匹いる場合は、それぞれに1回ずつ攻撃する。 ただし、技『まもる』やタイプ相性などでダメージを与えられない時は片方に2回攻撃する。 相手が2匹いる場合は、それぞれに1回ずつ攻撃する。 ただし、技『まもる』やタイプ相性などでダメージを与えられない時は片方に2回攻撃する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 なお、第7世代以降は相手が『ちいさくなる』を使っている時の必中2倍効果はない Lv. 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。

次の

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

特殊 ドラパルド

もくじ• 【すりぬけ】 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 【のろわれボディ 夢特性 】 相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 弱点 『2倍』ゴースト、フェアリー、あく、ドラゴン、こおり 耐性 『0. 伝説以外では初の「ドラゴン・ゴースト」タイプの組み合わせで、かくとうとノーマルを透かせるのも魅力です。 ドラパルトは、最も高い攻撃を活かして ようきの最速物理アタッカーにする。 もしくは、 特攻も高いことも活かして、「せっかちorむじゃき」の最速両刀アタッカーにするかの2択になるでしょう。 たまに「突撃チョッキ型」にも遭遇しますが、使いやすさで言えば上記の2択と言えます。 ただ、補助用の技も多く覚えられるため、様々な型が作りやすいですね。 それでは、自分が作成したドラパルトを紹介します。 両刀最速ドラパルトの育成論 特性 【すりぬけ】 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 弱点 『2倍』ゴースト、フェアリー、あく、ドラゴン、こおり 耐性 『0. 特性は「すりぬけ」一択で、これで対応できる幅が広がります。 個体値は防御系以外のVを目指しましょう。 ドラゴンアローは、威力50の物理ドラゴン技だが、 2回攻撃により「きあいのタスキ」や「ハバンのみ」を貫通しやすいので便利です。 実質威力100のドラゴン技なので、十分な火力も出せます。 シャドウダイブは、 攻撃ターンは何もできないのですが、これがダイマックスを枯らすのに非常に有効です。 威力90の物理ゴースト技なので、十分な火力も出ますね。 単純に弱点を突くために使ってしまうと、交代されて対策されやすいので注意。 とんぼがえりは、ドラゴン技対策で出してくる「フェアリー」や「はがね」などに使います。 だいもんじは、ドラゴン技を半減する「はがね」に有効な技です。 両刀にすることで、より多くのポケモンに打点を持てます。 最後に、どれだけ速くても「ふいうち」で狩られやすいので、「きあいのタスキ」は優先度が高いです。 わざレコード「だいもんじ」の入手方法 わざレコード「だいもんじ」は、ワットショップで購入することが可能です。 ただし、日によってラインナップは違います。 まとめ ドラパルトは、今作で最も対戦で使われることになるであろうポケモンです。

次の

ドラパルト育成論 : 【最強構築のエース!】一撃粉砕特殊ドラパルト|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

特殊 ドラパルド

ドラパルトの基本データ HP 88 タイプ ドラゴン こうげき 120 ゴースト ぼうぎょ 75 特性 クリアボディ とくこう 100 すりぬけ とくぼう 75 夢特性 のろわれボディ すばやさ 142 ドラパルトの特徴 特性「クリアボディ」が強力 「クリアボディ」により、 相手からの能力ダウンの効果を無効化することができます。 「いかく」を受けてもこうげきが下がることはありませんし、「ダイホロウ」や「ダイドラグーン」を特性「ミラーアーマー」を持つアーマーガアに打ってもドラパルト自身の能力ランクを下げられることもありません。 非常に高いすばやさ ドラパルトのすばやさ種族値は 142であり、現環境においてトップクラスです。 大抵のポケモンに先制できるため、ダイマックスでの対面性能が高いポケモンです。 豊富な技の選択肢 ドラパルトは使用できる技が豊富であり、型の予想がしにくい点が強みです。 種族値に関してはこうげきが 120、とくこうが 100であり、 物理と特殊どちらで使っても強力です。 有用な物理技 ゴーストダイブ タイプ一致技。 まもるを貫通できる点が優秀。 ドラゴンアロー タイプ一致技。 まもられても隣に飛ぶ優秀な専用技。 ドラゴンクロー タイプ一致技。 単体で安定した打点が欲しい場合に。 はがねのつばさ 「ダイスチル」によるぼうぎょ上昇が強力。 とんぼがえり サイクルしながらダメージを与えられる。 そらをとぶ 「ダイジェット」ですばやさを上げたい場合に採用される。 アクロバット 素の威力は55と低いものの、「そらをとぶ」よりも扱いやすい。 「じゃくてんほけん」との相性が良い。 ダイビング 「ダイストリーム」のベースとして。 有用な特殊技 りゅうせいぐん タイプ一致技。 シャドーボール タイプ一致技。 かえんほうしゃ 「ダイバーン」でひでり状態になるので、味方のほのおタイプの技を強化できる。 10まんボルト 対ギャラドスに。 「ダイサンダー」でエレキフィールドを展開する。 たたりめ タイプ一致技。 「でんじは」や「おにび」と相性が良い。 また、ドラパルトは攻撃技だけでなく 補助技も充実しているため、自身の火力や耐久をあげたり、味方をサポートしたりすることも可能です。 有用な補助技 りゅうのまい こうげきとすばやさを上昇させることができる。 おにび 相手のこうげきを半減にできるが命中85と不安定。 まもる 大事に扱いたい場合に。 でんじは 高いすばやさで打てるため、味方のポケモンを動かしやすくなる。 サイドチェンジ ノーマルタイプのポケモンと横に並べるとより強力。 リフレクター 物理耐久を高めることができる。 ひかりのかべ 特殊耐久を高めることができる。 トゲキッスが このゆびとまれや あくびでサポートして、ドラパルトが りゅうのまいやダイマックスします。 逆に、 トゲキッスが じゃくてんほけん持ちでダイマックスをして、ドラパルトは でんじはや リフレクターなどでサポートをするパターンもあります。 様々な型の組み合わせを警戒する必要があります。 ドリュウズ シーズン1では ドラパルトが使用率1位、ドリュウズが使用率2位であり、汎用性が高い組み合わせです。 トゲキッスとも組み合わせることで、 トゲキッス+ドラパルト 、トゲキッス+ドリュウズ という強力な並びを2パターン作ることができます。 ウインディ ウインディは特性 「いかく」でドラパルトの耐久を補うことができます。 また、数は多くありませんがドラパルトがいる場合、 ふくろだたきを利用した特性 「せいぎのこころ」によるコンボを決めてくる可能性もあります。 注意しましょう。 ドラパルトの対策 ドラパルトのすばやさは現環境でトップクラスなので、 ドラパルトより先に攻撃するには「こだわりスカーフ」持ちのポケモンで攻撃しに行く、あるいはS操作技を使うことが必要となってきます。 技を受けて反撃する場合は、あくタイプやフェアリータイプのポケモンで対策するのがよいでしょう。 ヒヒダルマ 「こだわりスカーフ」を持つヒヒダルマであれば、ドラパルトに先制して 「つららおとし」で倒すことができます。 火力が高いので、ドラパルトがダイマックスしてきても耐久に振ってなければ乱数1発で倒せます。 バンギラス バンギラスはドラパルトの技をほとんど耐えることができます。 ドラパルトの攻撃を耐えた後、 「かみくだく」や 「ダイアーク」で返り討ちにしましょう。 ですがバンギラスがダイマックスをしない場合、 ドラパルトの「ダイスチル」には気をつけましょう。 また、ドラパルトは「じゃくてんほけん」を所持しているケースがあるので、ダイマックス中のドラパルトを弱点技でも倒せない場合はあえて別の技で削る立ち回りがよいでしょう。 オーロンゲ オーロンゲはタイプがフェアリー、あくであるのでドラパルトのタイプであるドラゴン、ゴーストを 半減以下で受けることができます。 また、 オーロンゲの 特性「いたずらごころ」による「リフレクター」や「ひかりのかべ」、「でんじは」でより安定して戦えます。 しかし、 「ダイスチル」には弱いので物理型である場合は注意が必要です。 特性かちき、まけんき 相手からステータスダウンの効果を受けると特性「かちき」であればとくこうが、特性「まけんき」であればこうげきが2段階上昇します。 これらの特性持ちのポケモンは ドラパルトのタイプ一致ダイマックスわざである「ダイホロウ」、「ダイドラグーン」をトリガーに自身の火力を高めることができます。 これにより、 ドラパルト側の動きをある程度抑制することが可能です。 「あくび」を使う ダイマックスしたドラパルトに対しては耐性があるポケモンによる 「あくび」が有効です。 ダイマックスターン中に引かせるか、突っ張った後眠ってしまうかの消極的な選択を迫ることができます。 さいごに ダブルバトルにおけるドラパルトの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2020. 06 レンタルチームID: 0000 0007 3CWN RL 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. パ […][…]• 2020. 05 レンタルチームID: 0000 0002 772B 24 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 08 レンタルチームID: 0000 0004 NH25 6C 目次 1. はじめに2. 構築コンセプト3 […][…]• 2019. 05 目次 1. はじめに2. 構築概要3. 構成3. ブリムオン3. 2020. 15 目次 1. はじめに2. 戦績2. 予選中の動き3. 構築経緯3. コンセプト4. 構成4. […][…].

次の